江戸川区の防災ハザードマップで慌てるオープンハウス
江戸川区の防災ハザードマップで慌てるオープンハウス

画像クリック


江戸川区が画期的な防災ハザードマップ「ここに居てはダメ」という、江戸川区の水害ハザードマップが直球過ぎると話題になっている。説明によると、江戸川区の7割が「ゼロメートル地帯」だそうである。

実際、関東の降った雨の大半は、江戸川区に集まるのだそうである。群馬県から流れる利根川、埼玉県から流れる荒川、茨城県から流れる江戸川、そして支流となる中川、綾瀬川などが江戸川区を通って東京湾に繋がっているのである。

そうなれば、大洪水になる可能性はあろう。それで「ここへ居てはダメ」と役所が高台のある千葉へ、茨城へ、埼玉へ、東京へ、神奈川へ、と助言したそうである。

ところで、この防災ハザードマップを見て、江戸川区に一戸建てやマンションを建築している不動産屋や建築屋が大慌てしているそうである。

中でもオープンハウス(荒井正行社長)は、丸の内の本社に担当者を呼びつけては、パワハラの連発で、中には「売れ残したら、ここから飛び降りて責任とれ」と、罵声を浴びせることもあるそうである。

一部上場でありながら大山多賀男(100億集めた特殊詐欺主犯・現在服役中)から7000万円借りたまま、被害者にも弁済しない鎌田和彦を副社長にするぐらいの会社だから、コンプライアンスというのも、おそらく形だけのものなのだろう。

今は上場するのも金だけが目的で、名誉や誇り矜持というものを持たない経営者が多いからねー。荒井正行社長も高卒の叩き上げで一代で一部上場まで果たした苦労人だそうだが、この先躓きそうだねー。

鎌田和彦副社長は、上場を仕掛ける才能があるらしく、この三年ぐらいで二つも上場に成功させ、金に換算すれば20億以上の株式を保有しているそうなのである。そういう才能を荒井社長が買ったのだろう。

東京オリンピック景気の不動産バブル、建築バブルも、もう下火に突入したらしい。特に住んでる区の役所が「ここに居てはダメ」と他の区や近隣県への転居を薦めるようなハザードマップ情報を出せば、売れ残り必至であろう。

それこそ、こういう情報を知らない高齢者を騙して売るしかないのではないか?中には「いつ来るかわからぬ災害なんだから、半額なら買ってもいい」という人もいるかもしれない。

この際、早めに半額で売りに出した会社だけが売り抜けるかもよ。オープンハウスも参考にされたら如何か?
『闇営業』報道の闇
『闇営業』報道の闇

今、お笑い芸人の「闇営業」が話題になっている。闇営業とは、本来は「会社に内緒で」仕事をすることを言うのだが、今回は相手が「特殊詐欺集団」だから、そこを引っ掛けて使用されてる言葉のようである。

会社を通さずに内緒でバイトをすることは、殆どの芸能人は一度や二度は経験してるのではないか?知人、友人に頼まれて、雰囲気を盛り上げるためにサプライズで参加すると、主催者も顔が立つので、何がしかの謝礼をする。お互いにウインウインである。

昔はヤクザの親分から呼ばれたら、みんな喜んで出席したものである。理由はご祝儀がでかいから。それが今は全くの御法度になってしまった。

ところで今、4年前の特殊詐欺集団の忘年会に出席したことで、出席した芸能人が叩かれているが、その件で一言言うと、先ず金の出ない、知らない所に行くわけがない。幾らか金が出るから知らない所へも行くわけである。

紹介者の男は当然相手と金額も含めた色んな交渉をするわけだから、相手が何者であるかは、薄々はわかるだろう。テレビにまで出るほどの売れてる存在になれば、知らない所で出席することは、金しかあり得ない。それが常識である。

それを「金を貰ってない」と言ったことが、今回の話を大きくした原因である。金を貰ってないと言えば、払った方の面子にまで発展する。特殊詐欺集団側にも面子はあろう。

こういう話を告発する側は、大体全ての証拠を揃えていて、表に出すのは最後の手段である。本当に身に覚えのない時とか、著しく内容が違う場合は別だが、反論をすればするほど、相手の思うツボになるのである。

不倫がいい例であるが、どんなに正当な理由があったとしても、最後には「でも不倫には変わりないですよね」と、トドメを押されるだけなのである。人の心理には「他人の不幸は蜜の味」というのがあるから、火が着いた時には、何も言っても同じなのである。

ところで、ここからが本論であるが、なんで営業に行った芸人ばかりが批判されて、暴露した側の「特殊詐欺集団」側は批判されないの?4年前の話で、今はやってないのかどうか知らないけど、300億も集めた特殊詐欺集団なのに誰も捕まってないわけ?

写真も名前も発表されてないけど、それとも週刊誌が話を面白くするために、「特殊詐欺集団の忘年会に出席した芸能人」としたのだろうか?

まだ事件になってない特殊詐欺集団なら、警察は事件化すべきだろう。それとも元特殊詐欺集団と言う意味だろうか?それとも、あくまでも「闇営業」というビジネスにスポットを宛て、今後、第二弾、第三弾と続くのだろうか?
山岡ジャーナルと青山メイランド西原社長と総会屋の虎ちゃん
山岡ジャーナルと青山メイランド西原社長と総会屋の虎ちゃん

虎ちゃんの名前が久しぶりに記事になっていたので、「元気か?」と電話を入れたら、相変わらず元気そうだった。会話の中で「私ら季節者ですから、仕方ないですよ」と言う。それで、ふと「あ〜、今は6月か」と気が付いた次第である。

虎ちゃんこと、竹ノ内昌虎は未だに総会屋という肩書で見られている。実際には総会屋という職業はないし、成り立ってはいないと思うが、何故か6月にだけ取り上げられる季節ものの職種である。その代表が竹ノ内昌虎という訳である。

名前が昔の武将らしく、キャラクターも個性がある。昔は総会月になると、話題になるのは小川薫先生であった。必ず6月になれば、約束のごとく逮捕されるのが晩年の小川先生の仕事だった。

それが周囲への教訓だったのか、啓蒙だったのかはわからぬが、定番ではあった。知名度がある人だったから、一定の効果はあったようだ。その指定席を虎ちゃんが購入したようである。

内容は詳しく知らないが、青山メイランドの西原社長が不倫したとか言う記事を山岡ジャーナルが実名報道したら、西原社長が早速反応し、誰かに相談し、その伝手から虎ちゃんに相談があり、虎ちゃんが山岡ジャーナルに話をしたら、その日のうちに実名がイニシャルに変わったらしい。

それで西原社長が感謝して1000万円を謝礼として渡したらしい。それなのに、西原社長が被害届を出して警視庁本部に受理されたという話らしい。

こういう話なら、恐喝にはならないだろうし、先ず西原社長が被害届を出さないだろう。ただ山岡ジャーナルがいう「国策捜査」という面も考えられないこともない。虎の尾を踏んだ可能性もあるのだ。

10年前の安倍総理なら叩けても、今の安倍総理を叩くのは、御法度だろう。忖度捜査はある。君子危うきに近寄らず、である。という記事を来週でも掲載するかと書いていた。

それで再度、火曜日(18日)の夕方だったかな、水曜日に新橋で会って、この話を本人から詳しく聞こうと思って電話したら、留守電になっていた。

通常なら折り返し電話が返って来るところが、水曜日になっても連絡がなかったので、知り合いの記者に尋ねたら、脅迫か何かで逮捕されたらしい。

山岡ジャーナルが言っていた「恐喝」ではなかったようだ。恐喝罪ということでなければ、やはり来週に本番を迎える上場会社の総会に合わせての予定調和儀式だったのだろうか?それなら山岡ジャーナルの独り大騒ぎは何だったのか?

恐喝にあたるかどうかは知らないが、西原社長が感謝の意を込めて出した1000万円(と書いてある)は、実際に誰かのポケットに入ったのか?虎ちゃんの逮捕と、西原社長の不倫問題とは関係があるのか?総会月の見せしめ逮捕で終わるのか、まだ続きがあるのか、予断を許さないらしい。

この青山メイランドの西原社長と言うのは、若いころ、赤坂の浜本親分の事務所で賭け麻雀してた社長じゃなかったっけ?それにしても実名報道しただけで、1000万円が裏で動くというのも、山岡ジャーナルの実力だね。

この件でも警察の狗&警察情報売人である三崎正敏が暗躍しているという情報もあるが、情報も錯綜してるし、しばらくは捜査の方針を見守るしかないね。
馬毛島の買収騒動の始まりは鳩山元総理?
馬毛島の買収騒動の始まりは鳩山元総理?

馬毛島を国が購入するにあたって、国の評価が45億円、片や所有者の立石建設側が400億円。国側がすり寄ってすり寄って160億円。仮契約まで行ったが、そこでまた勲爺さんが「ご破算」にした。

「あの爺さんは煮ても焼いても食えない爺さんだよ」と言いながら、「しかし、筋は一本通っている」と言うから、中々話が進まないという。そのうえ、拘束不可能な持病を抱えているらしいから、尚更頑固に我を張るのだという。

確かに高齢者で、持病まで持ってる人が、ノー、と言ったら、それ以上話が進まないわな。困ったなー。別に弊紙が困ることでもないか。

関係者の話を聞くと、勲爺さんがいう400億円にも根拠があるのだという。民主党が政権を執った鳩山総理の時、思い付きで口にした「最低でも県外」という言葉で、沖縄県民を混乱に陥れ、辺野古の埋め立て回避と基地を県外に持っていく、一石二鳥を夢見て、馬毛島購入を考えたという。そこから立石勲馬毛島バブルが始まったようだ。

鳩山総理は「金に糸目はつけない」からと、購入を進め、そこに色んなブローカーが入り乱れ、400億円の希望額が出たのだろう。勲爺さんの思い込みだったかもしれない。

しかし、その頃から馬毛島を担保に高利貸しから金を借り始め、「国が買収することが決まっている」が口癖だったらしい。金額こそ不透明ではあったが、買収の話は事実であったようだ。

しかし、民主党の迷走が始まり、国民は「民主党には国は任せられない」と鉄槌を下し、それから安倍一強に繋がっていくのである。勲爺さんの夢がガラガラと崩れ落ちた瞬間でもあった。

鳩山宇宙人も罪な男だなー。夢の持たせ過ぎ。160億円の安倍政権も、400億円の鳩山政権も、米軍に対する思いでは一緒であった。

鳩山政権は米軍の沖縄からの一部追放のために馬毛島を400億で購入を予定、片や安倍官邸は米軍への忖度のために馬毛島を160億で購入しようとしている。税金の使い方としては、安倍官邸に国民は拍手を送るだろう。

ただ、世の中一寸先は闇という言葉があるように、何が災いするかわからないことはよくあるからねー。結婚しただけで持ち上げられる人もいれば、普段思ってることをつい口に出してしまったために、袋叩きに遭う人もいる。

中には、舌禍王と言われるぐらい舌禍を繰り返しても、問題にならない人もいる。人柄なのだろうか?持って生まれた運の強さだろうか?しかし、驕り高ぶっているといずれ大きなどんでん返しがあるかもしれない。

夏の参議院選挙の争点に、馬毛島買収は影響するのだろうか?ブローカーや詐欺師がいかにも馬毛島売買話で使いそうだから、先に書いてみました。選挙ではカスリもしませ〜ん。と思いますよ。
FCLP移転候補地である馬毛島の買収騒動
FCLP移転候補地である馬毛島の買収騒動

※FCLP(陸上空母離着陸訓練)

鹿児島県の種子島沖の馬毛島を国が買い取るという話で、二転三転トラぶっている。この持ち主の立石建設を直接知ってるわけではないが、関わってる人の中には間接的に知人もいる。

立石建設も一時は飛ぶ鳥を落とす勢いもあったらしいが、投資をし過ぎて失敗したらしい。その失敗の投資先こそ馬毛島だったらしい。発想はよかったらしいが、金が続かなかった。大手金融機関が金を出す内が企業の登り坂の証拠である。

伸びてるとか、勢いがあるとかいう会社には、金融機関は幾らでも金を出す。しかし見極めは厳しく、ちょっとでも躓くと直ぐに回収に転じようとするし、ここで後一押ししてくれれば、確実に凌げるという状況になっても、一切耳を貸さないのが金融機関の特徴である。

そのくせ毒饅頭を食わせれば、虚偽の書類さえ受け付ける所もある。そんな時、頼りになるのが「高利貸し」である。傍から見れば一時凌ぎにしか見えないが、本人は高利貸しであっても、乗り切れると信じているのである。

だが大抵はここでアウトになるのだが、その後にトラブルのである。自分から相手と納得の条件で金を借りていながら、返せなくなったら、金利法違反だとか、恐喝だとか言いだし、自分の立場を優位にしようとするのである。

立石建設の社長もそういうことをした。3億5000万円も手形だけの担保で借りていながら、それも期日が来ると書き換えで延期を繰り返して助けて貰いながら、警察に「恐喝」で訴え逮捕させたというのである。

誰かの入れ知恵だろう。馬毛島に対する国の評価は45億円だそうである。それでも、沖縄県の米軍基地負担を少しでも軽減するためと、訓練基地の確保のために、140億円まで吊り上げ、それに官邸の裁量で20億を上乗せし、160億円まで考慮したという。

しかしここまで来るまでに、立石勲社長では埒が明かないと債権者が立石建設に破産申し立てを行い、裁判所は受理した。それを回避する条件として、立石勲社長の社長辞任を申し出ていた。その条件を飲んで息子の薫氏が社長になって、国との交渉をしていたそうである。

それで160億円で決定し、国と「仮契約」まで結んでいたそうである。そしたら突然、息子を解任して社長に返り咲き、「決定はまかりならん」と、ちゃぶ台をひっくり返し、400億円を主張し始めたという。

国が買う買うと言うから、足元を見てるのだろうから、国は「買わない宣言」を先ずはすればいい。実際、「馬毛島を国が買う」という触れ込みで、あっちこっちから借金して、トラブルを多く抱えているのである。

この売買には欲の深い政治家が何人か名前が出てくる。1丁噛みして、手数料稼ぎを狙っているのである。弊紙が債権者なら迷わず手形を振り込むね。そして先ずは立石建設を倒産させればいい。そして破産管財人が国と交渉すれば、簡単に解決できるんじゃないの?

いずれにしても、勲社長との交渉は止めたがいいよ。世田谷区も何でこういうトラブルを抱えてる会社に幾つも仕事を落札させるのかね?官邸に忖度しない姿勢を区民に見せたかったのかなー。
青汁王子の未来予想図
青汁王子の未来予想図

青汁王子というのが1億9000万円の脱税で起訴されたらしい。基本的には1億を超えたら実刑と言われている。それで判決までの何か月かを時給1000円の店でバイトしているというのをテレビでやっていた。胡散臭い話である。

時給1000円のバイトをしながら、家賃230万円のタワーマンションに住んでいるのだという。「引越せばいいんじゃないの?」と突っ込まれれば、「現在保釈中だから、住所制限されてて引越せない」と平気で嘘を言う。

保釈中であっても、裁判所に届け出れば、引っ越しも可能である。ましてや「230万円を支払う金がないので、安い所に引っ越したい」という、尤もな理由を受け付けない裁判所があろうはずがない。検察庁だって同意するはずである。

余裕があるから、引越さないだけである。と一般人は思うだろうし、時給1000円のところでバイトしているというのを、わざわざテレビで放映するところが、いかにも裁判所に印象をよくするためだけの作り事だろう。

本人はそうではないと否定していたが、本心から反省の気持ちもあってやっていると言うなら、もし執行猶予判決が出ても、辞めずに時給1000円のバイトを続けて欲しいものである。

青汁王子に関しては、六本木、広尾辺りで反社の者たちと豪遊しているという話はあった。本人はテレビで会社から4億の借金があると言われたと語っていたが、自分がオーナー社長である。こんなものを易々と認めるわけがない。世間体にしているのであろう。

こういう成金者は、必ず人に金を貸している。貸すことで隠しているのである。おそらく起訴されて終わった話だから、警察はもう深追いはしない。それらを知恵つけてる者もいるだろう。

とにかく、金に関する犯罪で捕まった者に対しては、時効なしで追いかける機関を作るべきである。この男も半分タレントみたいな活動しているから、実刑か執行猶予かわからぬが、いずれテレビに出てくることになろう。

そうなれば今回の脱税も「笑いの種」にして、芸人に弄られて売れる切っ掛けにさえなりかねない。外国では犯罪者を持ち上げることはないそうである。

ところが日本では、犯罪者であれ、一般人であれ、とにかくテレビに出て有名人になれば、持ち上げるという風習がある。とにかく軽いのである。軽いけど、権利は主張する、という国民である。

権利と並行して表裏一体の義務の遂行があって、国は成り立っているんだけどねー。義務を遂行できなければ当然体で払うというのが、日本の法律である。

税金を払わないヤクザの有名なセリフの一つに、「俺たちは体で税金を払うのよ」というのがあったけど、そういうヤクザも少なくなったねー。
 
酒は飲んでも飲まれるな!丸山穂高の失言問題
酒は飲んでも飲まれるな!丸山穂高の失言問題

維新の丸山穂高議員というのが、北方領土国後島へのビザなし訪問団に参加して、元島民である団長さんに「戦争しても取り返す気持ちはあるか?」と質問したと話題になっている。

安倍総理に質問するならともかく、民間人である団長さんに向かって質問するような話ではない。東大出身で松下政経塾の出身というから、政治家志望は持っていたと思う。

我々が訴えるのと違って、政治家の発言には一定の責任が伴う。それも発言した当時、大量に酒を飲んでいたというから、この男は「酒乱」の気があったのではないか?所謂、酒に飲まれてしまうタイプである。

高齢者になれば、昼間から酒を飲まずにはいられないという、所謂アルコール中毒者と言う人も少なくはない。アル中と酒乱というのは違う。アル中は、昼間から酒を飲まずにはおれなくなって、午後からは殆ど仕事にならないほど酔っているのである。

退職して、もう仕事を辞めた高齢者なら問題ないかも知れないが、若い人なら問題である。酒乱というのは、アル中より問題で、酒を飲んだら、なぜか周囲に絡み出すのである。最初は穏やかに飲んでるが、ある一定の量だか、時間だか、過ぎると嘘のように絡みだすのである。

書き屋家業の中では、中野忠良と言う人が有名だった。今で言えば、Mさんとか、Tさんも、この部類であろう。市井の人ならいざ知らず、国民を代表する議員がこれでは困る。しかも丸山議員はまだ三十代の若さだという。その若さで、昼間から酒を飲むということは、間違いなくアル中で、他人のインタビューに出しゃばって割り込むところを見れば、酒乱も間違いなかろう。

東大出身で高級官僚出身で、おまけに見てくれもいいが、肝心の人間としての本質的な部分でアウトだったんだな。だいたいロシアなんかに戦争して勝てるわけがない。武器も劣るが、国民の「覚悟」が違う。

アメリカやロシアや中国は、今でも日常的に戦争をしている。日本のような飾りではなく、実践実行しているのである。日本が70年間戦争に巻き込まれなかったのは、日米安保のお蔭さま。アメリカから独立し、独力で各国と対峙できる軍事力とその覚悟もないのに、軽々に戦争という言葉を出すべきではないのである。

外交は力関係だから、大国がわがままを言うのは、ある程度仕方がない。それに不満を言うのであれば、そこと戦う覚悟も必要なのである。大国も相手を見て物を言う。簡単に勝てるか?そこを奪ったとして戦利品(資源とか)が、犠牲に見合うほどあるか?とか、考えながら戦争に踏み切るものである。

小さくても、とことん向かってくるような国とは、喧嘩は避けたいのである。国民皆兵制度を取っているスイスもそうだろうし、アメリカに屈しなかったベトナムもそうであろう。丸山議員は一度出直して再出発しか道はないね。
放射能五輪!?売国宇宙人ルーピーの健在ぶり
放射能五輪!?売国宇宙人ルーピーの健在ぶり

鳩山由紀夫元総理は、時々「この人は日本人かなー?」と思うような発言をする時がある。沖縄の辺野古地区埋め立ての混乱の元は鳩山さんの「基地の移設は最低でも県外」というところから始まった。

国民は言論の自由で、言うのは構わない。しかし、この問題は日本国内だけで決められるものではなく、日米の外交問題として決着している問題であった。

先ずは普天間基地が街のど真ん中にあるので、余りに危険だから移設して欲しいというところから始まって、沖縄県内であればという条件付で、やっとアメリカが納得してくれた話ではなかったか?それなら総理として国対国の約束を守ることが前提であろう。

自分が沖縄に行って、「国と国との約束事ですから、今はどうすることもできないんです。どうかご理解下さい。その分の対策を十分に考えます。また、いつの日か、必ず米軍に沖縄から出て行ってもらうような政策も考えます。それまでどうか辛抱して下さい。国を挙げて国民の皆様にも協力をお願いします」というのが、総理としての、その時の立場であったろう。

一般人の発言ではないのだから、できもしないことを言うべきではなかった。いま野党人気がないのは、偏に鳩山総理の発言・行動によるところが大きい。

言論の自由であり、十人十色であるから、様々な意見があるのは構わないが、現役総理はすべての国民の代表であるという自覚を持つと同時に、外国との外交の責任も担うのである。

特に外交では、軽々な言動は、争いごとの切っ掛けになる。70年間すべての政策、外交、輸出入をアメリカを中心にやってきた。「経済大国になったから、はいさようなら」という訳にもいかんだろう。お世話になったのであれば、それなりの礼を尽くしてからしか、旅立ちはできない。

それに経済的に世界2位だ、3位だと言っても、アメリカが居て、中国が居ての3位であって、この二か国に見捨てられたら、あっという間に、大不況になる構図なのである。

今アメリカと中国が貿易戦争をやっている。どちらが勝つのかわからない。引き分けるかもわからない。はじめはどちらが勝っても、日本への影響は少ないだろうとか、中国の知的財産権侵害も酷いから少しはアメリカに直接注意された方がいいかも、とか思って、対岸の火事ぐらいのつもりで見ていたが、この大国が経済で停滞したら、日本にリーマンショックの10倍ぐらいのショックが起きるぐらい今や、中国とアメリカは日本経済に組み込まれているのだそうである。

トランプさんも流石に中国に対しては、軽々な言動はしない。片や中国も、日本や韓国あたりにコメントするのと、内容が全然違う。畏敬の念を持っているコメントである。現実にこの2大国が本格的に経済戦争をしたら、世界の流通が変わってしまうだろう。

鳩山さんはまた、東京オリンピックのことを「放射能五輪」と揶揄してツイートしているそうである。もう自分は一般人になったから、発言は自由であると思っているのだろう。確かに発言は自由である。与党で辞めてから発言が迷惑であるという人は何人かいたと思うが、野党出身OBの発言で、現役野党に迷惑がかかるという存在も珍しい。何とも人騒がせな御仁である。
 
必見!Nスぺ「日本人と天皇」
必見!Nスぺ「日本人と天皇」

平成最後の日 平成31年4月30日に放映された番組です。

NHKスペシャル「日本人と天皇」

  NHKの番組案内から
「日本人と天皇」
  2019年4月30日(火)
  午後8時00分〜8時54分

 〜まもなく元号が変わろうとする30日夜8時からは、私たち日本人にとって“天皇”とは何かを、歴史をひもときながら考えます。
ことし11月に行われる予定の「大嘗祭」。古来より伝わる皇室の伝統で、皇位継承にともなう一世に一度の重要な儀式ですが、その詳しい内容は長くベールに包まれてきました。今回、私たちは「大嘗祭」など皇室関連の儀式を徹底取材。受け継がれてきた皇室の伝統とは何か?に迫ります。

番組では、「皇位の安定的継承」についても取り上げます。平成の次の時代になると、皇位継承者は秋篠宮さま、悠仁さま、常陸宮さまの男性皇族3名となります。男系男子に限られている皇位の継承をどう考えていけばよいか。戦後、現憲法の下で2度に渡って行われた政府の議論を、発掘資料やスクープ証言を交えて詳細に検証。「皇位継承」を巡って何が話し合われたのか?新しい時代、主権者である私たちはこの問題とどう向き合えば良いのか?そのヒントを探っていきます。〜
横綱の品格

横綱の品格

「白鵬が日本国籍を取得するということが話題になっている。それは別にいいんじゃないの? 所定の手続きを踏んで国籍を取得するのであれば。それよりも、いま相撲界の第一人者としての所作が鼻につく。

朝青龍が一番強かった頃は、朝青龍の品のなさが目立ちすぎて、その陰に隠れ、品格のある横綱に見えていたが、朝青龍が辞めた後の、白鵬の驕りと品格の無さは際立っている。

立ち合いの変わり身、かちあげ、張り手、歴代の横綱が「横綱の品格」として、禁じ手としてきた技や所作を、勝つことこそ横綱と言わんばかりに、使いすぎるのである。

それに立ち合いの呼吸が汚すぎる。三代目若乃花は「ずるい」と表現していたが、まったくその通りである。横綱相撲というのは、基本的には受けて立つ姿勢が必要である。

同格の横綱同士の相撲であれば構わないが、格下と取るときに、自分の呼吸で立てるまで、何度でも待ったをして、しかも必ず張り手か、肘打ちである。協会の役員を舐めてるところもある。

それは現役時代の実績で、白鵬がダントツに上だからであろう。唯一実績のあった貴乃花が相撲界から去ったので、ますます白鵬に物の言える親方はいなくなったのではないか。

しかし運営者側がそれではいけない。選手時代の実績に翻弄される(誤魔化される)のは一般国民であって、運営者は振り回されてはいけない。運営者は決められた規定や伝統を守り、粛々と運営を続けていくことが大事である。

現役選手がルール逸脱や、違反行為があるなら、それが横綱であろうが、看板スター選手であろうが、厳しく叱咤すべきである。白鵬は明らかに「相撲界では親方も含めて自分が第一人者である」と思い込んでる驕りが見える。大勘違いである。

あくまでも現役選手として第一人者であって、運営者である親方衆には関係ない話である。おそらく部屋親方が、白鵬の稼ぎで成り立ってるのは事実であろうから、白鵬に意見をできないのだろう。

そうであるなら、執行部の親方が「お前一人で、相撲界は成り立っているのではない。お前の立ち合いの呼吸のずるさ、立ち合いの変化、張り手、肘うち、歴代横綱として最低だよ。とにかく横綱として品格が無さ過ぎ。勘違いするな」とハッキリと言うべきである。

強い選手を作ったり、人気選手を作って、相撲人気を上げるのは営業的に大事なことではあろうが、選手に運営者側が舐められて、好き放題に引っかき回されるのであれば、本末転倒であろう。外国人だから批判してるのではない。

同じモンゴル人横綱でも鶴竜は全く問題はない。白鵬の驕りだけが妙に目立つのである。別に性格が悪いという印象はない。おそらく注意してあげるとか、間違いであるとか、と指摘する者がいないのではないか?

確かに将来モンゴル人派閥が一大勢力になるのは間違いないだろう。そして門戸を開けば、ますます外国人力士が増え、日本の大相撲なのか国際大相撲なのかわからなくなる日は来るだろう。

しかしそれは一方で、世界に認められた大相撲ということでもある。魅力がなければ、世界から選手は集まらないわけで、サッカーでも、野球でも、本場には世界中から人が集まる。これはそれだけ、そのスポーツが魅力あるという意味であって、仕方がないことである。

しかし、大相撲はあくまでも日本独自の神事であって、スポーツではないと言うなら、それを押し通し、日本の文化の伝承を強調すればいい。そうであるなら尚更、白鵬の所作と品格の無さを本人に厳しく伝え、「横綱の風格とは『受けて立つ強さ』」というものを、しっかりと伝えるべきである。

LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>