???な回答書

???な回答書

(画像クリック)


何だこの回答書は?全く意味不明の回答書だな。要するに誰か、うちの名前で質問状を出したと言うことかい?医療法人裕美会というのも、門司晴美理事も全く知らない。

回答から判断すると、この医療法人が、支払うべき何かを払わないで、トラブってるということかな?それにしても、断りもなしに、他人の名前を使っちゃいかんよ。仮に的を射た質問をしていたとしても、これでは台無しであろう。

大津洋三郎のようなネコババじゃないからいいけど、こういうことはいずればれるから止めた方がいい。これも有名税なの?この際だから言っておきますが、うちで出す質問状には、必ず「敬天新聞社」という角印が質問者の名前の下に押されています。参考にして下さい。


 

オープンハウス副社長鎌田和彦とMSブログ
オープンハウス副社長鎌田和彦とMSブログ

当紙と名誉棄損で争ってる、オープンハウス副社長鎌田和彦は真面目な奴だと思っていたら、意外とそうでもないなー。まー特殊詐欺の主犯で捕まった大山多賀男から借りた金を返さないぐらいの男だから、真面目という表現も可笑しなことではあるがね。

意外とそうでもないなー、と思ったのは、今騒がれてる新橋4丁目の話の関連の中の、土地ころがしの部分で、名前が出て来るのだそうだ。登記解説の専門家であるMS氏が記事にしているぐらいだから、間違いなかろう。新橋4丁目地上げでは、老女が行方不明と騒がれていたが、先日死体で見つかった場所である。

地面師による土地乗っ取り詐欺に絡んだ殺人事件は、結構多発しているようであるが、分業制で行ってる部分を、今一当局が理解していないということと、複雑だから、一人が知らないと言うと、起訴に持ちこめないという難しさもあって、当局が放置してきた部分もある。それで、地面師たちが調子に乗って勢いづいたところがあるのである。

しかし、最近色んなカラクリが見えてきたので、もうそろそろ年貢の納め時ではないだろうか?とにかく基本は「原本不実記載」で逮捕することである。

先ず地面師の乗っ取りは、司法書士の「原本不実記載」の嘘から始まる。当然、「知らなかった」と逃げるだろうが、本当に「知らなかった人」は、何回も繰り返さない。あっちでもこっちでも名前の出る司法書士は、地面師の仲間(御用達)である。

伊勢原駅前地上げの殺人事件は、死刑囚が告白しなければ迷宮入りした事件であった。殺人まで見越していたかどうかはわからないが、鎌倉九郎氏は死刑囚の告白以前から、その登記に絡んだ司法書士に疑問を呈していた。所有者が居なくなることを見越しての登記じゃないのか?というような箇所が散見するのである。精査が必要であろう。

MS氏は見直しが必要な案件としては、表参道5億円詐欺、TSK、真珠宮、エバーグリーン等をあげている。また浅井健二、富士薬品、大津洋三郎の敵味方のような関係は演出で、実態はズブズブであると斬っている。お見事である。
敬天新聞12月号

敬天新聞12月号

佐世保のドンは序の口?九州男児の恥曝しな面々(一面)

議会で恫喝質疑を繰り返す長崎県議山田博司のモラル(二面)

今年のペテン師大賞はコイツだ!詐欺道を極める山本一郎の往生際(三面)

敬天新聞12月号 社主の独り言(四面)

敬天新聞・鋭意調査中、1行案件

更新しました。

MSブログの分析力と記憶力

MSブログの分析力と記憶力

当紙の記事を良く取り上げてもらうMSブログであるが、内容は濃く専門的であるのだが、話が広範囲なのと、出演者が多く読み解きも難しいので、今一理解できないものが多い。

しかし、私が過去に書いて忘れているような物を引っ張り出して、今の事件と結びつけ、解説するのには驚く。書いた本人が忘れていることも多いし、今起きてる事象と何処でどう結びついてるのかも理解できないでいるのに、「敬天新聞が過去に警鐘していた」と過去記事を引っ張り出して掲載するのであるから、感心する。

先日も、四年前(2012年12月10日記事)の記事が、今韓国を騒がせてる崔順実被告の関係会社が日本で、暴力団のフロント企業の下請けに入る形で、鹿島建設の下請けに入っているという記事を取り上げていた。

確かに、過去記事を読むと資料の中に、崔正勲と書いてあるし、朴クネと書いている。崔正勲が崔被告と関係あるかどうかは知らないが、出来たばかりの会社が、しかも地元でない会社が、震災復興工事に上位の下請けで入れるのは不自然と言えば、不自然ではある。

こちらも確たる証拠を持っていなかったので、深く掘り下げて連載で書くことはできなかったが、納得するところはある。それとも日本人が知らないと思って、朴大統領の名前を使った詐欺も考えられるが、いま思えば本当の可能性が高い。

この話は確か、先日亡くなった金東伯氏が絡んでいた話だった。金東伯氏は空手家で、暴力団との交遊が多い人だった。当紙でも過去に暴力団から2億円が流れた「福島の産廃場」の話を記事にしたことがある。

今ではその産廃場の用心棒に元高検の検事長が就いているそうである。その産廃場に暴力団の金を仲介したのが金東伯氏だった。今でこそ、朴大統領と崔順実被告の関係が知れ渡るようになったが、4年前には誰も知らなかった筈である。

これは公安事案として、調査すべき案件だったろう。それとも、知っていたから、下請けに金を払わなかったという件をもみ消したのか?この新世代(株)とリフォームデザインと言う会社を震災復興工事に押し込んだのは、当時の民主党政権の安住財務大臣であると噂されたのである。

こういう話はたいてい自民党絡みだけど、政権を執れば民主党(現民進党)でもやるんだね。
 

韓国の騒動は対岸の火事じゃない日大田中理事長
韓国の騒動は対岸の火事じゃない日大田中理事長

お隣の韓国では、裏入学問題が取り上げられ話題になっているけど、日本では全く問題にされない。僅かに日大の事業部責任者の井ノ口忠男が「医学部に入れてやる」と言って、5000万円を騙し取った話が表に出たぐらいである。

他所の大学では知らないが、日大では、理事長枠というのがあって、理事長からの「推薦」は、受け付けるのが常識である。カラクリは今韓国で騒がれているやり方と基本は同じである。頭の悪い子を持つ金持ちの親が入学に影響力を持つ権力者に金を払って入学をお願いする。

井ノ口の場合は、入れる権限もないのに、口をきいて金を受け取り、現実には何もしないで、入学させることが出来なかったから、明らかな詐欺が成立するが、幾らか払って和解したのか、その後はわからない。

日大の場合は理事長。理事長から指示されたゴマ擦り側近が、虎の威を借りて、担当者に指示を出す。「そんなことは出来ません」と言おうものなら、左遷して、その威力を見せつけ、だんだん無理がエスカレートしていくのである。

その力に「危機管理が必要」と外部からも擦りより、外からの批判(特にマスコミ)を躱すために優秀な弁護団、取締側元トップも取り込み、内部からも声が出ないように、抑え込んでしまうのである。

経費は幾らかかろうが、元より自身の個人の金でないので、腹は痛まない。ただ、いつ、何処から火が吹くかは、本人さえわからないことである。

朴大統領の三角関係や色恋沙汰も全くわからなかったが、昨日今日わかってきた。それにしても、セオル号沈没の、疑惑の7時間の時は、サンケイのソウル支局長まで逮捕して隠蔽に成功したが、やはり、いずれはボロが出るものである。

朴大統領の崩壊の切っ掛けも、側近の追放だったみたいだから、田中英壽理事長にも同じ弱点がある。在日井ノ口姉弟を側近にするために、自身の出世に貢献してきた、古くからの在日協力者を追放してしまったのである。学内でも同じことを繰り返してきた。

みな息を飲んで、時機到来を待っているのだそうである。その時は三角関係も、四角関係も出てくるんだろうなー?
Soft-EX陰のオーナー城浩史
Soft-EX陰のオーナー城浩史

たった300万円資本金の会社でしかないのに、SoftーEXが何故テレビコマーシャルに強いのか不思議である、という思いは色んな人が持ってるようだ。

特筆すべきは、あのテレビ朝日の長寿番組である「徹子の部屋」のスポンサーということに驚く。しかも社長の城浩史は、過去に何度も詐欺の逮捕歴があるようだ。だからか、名前を微妙に変え、「浩羽(ひろし)」とも名乗っている。

謄本上は監査役になってるが、社員は会長と呼んでるようである。まー創立者であり、100%の株主であるわけだから、オーナーであるのは間違いなかろう。

商品(ジアミスト)を売るのではなく、オーナー募集やセミナーで釣り上げた客に対して、営業マンは金融機関からの借り入れをすすめ、直接投資を求めているようだ。

その時威力を発揮するのが、全国的なテレビ放映でのコマーシャルのようである。そのことを営業マンは「うちの会長(城浩史)は電通とは特別な関係だから」と言っているのだそうだ。

営業マンたちが名前を使う者たちの経歴は資料を見て貰うことにして、名前だけ列記すると、河野芳隆(M&A業務担当)、風間政仁(LINEの子会社の取締役らしい)、牧田智行(綿貫民輔元衆議院議員の政策秘書)、堀部公嗣CM・映像ディレクター)、風間善樹(東京エレクトロン(株)元副社長)、中村芳平(外食ジャーナリスト)等の名前が使われているそうである。

無料イベントと称して、営業マンが人を集め、そこで講演をしているのだろう。そこでカモを探す手口か?今回のCMは堀部公嗣が制作したと言われているから、堀部がテレビ局や電通とを繋ぐキーマンなんだろうか?

加瀬がテレビ出演して、せっかく好評を得た商品なんだから、真面に商売すればヒットしただろうに、焦り過ぎたんだろうなー。

資料 焚菫クリック)

資料◆焚菫クリック)
戸田市道満のドッグラン(回答書)
戸田市道満のドッグラン(回答書)

回答書(画像クリック)



【敬天コメント】
先日、地元の戸田市道満グリーンパークにあるドッグランの使用方法について、利用者から投書が来ていましたので、早速管理者である公益財団法人戸田市水と緑の公社(理事長・細田米蔵氏)に「要望書」を出しておりましたが、その返事がきたようです。

同じ動物愛好家ですから、仲良く使用してもらいたいと思っていましたら、利用者にも理解頂いたようで、何よりです。

また利用者に誤解を与えないように、入場整理券も既に電子レジスターを導入しており、「お客様から疑われることの無いよう再度スタッフに徹底いたします」とのことですから、投稿者の方も安心して下さい。

「戸田市水と緑の公社」の理事長細田米蔵様、スタッフの皆様、ご配慮有難うございました。

過去記事クリック→【投書】戸田市道満のドッグラン

過去記事クリック→要望書

 
Soft-EX陰のオーナー城浩史

Soft-EX陰のオーナー城浩史

最近、ジアミストという空気清浄機が売れているらしい。その機械がいいのか、殺菌力のある水がいいのか知らないが、芸人を使って妙にコマーシャルしている。究極はテレビ朝日の「徹子の部屋」のスポンサーにもなっているのである。

コマーシャルを見てる限りでは、殺菌力はともかく、消臭力は相当あるような感じである。商品はいいようである。この商品を扱ってるのは、SoftーEXという会社である。

今はテレビの宣伝にも出ている加瀬智司(名刺では知司を使う)が社長をやっているようだが、陰のオーナーは城(たち)浩史という男らしく、謄本では監査役となっているが、社員は会長と呼んでいるらしい。

この城と言う男も、サイトでは名前を浩羽と変えている。しかもこの城はネットオークションで詐欺紛いのことをしていたらしい。

もう一人怪しい男がいる。副社長の高井理道である。この男は謄本には載っていない。株取引の自動売買ソフトの「一騎当千」という商品を50万円で売っていたらしいが、突然閉めたらしい。

SoftーEXは4年前に城が立ち上げた資本金300万円の会社である。300株の全てを城が持っている。共同代表だった高橋昭吾(平成25年11月辞任)が8000万円持ち逃げしたという話もあるが、真偽は定かではない。

今の空気清浄機のレンタル及び中味商品の販売で伸びたようだ。空気清浄機の仕入れは台湾の「ソラノ」、中味商品の水(次亜塩素酸水)は「エコムーバー(株)」からの仕入れである。

城は自身が無限責任社員として主宰する「合資会社ティ・ティ・ネット・ジャパン」は、現在営業活動は停止しており、休眠状態である。同社は平成15年1月に中古パソコンの販売等を目的に「荒川区荒川6−61−1」で発足した。

しかし、商法は全くの詐欺商法で、例えばヤフーオークションで、相手から中古自動車を預かり、未決済のままトンズラして代金を踏み倒していたそうである。

このため、警察沙汰になり、本人は数回の逮捕歴があるようだ。二年前には火の車状態だったのが、今はフェラーリだランボルギニーだと状況が変わったのは、商品の売買やレンタルではなく、ポンジスキーム投資に専念しているという噂が専らである。一口100万円に対して月利息4・9%の配当で金を集めているのである。

初めはジアミストを売って、それを預かり、病院やホテル等にレンタルして、レンタル料の中から経費を引いて、利益を払う、という話だったそうだが、今ではジアミストの販売ではなく、最初から投資の話をして、銀行ローンの借り方をレクチャーするのだそうだ。いずれ息詰まるであろう。

営業マンの自慢トークは「うちの会長(城浩史)は、電通に特別なコネを持っているから、テレビコマーシャルができるんだ」そうだ。確かに、300万円の資本金の会社で「徹子の部屋」にコマーシャルが打てるのは、相当裏で何かないと難しいかもしれない。次回はその辺のことに触れてみよう。

稀代の詐欺師・山本一郎の腹の内?
稀代の詐欺師・山本一郎の腹の内?

KKCの山本一郎が本音かどうか知らないが、「俺はもう捕まりたいよ」としみじみと語ったというのである。

携帯電話で直接電話がかかって来る仲だというA氏によると、「二人で飲みたいので、遊びに来てよ」と連絡があったので、浅草の事務所を訪れたそうである。

そこで、当紙のことが話題になり、「是非、一緒に飲みたい」と言うことだったらしい。私は誤解をされてはいけないので、一切接触を持たないことにしている。

驚いたことに、「最近の盛況は敬天新聞のお陰である」と語ったそうである。どういう意味かと言うと、中国人被害者を中心に騒動が起こっていたが、どこのマスコミも取り上げないので、世間的には静かだったが、内部分裂状態が続き、投資者が減る一方でじり貧状態だったそうであるが、敬天新聞が新聞やブログで取り上げたお陰で、会員たちが「このままでは潰れてしまう。会長を助けようと団結して、再投資や新たな投資者を募ってくれるようになった。お陰で苦情も殆どなくなった」というのである。

「ほんとかよ?」とツッコミを入れたくなるところだが、立て板に水のような弁士の話だから、ああ言えば、こう言う話であろう。そんなに盛況で上手くいってるなら、「俺はもう捕まりたいよ」と言う言葉と整合性が取れてないではないか。

その言葉の前に、「もういつ捕まってもいいと思ってるんだけど、浅草署も警視庁も全然来ないんだよ」らしい。山本一郎がやってる投資は、明らかなポンジスキーム(投資者の入れる金だけで、配当を払うシステムだから、新しい投資者が増え続けない限り、いつか投資金は無くなる)だから、詐欺は間違いないのである。

報道機関はXデーに備えてのスタンバイOKと聞いているが、警察の動きは遅いね〜。危なくて一歩も外に出られない軟禁状態と一緒だというし、事務所兼自宅で酒を酌み交わしながらの話だったそうだから、「捕まりたい」というのも、案外本音かもしれないな〜。

今度娑婆に出て来る時は90歳か〜。南無阿弥陀仏。

 
【投書】小池知事が取り組む豊洲&五輪問題の根源

【投書】小池知事が取り組む豊洲&五輪問題の根源

【投書】クリック



【敬天コメント】
江東区の区長の話は、まだ今までに出ていない話だなー。その息子が都議になっているんだ?この親子と内田茂が繋がっていて、その後ろに森喜郎がいるわけだ?それにゼネコンを始めとしたオリンピックバブル業者が後押ししてる構図か?常識の範囲なら誰も文句は言わない。主催者として、恥ずかしいおもてなしが出来ないことは、都民も国民も理解はしている。それでも尚、素直に受け止められないのである。それが何故か?という考えが彼らには浮かばないようである。「2500億ぐらい、国は出せないのかね。」という、庶民の考えとは遥かに違う感覚では、いつまで経っても平行線だろうなー。やっぱり森元総理が辞めんことには始まらんだろう、と思うが如何か。
 

LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< December 2016 >>