AKB48の生みの親にインサイダー取引疑惑?ΝKey Holderの増資に蠢く秋元康と仲間たち
AKB48生みの親にインサイダー取引疑惑?
Key Holder増資秋元康と仲間たち


「Key Holder社」(JQ・明珍徹社長)をめぐるインサイダー取引疑惑を報じた弊紙の記事に対するアクセス数は、徹底追及中の「日大殺人タックル事件」ほどではないにしろ、どの記事もコンスタントに60,000アクセス以上を記録する人気ぶりであった。

これも一重に「秋元康氏」という伝説の作詞家が御法度のインサイダー取引に関与?しているのではないかというニュース性が注目を集めたせいであろうが、その゙立役者″として忘れてならないのは、他言無用の内部情報を所かまわずまき散らしだおしゃべり坊主″ことmonoii役員樋渡正史クンである。

その樋渡クンに関する「芳しからざる情報」の提供は今なお続いているのだが、それは後日に回すとして、久しぶりにその樋渡クンのご尊顔をネットで拝しようと、monoii社のブログを覗いたところ、ナント、あの印象深き坊主頭はもちろん、名前まで消えているではないか。

ひょっとして、首相官邸から「あんな写真を載せられては迷惑だ」と削除命令が出たのか、それとも゙親分筋″の「藤澤=泉=四元」ラインから閉門蟄居の沙汰が下ったのか。

詳しいことは分からないが、いずれにしても消えた原因は、これ以上、「樋渡に内部情報をしゃべられてはたまらない」どおしゃべり封じ″に出たことは間違いなかろう。

しかし、「時すでに遅し」―この期に及んで樋渡クンを表舞台から降ろしたところで、既にインサイダー取引を物語る「確たる証拠」は、とっくの昔に証券取引等監視委員会の手に渡っており、それが誘い水となったのであろう。

「SESCでは、KEY社はもちろん、プランジスタ、enish、イグ二ス、エムアップなど過去に『秋元銘柄』として人気化した銘柄の売買取引記録を精査しています。事件化するのは時間の問題でしょう」

こう語る証券会社関係者は、「ウチでは全店に売買禁止令を出しました」と付け加えるが、調子に乗っで秋元神輿″を担ぎすぎた咎めと言うべきであろう。

投書は、樋渡クンに関するものばかりではない。

中でも、気になったのは「Key Holder社の有価証券虚偽記載疑惑」を指摘した投書である。

とはいえ、悲しいかな、弊紙の理解力ではチンプンカンプン。さりとて、せっかくの情報提供を宝の持ち腐れにしては申し訳ない。

ならばと、現役時代はマルサとして鳴らした旧知の国税OBに分析を依頼したところ・・・。

いわく「そもそもゲーム会社の売買や社員の大幅減で手許に相当額の現金があるはずなのに、なぜ増資をするのか疑問だ。それでもあえて増資を強行するのは、.ぅ鵐汽ぅ澄室莪による売却益狙い、∧款決算疑惑、カラ増資などが考えられるが、臭いのは有報の『経営上のリスク』の部分だ。いずれにしても、増資の引き受け手に出資した資金が戻ってくるスキームで、経験上、健全な企業とは言い難いな」

「やっぱり!」と、朧気?ながら納得。投書の正確さにニンマリしていたところへ、「2020東京オリンピック・パラリンピックの開・閉会式の総合統括として狂言師の野村萬斎氏の就任が決定」とのニュース。

ハテ?―下馬評では、秋元氏が本命視されていたはずなのに何故、野村氏が選ばれたのか?

一部には「今回のインサイダー疑惑騒動が影響した」との指摘もあるが、大手新聞社記者によれば「AKBグループなど十代の女性を大量動員することは、どこかの国みたいで国辱モノと異を唱える声が強かった」とのこと。―納得である。

いくら株価を上げるためとはいえ、毎度、毎度「神様、仏様、秋元様」と担ぎ上げられては、好漢・秋元氏もさぞかし迷惑しているに違いない。

 
AKB48の生みの親にインサイダー取引疑惑?キKey Holderの増資に蠢く秋元康と仲間たち
AKB48の生みの親にインサイダー取引疑惑?
 Key Holderの増資に蠢く秋元康と仲間たち


引きも切らず切らずKey Holder社の「インサイダー取引疑惑」に関する投書、電話による情報提供が寄せられている。それも冷やかしでなく、真面目な情報提供がほとんどである。

Key Holder社の株価が上がろうと、下がろうと、恥ずかしながら株式投資には門外漢の筆者にはどうでもいいことだが、さすがにこうも続くと無視できない。

寄せられた情報の中でも最も多いのが弊紙が何度か取り上げてた樋渡正史クンに関するものである。

その中には、樋渡クン自身の芳しからざる過去の武勇伝?など個人情報に関するものもあったが、そこは武士の情。割愛しておこう。

きっと良くも悪くも、インサイダー取引の中枢にいる『人気者』なのであろう。

ならばと、ネットで「monoii・樋渡正史」で検索してみたら、穏やかな微笑みを浮かべる安倍晋三首相の前で肩を怒らせ、いかにもという坊主顔!が出てきた。

どこからどう見ても用心棒か、ややこしい人にしか見えないが、この御仁こそ、現在、Key Holder社をめぐるインサイダー取引疑惑の渦中にある『おしゃべり坊主』こと樋渡正史クンである。

筆者の経験則によれば、筆名人と並んで撮った写真をこれ見よがしにブログに載せたり、写真立てに入れて見せびらかす人物に真っ当な人間は、ひとりとしていなかったが、弊紙7月11日付記事に書いたような数々の暴言、妄言を平気で口にすることから見ても、樋渡クンもどうやらその部類に属するお方と言ってもよかろう。

それにしても、選りによって、我らが安倍首相とのツーショットを臆面もなく載せるとは!―おそらく「俺は安倍首相と一緒に写真を撮るほどエライんだぞ!凄いだろ!」とアピールしたいのだろうが、この手の写真を小道具にして多くの投資家を騙し倒したのが、稀代の詐欺師!と裁判官自らが指弾した元KKC(経済革命倶楽部)の山本一郎会長である。

山本会長と一緒に写真に納まっていたのは次期総理も噂される石破茂・元地方創生相だったが、樋渡クンはなんと安倍首相。―畏れ多くも、時の総理の写真をコケ脅しに使うとは!―その厚顔無恥ぶりは空前絶後。一体、町田市の名門・M大学で何を学んだのか。

経歴すら「ホンマでっか?」と首をひねっていたところへ、飛び込んできたのが、「先ほど樋渡から聞いたのですが、期日(13日)の1日前に秋元康氏が第三者割当増資の引受申込書を提出したそうです。樋渡からは、正式発表を機に一気に持ち上げるので、今のうちに株を買っておくようにと言われました」との情報提供である。

「あの賢明な秋元氏が、まさか?」

証券取引監視委員会がインサイダー取引疑惑で調査中の折も折、秋元氏が引受申込書を提出したことが早々に樋渡クンの口から語られるとは!―おしゃべり坊主の名にふさわしい口の軽さと言うしかない。

早速、事情通で知られる外資系ファンドマネージャーに解説してもらった。

「実は、私もその噂を耳にしたので、朝一番にKey社に問い合わせてみたのですが、はっきりしない返事でした。それなのに昨日まで130円でモタモタしていた株価がピンづいてきたので、おかしいな?とは思っていたのですが、やっぱりですか。まだ正式なIRもなく、一般株主も知らないのに、そんな情報が外部に漏洩。しかも今のうちに買っておくようにと奨めたとすればヤバいですよ。―秋元氏にしてみれば、進も地獄、退くも地獄。ここで引き受けを辞退すれば、インサイダー取引があったことを認めたことになるし、心中察するに、苦渋の決断だったのでしょう。でも引受価格が125円ですから、時価から見た場合、全然旨味のない引き受けです。当然、株価を上げたいところでしょうが、下手に株価に細工を加えれば、それこそSESCにとっては飛んで火にいる夏の虫。払込期日(7/24)は、まだまだ先ですから、実際に払い込むかどうかは分かりませんが・・・」

確かに、これまでビーマップ社、ENISH社、エムアップ社、イグ二ス社など、「秋元氏の関与」が取沙汰されただけで大暴騰、同氏の周辺関係者が濡れ手に粟の巨利を手にしたことを考えれば、「夢よもう一度」と思いたくなるのも無理はないが、そうそう上手くことが運ぶほど世の中は甘くないのでは・・・。

苟も秋元氏は、栄えある2020東京オリンピック・パラリンピック組織委員会理事の要職にある身である。

今回インサイダー取引疑惑に秋元氏が直接、関与しているとは思いたくもない。―が、現に「秋元ブランド」を神輿代わりに担いだ樋渡正史らが禁断の内部情報を撒き散らしていることを考えれば、「周りの不届き者が勝手に動いているだけで、私は与り知らぬこと」と涼しい顔で弁解して済む話ではない。

大手メディアのSESC担当記者によれば、「既に当局は、Key Holder社はもちろん、過去に秋元氏の名前を囃して急騰、急落した幾つかの銘柄の調査に着手していますよ」とのこと。

払込まであと1週間弱。―果たして、秋元氏はルビコン河を渡るのか。7月24日が注目される所以である。








 
AKB48の生みの親にインサイダー取引疑惑?きKey Holderの増資に蠢く秋元康と仲間たち
AKB48の生みの親にインサイダー取引疑惑?
 Key Holderの増資に蠢く秋元康と仲間たち


インサイダー取引疑惑で株式市場の注目を集めているkey Holder社の記事を都合3回(6/14.6/21.7/5)書いたところ、急増するアクセス数に比例して情報提供が殺到、あまりの反響の大きさに弊紙自身が驚いている。

正直なところ「虚業」としか思えないゲーム屋が何をしようと興味はないが、こうも世間の注目を集めているのであれば、情報を寄せてくれた方々の期待に応えるためにも本腰を入れなければなるまい。

提供された数々の情報を手引きに、手始めにkey Holder社のIRを閲覧したのだが、気になったのが「支配株主に関する事項について」と記された6月27日付のIRと「秋元康氏が特別顧問に就任。芸能の聖地『笑っていいとも!のスタジオ』を新たに『Key studio』としてオープン!」と題されたニュースリリース(7/2)である。

前者を要約すると、Key Holder社は親会社であるJトラスト社と緊密な関係にあるが、事業活動については互いが尊重、一定の独立性を確保している」というものだが、特筆すべき中身はゼロ。「何を今さら」としか思えない内容である。

にも拘わらず、何故こんなIRをわざわざ出したのか。

複数の情報提供者は、「あのIRでJトラストや藤沢信義氏が関与していないことを強調しているのは、将来、インサイダー取引が事件化した場合の備えた『アリバイ作り』なのです」と解説してくれたが、裏を返せば、問わず語りに「我が社はインサイダー取引を行っています」と自白しているとも思えるのだが・・・。

後者の「Key Holder社のオープン」についてのニュースリリースも、一見する限り、よくある新事業の案内である。

だが、この件についても情報提供者たちは、当欄でもすっかりお馴染みの『monoiiのおしゃべり坊主』こと樋渡正史が、「既に(このリリースが出された)7月2日以前に、もっと詳しいことを長々と喋っていましたよ」と指摘する。

もっと詳しいこと?―この救い難い『おしゃべり坊主』は一体、何を喋ったのか?

情報提供者が録音した『おしゃべり坊主の演説』の一部始終を聞いたのだが、その内容は、「我々は、インサイダー取引を行っています」と自認したに等しい、口外無用の情報ばかり。―決して口に出してはいけない内部情報を明からさまに語る樋渡の天真爛漫ぶりには編集部一同、「こいつは正気か?」と、のけぞってしまったが、以下がその要約である。


Key Holder社の子会社・Key Studioでは、吉本興業とタイアップ、秋元康特別顧問プロデュースで「吉本坂46」なる新グループを結成する。

このグループは、大阪在住のおっさん、おばさんと女子高生のユニットで、現在までに5次審査が終了している。但し、この審査は話題づくりのためであって、すべてが出来レース。メンバーは既に決まっているが、世間の奴らはそんなことを知らないから話題にするだろう。

今月中旬に、秋元康特別顧問が最終審査に立ち会って最終メンバーを決定。マスコミに大々的に発表する。

「吉本坂46」はテレビのレギュラー番組を持ち、Key Holder社の子会社であるKey Production社が、番組制作を担当。番組の司会は吉本工業の元芸人を起用する予定。

株価は現在、往って来い状態になっているが、の発表を契機に秋元特別顧問に設けてもらうために一気に持ち上げることに成っているので、もうしばらく辛抱して持続すること。

世間ではインサイダー取引だと騒いでいるが、敬天新聞が何を書こうとクソ喰らえ。SESCなんか所詮は木っ端役人。安倍首相のお気に入りで、東京五輪の理事を務めている秋元特別顧問に手出しなんかできるはずがないのは子供でも判ることだ

世の中はカネがすべて、儲けた者勝ちだ。インサイダーだろうと、何だろうと捕まらなかったら成功者だ。

以上。

いやはや、お里が知れるとはこのこと。常人とは思えない言いたい放題の独演会ではないか!

イ魯ぅ鵐汽ぅ澄室莪を自ら認めた発言であり、Δ忙蠅辰討蓮◆癖聖罎紡个垢詒言については別の機会に書くとして)株式市場のお目付け役たるSESC(証券取引等監視委員会)を木偶の坊呼ばわりするとは順法精神のカケラも感じられない確信犯的暴言であり、畏れ多くも安倍首相の名前まで持ち出すとは不届き千万このうえなしと言う他ない。(※なお、この部分については後日、SESC関係者に報告の予定)

暑さのせいなのか、生まれつき地頭が悪いのか、それとも秋元康氏の代弁者のつもりなのか。―樋渡の頭の中は、もはや完全に沸点超え。こんな輩を重宝する様では、Key Holder社の前途は暗いと憂慮するのは弊紙だけではあるまい。

樋渡クン、隅田川に飛び込んで頭を冷やした方がいいんじゃないかな!

key Holder社6月27日付のIR


KeyStudio「プレスリリース」



4階にmonoiiが入るビル


 
AKB48の生みの親にインサイダー取引疑惑?Key Holderの増資に蠢く秋元康と仲間たち
AKB48の生みの親にインサイダー取引疑惑?
 Key Holderの増資に蠢く秋元康と仲間たち


6月21日に「Key Holder」の増資を引き受けた秋元康氏の周辺でウロウロ、チョロチョロ。金融商品取引法違反が明らかな「Key Holder」に関するインサイダー情報を関係者にバラ撒いて注目を浴びている「monoii」(中央区)の四元達也、樋渡正史以下、「秋元康とその仲間たち」のことを書いたところ、よほど恨みを買っていたのかジェラシーなのか、それとも人徳がないのか。打てば響くの如く、常日頃、自慢話を聞かされている人間からであろう、彼らの芳しくない「言動」がワンサカ寄せられてきた。

せっかくの貴重な情報提供だから、「四元=樋度語録」のホンの少し、ホンの一部を紹介してみよう。

 「俺は泣く子も黙る〇〇連合の幹部だ」

 「秋元とは、芝や窪田とAKBを結成した当時からの知り合いだ」

 「秋元の名前を冠にすれば、どんなボロ会社の株でも何倍にもなるんだから秋元大明神様々だ」

 「インサイダー取引と乞食は3日やったら止められない」

 「芸能人は歯が命だが、株式投資は情報が命」


等々。ここまで言うかねぇ!

まだまだあるが、全部書いていたらきりがないので、今日はこのぐらいにしておくけど、真偽はともかく、話半分にしても、そのまま書く事が出来ない過去の行状暴露が、これでもか、これでもかと続くんだから、さすがに閉口させられたよ。

それにしても男の陰口というのは、女のそれよりえげつないなあ。おかげでクソ暑いのに、あまりのおぞましさに背筋が寒くなっちゃったよ。弊紙も反面教師にしなくちゃね。

この「四元=樋度語録」の中で、とりわけ問題なのは、冒頭に書いた「○○連合の幹部だ」という言葉だろう。

 ○○連合といえば、当局は「準〇力団」と認定。今や100%の○社の扱い。おいおい、〇社勢力が白昼堂々インサイダー取引を煽って荒稼ぎだなんて前代未聞、ムチャクチャな話だね。

 株式市場のお目付け役=証券取引等監視委員会だって「確たる物的証拠」を持っているらしいから、放っておけないんじゃないの?

 「monoii」に「物言い」をつけたいのは弊紙の方だよ!ゴウ慢と多弁は破滅につながる!・・・昔の人は、いいこと言うねぇ。
AKB48の生みの親にインサイダー取引疑惑? Key Holderの増資に蠢く秋元康と仲間たち

AKB48の生みの親にインサイダー取引疑惑?
 Key Holderの増資に蠢く秋元康と仲間たち


AKB48の産みの親秋元康氏に「インサイダー取引疑惑」があると、情報があったので、本人に質問状を送ってみた。そしたら一流弁護士事務所から丁重な返事を頂いた。

しかし、その回答を情報提供者に見せたら、それならと、幾つかの資料を見せて、反論をしたので、その旨を記事にしてみます。間違いがあれば、反論して下さい。

まず6月18日にkey holder社が40億円の第三者割当増資を発表したが、「事前発表では20億で、19日」だった。そのうち80%近くを秋元康氏が引き受け、特別顧問に就任。払いこみ後は個人の筆頭株主となる。

今回の増資を秋元氏が引き受けることを「keyholder」から事前に知らされたのが、業務提携先の「オリーブスパ」(港区西麻布)役員の浦井太一、山根敬、大塚美保子ら各氏(key holder社の株主総会に出ると「オリーブスパ」の優待券が貰える)。

しかし、彼らが表だって株を購入すると、モロにインサイダー取引になるので、昨年9月に「オリーブスパ」の役員を辞めた、『monoii(ものいい)』(中央区日本橋箱崎)代表の四元達也氏に依頼したのである。依頼を受けた四元氏は舎弟格の樋渡正史氏と一緒に、秋元氏が「40億の増資を引き受ける」旨を仲間たちに拡散。安値で相当数の株式を仕込んだ模様である。

「ラインは口ほどに物を言う」という諺って、あったっけ?正にラインが招いた災いというのだろう。弊紙に寄せられた投書の中に、ご丁寧に「秋元康、40億入れる予定です」と書かれた樋渡ラインのコピーが添付されている。証券取引等監視委員会の皆さんが見たいというのであれば、いつでもお見せいたします。

過去にも秋元インサイダーと噂された「イグニス」や「enish」などの件は、証券取引等監視委員会は把握しているっていう話もあるよ。樋渡君も日頃、「俺は秋元組の行動隊長だ(因みに弊紙はサッシ—が行動隊長だと思っている)」と自慢してるらしいけど、こんなミスを犯してたら、陰では「足引っ張り隊長」とか言われてるんじゃないの?こうした悪巧み(インサイダー取り引き)は、そろそろ「閉店ガラガラ〜」にしないと、本業に影響してくると思うよ。本日は、高級弁護士事務所に敬意を払って、上品に記事を書いてみました。(文責・白倉康夫)

 

【投書】AKB生みの親・秋元康とKey Holderの増資
【投書】
AKB生みの親・秋元康と
Key Holderの増資



【投書】click!


【敬天コメント】
株のことはよくわからんけど、買った時より上がれば、その上がった差益分だけが儲けと言うのはわかる。この投書は秋元康という有名人が、Key Holder(明珍徹社長)の「20億円の増資を引き受けますよ」ということを、自作自演でネットで流してるということ?

そしてわざわざ、自社のIRで「そんな予定はないですよ」と否定することで、より注目度を高めて、「えっ、あの秋元さんが、key Holderに投資するの?すご〜い。じゃー、AKB48も株主になるかも。いや、きっとグッズを販売するんじゃないの?」とか、勝手に想像させて、株価を上げてるのではないか、という話?

いずれにしても、秋元康の名前を出せば、株が上がるわけだ。それを知ってて、先に株を仕込んでおいて、その後で、嘘か本当かそういう発表か噂を流すわけだ。これをkey Holderが独りで演出してるのか、秋元康と共同でやってるかというわけか。

しかし、この投書ぶりじゃ、秋元康が主役っぽいなー。有名人になると、こんな演出もできるのか?秋元君インサイダーは違反(知ったかぶり)だよ。

株が下がれば儲かるというのもあるけど、逆にkey Holderの顧問に敬天新聞がなりました、と発表すれば、下がるかも。これもインサイダーかい?いやこの場合は虚偽の流布とか言って、やはり違反だな。
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>