一強より拮抗が望ましい健全な政治
一強より拮抗が望ましい健全な政治

安倍総理の人気は意外と高かった。その一番の理由は近隣諸国に対する外交姿勢。戦後の「謝罪外交」にストレスの溜まっていた国民には、単に中国、韓国、北朝鮮に対して、相手国からの誹謗中傷を無視するだけであったが、それだけでも強い総理に見えたし、溜飲を下げたのである。

しかし、日本人は好戦的な人は少ない。どちらかというと、「中道保守」的な感じを望む人が多い。他の党に比べて、自民党の中は幅が広い。共産党も、社民党も、政策に幅が狭い。憲法9条に縛られ過ぎ。それが命のところがあるから、国民からしたら肝心の「経済」が心配になる。

民進党が寄せ集りだったから、中身の幅が広いように見えたが、バラバラで纏まりがない。現に一度政権を任せてみたが、腐った時の自民党よりひどかった。それが、右派に近い者は希望の党に行って、左派に近い者は立憲民主党に行った。細かく分かれて、考え方や政策はわかり易くなった。

「日本の心」は右派過ぎて、一定のファンはいるが、国政政治党としては、難しい。道徳的な面や文化面からは素晴らしいが、国の中枢を担う現実的な政治や経済面で不安が残る。政党が小さいということは、国民の支持が少ないということでもあるからね。

だいたい国民を割合で色分けすると、ハッキリ右派が2割、中道保守から中道革新とがぼよ〜んと6割、ハッキリ左派が2割と言う感じだろうか?自民党が強いのは、この幅の広さである。

しかし、今の自民党は安倍総理に物の言えない一強になってるから、モリカケ問題のようなことが起こってしまう。忖度や恣意的な物の考え方、利権構造と言う物は、誰がやっても起こり得ること。現実には何処にでもある。だから、多選が批判されるのである。

トップが長く続くと、トップを取り巻く環境までが虎の威を借りて、差配するのは事の理。自民党への批判は、驕りが見え始めた安倍総理へのノーと、安倍さんに何も言えない自民党にノー、という批判である。本当は国民の政権選択ではなかった。仕事人内閣で支持率が上がったのが、その証拠だった。

民進党の混乱と希望の党の準備不足に、焦った結果の総選挙に間違いはなかったが、結果はオーライだった。国民は穏健な保守政治を望んでいる。

支持政党なしと言うのが、毎回半分近く居るが、その人達はその時々の風に左右される人達ではあるが、極端に右に行ったり、左に入ったりはしない。左派であれ右派であれ、その前に「中道」とか「穏健」とかが、付くのである。

それでは何故、自民党は中味の幅が広いのに、分裂しないのかと言うと歴史である。長くなれば、誇りや愛着が出て来る。民進党は幅は広かったが歴史がない。それと最近の人の特徴だが、とにかく我慢ができない。すぐにあっちに行ったり、こっちに行ったりする。その党名で当選したのであれば、せめて次の選挙までは、そこに居るべきである。比例なら尚更である。

立憲が大幅に伸びたのは、枝野党首が悲壮感漂い潔く見えたから(日本人はこういう雰囲気が好き。弔い合戦とか言うと必ず勝つ)。

しかし、希望の党は「排除する」という言葉で失速したと言われているが、政策・信条が違うのだから、一緒にいることこそ、国民を騙すことになる。小池氏が単に純だったから敗れたに過ぎない。また風が吹く日は来るだろう。

健全な政治が行われるためには、与野党の拮抗が望ましいんだけどね。
小池百合子新都知事

小池百合子新都知事

大方の予想通り、百合子ちゃんが旋風を巻き起こし、圧勝した。自民党都議団の内田茂幹事長の悪党イメージで負けた都知事選だった。こういう人間は表に出たら負け。ひたすら裏の人間に徹しないと。

ところが力が付いたと勘違いしたら、表に出たがるんだよなー。文春に、テキヤ出身で雀荘屋のオヤジをやってたと書かれた時点で、終わりだよな。小池都知事誕生の影の功労者は文春と猪瀬元都知事だろうなあ。

内田幹事長に虐められて、自殺者がいたって誰も知らなかったからねー。あの猪瀬氏のツイートは、小池陣営を振るい立たせたと思うよ。最後には奥さんまで壇上に上がっていたし。

いじめも、そこまでやってはいかんだろう。これが子供だったら、少年院に入れられるか、親が賠償払うかするんだろう?普通の大人だったら、逮捕もあるのか?それはないか、会社でよく自殺する者がいたりするが、「パワハラがあった」というだけで、意外とスルーだもんな。

男の世界は戦いの世界だから、「弱い者は負ける」で終わらせてしまうところがあるから。組織というのは、所詮人の集まりだし、利害で動くのは当然だし、好き嫌いで物事を決めるというのも、当然である。

一応の目安としての法は守られるのであろうが、解釈は人それぞれという部分もあるだろうし、幅も相当あるわけだから、そこに判断者の裁量というのがあるから、裁かれる人はまな板の鯉にならざるを得ない。

猪瀬さんも、その当時反論すればよかったろうにと思うだろうが、その当時は何を言っても、マスコミが許さなかったのである。ここは「世間が許さなかった」と書くべきであるが、実際はマスコミの誘導によって、風を起こされ世論は動くのである。

舛添氏もそうであるが、日本人の文化風習である「忘れ癖」のおかげで、近い将来テレビにでも出てきて、笑い話として、バラエティーにでも出てくるのは間違いなかろう。だんだんそのサイクルも早くなっている。

猪瀬氏もこの一件で、実質復帰と言って間違いなかろう。あの時は、何を言っても否定されたろうから、今思いっきり反論してみればいい。その方が、真実がわかっていいよ。

新都知事がどこまで、伏魔殿の扉を開けることができるのか?内田の爺さんの影響力は確実に落ちるだろう。下手すりゃ、次回は落ちる可能性大だね。

オリンピック利権にはメスを入れて欲しいね。男に比べて女はしがらみが少ないし、これだけの都民が後ろに付けば、森喜郎の策略なんか吹っ飛ばせるだろう。

本人は気付いてないかもしれないが、今森氏批判が起こらないのは、「お涙頂戴の情け」である。舌足らずではなく、舌禍が持ち味の森氏の場合、オリンピック予算見直し論が出れば、必ず新都知事に一言あるだろうから、その時が、バッシングの再燃になろう。完全に都民のハートを掴んだ百合子ちゃんブームは、当分は去らないだろう。
 

都知事選もいよいよ終盤
都知事選もいよいよ終盤

都知事選の話だけど、日に日に百合子ちゃんの優勢が見えて来てるようだね。

増田寛也候補は自民党都連の「縛り規約」が災いして、マイナス作用しているみたいだし、鳥越さんはやはり健康問題に無理がある感じが日に日に強くなっている。それに立候補をした割には、政策が無さすぎ。如何にも思い付きで立候補した感が、溢れすぎ。

野党共闘だから、応援弁士は多彩で豪華だが、安倍政権批判ばかりなのもちょっと的外れだろう。世界一(だっけ?二位?)の予算を持った都市ではあるが、都知事選は国政選挙ではない。あくまでも東京の行政を司る長であることを忘れられたら困るのである。

また、当選する為に、聴衆に実現不可能な耳障りの言い事ばかりを言われても困る。その点、与野党を渡り歩いて来た百合子ちゃんは貫禄があるし、政治家として一日の長がある。聴衆のハートを捕まえたようだ。

なんと言っても、小泉元総理張りの「自民党都連の闇をぶっ壊す」と言うのが、聴衆受けしているようだ。完全に自民党都議団の内田の爺さんが悪者で決定したようである。

自民党の組織票は、公明党や共産党ほど固くない。それに、先の参議院選挙で精力を使い果たし、余力は残っていない。しかも、東京都は地方人の寄せ場であるから、元々個人票や浮動票の多いところ。だから、知名度のある者が当選する可能性が高いのである。

堅実・安定で選ぶなら増田さん、ただし都議団の利権構造、オリンピックの無駄使いには切り込めない。知名度・金にクリーンで選ぶなら鳥越さん、ただし体力的に相当無理。政策提言も余りに素人過ぎて、都政が停滞する。政策ブレーンに優秀な人を置いても、質疑応答は本人がやらねばならないので、体力的にも答えられないのではないか。だから、宇都宮健児氏が野党推薦として立候補し、その応援弁士として客寄せに協力して、宇都宮氏が当選した暁には、「副知事」になればよかったのである。

参議院選挙で、野党が大負けした危機感を「どうにかしないと」という気持ちはわかるが、人には分不相応という時期もある。総理大臣が辞めてしまってから、「ああでもない、こうでもない」と言ったところで、「それなら、何故やれる時にやらなかったの?」と言われるのと同じである。

ヤクザの親分が辞めてから、つべこべ言うのも同じである。鳥越氏の一番の間違いは、公党の共闘の推薦を受けたこと。推薦を受けないで、自由に与党が大勝した危機感を訴えれば、聴衆の心を打っただろうし、断トツの知名度で当選の可能性は高かったろう。

応援弁士の演説ばかり長くて、本人の話が短ければ、聴衆は不安を覚えてしまう。百合子ちゃんが本当に「都議会の闇」や「オリンピック利権の闇」に切り込めるかどうかは、疑問のところはあるが、何もしないで隠し続けるより、挑戦しようとする勇気に一票あげたいね。

まだまだわからない。ちょっとした失言やスキャンダルで、コロッと流れが変わるのが選挙の怖さである。
都知事選で注目される自民党都議団内田幹事長

都知事選で注目される自民党都議団内田幹事長

都知事選なのに、内田茂という自民党都議団幹事長の存在が注目されている。テレビに映る内田議員は、ただの爺さんに見えるが何処にそんな力を持っているのかがわからない。

前から何度か、都議の権力者ということで話題になったことはある。しかし、その都度もみ消してきたからこそ、今日があるのであろう。

こういう利権を独り占めしたような権力を持った爺さんは、日本中どこにでもいる。今度の都知事選で、こういう暗部に陽が当たることはいいことである。

過去には内田氏の嫌が選らせ(圧力)によって、自殺した議員がいると、元知事の猪瀬氏が公表している。根拠もなく言える話ではない。

あくまでも自殺であるから、犯罪ではない。男として弱かったから負けたということでもある。死ぬ覚悟まであるのなら、一矢報いてから死んでも遅くはなかったと思う。それができなかったということは、真面目な人だったんだろう。

当事者になれば、判断というものはなかなか難しいもので、そんなに簡単に答えを出せないものである。それにマスコミだって、権力に気を遣って、なかなか記事にしてくれない。中には圧力(金)に屈するマスコミもいる。

こういう時は、世論に呼び掛けることである。風を起こすことである。猪瀬氏が言うように、闇の中で力を形成するような者たちの弱点は、そこに陽を照らすことである。そうすることで、意外な弱点が見えてくるし、幽霊の正体見たり枯れ尾花、というようなことはよくあるのである。

例えば恐れ戦くようなヤクザの親分でさえも、辞めてしまえば只の人、というケースは多いに有り得る。況してや、議員の爺さんである。この爺さんが怖いのではなく、その地位が権力を持たせているのである。

その地位に、ひれ伏しているだけであるが、本人も周りも錯覚してしまうのである。それともこの爺さんも、暴力装置か何か持ってるのかね。こういう爺さんは排除するか、辞めてもらわねば本当の民主主義は来ないね。

公的な気持ちが強い人なら、有り難い側面もあるけど、大抵が私利私欲の権化みたいな爺さんが牛耳ってる場合が多いから、やはり都知事選ではあるが、注目されることはいいことである。そして、東京から地方にこの「権力者爺さん追放運動」が広がれば良いことである。

茨城県辺りには狸や狐のような議員がたむろしていると噂である。

当紙理想の議席数

当紙理想の議席数


将来の展望はともかく、先ずは 明日の選挙である。現実的なことから言うと自民党に勝って貰わなくては困る。

一番の理由は進めてきた現実的な仕事がまた見直されたり、止まってしまったら、現場が混乱し、復興計画も遅れよう。

八ツ場ダムがいい例である。まー諫早干拓のような判断がつかない二転三転するものもあるがね。

それでも国がマヒしては困る。ある程度党員がいて、現実に則した政党が中心で、その周りを是是非非で協力する政党が取り巻くという形が一番理想のような気がするけどね。

例えば当紙の理想は

475議席の振り分けを
自民党・・・・・200議席
次世代の党・・・ 50議席
維新の党・・・・ 50議席
民主党・・・・・ 50議席
公明党・・・・・ 40議席
共産党・・・・・ 60議席
社民党・・・・・  5議席
生活の党・・・・ 3議席
無所属・・・・・  17議席

ぐらいのバランスが、一番国民に取っていい政治ができそうな気がするけどね。それから大事なことは政治家の不正に対して、厳しい罰則規定を設けること。

司法、行政、立法、全てにおいて人がやることだから、全てに清貧であれと言っても無理な話であるのはわかる。ただ、一般の人よりも微かでいいから、「この国のために」という良心と誇りを持って頂きたい。

悲しいかな、議員に立候補するのを就職活動と勘違いし、当選したら、ビジネスのような感覚で利権ばかり追い求めている先生も多いからねー。林田さん、こんなもんですかね。
師走の解散総選挙を考察

師走の解散総選挙を考察


今回の突然の総選挙。解散前は「理由なき解散」とか「無責任解散」とか言われ、与党過半数割れこそないが、安倍総理には相当厳しい風が吹くようなニュアンスだった。

ところが、選挙戦に突入すると空気が一変。自民党人気がダントツなのだそうだ。やはり、ある程度方向性が纏まっていて、現実に即した指導を発揮する党でないと不安なのだろう。

浮かれて、踊って、何も決めれなかった二年前の民主党にだけは戻りたくないという考えではないか。鳩山もバカ、菅もバカ、野田は少しまともだった。党を大きくするため、全く政治的理念の違う者が集まり過ぎた。

共産党が常に一定の評価を受けるのは、信念がぶれないことに加えて、権力者の不正を暴くからである。「誰も取り上げてくれないものでも、共産党なら相談に乗ってくれる」というイメージが一般的にある。ただ、共産党は中国や北朝鮮のイメージとダブルから、大衆の支持は得られない。

憲法9条を死守し、護憲を訴え続けているのは社民党だけである。ただし社民党はいずれ消えゆく運命であろう。理由は二つ。

一つは過去に政権を執ったことがあるが、執った途端に、自身が主張していた柱のような理念や政策を百八十度転換した政治しかできなかった。結局、理想と掲げた政治は現実的でないと社民党自身が認めたに等しい行為に国民が滅亡した。

もう一つは護憲が国民の心から離れているということだろう。周囲の国々の変化も影響しているということである。中国が露骨に嫌がらせをしてくる様を黙って耐え忍ぶにも限界があろう。物言わぬ国民ではあるが、時代に即した憲法を国民は望んでいるのだろう。

次世代の党は、自民党右派というイメージである。攻撃的に見えるから、一般的的には受け入れられるのに時間がかかるかもしれないが、外交的意見や教育的意見は至極尤もで、大きく育ってほしい党である。

維新の党も同じである。細かく政策を言い合えば、一つの党が5個にも10個にも割れよう。本当は次世代、維新、みんな、が纏まれば、それなりに対抗勢力になれたろうが、現実はバラバラである。

今回は現実を読み切った安倍参謀の軍師に脱帽という結果になりそうである。しかし、自民党もあんまり驕っていると、また5年前の民主党に取って代わられた時のような風が吹こう。

まだ、大丈夫だろうが、民主党だって、経験を重ねながら、逞しくなるよ。民主党自身が言ってるように、次の次は確かに強敵になる可能性は高い。今日のところはこんなところで如何でしょうか?池田先生。

この項明日に続く。
都知事選挙後に加速する猪瀬元知事への追求

都知事選挙後に加速する猪瀬元知事への追求


都知事選挙が終わればまた、猪瀬元知事の話が出てこよう。

一水会の木村三浩会長が5000万円の話を繋いで500万円借りたという。ばれなかったら、永遠に借りれた金だったろうが、勿体無い話だった。

それどころか、都知事の黒幕として相当な無理(利権)も効いたことだろう。それが露と消えた。世の中とはわからんもんだねー。

だけど木村会長は真面目だね。俺だったら徳洲会に3億出させて1億貰うね。まー、相手がそれだけ出すかどうかはわからぬが、都知事だからねー。いつでも元は取れるだろう。

ただ、当選前の話だから、相手も一種の賭けだからね。落ちてしまえば回収も覚束ない。それこそ捨て金になってしまう可能性もある。

今だからこそ、「猪瀬氏は当選確実だった」とか言うマスコミもいるが、事前には何が起こるかわからない。そんな中での「賭け金」だから貸す側には勇気がいる。だから1億の申し込みに対して5000万円だったのかな。

当選してからなら、徳洲会側ももっと貸したろう。都知事は借りちゃいけないのかな?国会議員なら腐るほど借金して、遣り繰ってる輩は幾らでもいる。

猪瀬氏は政治家としては素人だったんだな。取り巻きもいなかったし、人脈もなかったということだろう。副知事としてはいい仕事をしていたし、知事としても能力はあった。他所の内紛からまさかの飛び火で発覚したようだけど、正直に返したことが逆に仇になったようだ。

厚かましい古狸政治家なら、「貰ってない」で押し通すんだろうなー。木村会長も右翼業界では純粋に政治活動をしている代表の一人として評価されている人物だった。このぐらいでイメージ低下はないと思うが、無念の一言である。

信用を積み上げて行くには爪に火を点すような努力と長い年月が必要であるが、信用を落とすのはたった一日、たった一つの出来事で充分なのだ。しばらくはマスコミの餌食になるだろうが、それも仕方があるまい。

そう言えばこんな当紙にも「貧者の一灯」として支援して下さる人もいる。ありがたいことだ。人生毎日が修行である。

一つだけ言えるのは今は今だけ。その瞬間から過去になり、もう二度と還ってこないのだ。つらいことも、楽しいことも全てが思い出として残るだけで、還っては来ないのだ。だから全ての人に悔いのない日々を送って欲しいものだ。
東京都知事選挙、舛添要一候補がリードか

東京都知事選挙、舛添要一候補がリードか


都知事選の予想を色んなマスコミから尋ねられる。そこで自論を語ろう。勝って欲しいのは田母神俊雄氏であるが、勝つのは舛添要一氏であろう。

後出しで出てきた細川護煕氏が小泉純一郎氏と元総理コンビで名乗りをあげた時にはインパクトがあって、自民党推薦の舛添氏が霞むほどの勢いだったのだが、ただ思いつきのような「原発0」というだけで対案もなければ、実行可能な政策も持ち合わせていない。

そのため記者会見を二度もキャンセルせざるを得なかった。それで本来は細川都知事を担ごうとしたマスコミが「中味がない」ことに気付き、引いてしまった。

華やかさでは断トツであったろうが、何せ中味がなければどうしようもない。それに小泉さんが出て細川さんが応援なら、中味がなくとも「人生色々」と煙に撒きながらおばちゃん達を惹きつけたかもしれない。

それでも往年の「切れと色気」が確実になくなってきている。月日はむごいもので、老醜が見え始めた。若かりし頃入れた「唐獅子牡丹」の刺青が歳と共にいつしか「カバと馬鈴薯」に見えてきたような、との表現では都知事選に相応しくないか。

それでも小泉さんが立候補するならまだいい。一匹狼から政界のトップを取って5年間も維持した人だ。責任感もある。都議会で与党の自民党から攻められても都民受けするワンフレーズで返すことができるだろう。

ところが、細川さんが仮に当選しても過去の疑惑を追及されたら、時効であっても耐えられない。殿様だから打たれ弱い。過去と同じく必ず政権を放り出して逃げ出すだろう。と都民は見てるのではないか。

それでは今回の猪瀬都知事の二の舞になるし、また選挙の無駄遣い(50億)になる。ということで細川さんに票は入らない。完全に二人は政界を引退することになろう。特に小泉さんは今回で全く政界への影響力(神通力)がなくなる。

それともう一つは民主党と生活の党が推薦したことだ。国民はこの二党に対して、彼等が思う以上に嫌悪感を持っている。特に生活の党に対してである。だから私は細川さんは第四位と見ている。

私的な評価は知らないが、自民党が推薦する堅実的に実務をこなせそうな舛添さんが当選は固いだろう。

今回に限って言えば、自民党の推薦が大きいだろう。自民党というより安倍総理人気が大きい。安倍さんになって景気が上向いてきた。このムードを壊したくない。中国や韓国に対しても毅然と対応している姿勢が共感を呼んでいる。前回の失敗を教訓に「同じ轍を踏まない」という信念がある。

問題は二位であるが、田母神氏ではないか。田母神氏の祖国愛が揺れない。都知事は外交家ではないが、発言は時として外国にも影響する。石原氏が四期も務めたのでもわかるが、都民は毅然とした態度で物を言う首長を好むようなのである。

田母神氏の言動を一部のマスコミは極右と表現するが、外国に対して発言する政治家は何処の国の政治家も、その国の「保守」であることが当たり前である。外交で話し合いする時、人一倍愛国心を持ってる人物をその代表に据えなければ、掛け合いに負けるではないか。

譲ると言うことは一見耳障りはいいが、相手に利した行為であるわけだから、時と場合にもよるが、国の代表として話してる場合、通常は認めてはいけない行為である。そういう意味では保守的で祖国愛的発言の多い、田母神氏は予想外の票をとるのではないか。

三位は宇都宮健児氏だと思う。いま記事を書きながら、名前がすんなり書けたのは宇都宮氏だけだった。舛添さんも田母神さんも細川さんも名前が出てこなかったり、漢字がわからなかった。宇都宮さんも、知名度では負けていないということだ。

前日本弁護士連合会の会長をしたぐらいの人だから人望もあるだろうし、普段の発言からも常に弱者の味方で正義もあるように見える人だ。清貧にも見える。

ただ推薦が共産党と社民党である。共産党の政策は一貫しており、党員からの支援で成り立っているから賄賂や癒着とも無縁である。信念もある。ただ残念ながら現実的でないため、正義の批判政党でしかない。それに実際政権を執られたら困る。やはり都政が停滞するのではないか。細川さん同様、推薦がない方が可能性があったかもしれない。

こんな予想を立てて見ました。とは言っても選挙は水物です。ちょっとした切っ掛けで風が吹いたり、雨が降ったりします。自民党議員のバカな発言や不正や疑惑が出ただけでも一気に流れが変わったりします。それがないとの前提ですけどね。

都民は日本の首都だから都知事には「政策よりも華やかさのある人を望んでいる」という都市伝説があるそうだが、それを知ってか、細川陣営では瀬戸内寂聴さんや菅原文太さんらの応援弁士を投入している。現実の戦いは安倍人気対小泉プラスアルファー人気の戦いということでしょうか。
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>