旧商工ファンドSFCG大島健伸の実質無罪判決で問われる正義なき司法判断

旧商工ファンドSFCG大島健伸の実質無罪判決で問われる正義なき司法判断


安愚楽牧場詐欺事件と商工ファンド詐欺事件だけは、どう考えてもおかしな判決である。安愚楽牧場の金集めは、過去に詐欺と認定された「和牛商法」と全く遜色のない和牛商法だった。

本来はあそこでアウトにしなければならない商法だったのに、一社だけ生き残ったため、逆に国が「優良」という認可を与えたような印象さえ受けた。

被害額は4000億円である。長く自転車操業だったことは広く知られていたことであるし、虚偽の説明をしながら会員から金を集めていたこともわかっている。

倒産前には、牛を担保に高利貸しにまで金を借りていたという話もある。要は長く経営したことが刑を軽くすることに繋がったようである。

集めた金を実業に使ってきたという判定なのだろう。これだけ集めたのだから、どこかに金を隠していないのか。被害者の中には、なけなしの金を投資して自殺した者もいたんじゃないのかね。これで執行猶予じゃなー。

商工ファンドの倒産前の財産隠しもひどかった。こちらも実質無罪である。社長の財産隠しに隠れて目立たなかったが、社員の背任横領もひどかった。いくつか事例をあげて、記事にしたが、管財人もマスコミも知らんふりだった。

【参照記事】
『SFCG元会長に実質無罪判決 正義なき判決と法匪とカネの亡者のコラボレーション』 鎌倉 九郎

商工ファンドの資産隠し競売のカラクリについては当紙サイトの「MSは見た」で詳しく解説もあって、一部では支持されてるようだが、関係者がお互いに毒饅頭を食ってる関係上、有罪にできなかったということらしい。

中には殺人事件に発展するような競売にも絡んでいると書いてある。ある程度、断定的な証拠がなければあそこまでは書けないだろう。

民主党政権は清貧というイメージがあったが、現実には金塗れの議員は多かったし、検察の制度と正義を著しく歪めた感がある。

それに最近多いのが、弁護士の不正である。特殊詐欺の裏には金で買われた「共同正犯」と言っていいような存在の弁護士がいる。まるで仲間か手下である。

非弁提携や名義貸しが可愛く見えるくらい悪質な弁護士もいる。そろそろ代表的な悪徳弁護士を2,3人逮捕して一罰百回の警鐘を鳴らす時期ではないだろうか。
大島健伸氏(SFCG=商工ファンド)の見事な資産隠し

大島健伸氏(SFCG=商工ファンド)の見事な資産隠し


普通会社が倒産すれば、社長は一銭も無くなり一家離散が相場で、責任感の強い人なら首を吊る悲惨な状況になると言うのが常識だった。

ところが裁判所に破産申立を行い、「何もありません。お好きなように」とポーズだけ裸の振りをして、間抜けなやる気の無い管財人に任せておけば、一財産も二財産も隠し通せるような世の中になった。

本来管財人は破産した会社の債権者の代理人の筈だが、社長が個人資産を持ってるような会社の破産の場合に限ってはどうも社長の側に立って有利に事を運び、債権者に泣き寝入りを説得する弁護士が多いようである。

あの武富士の管財人は最初から最後までおかしかった。商工ファンドの管財人もおかしい。大島健伸氏は倒産直前、明らかな財産隠しを行っていたが、一向に事件にしなかった。

またドサクサに紛れて一部の社員が会社の不動産を外部の詐欺師と組んで、故意的に契約書に瑕疵を作り、不動産を騙し取られるようなことをしていた事実があったので何度も教えて上げたが、取り返そうとしなかった。

その詐欺師は裁判所に偽診断書を提出して未だに収監されていない。保釈中の犯罪だったのである。

大島氏は表向き何も持たないのかも知れないが妻や子供は財産をたらふく持っています。商工ファンドは、過払い請求も踏み倒しているのです。すなわち、商工ファンドは債務超過ですね。

ところが、商工ファンドは担保で取っている不動産から最大の努力をして回収していません。この回収が行われれば、債権者に配当できるわけです。

さて、当該物件(←クリック)は、平成19年に(株)栗博が取得していますが、その取得日の一週間後に商工ファンドが譲渡担保で所有権を得ています。すなわちしっかりした担保を取った。これって、実は大変おかしな話なんですね。

通常の金融屋であれば、債務者の所有権取得と担保設定の時期は同じです。ですから何故、遅れて担保に取ったかです。

ヒントは(株)栗博にある。栗博=栗原博久元衆議院議員 自民→維新の会。さらにこの取引を仲介したのが住吉会元組長のようです。

商工ファンドは、わざわざこの譲渡担保を外して、抵当権に切り替えている。その心は、抵当権譲渡の方が登録免許税が安いからでしょう。

このようにして、譲渡担保を抵当権に変えて、3ヶ月後トランスバリュー信託への抵当権移転仮登記をつけた。

その心は、ここで商工ファンドの財産からトランスバリューの帳簿に移し替えたのでしょう。すなわちSFCGの財産目録から外したのです。

そしてそれから一年もしないうちに、大島関連会社を経て、ほとぼりの冷めた昨年大島由理子(女房)の会社であるベータ(←クリック)に抵当権を移転した。

【大島関連会社参照資料】

合同会社白虎(現在情報閉鎖登記簿

株式会社IOMA REAL ESTATE(現在情報閉鎖登記簿1/閉鎖登記簿2

株式会社蒼竜舎(元、株式会社IOMA CAPITAL MANA GEMENT)

大島商事株式会社(現、株式会社IOMA REAL ESTATE)

この抵当権移転には、(株)栗博の代表者の議員関連の個人保証人の同意もあるに決まっている、法律だから。議員とグルだったのである。そして、本年7月4日に競売をかけた。

取締役 ウィルポン由貴(写真)は、代表取締役社長 大島嘉仁の妹であります。



取締役 大島由里子は、代表取締役社長 大島嘉仁の母であります。 監査役 大島香代は、代表取締役社長 大島嘉仁の叔母であります。やるねー。
蠧さくは小野俊夫を告訴せよ!(共犯者川口昌人は受刑中)

蠧さくは小野俊夫を告訴せよ!(共犯者川口昌人は受刑中)


 バカボンというのがバカなボンクラという意味なのか、バカなボンボンという意味なのか知らないが、埼玉県大宮にもバカボンがいる。

 百年も続いた優秀な井戸掘り技術を持った会社を親から受け継いだにも拘らず、遊び呆けて信用を失くしてしまった蠧さくの小野俊夫社長である。

 詐欺で実刑となりながら医者を買収し、架空の病名で保釈され、再度、入院していることにして、その実は堂々と何度も詐欺を働いていた男、川口昌人(現在、受刑中)と手を組んで詐欺を働いていたのが、小野俊夫である。

「川口に騙された」というのが当紙を訪ねてきた切っ掛けだった。確かに5件位、川口を告訴した書類を持参した。しかし相談された警察署が何れも受理してないことが不思議だったことを紹介者に指摘した。

 しかし川口昌人を調べたら、名うての詐欺師だったので、川口の不正を攻めた。偽病で保釈中だった川口は慌てて暴力団を通じて事情説明に来た。

 その川口の言い分を小野にぶつけたら、突然、音信普通になったのだ。要は二人はグルで詐欺を働いていたということである。

 金はないけど信用はある「日さく・小野俊夫」という名前を、詐欺名人の川口昌人が「川口拓美」と偽名を使って相手を騙し、二人で金を作っていたのである。

 一例を挙げると銀座の和光で自分の担当だった女性に川口を紹介されたらしいが、その後、その女性を通じて、外国高級時計を何十本も買うのである、換金して現金を得る為に。

 騙されたというのなら途中で気づく筈だし、何度も買っては質に沈めて金を使った者が単に被害者なのかと警察は疑ったのである。

 結果的には4〜5回の詐欺を二人で働くのだが、最後に大口の詐欺をSFCG(旧商工ファンド)に対してはたらいて、8億円を受取るのだが、その詐欺が未だに成立しないのは、SFCGそのものが、大口隠し財産疑惑で逮捕されてしまったこと。

 80億円の不動産を買ったことにして契約してくれれば、オーバーローンとして現金8億を貸すという契約の時にSFCG側にキックバックを貰うことで、最初から契約不成立になるようしかけた裏切り者がいた、ということが考えられる。

 8億の山分けの中から川口が過去の詐欺分を整理したから事件にならなかったし、むしろ小野の一人儲けなのである。

 しかもその80億の不良物件群は、小野に対し月に1,000万円の利益(家賃収入)を産んでいるというのだから、とんでもないことである。

 SFCGの管財人は契約が無効なら80億の不動産を返せ、今まで得た利益も返せ、と訴えるべきだし、有効であるというなら、担保物件を回収すべきである。

 その前に犯罪行為を明らかにし、当局に被害届を出すべきである。SFCGと川口を繋いだのは、不動産ブローカーの大柴哲である。

 この大柴哲が、今も小野と一緒に行動しているのである。蠧さくは小野俊夫を背任横領で告訴すべきなのである。
シルバー精工、畑悦子の非弁疑惑と福岡勇次の虚言壁(資料付)

シルバー精工、畑悦子の非弁疑惑と福岡勇次の虚言壁(資料付)


シルバー精工の社長、嶋田彰を篭絡した女帝・畑悦子という女は相当な美人だそうである。

どの位かというと久間章生先生との特別な関係を吹聴する澤田美帆子や遠藤孝子に勝るとも劣らない程だと言うのである。

筆者は会ったことがないので実際は知らない。嶋田彰社長が畑悦子のその美貌と知略を買い被るのは構わない。

だからと言って非弁活動と思われるような行為まで依頼するというのは一部上場会社の社長としてのコンプライアンスに疑問符が付く。
畑悦子のシルバー精工での非弁活動

畑悦子自身が魅力的なのは言うまでもないらしいが、その後で糸を引く福岡勇次の経済的知略・策略がセットであることが、より強力に魅力的に感じるらしい。

福岡勇次は一般には余り知られていないが、暴力団関係者ではつとに有名で、そこら辺にいる詐欺師という部類ではなく、一部上場に食い込んでいく術を持っている事件屋という。

まー、一部上場と言っても、昔、名門だった頃のシルバー精工の面影は全くなく、東証のお荷物というか、ゴミ株、クズ株、と言われる株価10円以下銘柄(当紙、日々更新ブログで「株価10円以下銘柄 1円株券」シリーズで公表)である。

しかし、乗っ取り屋、仕手屋から見れば、これこそ宝株となるのである。シルバー精工の社長、嶋田彰の経歴を見れば、この意味が分かる。

最初こそ富士銀行とイオン(旧ジャスコ)と真面目な職についているが、途中からあの株価吊り上げに大成功した千年の杜、取締役社長に就いたり、犯罪の宝庫と言われたトランスデジタルの倒産時の監査役でもあったのだ。(何故かシルバー精工のIRの中では、故意かどうかは分らないが、トランスデジタルの監査役履歴が抜けている)
シルバー精工社長、嶋田彰の経歴書

ご存知の通り、トランスデジタルは黒木正博をはじめ関係者が民事再生法違反で逮捕されている。嶋田彰に監査責任はなかったのか。

今、千年の杜(現、クレアホールディングス(株))も、株価1円の青息吐息だが、こういう連中は、こういう会社に食い込んでは食い散らかし、危なくなったら又次の会社へと移動するハイエナ軍団である。

証券取引委員会を始め、当局の皆さん、参考になったでしょうか。

それから福岡があっちこっちで、俺が柿岡の件でヤクザに圧力を掛けられてペンを折ったと言ってるらしいが、バカ野郎、俺がペンを折る時は金を貰った時だよ。男の約束だからな。
朝日新聞だって聖教新聞だって大きな営業で話が付いた時は、特ダネだって握りつぶすことはあるんだよ。
理屈は一緒だろう。まー、ヤクザにも、強いヤクザ、頭の上らないヤクザと色々あるのは事実だけどな。
柿岡啓介、福岡勇次とシルバー精工の手形

柿岡啓介、福岡勇次とシルバー精工の手形


 福岡勇次が何故、柿岡啓介の記事を削除して欲しい旨をヤクザ氏に頼んだか分かった。当時の言い訳の「柿岡に金を貸してるから」ではなく、柿岡と仕事をしていたのだ。詳しく書こう。

 福岡は熱海市上多賀の4万坪の土地をシルバー精工蠅貿笋蠅弔韻襪謀って、どうしても柿岡の協力が必要だった。

 その土地は、小田原に本社のある株式会社リゾート都市開発の所有であったが、愛知県の株式会社カネックス建設に8,000万円を借り、担保として取られていた。

 清算できずに売却先を探していたその話を福岡勇次が拾ってきたのだろう。

 そこで福岡は愛人の畑悦子の下僕である嶋田彰が社長を務めるシルバー精工蠅縫錺織蠅鬚弔韻襦

 ところがシルバー精工蠅箸い┐亞価4円といえども泣く子も黙る東証一部上場企業(株価コード:6453)である。

 直接取引では「汚れ」が残ると考えたのか、間に弁護士が入った企業を一枚咬ませれば、後々安全と考えたのか、アイエスコンサルティング蠅箸いΣ饉劼魴舛世衛ませた。

 アイエスコンサルティング蠅蓮¬鄰羶敬弁護士が取締役に、大島重夫弁護士が監査役にいる会社だ。
柿岡啓介 アイエスコンサルティング

 何故形だけかというと、所有権が螢螢勝璽氾垰坡発からアイエスコンサルティング蠅亡垢錣辰親と、同日にシルバー精工に所有権移転されているのだ。

 金を抜く為に一枚咬ませたのかも知れない。シルバー精工から見れば、何のメリットがあったのだろう?

 この一枚咬んだアイエスコンサルティング蠅海修、柿岡啓介が代表を務める会社なのだ。

 福岡はまた、売買に先立ち、螢螢勝璽氾垰坡発に螢ネックスが付けていた8,000万円の担保権を外す為に、シルバー精工蠅裡渦の手形を持ち出し、カネックスに渡していた。

 ジャンプ、ジャンプで何枚も手形を切っているらしいが、先日カネックスに7,000万円の現金を届けたという話もある。

 一部上場企業の手形をこんなにも簡単に持ち出していいのだろうか。

 しかも裏書には、嶋田彰社長の名前が書いてあるそうだが、裏書をするには、取締役会議の承認がいると思うけど、ちゃんと手続きしてるのかね。
柿岡啓介と福岡勇次

柿岡啓介と福岡勇次

株を借りて来ては売り、下った所でまた買戻し、その差額を自分の利益としている男の一人に柿岡啓介というのがいる。


勿論、これだけではなく他に投資詐欺話、未上場株詐欺話等にも多く名前が出てくる男である。この柿岡の名前を当紙のインターネット記事から削除できないだろうか、と知り合いのヤクザ氏から相談された。


理由を聴いたら、自分がある人間に金を貸してて、その人間が柿岡に金を貸してるのだが、敬天で柿岡を叩いてる為に、柿岡が全く仕事ができないから削除をお願いしたい、という話だった。


だから私は、その相談に来た男に直接合わせて欲しい、真意を聴きたい、と話したが、相手が会いたくないと言う。取り敢えず、「例外中の例外ですよ」と言うことで、顔を立てることにした。


そしたら何回も何回も「まだ消えてない、まだ残っている」と電話がかかってくるので、「今残っているのは検索エンジンのキャッシュで、うちは関係ない」と何度も説明したが、ヤクザ氏は意味が分からない。


柿岡か仲介者がヤクザ氏に苦情を言っていたのだろう。


私もヤクザ氏に文句を言った。


「その仲介者に会わせてくれ。こちらは10円の金も貰った訳でもないし、顔を立てて協力してあげただけなのに、何を勘違いしてるんだ。その野郎は」と。


その仲介者の名前がわかった。福岡勇次という男だ。聴いたことがある名だなー、と思ってずーっと考えていたら、名刺が出てきた。思い出した。


今から15年程前、中野会が全盛の頃、東京責任者だった宮本組長が、確か紹介した男だった。日本中のヤクザの名前を騙りながら仕事をする事件師だという。


そこで騙された、利用された立場として、今後は福岡勇次も叩くことにする。


今、株価4円前後でアップアップしている東証1部 株価コード:6453 シルバー精工(株)に女帝として君臨している(らしい)畑悦子は、福岡勇次の元女房だそうである。


世間には元女房と言ってるが、中身はしっかり繋がっているらしい。


近々、千年の杜のような、売り抜けの為の株価吊り上げ策を発表するというから、しっかりと監視する必要がある。


[柿岡啓介の過去記事]


ヤマノホールディングスのインサイダー取引の裏の仕手筋


柿岡啓介の見事な空売り規制銘柄の空売り法


千代田会館の…


ライフワーク柿岡啓介に抗議文を送ったら…


未公開株と柿岡啓介

SFCGを騙した詐欺師川口昌人と日さく小野俊夫を追及せよ

SFCGを騙した詐欺師川口昌人と日さく小野俊夫

 SFCG(旧商工ファンド)から八億円を騙し取った蠧さくの小野俊夫が、一時会社から追放されたのか、会社に迷惑を掛けたかどで辞任したのか知らないが、暫らくは日さくから離れていたようだが、この度、また返り咲いたらしい。
続きを読む >>
ヤマノホールディングスのインサイダー取引の裏の仕手筋

山野彰英氏のインサイダー取引の裏にいる仕手


 昨日、証券取引等監視委員会(証取委)が金融庁に対し、ヤマノホールディングス(ジャスダック上場 証券コード:7571)山野彰英会長およびヤマノネットワークヤマノビューティケミカルの「金融商品取引法違反」容疑による課徴金納付命令を支払わすよう勧告があったそうだ。

続きを読む >>
柿岡啓介の見事な空売り規制銘柄の空売り法

柿岡啓介の見事な空売り規制銘柄の空売り法

続きを読む >>
SFCG破綻のどさくさに紛れ大島健伸会長の資産をパクる悪徳社員たち

SFCG破綻のどさくさに紛れ大島健伸会長の資産をパクる悪徳社員たち

続きを読む >>
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>