世界が認める日本の伝統文化
世界が認める日本の伝統文化

即位の礼の式典を見て感動した国民は多かったろう。180カ国以上の国の王様や元首が集まって、日本の天皇陛下の即位を祝って頂いたのである。神代の時代から続く儀式に則って厳粛に行われた絵巻物語は、無くしてはならない伝統の重さを改めて感じさせた次第である。

一等席にブルネイ国王を選んだところも素晴らしかった。普通ならイギリスの国王やアメリカの代表を選ぶところだろう。しかし国の力関係や大国に阿って選びがちな立場を、国の大小、軍事力の強弱、経済の貧富で決めるのではなく、その国の国王の座位の長さで順位を決めたのも素晴らしいではないか?

あのザーザー降りの雨が式典が始まると同時に止み、皇居の上に虹が出て、大自然までもが祝宴に花を添え、演出して見せたのである。神州日本の所以である。

一部に反対論者もいたらしいが、祝宴に反対なのか、天皇制に反対なのか、伝統を守ることが反対なのかは知らないが、いつの時代にも、どのような行事を行う時でも反対する者は必ずいるものである。

限られた人数の中でとかなら満場一致でもあり得るだろうが、多種多様な自由意志を尊重する民主主義の中で、全ての国民の賛成を取り付ける行事なんて永遠にあり得ないのである。

しかし、それでも自然体の中で多くの国民に支持されているのは間違いないことである。やはり国民にとって天皇様と言うのは、特別の重さがあるのである。しかもその存在を世界中の人たちが認めているのである。素晴らしいことではないか。

これが伝統の強さであり、重さなのである。やはりこういうものは大切にしていかなければならない。この伝統の長さ、重さ、というのは日本人だけでなく、世界中の人に尊敬され愛されることを、今回の即位礼・正殿の儀が内外に示したのではないか?

それにしても一番の友好国のように見えるアメリカにはがっかりしたねー。せめて大統領が出席できないのであれば、序列2位か3位ぐらいの者を送ればいいものに、序列10位にもない要人だという。これがトランプ流?これじゃ、とてもウインウインとは言えないなー。
平成に感謝
平成に感謝

いよいよ今上陛下が御譲位され、皇太子殿下が第126代天皇の御位にお即きになる。皇位継承に伴う儀式が厳粛に執り行われることを切に願い、静かにその時を迎えたい。

週刊誌などが、誰の証言なのか出所が極めて不明確であるにも拘らず、「憶測」や「妄想」レベルの話を、皇族方の思いであるかの如く「心情」や「ご心痛」などと、御皇室に係る問題を軽々しく、そして乱雑に報じている。それが『雑誌』と呼ばれる由縁であろうから、今宵ばかりは雑談、雑念に動じることなく、気持ちを矛に収めよう。不届き者による不穏なニュースやネットに飛び交う情報についても然りである。

この度の佳節を機に、平成の天皇陛下御即位30年の御代を奉祝し感謝申し上げるとともに、新帝陛下の御即位を国民こぞってお祝い申し上げたい。

昭和64年1月7日に元号法に基づき改元の政令が出され、その翌日に『平成』は始まった。時の小渕恵三官房長官が述べた『平成』の由来は、 史記・五帝本紀の内平外成(内平かに外成る)、書経・大禹謨の地平天成(地平かに天成る)からである。すなわち『平成』は「内外、 天地とも平和が達成される」という意味である。

天皇の徳を『乾徳』(けんとく)と言い、皇后の徳を『坤徳』(こんとく)と言う。乾と坤は、太陽と大地のことである。天皇の誕生日は「天長節」、皇后の誕生日は「地久節」。「天は長く、地は久し」とは天地が永久に変らぬように物事がいつまでも続き繁栄する祈りがこめられた言葉。 まさに天皇皇后両陛下が一体と成って全身全霊で、世界平和と国民の安寧を願い、御役目を果たされたことに日本国民として心から感謝申し上げます。

北野武でなくとも、私たちは「改めて平成という時代に感謝いたします。私たち国民に寄り添っていただける天皇皇后両陛下のいらっしゃる日本という国に生を受けたことを幸せに思います。ありがとうございました」と。



 

 

堀米正廣氏からの手紙
堀米正廣氏からの手紙
続きを読む >>
皇室カレンダー2011(平成23

皇室カレンダー2011(平成23


 皇室カレンダーは、新春をお迎えになる天皇皇后両陛下皇太子ご一家秋篠宮ご一家をはじめとした全7枚のお写真で構成されております。(規格 縦 607mm× 横 420mm ツインリング綴)

 皇室カレンダーはネットで検索すると、秩父宮記念公園財団法人菊葉文化協会、他さまざまな団体が「うちが正当な皇室カレンダー発行元です」といいつつ販売していたりします。

 また、カレンダー制作の印刷屋も「『天皇家暦』を仕入れるには、皇家との特別な関係がないと許されません」とかデタラメを言っている詐欺会社もあります。
 しかし実際には、嘘吐きのカレンダー印刷屋や妙ちくりんな財団を通さなくても、この天皇さま御一家の御写真で構成された「こよみ」を購入することができます。

 年末一本の商売だからって、国民の象徴である天皇様と、場末の小汚い印刷屋の自分とをさぞ関係あるようにハッタリかまして、天皇歴で新年を迎えたいと欲する愛国者を騙す乞食印刷屋には許し難い思いがあります。

 楽天なんかで皇室カレンダーを一般商品と一緒に『在庫限り大特価新品激安処分2010年壁掛けcalendar』なんてやっている者も国賊であります。
(激安格安と言いつつ、一円も安くないし、注文入ってから仕入れるくせに『在庫処分』という虚偽表示を平気でするし)

 2010年皇室カレンダーも販売が始まりましたが、愛国心をもたれる皆さま、この皇居付近の売店などで買ったりした方がご利益はあるし、紀伊国屋書店さんなどの本屋さんで買ったりした方がいいですよ。
敬天皇室カレンダー2007
敬天皇室カレンダー2007
続きを読む >>
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>