反社介入産廃業者を許可した群馬県
反社介入産廃業者を許可した群馬県

愛知県の産廃業者が、廃棄処分を依頼されたカレーチェーン店の冷凍カツを横流しした事件が話題になっている。今はあまり話題にならないが、インスタントラーメンの場合、消費期限が1年らしく、1年過ぎたものは企業が回収して廃棄処分にしている。その廃棄を請け負うのが、産廃業者である。

1年を1日でも過ぎたら廃棄にするのであるが、1年過ぎた物も、1年1か月過ぎた物も、そんなに中味が変わるわけじゃないという考えで、横流しして、消費期限を打ち直し、ディスカウントショップで売られているというのは、聞いた事がある。中には消費期限が過ぎてるから半額と、堂々と売ってる 店もある。確かに、昨日までは期限内だったから食べられたが、今日は期限を過ぎたから食べられないという、理屈は成り立たないだろう。あくまで1年でぴったり消費期限は、色んな角度から計算された企業の「良心的けじめ」なのであろう。

本当なら、売れ残った弁当やら消費期限の近づいたインスタントラーメンや冷凍物などは、食料に飢えてる貧しい国々に送ってあげれば本人達には喜んで貰えるのだろうが、それはそれで、「売れ残りや消費期限の少ないものを送った。」とか、「我々は乞食ではない」とか言う意見があったり、その国の政治のスタンスがあったりして、すんなりと行かないのが現実なのである。

ところで、せっかく製造業者が、「良心的けじめ」で苦渋の決断をして、回収し、廃棄処分をしてるのに、請け負った産廃業者が横流しし、またそれを安く買って売っていたスーパーなどは厳しく取り締まるべきである。産廃業者は許認可を取り上げるべきである。産廃業者は、パチンコ屋と同様、コンプライアンスに欠けるところが多い。

当紙が15年前に5年間ぐらい叩いた原町共栄クリーンという産廃業者も、経営者は何度も代わったが、結局は先月特別背任で逮捕された。元々はNECが投資した会社だった。群馬県の井草実業が名義の産廃業者(途中から新東京グループの吉野勝秀が横取り)は暴力団との共同経営だよと教えているにも拘わらず、群馬県庁が誤って認可を出しているのである。

群馬県庁の担当者は「群馬県警に問い合わせたら、『暴力団関係者の介入はない』と言われた」と答えた。馬鹿かと言いたい。うちが暴力団の総長(当時)から権利の分配についての交渉を依頼された張本人なのに(ただし、後で聞いたら、委任は何番目かだったそうである)。恐らく関係者が独饅頭を食っているのだろう。その後、新東京の買収に対する行為について合同捜査本部までできたじゃないか。直前で被害者が告訴を取り下げたから、解散になったらしいが。関係性は不明だがその後、その被害者が拳銃で撃たれている。

よく週刊誌は嘘ばかり書くという人がいるが、殆どの記事において「事実無根」と言うことはない。やはり根も葉もある場合が多い。中にはポジショントークで一方的な立場から書く記事もあろうが、それとて贔屓はあっても、根拠のない嘘ではない場合が多いのである。まー、中には金で買われてるような者もいようが、それは論外である。書き手の良心というのもあるが、話の中味が7割会っていれば、一般的には真実評価と捉えれるのではないのか。
 
いわくつき産廃事業と警察OBヤヒサ情報求む
いわくつき産廃事業と警察OBヤヒサ情報求む

土支田の大塚総長と井草実業(群馬県)と吉沢というブローカーと三人で始めた産廃事業が、途中で頓挫し二転三転しながらも、開業にこぎ着けた。群馬県庁は本来認可を下ろすべき事案ではなかったが、何故か認可をおろした。

事件物とわかって介入してきたのが、新東京グループ(吉野勝秀社長)という会社だった。暴力団の総長が絡んでいて、尚且つトラブってる物件を買いにくるぐらいだから、只者ではない様子はわかろうというもの。紛争を解決する手段を持っているということである。

紛争を解決する手段は、普通は金である。しかし、このような暴力団が絡んだ事案には金だけでなく、先に絡んでいる暴力団以上の勢力のある暴力団を背景に持たねば、普通は介入してこない。新東京にはそういう背景があるようだ。

当紙は土支田の総長に、トラブってる井草実業との交渉を頼まれた。欲の塊の話し合いだから埒が明かない。そういう最中に、名義上の権利者井草実業を新東京が買収してしまったのだ。その後、工事を続行した下請けと揉めたのか、一度合同捜査本部まで出来て吉野が逮捕されると噂が出ていたが、被害届を出した会社が直前になって、被害届を取り下げたのだ。

その辺のことは過去記事に書いた。それから何か月か後、その被害届を取り下げた会社の社長が、伊東だったか三島だったかで、何者かに銃撃された。犯人が捕まったかどうかわからないが、誰もが産廃買収のトラブルと関連付けて想像してしまうだろう。当然当紙にも、仲介の労を取りたいと言う話は何回か来たが、条件が合わなかったので断った。

前置きが長くなったが、何でこの問題をぶり返すかと言うと、どうもこの問題でも「敬天を押さえる」と言って金が動いている節がありそうである。それが今回は警察OBで「ヤヒサ」という男だと言う。

まだ確定的な話ではない。吉野は敬天を押さえる為に5000万円を使ったというのだ。真偽のほどはわからない。確かに何人かから話はあったが、条件が合わなくお断りした。私は10円の金も受け取っていない。吉野が金を払っているのであれば、誰かがネコババしてるということである。

「ヤヒサ」がネコババした本人か、これから売り込む口実に使っているのか、あるいは誰かがヤヒサを陥れようとしているのかは、今のところわからない。群馬県庁もあれだけ「この話には暴力団が絡んでるから許認可を出すべきではない」と教えてあげたのに、認可を出すんだもんなー。

担当者が金でも貰ってたのかね。直前で取り下げはしたものの、一時は「千葉・東京・神奈川」の合同捜査本部が出来たぐらいだから、尋常な会社じゃないんだよ新東京は。群馬県庁は「認可を出すにあたって群馬県警に相談したら問題なしと言われた」って言ってたけど、どう考えても大チョンボだよ。「ヤヒサ」の話を知ってる方はご一報頂きたい。
 
駒場豊 山王総合法律事務所 代表弁護士の名前

駒場豊 山王総合法律事務所 代表弁護士の名前


 東京電力病院売買契約書の後半の部分が送られてきたので掲載する(甲、乙の住所氏名の部分が白紙である)。

 理事長の有川志津雄が取引したという過去の病院M&A実績のような書類も送られてきたが、関わった業務は「開設許可申請」である。別に公認会計士とか税理士とかいう免許を持ってる風もなく、そんな立場の男がよくも病院のオープンに参加できるものである。

 著書もあるというので検索してみたけど一向に見つからない。弁護士事務所も胡散臭い。知っててやっていたなら弁護士免許剥奪は間違いない。名前だけ貸して、知らなかったと逃げる心算だろうか。

 もう弁護士名も当紙が公表しているわけだから関係者から当人に伝わっている筈。伝わっているのにも拘らず弁護士から注意が行ってないことになる。いや、知らないのかもしれない、利用されてるだけかも知れない。

 念のため、弁護士に分るようにもう一度、書こう。

「駒場豊弁護士さーん!貴方の名前が東京電力病院売買契約書に準主役で載っていますよー。注意して下さーい」

 何故ここまで、「これは詐欺未遂事件である(ひょっとすれば既遂かも知れない)」と断言するかというと、東京電力と何度も電話でやり取りして、ここにきて東電が嘘をつくとも思えないし、国民監視の中で自殺行為のようなことをするとも思えないからである。

 有川側は今でも「東電側は副社長対策案件になっているので他の部署は知らない」と言っているそうだ。

 そのとこを東電側にぶつけると、「今は売買に限らず、全てのことを政府に報告することになっている。東京電力病院は最初から売買の対象になっておりません。それから東電所有物件の売買においては担当部署だけの対応ではなく、必ず、法務部が一緒に対応します。社長だけの判断とか副社長だけの対応での売買という取引はあり得ません」という回答であった。

 そりゃそうだろう。

 個人のワンマン会社ならともかく、半民半官の会社で大事故の行方が全く見えない状況の中、秘密の売買などできるわけがない。

 被害届を出すべきだ、と勧めたが、「直接被害者がまだ出てこないうちは……」というので、「出てからでは遅いので、せめて注意喚起ぐらいはした方がいいですよ」と言っておいた。

※これは前々回の『東京電力病院の売買話をふれ歩く財団法人「甦生医療福祉事業団」』で記した契約書画像の続き

(あまりよく分らなくて当然です。病院売買の契約書と考えない方がいいです。市販の総合法令なんかの不動産売買書類などをそれらしくいじってあるだけ)
東京電力病院買収を目論む?しかし金がない人の病院売買契約書

東京電力病院買収の資金はサラ金から借りるのか?しょぼい病院売買契約書

(甲乙欄が空白になっている(下記画像)など以前に、これらは「東京電力病院売買の契約書」である筈なのに、ほぼ市販の不動産取引契約書の使いまわし(出資持分譲渡などではなく「不動産の所有権移転うんぬん」と、猖/庸簀祗瓩鉢猊堝飴最簀祗瓩一つの契約書内でゴチャゴチャになってる)というズサンさ)
東京電力病院買収資金は、クレジット現金化枠でもつかうのか?インチキ病院売買契約書

(東京電力病院を売買するのに(もちろんできませんが)持分譲渡のことが記載なく、代りに不動産の「土地」のみの表記。前々回の記事の契約書と合わせて考えると、この契約書を作ったやつは『法人売買』をしたことがない奴なのでは?と思われるほどズサンで穴だらけ)
東京電力病院を買収するファンドは携帯電話が事務所代わり

(東京電力病院をM&Aする財団法人甦生医療福祉事業団の代表電話は『携帯電話』???可哀相だから、末尾を消去しておきます)
有川志津雄氏の病院M&A実績だってさ

有川志津雄氏の病院コンサルティング実績(自称)

有川志津雄氏、病院設立支援と自称しているが・・・

有川志津雄氏、華麗なる経歴を謳うが電話は携帯電話のみ

有川志津雄氏、著書多数というけどネットでは1件も引っかからず

(病院の立ち上げや売買に関わっているというようなことを表した書類だが、どこも実際の住所など記載されておらず、「有川志津雄」で検索しても、インターネットでは何も出てこない(著作物も引っかからない)。こんなズサンな書類一式、突っ込みどころ満載の売買契約書で、誰かから金を引っ張ることができるのか?)
東京電力病院の売買話をふれ歩く財団法人「甦生医療福祉事業団」・続報

東京電力病院の売買話をふれ歩く財団法人「甦生医療福祉事業団」・続報


 東京電力病院売買の続報であるが、東京電力から電話があった。

「この売買に東京電力は一切関係しておりません」ということだった。

 恐らくこの言葉は本当だろう。仕事師か事件屋か詐欺師か知らないが人の弱みに付け込みやがって、まだ被害が出てなければいいが。

 考えてみれば売買契約書に甲の住所名前、乙の住所名前がない。売買契約書と履歴事項全部証明書が別物かもしれない。とふと思ったのは履歴事項全部証明書に出てくる監事の駒場氏は現役の弁護士さんと言うことだから、こんな嘘話に参加するとか名前を貸すとかは余りにリスクがあり過ぎ。

 こういう悪い奴らを根こそぎ捕縛するためにも東京電力にはぜひ被害届けを出して頂きたい。

 東電も過去、国策殿様商法をやってた頃、白川司郎、竹内陽一、水谷功、などシロアリを飼ってた時代があったから、秘密売買,抜け駆け売買をすると未だに誤解されてる部分があるのだろう。
産廃場原町共栄クリーンと暴力団マネー 2012-3

産廃場原町共栄クリーンと暴力団マネー 2012-3


 原町共栄クリーンのちょこっとだけ続報である。先ず鹿島の当時の支店長の名前は鈴木というらしい。

 この鈴木東北支店長を佐藤薫氏に紹介したのは秋田県の産廃業者で伊藤という男らしい。この辺がタッグを組んで弱り目に祟り目の田中氏にうまいこと言って近づいたんだなー。

 しかし田中氏側にも佐藤・大竹連合に通じた者がいたのではないか。なぜなら田中氏は3億の内金の段階で社長を任せている。本当は全額支払い完了まで社長の立場は渡したくなかったらしい。この際田中氏も背任横領で訴えれば簡単なのに。

 当局はすでに田中氏に事情聴取している、と言う噂もある。2課という人もいれば、4課という人もいる。表向き出演者の裏にそれぞれに大物暴力団が控えているからである。田中氏から会社を買った佐藤氏に暴力団の影があっても誰も驚かないという。

 住友から債権を買った大竹氏の金が実は暴力団マネーだった、というのであれば話はややこしくなるのではないか。住友は誠實の大竹勇人氏に対して事情聴取すべきではないか。

 田中氏にお世話になって自宅の競売を助けてもらったくせに、開き直って家賃も払わない、立ち退きもしないという山田恵一という男の話だけど、山田慶一だよ、と間違い指摘があった。むかし朝堂院氏が在日詐欺師だよ、って言ってた男かなー。
産廃場原町共栄クリーンと暴力団マネー2012-2

産廃場原町共栄クリーンと暴力団マネー 2012-2


 原町共栄クリーンについてまた情報が入った。

 田中章雅元弁護士から原町共栄クリーンを買った佐藤薫氏が鹿島から契約を解除することで7億を受け取ったという話だったが、実際は9億でその内3億を当時の鹿島の東北支店長にバックしたという。

 そもそも契約を解除すれば金が返ってくる話は契約当事者の田中氏か鹿島の関係者しか知らないはず。田中氏がやれば自殺行為。あり得ない話。佐藤氏が社長になった途端に鹿島との工事完成保証の解約を実行しているのをみると誰かの入れ知恵は間違いなかろう。

 元々この金の横領を目的に介入してきたことさえの疑いも出てくる。この9億円の分配先を調べれば明らかになろう。内金だけの段階では佐藤氏の社長就任には反対していたという田中氏を誰が説得したのか。

 鹿島の東北支店長に3億円が入ったと言うのが本当なら大事件ではないか。田中氏は別件事件で執行猶予中のため動きが不自由のため、カモられてる可能性もある。

 話は違うが山田恵一という元文化服装学園の娘婿で事件屋としていろんな処に名前の出てくる男が、「自宅が競売になるので助けてくれ」と田中章雅氏に相談し、田中氏が競落した物件に家賃も払わず開き直って出て行くこともしないので売るに売れないそうである。

 田中氏もブイブイ言わせてた時期があったからなー。結局は仲間に食われたってことかなー。弱り目に祟り目か。人の振り見て我が振りなおせ。
産廃場原町共栄クリーンと暴力団マネー 2012-1

産廃場原町共栄クリーンと暴力団マネー 2012-1


 NEC専門のゴミ捨て場として作る予定だった原町共栄クリーンという産業廃棄物処分場
 当紙が追いかけてもう十年になる。当時の社長の同級生という男が経営するシンシアという会社が請負ったのだが、欲の皮の突っ張った男共が仲違いをしてニセ株まで作って争った。

 当時この情報を当紙に持って来たのは稲川会系の企業だった。当紙のニセ株の追及に、痺れを切らしたシンシアは刑事事件になるのを恐れて全株を二束三文で戸田市の悪徳不動産として有名な照力(現パンダハウス)に売却。

 その後誰が買ったか知らないが、何年か前には元弁護士の田中章雅氏が全株を掌中に収めたという話だった。しかし田中氏もCSKから70億を引っ張ったが、工事が思うように進まず頓挫。CSKの債権は住友商事に引き継がれた。

 住友商事は(株)誠實大竹勇人社長)に3億5,000万円で債権を売ったそうである。ところが大竹氏が債権を購入した金は広域暴力団マネーだと噂されている。住友商事にコンプライアンスはないのだろうか。それとも騙されたのか。

 また一方で田中章雅氏から原町共栄クリーンを買った人物がいる。渋谷区南平台のフィリピン大使館の払い下げ訴訟で有名な佐藤薫氏である。佐藤氏は7億円で共栄クリーンを買ったが、3億は払ったが4億は払えなくて紛争中らしいが、どちら側からも有名暴力団が出てきて話し合い中とのこと。

 しかし佐藤・大竹連合は、原町共栄クリーンの社長になった途端、鹿島との工事完成保証を反故にして7億円を回収したというから、住友商事からの債権購入費3億5,000万円、共栄クリーンを買った内金3億円、国税に払った5,000万円と原価ゼロで仕入れたことになりはしないか。

 原町共栄クリーンは当初から暴力団のオンパレードだった。偽造株券で必ず事件になると思ったけど関係者はうまく逃げ、甘い蜜を吸い続けた。ただ一人捕まったのは金を貰って捜査を誤魔化していた大井警察の刑事だった。

 その後も暴力団は付いて回った。CSK→田中章雅元弁護士→住友商事と続いたから、もう暴力団の影はなかろうと思っていたが、やっぱりあった。  原発20km圏の南相馬市にある原町共栄クリーンの産廃場。大化けするという話もある。当紙は最後まで見極めるつもりである。

 次回はもっと詳しく書こう。
原発の街、福井県敦賀市河瀬一治市長に関する告発(つづき)

原発の街、福井県敦賀市河瀬一治市長に関する告発


原発利権―福井県敦賀市河瀬一治市長20120123-4

 このご時勢に、ジャクエツと東洋紡と特別養護老人ホーム渓山荘とあわせて13億円って。本当だろうか。まさか、仲間企業にこれだけ融通を利かせているとはにわかに信じがたい。もし補助金を出していたのならどういう名目か?福井県は、敦賀市政を調査すべきではないか?

原発利権―福井県敦賀市河瀬一治市長20120123-5

 この文書にいたっては、市役所の公務員を一人100万円から200万円で裏口雇用していることになる。大阪ではまだ若い橋下徹市長が労組や日教組といった陰湿な組合悪と命懸けで戦うという涙ぐましい奮闘をしているというのに、敦賀市にこんな悪徳が存在するなんて信じがたい。
 まあ、橋下弁護士は実力を買われて、今までの実績を大阪市民に期待されてのことで、市民のために戦うんだという信念があるのだろう。
 川瀬一治市長は原発を推進するという信念で五期の当選を果たしたそうだが、原発推進と市役所職員をあっせんすることとは因果関係があるのだろうか?
原発の街、福井県敦賀市河瀬一治市長に関する告発

原発の街、福井県敦賀市河瀬一治市長に関する告発


 福井県敦賀市は原子力発電所の城下町。この敦賀市で、原発推進派として5期も市長を続け、長期政権で敦賀市では敵なしなのが河瀬一治市長(原発利権―福井県敦賀市河瀬一治市長)である。
原発利権―福井県敦賀市河瀬一治市長20120123-1

 当紙に対して、敦賀市の原発関係のコック発文書のようなものが送られてきたので掲載する。
原発利権―福井県敦賀市河瀬一治市長20120123-2

 本年になって、関西電力大飯原子力発電所(福井県おおい町)の改修工事を巡り、暴力団関係企業が絡んだ偽装請負事件が起き、原発利権はさほどギラついた商売であり、儲かるのだなと国民の誰もが知ることとなった。
原発利権―福井県敦賀市河瀬一治市長20120123-3

 告発文書にあるような、河瀬市長の下半身の話はどうでもいい。それより、ジャクエツなる私企業や東洋紡との密接な関係というのは、公人として許されることなのか、非常に懸念を感じる。


変装をしてまで通う銀座のママ(↑3枚目の文書↑)って、この人?
ところで変装ってカツラのこと?
福井県敦賀市長河瀬一治原発推進派
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>