川崎競馬組合の「甘い裁定」

川崎競馬組合の「甘い裁定」

川崎競馬は神奈川県と川崎市が出資して主催している競馬場だそうである。要するにお役所仕事である。競馬はギャンブルであるから、公正にやらなければ、ファンが怒る。

勝った者は「まあまあ」と寛大でいれるが、負けた者は怒りが収まらない、というのがギャンブルの習性である。

今回は川崎競馬場所属の杉村一樹という騎手が1年以上に亘って、南関東4場(川崎、大井、船橋、浦和)で、携帯が持ち込まれ、馬の状態とか他騎手の状況とか、内部情報を漏えいしていたのである。先週の「週刊実話」でも詳しく報じている。

川崎競馬組合は、管理体制に問題はなかったという姿勢のようであるが、管理体制がしっかりしてれば、携帯電話は持ち込めないはずである。杉村騎手は事実1年以上も携帯電話を持ち込み続けていたし、他の騎手も持ち込んでいる事実もあるようである。

現に、杉村騎手が開き直って「全部ばらしてやる」と馬主役員に言った後、今野騎手会長が所属騎手に対して、「LINEやメールの履歴をすべて消去しろ」という伝達を出したという話は、当紙にも届いていた。

またその話も続報として、川崎競馬組合や関係者に通報していた。実話に書いてある「調整室から連絡することが、そんなに悪いことですか?僕はいいと思いますけど」と、調教師が言ったと書いてあるけど、この調教師というのは山崎裕也という男である。調教師からしてこの体たらくである。

競馬法規律で「公正保持の遵守。内部情報漏えい阻止」がうたわれている。その危険性の疑いをファンに懸念されないように、開催の前日から、騎手は「調整室」に隔離され、外部と遮断されるそうである。

同じファンの投票で成り立ってる競馬ではあるが、中央競馬に比べて主催者をはじめとした関係者の感覚は、杉村騎手が指摘しているように「ゆるい」ようである。その状況は、先の調教師の言葉でもわかる。

ギャンブルは、競馬に限らず、競艇も競輪もオートレースも、公正保持や内部情報漏えい禁止こそが、関係者が最も守るべき心構えであろう。

川崎競馬場には公営ギャンブルだからという慢心、甘えがあったのではないか?

川崎競馬組合の処分(画像クリック)



詳しく報じている週刊実話6/1号





 

川崎競馬組合の「甘い裁定」⇔∋情

川崎競馬組合の「甘い裁定」⇔∋情

5月9日神奈川県川崎競馬組合が、杉村一樹騎手を30日間の騎乗停止処分にすることを発表した。翌日にはスポーツ新聞各紙がこれを報じた。

川崎競馬組合が公表した書面によると、「3月21日に杉村騎手から携帯電話で外部と通信していたと申述があった」「持込が禁止されている携帯電話を騎手調整室に持込み、一年以上も外部と通信していた」というのが処分の理由だとしている。

競馬に限らず競艇でも競輪でも、公営ギャンブルにおいて公正保持の原則から、外部との通信は厳しく制限されている。いうまでもなく、八百長といった重大な不正や闇社会と直結する恐れがあるからだ。

ともすれば、杉村騎手が一年以上も外部と通信していた事実だけ取っても、30日の騎乗停止だけでは、アマ〜イ処分であると思えてならない。

また、重要なのは「外部との通信」が具体的にどういった行動であったのか?また、公正保持を厳守すべく現場において何故それが可能だったのか?ということである。

その重要な部分について、川崎競馬組合は全く触れていない。発表では単純に「外部との通信」としながらも、この処分を決意するまで一ヶ月もの時間を要している。それは、裏にとんでもない事情が隠されていたからだ。

川崎競馬組合が「申述があった」としている3月21日から間も無い時期に、当紙は内部告発と思われる情報提供を受け、その情報を基に、川崎競馬組合が処分を公表する5月9日までに、質問状を二度に渡り送っている。

同時に地方競馬全国協会にも質問状を送り、騎手や調教師といった関係者に情報提供も行った。

しかも処分が発表される一ヶ月も前に、馬主会が杉村騎手に事実関係を聴取しようと呼び出した際に、「俺を干すなら、他の騎手はもっと悪いことをしているし、それを全てばらしてやる」と言って恫喝し、開き直っているという事を聞いたので、決して許してはならない言動だと思い、川崎競馬組合や地方競馬全国協会に情報提供している。

それなのに、30日の騎乗停止の処分である。これじゃ痛み分けの処分ではないかと言わざるを得ない。

この「甘い裁定」は何を意味しているのか?「他の騎手のもっと悪いこと」って何だろう?騎手の誰もが外部と通信できる状態にあったとしたら、地方競馬のみならず公営ギャンブルの根幹を揺るがす大きな問題と成るだろう。川崎競馬組合はことの重大さを知るべきである。

それから、杉村騎手から「申述」があったとしているが、本当は騙した女性に告発されたことが発端じゃない。
 

 

神奈川競馬組合へ情報提供

 

地方競馬全国協会へ情報提供

川崎競馬組合の「甘い裁定」

川崎競馬組合の「甘い裁定」

サッカーのJリーグで「甘い裁定」が問題になっている。本人は仮に故意ではなかったとしても、相手に精神的に打撃を与えれば、それなりの責任を取るべきというのが、世界サッカー連盟の基本姿勢らしい。

特に人権や差別においては厳しい態度で臨んでいるようである。川崎競馬組合でも何故か「甘い裁定」が問題になっている。川崎競馬組合は地方競馬であるから、中央競馬ほど華やかでもないから、選手に対する管理規定も緩やかのようである。

しかし、勘違いしてもらっても困るのは、規模は小さくともファンの投票(賭け金)によって運営されてるのは同じであるから、「開催中に騎手や調教師らが外部と通信することは、八百長の根源であり、公平保持が保たれず、内部情報の漏洩も生じる危険行為」に値するわけだから、終始徹底しなければならない、最も重要な規定の一つであることは間違いなかろう。

その規約を破った騎手が居て、告発されたのである。しかも1年以上の長きに亘って、その違法行為が続けられ、それを川崎競馬組合は見逃してきたのである。

川崎競馬だけではない。南関東四場(川崎競馬場、大井競馬場、船橋競馬場、浦和競馬場)の全てで、この騎手は開催中に、「騎手調整室」に携帯電話を持ちこみ、外部と連絡してたことが判明している。この事実をファンが知ったら暴動さえ起きかねない事案である。

これに対して川崎競馬組合が決定した処分が「一ヶ月の騎乗停止」だった。これが軽い処分なのか重い処分なのかはわからない。ただ告発者は軽すぎると怒っている。

というのは、この騎手の違法行為が発覚するのには序説があって、川崎競馬組合は「本人からの申述があって」と発表しているが、これが真っ赤な嘘であって、この騎手の不貞行為、ストーカー行為があり、その延長線上で実は、この携帯電話の持ち込みが発覚したのである。

その経緯を記した諸々の資料が当紙にも送られて来てたのである。川崎競馬場組合にはその都度、その旨の質問状、助言、も送付した。勿論、回答も送られてきた。この騎手の携帯電話持ちこみがバレてから、急に管理が厳しくなり、他の騎手の持ち込みも不可能になったらしい(本来あるべき運営に戻っただけであるが)。

実際この騎手は、馬主や騎手、調教師から総スカンを食い、騎乗停止処分の前から、乗鞍はなかった。ところが、組合に事実確認の事情聴取を受けるにあたっては、「携帯を持ちこんでるのは俺だけじゃない」、「俺を干すなら、他の騎手はもっと悪いことをしているし、それを全てばらしてやる」と開き直って、逆に恫喝したという話も関係者から、当紙に持ちこまれていた。

おそらく組合として、世間に知れたらもっと不都合なこともあるのではないか?そこで、強く出れずに、お互いに気を使った「甘い裁定」の結果になったのではないか?

当紙には、「大井競馬場組合なら、こんな甘い裁定は出さない」という話も伝わって来た。だが、気遣いした筈の裁定が仇となり、より深く詳しく世間の知るところとなったのである。

当紙は出来るだけ公平に真実報道を心掛けるつもりである。川崎競馬組合の執行部は一年間も騎手の管理監督を怠ったことをファンに詫び、責任者は辞任すべきではないだろうか?
 

LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>