限度を超えた安倍政権の驕り高ぶり嘘八百
限度を超えた安倍政権の驕り高ぶり嘘八百

野党、与党の問題ではない。嘘を吐いてるか嘘を吐いてないかの問題である。私は野党よりか、自民党の支持者であるが、今の安倍内閣の嘘は、限度を超えている。

柳瀬秘書官の言い分と、そこに出席したという愛媛県職員、今治市の職員の言い分が、余りに内容が違う。自県の職員が、加計学園の職員が主役で、そこに着いて行った名前もわからないその他一同と言われたら、いくら地方の大将と言えども、放ってはおけまい。

愛媛県の立場から言えば、獣医学部を申請している立場が加計学園であって、認可権を持ってる自分たちこそが加計学園を引率して上京し、総理官邸に挨拶に行く、という話である。

上京団の主役である筈なのに、加計学園の金魚のフンみたいに言われたら、県としてのプライドが許さないだろう。確かに順序的にはそうである。

ところが、官邸からすれば、地方の県の職員など眼中にない。それより総理の個人的な付き合いのある人こそ、大切に取り扱わなければならないと勘違いしている。

いや勘違いではない。世間の常識では意外とそうかもしれない。総理の知人だからこそ、面会したのであって、愛媛県に申請してるから、その担当職員が帯同するのは当然ではあるが、官邸側から見たら、取るに足ら無い存在にしか見えてなかったのではないか。

本来なら、きちんとした手続きを踏んで、進めるべきものであるが、偉い人が絡むと、途中の手続きを簡略化(端折って中抜き)して、早く処理することはよくあることである。

早くするだけでなく、審査もしないで、認可を出すことも、そこら辺で幾らでも行われている。数は少ないが野党にもいるから、強く攻めきれないのである。

柳瀬秘書官と愛媛県知事の話だけなら、愛媛県知事の話が断然真実に近いが、官邸側の考える、「違いは誤差の範囲」というのも、また事実である。最終決定権を持ってる者が、OKを出せば、それを覆すことは、その者を犯罪者にまで追い込まない限り、無理なのである。

安倍総理が個人的に人気がなくても、それ以上に野党に信頼がない。安倍総理以上に、麻生副総理は舌禍が止まらないが、それでも野党は辞任に追い込めない。

マスコミも「舌禍・舌禍」と取り上げるが、本気で辞任を追及するまでには盛り上がらない。マスコミの一人一人が昔でいうブンヤと呼ばれた、記者魂を失くしたからである。

昔は一人でさえも、その取材力、執筆力で、権力者を倒す気概や矜持を持っていた。今の記者にはその迫力がない。冒険をしないのである。

権力者に烏合するマスコミではなく、権力に立ち向かう姿勢こそ、本来の姿である筈だ。それこそ第四の権力と言われるように、不正を働く者には畏れられる存在でなければならない。
朝鮮半島情勢と日本
朝鮮半島情勢と日本

ついに韓国・北朝鮮の首脳会談が実現した。本当に一本化の道を辿るのだろうか?東西ドイツの合併の時とは、だいぶ事情が違うのと、北の体制を認めたままの統一というのは、現実には不可能だろう。先ずは統一というより、交流から始まるのであろう。

それにしても、交流が始まれば、北朝鮮国民が世界の現実を知るようになろう。その時に、現体制が果たして持つだろうか?他国のことだから、これ以上心配することではないが、そこを踏まえた対応が日本には望まれる。

現状では北朝鮮問題に関しては、「六か国会議」で話を進めるという前提の筈であったが、いつの間にか五か国会議になってしまっている。日本は全く無視されている。

北朝鮮から見て、日本と話し合いすることは必要ないと見られているのか、日本はあくまで、アメリカのプラス1に過ぎないと見られてるのかの、どちらかであるのだろう。

しかし北朝鮮がそのような態度で臨んでいるのであれば、日本もそのような態度で臨めばいいだけである。仮に米朝首脳会談が成功して、北朝鮮が核を放棄し廃炉を実行した暁には、無視されていた日本が主役に躍り出る可能性は高い。

理由は、北朝鮮に対して経済支援を考えなければならない五か国が一様に下を向き、そして一様に右手人差し指で、日本を指差すからである。そして戦後保障を口に出すだろう。

北朝鮮が戦争状態だったのは韓国とのことである。確かに当時韓国に対しては莫大な戦後補償をした。それでも未だに慰安婦問題などで話が燻っている。全てのことを含めての戦後保障であったはずであるから、被害者は自国に賠償を求めるべきであろうが、大統領が代わる度に蒸し返される話である。韓国に払った当時の金の価値を現在の金の価値に置き替えての賠償が、一つの補償の基準になろう。

だが、それは間違っている。日本からは北朝鮮工作機関である総連から多額の違法送金がなされ、日本政府はその実態を掌握しながら見逃して来た傾向がある。日本人が拉致された現実もある。拉致被害者が全員帰国できるかどうかにもよるだろう。

話し合いでは無視され続け、金だけ出しなさいでは、余りにもばかばかしい立場である。それこそ安倍総理の腕の見せどころである。ここで日本国民の胸のすく答えを出せたら、今抱えている内政問題の不満は、全て吹っ飛んでしまって、改憲への大きな前進につながろう。そのような対応が望まれるのである。






 
パワハラセクハラ〜胸中ハラハラ安倍首相
パワハラセクハラ〜胸中ハラハラ安倍首相

セクハラが流行れば、セクハラの話が出て来るし、パワハラが流行ればパワハラの話が出て来る。マスコミの復讐である。こんな話は幾らでも、そこら辺に落ちている。

官僚トップであろうが、知事であろうが、それはその人が持つ肩書きの話であって、中味は同じそこら辺にいる男と一緒であるわけだから、普通に男としてのスケベ(性欲)さは同じである。そこを理解しないで、別物みたにいに言うのもおかしな話である。まー、その立場になれば、多少は抑制するのが常識ではあるが。

水商売の女性に聞くと、医者に坊主に弁護士、それから学校の先生。日頃まじめに仕事をしてる人ほど、スケベな話を好むらしい。日頃抑制の裏返しなのだろう。

わかる気もする。水商売側も、そこは十分に理解していて、男の思いの発散の場であるから、話だけならどんな話になっても、理解する女性は多い。それこそ言葉遊びだけなら、安い付き合いである。それらがドリンク代に含まれてるのである。

ところで、福田次官の突然の辞任は官僚の忖度が効かなくなってきたということだろうか?よりにもよって、安倍総理が一番点数が稼げる外交に行ってる最中に、外交話題が吹っ飛んでしまった感もある。

もう少し引っ張って、女性問題の責任ではなく、財務省の最終責任者として辞めさせ、モリカケ問題に終止符を打たせたかったろう。そして、決着が着いたと宣言した上で、麻生財務大臣が辞任して、この問題を終結するというシナリオではなかったか。

ところが、福田次官が辞めはしたが、セクハラは認めない。ということで、今度は被害女性側が、記者会見を開いた。まだ泥沼化が続くだろう。安倍総理が帰ってきたら、また柳瀬秘書官の「思い出せない話を思い出せ」という話題が再燃しよう。

ところで、スケベな職業に政治家や官僚が入っていないのは、彼らは同じように発散しているのだが、医者、坊主、弁護士、先生が自分のお金で飲むのに対して、忖度してくれる周囲のお金で飲むから、金を沢山使ってくれる。

しかも色んな権限を持っていたりするので、苦情にしにくいのである。それが習慣になっていて、福田次官のように錯覚するのであろう。

今回の日米首脳会談では、さほど支持率は上がらないだろう。米朝首脳会談次第では、安倍総理の支持率が上がる可能性もあるが、それまで精神的、肉体的体力が持つかどうかである。
「李下に冠を正してしまった」安倍総理夫妻
「李下に冠を正してしまった」安倍総理夫妻

柳瀬唯夫首相秘書官が記憶にないという2015年4月2日は、愛媛県の職員や今治市の職員からすると、一生に一度巡り合ってくるかどうかの夢舞台であったろうから、生涯忘れることはない筈である。

しかも、地方の役場の職員である。上京の決定が決まってから、職場で関係先で家庭で親戚で、祝いの席が何度も繰り返されたことだろう。

当然上司からは、「一言一句聞き漏らさないで、書き留めて来い。許可が出るなら、録音もして来い」ぐらいの指示は出てるはずである。そして、帰れば、きっちりと内容を報告書にして提出している筈であろう。

また同僚は、「官邸とはどういうとこだったか?、安倍総理に会わなかったか?」とか、羨望の眼差しで尋ねたことだろう。職員は公費で出張している筈であるから、報告書だって間違いなく保管してあるのも間違いなかろう。

出席した職員だって、つらいだろう。家族の誇りとして、夢舞台の話を語りたいのに、一躍悪者扱いみたいにされて、真実も語れず、一切の禁句を命じられ、哀れである。

また柳瀬秘書官もこれだけ騒がれれば、思い出さないわけにも行かないだろうが、忘れたと言った手前、いつ思い出していいのか、タイミングも必要になってくる。

内部的には、「国家戦略特区の担当だった内閣府の藤原豊地方創生推進室次長が加計学園関係者を4〜5人連れてきたという認識だった」というようなことを述べてるらしい。

そうであっても、来客者に「首相案件」と言った事実は変わらない。安倍総理が命令したとか、指示したという事実は、森友でも加計でも出ないだろう。証拠は何もない。すべてが忖度から始まって、結果は通常では考えられない結果となって現れた。

要するに昭恵夫人が、「スモモの木の下で立ち止まって」話を聞いてしまった。その時安倍総理は、昭恵夫人が「スモモの木の下で立ち止まって話を聞いた」ことを知らず、ついつい庇ってしまった。それで疑われることになってしまった。

そこで、安倍政権を支える関係者は、すわっ一大事と、忖度せざるを得なかった。一つの嘘の辻褄を合わせるために次から次に忖度、虚偽答弁、改ざんに繋がったのであろう。

これと福田財務次官のセクハラ問題は全く別物。こういうのは、普段から山のようにある問題だろうけど、たまたま今が効果的ということで、出ただけの話。

モリ・カケ問題は、「李下に冠を正してしまった」安倍総理夫妻の道義的責任が問われても仕方がないだろう。やはり、しかるべき地位にある人は、忖度・虚偽答弁・改ざんを導くような振る舞いは避けるべきなのである。果たして、得意の外交で巻き返せるか?
崖っぷちの安倍政権
崖っぷちの安倍政権

自民党が籠池氏の発言に対して、「詐欺で起訴されている人の話だから、聞いてもしようがないだろう」という姿勢だというから、それは違うと一言、言っておきたい。真実を知るには、「誰が言ってるか」ではなく、「何を言ってるか」である。

筆者も籠池氏のこれまでの一連の言動に対して、疑問に感じるところはある。ここまで色んなことが捲れて来たら、潔さも必要である。国は総理個人の物ではない。財務省の物でもない。自民党だけの物でもない。権力者たちの物でもない。議会民主主義とはいえ、議員がだらしない今、是非は国民が決めるものである。

隠せるものは隠した、騙せるものは騙したという姿勢で臨んだ結果に無理があって、現状にボロが出始めたのではないか?安倍政権も一強ではあったが、そこまで隠し通すことは出来なかった。日本国民の正直さなのであろう。

ロシアでは明らかな選挙違反が監視カメラに映っているが、プーチン大統領が平然と勝利宣言をしても、それがまかり通る。日本では考えられない。国民性の違いであろう。日本はそれだけ健全な国なのである。

今回の森友学園騒動の発端は、学校運営をしたかった籠池氏が安く国の土地を譲って欲しかったが、相談に行った担当部署に、けんもほろろに追い返された。

その後、幼稚園での教育勅語指導の教えが話題になり、誰かの縁で、昭惠総理夫人と知り合い、昭惠夫人がその教育姿勢に感動する。そして夫である安倍総理に報告する。そこで個人的に夫婦で応援する。その関係を強調することで、籠池氏は再度担当部署に話に行くと、担当部署が嘘のように態度が豹変した。

この豹変の一番大きな理由は、昭恵夫人のお付きであった谷査恵子秘書からの問い合わせがあったことだろう。しかし、土地の購入話と、学校経営の認可権は担当が違うので、こちらは思うように進まなかった。

安倍総理も、昭惠夫人がその教育に感動し名誉校長を引き受けたことも、本当かどうかわからないが100万円寄付したことも、堂々と語っても何も問題はなかった。

「関係ない、関係ない。二人とも全く関係ない。もし関係あったら、総理も国会議員も辞めます。」というから、周りが慌てて削除、隠ぺい、改ざんが必要になったのである。

多少の前後や大小はあっても概ね、こんのな感じではないだろうか?素人の筆者が色んなニュースやワイドショーや記事を読んで感じた全体の感想である。

余程のどちらかの贔屓でない限り、一般の人の感想も似たり寄ったりだろう。この期に及んで、繕ったり嘘を言ったりすれば、益々批判を受けるばかりであろう。

日本は天皇陛下を中心とする穏やかな国民性を大事にする国であるから、独裁国家は似合わない。一部の不正はもみ消すことはできても、全体的にもみ消すことは不可能である。

国会答弁での虚偽答弁という意味では、佐川元理財局長の責任は極めて重いが、官邸と一体となって動いてた責任という意味においてはその前の迫田理財局長であろう。

今更ながら加計学園の話が出て来た。柳瀬元首相秘書官が嘘を言い、総理がそれを庇った。財務省のトップのセクハラテープが流れ出した。厚労省局長のセクハラの話も出ている。官僚の歪みが出始めた。佐川の嘘に国民が怒り始めたのである。

全マスコミ調査の政府の支持率が30%を切る前に、自民党の中で最も真っ当な意見を言う、小泉進次郎議員にバトンタッチしたほうがいいかもね。
Is it son-taku?

Is it son-taku?

権力者に仕える者が忖度するのは当たり前である。それは許容範囲のものであろう。問題は自分の出世のために忖度する者たちが居ることである。それらが許容範囲を超えてるのである。忖度を利用するといってもいい。

そして、そこに取り入りたいと考えてる周囲の業者は、蜜の味のする美味しいものを届けながら耳元で囁くのである。見た目には二人だけの秘密のように見えるが、天知る地知る人が知るである。

一度そのような関係ができたら、その当事者はいつまでも食らいつくだろうし、関係が切れたら騒ぎ出すのは当然である。その前に、二人だけの秘密だったはずだが、あまりの嬉しさに、妻であったり、仲間であったり、部下であったり、中には行きつけの店のママに話す者もいるだろう。その話を聞いた者まで、自身の手柄のように関係を誇示し、次から次に話が広がって行くのが世の中である。況してやそれが、日本で一番権力がある総理大臣なら、当然のことである。

偏に安倍総理の驕りである。もうとっくに終わっていてもいい話である。国民も飽きている。森友なんか8億円の値引きより、実質三百万円で購入した土地に、なぜ24億も貸す銀行があるのか?それは正当な貸し出しだったのか?それは建築資金だった筈なのに、なぜ建設業者に支払われてないのか?等、その金の流れを追ったほうが、より大きな問題に行き着くのではないか?

安倍総理はトランプ大統領の真似して、ツイッターなどで、マスコミ批判をするべきでなかった。マスコミと言っても相手は人間だから、当然仇討ちを狙ってくる。いとも簡単に情報は流れるだろう。世論喚起や世論操作に長けているマスコミは、一種のスパイである。世論を味方に付けられたら、総理といえども、どうにもなるまい。

的を射てない感情論を質問する野党の質問が続いた時も、バカにするのではなく、「自分に忖度というより、総理という立場に忖度した人は居たかもしれないし、また愚妻が軽々に行動したことも、やはり亭主としての私にも何らかの責任はあろうかと、しみじみと反省を噛みしめてるところでございます」ぐらい言えば、世間から拍手喝采で、「いつまで野党はつまらんことをぐちゃぐちゃいってるんだー。もっと大事なことがあるだろうー、先へ進め。」となった筈である。

やはり、そばに居ると言えないのかなー。いつの間にか裸の王様になってしまったんだなー。あの自民党議員の質問のザマはなんだ⁉どんなに素晴らしい政治をやっていても、万民に満足行く政治はないし、時代の流れによっても、評価は変わって行く。況してや支配が永くなると権力も腐敗する、飽きもくる。今宵はここらで、よかろうかい。

しかし、それでも、仕方がナイカク自民党!
しかし、それでも、仕方がナイカク自民党!

佐川元理財局長の証人喚問は酷かったね〜。最初から疑問に答える気はさらさらなかったね。会場に入るときの足取りが堂々としてたし、気合が入った顔をしてたから、「決心したなー」という感じはしたが、まさかの逆転ホームランだった。

1週間前ぐらいは、野党に袋たたきにされて、顔に生気がなかったので、自殺だけはするなと心配したが、そんなやわな男じゃなかったね。あの国会喚問で、安倍政権の支持率が上がるのか下がるのかが見ものだね。

佐川喚問は安倍政権の姿勢とは関係ない。佐川元理財局長個人の資質の問題であるが、安倍総理、昭恵夫人、麻生財務大臣、官邸、官邸の関係者の全ては一切関係ないと完全否定。

一方で、じゃー誰が関係あるのかというと、刑事訴追の恐れがあるといって答えない。この繰り返しを、国民がどう判断したかが、支持率にどう影響するかである。

もし支持率が下がったのであれば、安倍総理が気の毒である。太田理財局長の言い分とも、少し乖離し始めている。ここまで捲れてきてるのに、今更開き直っても何の意味もなさないと思うけど、何を血迷ったのかねー。

一方で、安倍総理の人気を支えてるのは「外交」である。それも韓国・北朝鮮に対する姿勢が特に受けている。トランプ大統領との関係も世界の誰よりも信頼関係がある仲のように見えた。

しかし、国内で森友問題で追及されてる最中に、世界は激変の様相を呈し、特に北朝鮮が主役の外交に韓国やアメリカまで、振り回されている。その中で、日本だけが蚊帳の外である。

少なくともアメリカとだけは、より強固な同盟国の関係が結べたようなトランプとの仲だったような気がしたが、やはりコロコロ変わるトランプは、アメリカンファーストしか考えない、不動産屋の親爺でしかなかった。

他の同盟国の関税は上げないと言いながら、一番強固な同盟国の筈の日本の関税は上げるのだという。1年前の約束は何だったのか?そろそろアメリカオンリーからの独立も考える時期なのかもしれない。

しかし、地理的に中国、ロシアという大国が近隣にある。弱さを見せれば、すぐに侵略して配下にしようとする歴史を持つ国である。地続きでない事が、唯一侵略されずにきた証明である。特に中国は尖閣諸島への上陸を狙っている。

ロシアだって、アメリカとの同盟が切れれば、北海道の一部に上陸する可能性だってあるかもしれない。日本の経済力、技術力は、喉から手が出るほど欲しいのである。

無理難題を仕掛けてくるのは間違いなかろう。そのためにも、防衛力には力をいれるべきである。そして、それ以上に大事な「戦う覚悟」を身に着ける教育を始めるべきである。

となれば、自民党以外の政党では、頼りない。ということで、どうやら支持率は下げ止まりのようである。結局は、森友問題が支持率を下げたのではなく、政権の驕り高ぶった姿勢に嫌気をさしていただけで、真摯な態度を見せれば、やはり自民党しかない、というのが国民の考えのようである。
安倍政権の驕りが招いた森友問題再燃焼
安倍政権の驕りが招いた森友問題再燃焼


(4)15年9月3日 国有地売買を管轄する財務省理財局長・迫田英典らと安倍が官邸で会う(午後2時17分から27分)

(5)15年9月4日 森友学園側と近畿財務局が交渉(午前10時から12時、近畿財務局9F)

(6)同日 紛糾する「安保法制」国会を抜け出し、安倍は午後に大阪入りして読売テレビ出演

(7)同日 大阪の「かき鉄」で元りそな銀行高槻支店次長の冬柴大(故冬柴鉄三元国土交通相の次男)らと安倍が会食(午後4時ごろ)⇒その後、りそな銀行は森友学園に21億円を融資へ

(8)同日 国土交通省が校舎の木質化で約6200万円の補助金を決定

(9)15年9月5日 安倍昭恵が講演し、「名誉校長」に就任

(10)16年4月6日 国が除染費用など約1億3100万円を森友学園に支払い

(11)16年6月20日 国と森友学園が1億3400万円で土地売買契約

とくに(4)から(9)までの事実経過をじっくりご覧いただきたい。はたして世の中、ここまで「偶然」が重なりあうことなどあるだろうか


上の文章は、どこかの記事を丁度一年前に参考までにコピーしたものだった。このコピーが事実であれば、森友学園は300万円で土地を手に入れたことになる。

しかも偶然か故意かわからぬが、りそな銀行が森友学園に21億円も融資している。こんなに金があるのに、何で森友は倒産するわけ?籠池氏は何処かに金を隠しているのかね。

りそな銀行はまるまる21億円貸し倒れかなー?21億円に見合う担保は取っていたのだろうか?この辺を洗えば、もっと真相が見えてくると思うけど。

この記事から言えば、昭惠夫人より先に、安倍総理が森友に力を入れてるようにも見える。ただ、7の項目が「ただの食事会」だったかもしれない。事実を知りたいなら、りそな銀行にも問い合わせてみればいい。

1年前に、これだけの事実を見つけ乍ら、その真相を解明できなかった野党もだらしがない。また一度は終息したかに見えた話をきっちりもみ消せなかった安倍政権も驕りそのものだったのであろう。

政権が混乱すると、喜ぶのは日本を敵と思ってる外国と犯罪者たちである。特に詐欺師は、混乱さえ飯の種にしてしまうので、困るのである。

田中角栄の国有地払い下げに比べれば、可愛い問題だけど、どこで狂ったのだろう?やっぱりぞんざいで尊大な態度が、野党を本気にさせ、国民の後押しに繋がっているんだろうなー。


 
四面楚歌の佐川前理財局長と政権に下剋上の兆し
四面楚歌の佐川前理財局長と政権に下剋上の兆し

佐川宣寿氏の目が虚ろになってきた。自殺しなきゃいいけど。官邸と組んで、言われるままに動いている時は、我が意を得たりとばかり、満面の笑みで我が世の春だった筈なのに、何処で狂いだしたのか、今や日本中の国民を敵に回した格好になって、官邸さえ守ってくれない状況になってしまった。こうなれば、人は冷たいもので、みんなが離れていくのである。

ついこないだまで、現理財局長の太田氏は佐川氏を庇っていたが、今では発言が違ってきている。麻生太郎財務大臣も明らかに対応が違ってきた。佐川氏が日に日にボロボロになって行くのがわかる。証人喚問でそのピークが来るのだろうが、余りに悲哀に満ちている。

こういう時、海千山千と言われるような剛の者は、平然とやり過ごす。また逃げて時の経過で復活することもある。ところが、一流大(特に東大・京大)を出て格式のある立場に任官した者は、逃げるに逃げられない。打たれ弱いところがある。

これから着ぐるみごと脱がされて、プライバシーの全てまでが、明かされていくのではないか?官邸にゴマ擦った形の栄転だったろうから、仲間からは恨まれ疎まれたはずであろう。その分、一度箍が外れると、四面楚歌状態になる。可哀想である。

中央官僚は国の根幹を為す行政である。改ざんや隠蔽はいけない。権力者が恣意的に法を解釈したり運用したりは、よくあること。それにはやはり許容範囲がある。国民にわから無ければ、どんどんエスカレートして行くことはある。しかし見つかったら、謝罪しその償いは受けるべきである。

日本では三権分立の中で、行政と立法が癒着しやすい環境にある。能力が優秀なのは断然官僚で、各分野でも専門的にも秀でている。専門的に勉強しているから当然である。

それに比べて政治家は、ただ威張ってるだけで何もわかってない者が多い。豚も煽てりゃ木に登る、タイプの政治家が余りに多いのである。特に自民党系に多い。話の饒舌な者が良い政治家と思われているのである。

官僚は口には出さないが、腹の中では大臣を自分たちが操っていると思っている。また何もわかってない、立場を理解してない大臣が多すぎるのである。

今回は官僚の人事権を官邸が握ったから、必要以上の忖度を官僚が配慮し、また官邸の周辺者、取り巻きが必要以上に驕ったために、益々忖度が忖度を呼び、このようなことが結果が起こったのではないか。

「官僚主導型が国の制度を歪めている。国は政治が主導すべき」と長年言われてきた。しかし、政治が実際に主導すると、こういう状況になる。やはり国の運営は専門家の中央官庁に任せ、政治家は司法や行政の監視・お目付け役が相応しいだろう。

これだけ細かい話が出始めれば、もう勝敗は付いた。麻生さんの責任は逃れられない。安倍総理も早めに謝罪しないと、自民党政権が壊れる可能性も出て来るだろう。

佐川宣寿氏には、当分苦しかろうが、先ずは死ぬという選択は間違ってもしないでほしい。仮に国会招致に呼ばれて真実を語るか、信念を貫くかは、どちらでもよい。2、3年刑務所に行くことになったとしても、時間が経てば、また貴方を評価する声も出て来る筈である。

将来を考えれば真実を語り、心を軽くして、「ただの人」になって時間の経過を待った方が楽であろう。先は長いのだから、ここで生涯の選択というほど、思い詰めない方がいい。森友の結果より、取りあえず、生きることを選択してほしい。
ぞんざいで尊大な態度
ぞんざいで尊大な態度

麻生副総理兼財務大臣のぞんざいで尊大な態度が話題になり始めた。うまくいっている時は、和製マフィア的なファッションもちびっ子ギャング的に可愛いと宣伝するマスコミも、国民感情が批判的になると、一気に手のひらを反すのが日本のマスコミの特徴である。

元々舌禍では、森元総理に劣らない人であっただけに、これから過去の言動が繰り返されることであろう。憲法改正は必要という立場の筆者でさえ、安倍総理と麻生副総理の国会答弁は、ちょっと尊大すぎるなー、というイメージを持っていた。

やはり公文書が改ざんされていたという事実の重さを深刻に受けとめなければ、ドミノ式に政権は倒されていくであろう。普段権力に阿っているマスコミも普段の鬱憤を晴らさんばかりに、隠してきた取材記事を一気に書き出すと思う。

本人と会ったことがないので、その人となりは知らないが、テレビに映る言動は、決して良い印象は与えない。特に謝罪しなければならない場面では、全国会議員中、最も似合わない人と言えるのではないか?

にも拘わらず、今は最も頻繁にテレビに映る必要性のある立場である。日に日に、安倍政権の支持率が下がることだろう。これから毎週、テレビ、新聞で支持率を公表されるのではないか。ワイドショーも連日取り上げだした。

こうなれば、麻生財務大臣だけの責任では終わらなくなるだろう。また森友学園でボロが出たことで、加計学園も再度見直されることになろう。

選挙後に真摯に対応し、佐川氏を辞任させて幕引きを図れば、国民もこの問題については、辟易してた部分もあったので、無事に終わったはずである。

内閣がぞんざいな対応をするから、勘違いした官庁までぞんざいになっていくのである。籠池氏が安倍総理夫婦を利用したのは事実であろうが、その名前に忖度して、財務省が気遣いをしたのも事実であろう。

それを主導したのが誰かということである。出世に欲の眩んだ茶坊主が、話を進めていったのだろう。それは政治家なのか、官僚なのか、である。官邸が主導したということもあり得る。最初は昭恵夫人を通じて、「幼稚園の教育が素晴らしい」と称賛していたわけだから。

当紙も「教育勅語を教える幼稚園は素晴らしい」と思っていた。私立でそんな幼稚園があってもいいと思う。日本が公衆道徳に優れていると世界から称賛されるのは、学校で道徳を教えてきたからである。

ゆとり教育になってから、自由を強調しすぎて社会が乱れてきたが、やはり最低限の公衆道徳教育は必要である。誰もあまりに現政権がやり過ぎたから、すぐに政権を野党に渡せ、とまでは思っていない。野党に運営能力がないことは、国民は知っている。

しかし自民党に自浄作用がないとわかれば、混合野党の可能性はあろう。前に一度、鳩山・菅で、ドジを踏んでるけれど、二度目、三度目と回を重ねるごとに、国民にも馴染んで来よう。国民はぞんざいで尊大な態度を嫌うのである。

 
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>