みずほ銀行不正融資疑惑、背後の「大津」氏

みずほ銀行不正融資疑惑、背後の「大津」氏


 みずほ銀行不正疑惑&小さな恐喝かな?疑惑出演者の中に名前が出ていた大津洋三郎と高尾昌司(正志)は実は大変な深い仲だそうで、過去に大津がスポンサーで高尾が虎ノ門に事務所を出したことがあったらしい。

 その時高尾は警視庁OB崩れを集め情報を売っていたという。

 高尾は金を貰ったつもりでいたが、大津は貸したつもりだったらしく、それが揉めて今回の破産に追い込まれたという話も出ている。直接的な破産申し立ては「さとう」って聞いたんだけど。

 大津洋三郎と民主党の辻惠議員の二個一カップルはTSKや富士薬品にも頻繁に名前が出てくる。富士薬品は「日建」の渥美和弘に専務の故杉浦理助を通じて食われ続け、200億近い損失をだした。

 このことは敬天新聞5月号(崩壊寸前富士薬品を内から貪る労働組合、富士薬品ユニオンの本性)でも報じた。その不良債権の殆どを双海通商の浅井健二が買うのだが、双海通商といえばTSKを纏めた(ことになっている)ことで名を馳せた不動産屋である。

 ちなみにTSKの件では朝堂院大覚氏は「浅井に騙された」と言っていた。双海通商の顧問弁護士は大津卓滋という弁護士で、元は辻惠弁護士と同じ事務所だったが女絡みで反目して別れたという噂もある。

 富士薬品が大行社に街宣かけられ困った時、富士薬品は大津洋三郎に相談し、大津は双海の浅井に相談した。浅井は顧問の大津卓滋弁護士に相談し、これを解決したらしい。その後功績が称えられたのか大津卓滋弁護士は富士薬品の顧問弁護士も勤めているということである。

 大津卓滋弁護士はISOサービサーのメンバーでもある。I(スルガの岩田)S(ノモスの佐藤)0(大津卓滋弁護士)だそうである。ところで富士薬品は関西アーバン銀行から所有不動産に強制競売をかけられている。

 しかも一審判決は関西アーバン銀行の言い分が総て通っている。本業の営業に相当響くのではないか。

 そこで反社や魑魅魍魎の出番なのだが、みずほ銀行が掟破りの融資をしたとか、するとかという噂が流れている。本当だろうか。しかしこうして見ていると大型経済事件と言われる裏側での出演者はみな繋がってるんだなー。
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>