みずほ銀行恐喝事件と不正融資(及川幹夫&本間美邦)

みずほ銀行恐喝事件と不正融資(及川幹夫&本間美邦)


 みずほ銀行不正融資&恐喝事件記事を書きながら、私のイメージは元富士銀行記事を書いているというイメージだった(対象記事:ブログ「金融ブローカーに嵌められた中年銀行員の告発」について)。看板のマークが青色だからだろうか。

 ところが及川幹夫&本間美邦税理士の不正融資コンビは第一勧銀時代からの曰く付き汚れコンビだったらしい。考えてみれば、みずほ銀行は富士銀行と第一勧銀と興銀の合併銀行だった。

 合併する前はそれぞれの銀行に総会屋を始めとした切るに切れない腐ったリンゴの様な輩が存在した。ある者は銀行の弱みをネタに、ある者は銀行に頼まれて、ある者は銀行員とグルになって。しかし「過去は問わない」という当局の恩赦を錦の御旗に、合併を機会に殆どがフェードアウトされた筈だった。

 25年位前だったか、第一勧銀麹町支店不正融資事件というのがあった。当紙で有名な福岡勇次が主犯の事件だが、その時も裏で中心的立場に本間美邦税理士事務所がいたというから、本来合併前に処分されなきゃいけない立場だったにも拘わらず、富士や興銀、当局に内緒(もしくは騙して)で紐付きのまま合併したということだろう。

 因みに総会屋の小池隆二は、この事件の追及を切っ掛けに第一勧銀から300億の融資を受けた。事件後は妻の実家の鹿児島で隠遁生活をしているという噂だったが、最近は高級住宅街に居を構え、みずほの銀行員が出入りしているのだそうだ。まだ表に出てないようなネタでも持ってるのだろうか。

 本間美邦という男は地上げ屋や事件屋のような特殊な業界では知らない人はいないぐらい有名だそうである。不動産売買や地上げに疎い当紙は全く知らなかった。

 池袋の人生横丁地上げ、新宿南口場外馬券場地上げに金を出したのは謄本にしっかり記載されている、というのも投書があって初めて知った。真珠宮ビルやTSKビルにも金が出ているという人もいる。

 第一勧銀からの腐れ縁と言いながら、合併後のみずほ銀行でも見て見ぬ振りをしてきたということは本間美邦の後ろに銀行も排除できない誰かがいるのだろうか。

 考えられるのは許認可権を持つ高級官僚とそれらを動かせる政治家だろうが、不正を追及するのに躊躇はいらない。圧力で捜査が邪魔されるというのなら、その是非を世に問えばいい。大抵の場合、幽霊の正体見たり枯れ尾花、という場合が多い。

 みずほ銀行もこの際恐喝した者を訴えると共に自行の恥部を出した方がすっきりするんじゃないの?自分たちでは退治できない魔物なら「敬天がしつこくて」って、うちのせいにして証拠資料を送って下さい。当局に見えるように、ブログに載せますよ。次回は恐喝側の名前を羅列しますか。
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>