日韓問題に見る両国民の熱の入れ込み具合
日韓問題に見る両国民の熱の入れ込み具合

北朝鮮がミサイルを発射したり、海外で暗殺を行ってる現状よりも、自国の大統領の弾劾問題よりも、慰安婦像設置の方が大事な国韓国のボクシングの英雄が、来月の一日(3月1日)に、竹島でボクシングパフォーマンスをやるそうである。

そのことで今、ボクシング界が二つに割れているそうである。一つは政治問題には触れないでそっとしておこうという派と、もう一つは、いつも日本代表として世界と戦って来たボクシング界として、ボクシングの政治利用には日本の立場から一言意見表明すべしという派だそうである。

パフォーマンスをする韓国の有名人は、日本で言えば、具志堅用高氏やガッツ石松氏のような著名人だそうである。その彼は、韓国人の立場から愛国心の発露として行動するのであろう。

竹島は現実問題として、韓国に実効支配されている。その竹島を政治的に利用されようが、愛国の発露として利用されようが、とやかく言ったところで、無視されてしまうだろうし、日本政府が語れば待ってましたとばかり、内政干渉と絡んでくるだろう。

韓国の場合、右派であれ、左派であれ、日本に対しては、北朝鮮に対してよりも敵意を持っているのが現実である。日本は、韓国と付き合わなくても、現状は困らない。

北朝鮮との関係がどうなるのか、大統領問題がどうなるのか、慰安婦問題がどうなるのか、全く予測はつかない。しばらくの間韓国に対しては、見ざる言わざる聞かざる対応で臨むしかないのではないのか?なんだかんだ言っても、まだまだ日本にとってはアメリカとの関係が一番重要である。

ところで、日本では在日と言えば韓国・北朝鮮国籍で日本に住む人を言う。その在日者にも、親日の人もいれば反日の人もいよう。日本は言論の自由、法の下の平等を重んじる国である。反論も批判も甘んじて受ける。外交は力対力で維持されている。相手国が出来る限りのパフォーマンスをするのは当然である。

それに対して、力で奪い返す気概が熟してないわが国では、無視という形で対応している。国民が思いを発露するのは自由である。

ボクシング協会には在日関係者も多く、日韓問題が複雑になると、もろにとばっちりが来るのであろう。ただ竹島の日(2月22日)の一日の日韓の行動を見れば、「日本固有の領土であるから返せ」と立ちあがる日本国民より、「独島は韓国の島。返せという式典をすることさえけしからん」という韓国民の熱気の方が勝っていたのは事実。金持ち喧嘩せず、とあまり余裕を見せてると、いつか痛い目に遭うような気もするよ。

外交は力対力でであることは、神代の昔から歴史が証明している。
日大のタブーと田中理事長の懐柔策

日大のタブーと田中理事長の懐柔策

日本大学で学生が二人も自殺しているのに、全くマスコミが取り上げないことが話題になっているそうだ。

また日大東北高校の相撲部の監督が、デッキブラシの柄を部員の尻の穴に突っ込んだという出来事もあったようだが、それも一社のみの報道で終わってしまったようだ。

この話を何度か取り上げたら、教職員の方だろうか、資料が送られてきた。

(画像クリック)


なるほどねー。スクープを挙げた読売記者が危機管理学部の教授になったんですね。後は警察官僚OB、自衛隊官僚OBですか?これらがみんな亀井静香先生の紹介ということなのかな?

この他に、超高級弁護士軍団かー。隙がないなー。パワハラ・アカハラの自殺と言うのは、朝のワイドショーには、持って来いのネタのはずだけど、やっぱり正論よりも、打算や損得が優先するのかなー?見事に何処も取り上げない。

暴力団組長と医者の診断書偽装問題も、京都府立大学での件は取り上げたが、もっと大物暴力団の診断書偽装問題であるのに、日大の話は何処も取り上げない。

京都府立大学の学長も初めは否定してたが、何度か接待されたことを認めた。マスコミが本気で動けば直ぐにその実態は捲れるのである。

田中英壽理事長はJOCの副会長でもあるが、決して公の場で自身の口で語ろうとしない。腰巾着が校内で否定するだけである。真相究明もしてくれない。謝罪もしない。親御さんは口惜しいだろうなー。

詐欺っぽい事案につき御用心
詐欺っぽい事案につき御用心

今後何かと世間を騒がすのではないかと言うような、詐欺っぽい事案の投書が来てるので、ジャブ程度の会社名を記しておきたい。

1、株式会社サンアチーブ(黒澤俊輔社長)
新宿駅西口広場の一角(西新宿1−8−1)にあって、一階が三菱UFJ銀行が入ってる 7階に事務所があるというから一概には信じられないが、何と「原野商法詐欺」で土地を売っているそうである。被害に遭った人からの話では、サンアチーブの笠井という営業マンから電話があって、「中古マンションは儲からないから手放した方がよい。儲かる方法がある」と会社に呼び出され、中古マンションを持ってるリスクを、書類を見せながら説明され、「これを一気に挽回する方法があるよ」と言いながら、那須の現地まで連れて行かれ、そこで土地を購入させられたらしいが、その土地にはインフラ整備が全くされておらず、売りに出しても全く売れる代物ではないらしい。

2、Kプロジェクト(加藤泰幸社長)
〒150−0031
東京都渋谷区桜丘22−19 Kプロジェクトビル
ここはウォーターサーバーのオーナーを求めるという形で、投資を募っているようであるが、もう遅配が始まっていて、その言い訳を投資者に説明している中で、「契約していたローン会社(キャネットクレジット)から、代理店契約を打ち切られた。同時期に、クレジットカード決済で提携する決済代行会社が倒産した。そのため、7000万円以上の未回収金が発生した」と発表している。この先が問題で「Kプロジェクト社は信用がないので、(仲間)のSGSJapanという会社がキャネットクレジットの加盟店になり、SGS社名義で信販契約を行う」のだそうだ。SGS社に販売代金が振り込まれるらしい。自社商品の販売にもかかわらず、他社(SGS名義)で信販契約を行っており、コンプライアンス的に疑義があろう。こういう状態でまだ金を集めていたら、大規模な投資詐欺につながるのではないか?

3、谷口健治、野口徹哉
先に名前を挙げたのは、会社名や住所をコロコロ変えるので、名前を覚えて貰うため。今月一杯ぐらいは、渋谷区桜丘町8番19号山田コーポ201号が事務所のようで、会社名は(株)プラウドコミニティー。その前はZIP(株)。代表は野口が務めているが、実質オーナーは谷口健治である。谷口は先物取引「トレイダーズ・のエクストリム・カンパニー」の出身で、特定商取引法違反(不実告知)で4年の実刑を受けている。野口は著作権販売とかで、訴えられてる男である。要するに二人とも詐欺話術に長けているのである。最近の彼らの仕事は、ニットの名簿で、30年以上の古いマンションオーナーに、その管理会社を名乗って偽名で電話を架け、所有していることのリスクを訴え、安く買い取って、転売しているのだそうだ。野口は「ゴールドライフ」という名前で、押し買いもやっているようだ。

4、(株)リゾネット(山本敏明社長)
東京都中央区八丁堀二丁目24番2号
ここは、旅行やスポーツ会員権の連鎖販売取引をしている所であるが、現在特定商取引に関する業務の一部停止命令(平成29年1月18日から平成29年4月17日まで)を受けている。主な不正取引行為とは、1、勧誘目的等の不明示。2、不実告知。3、迷惑勧誘。である。業務停止命令に違反した場合は、行為者に対しては2年以下の懲役または300万円の罰金またはこれを併科する手続きを、法人に対しては3億円以下の罰金を科する手続きを行うそうである。八丁堀のジョナサンやデニーズには夜になるとリゾットの会員だらけになるという話である。「ちょっとお茶しませんか?」と声かけて、しつこく会員を募るやつだな?最近の若者は、金の為に平気で友達を騙したり裏切ったりするから怖いね〜。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本日の記事に出て来る企業や人は、物を売買しているので、特殊詐欺ほど「詐欺」と断定しにくいところはあるようである。しかし、不正取引行為には間違いなく該当するだろう。昔から多少の誇張販売があったのは事実であるが、悪質性においては今の方が、遥かに悪質である。国民が詐欺犯罪に馴らされてきているのではないか。
 
竹島の日
2.22竹島の日

今日は竹島の日である。本当は国を挙げて式典をすべき日であろうが、大人の事情なのか島根県が主催して式典を行っている。

国は日本固有の島であると強調するが、現実は韓国に乗っ取られている島である。北方領土と何ら変わりない状況である。

一度取られてしまったら、力で奪い返す以外に取り返す方法はない。相手も命がけで奪い取ったものであるから、易々とは返さない。当然返すに見合う条件を提示しなければ、相手は返さない。時間が経てば経つほど、返還条件は厳しくなる。

乗っ取られた時期は殆ど一緒だが、北方領土に比べて殆ど岩礁だから、そんなに注目を浴びて来なかった。直接的な被害としては、島根県の人達の漁業権が狭くなったということと、日韓関係が上手く行かなくなった時の韓国の政治利用に使われるぐらいしか、話題になっては来なかったのが実情である。

韓国は、「元々自国の島であったが日本に取られたものを取り返した日」として、祝日として式典を行っている。日本の場合は、「日本固有の領土である竹島を返せ」と言う式典である。式典だけだから「返してほしい」ぐらいの叫びだろうか?

過去の地図や書物を引っ張り出して正当性を訴えても、国内であれば裁判とかで決着は着く可能性もあろうが、外交では国内の裁判は通用しない。国際裁判であっても結論決着ではない。国際社会では「力」のみが答えなのである。

従って現状では日本では竹島であり、韓国では独島なのである。例えば、五島で盗んだ仏像でさえ(昔、朝鮮半島から持ちだされた物という証拠がないにもかかわらず。本人は泥棒として捕まっている。)、返さない国である。

そこまで嫌われてるのに、どう対処すればいいんだい?日本国民に、(フォークランドを奪い返したイギリス国民のような)力で奪い返す気概がない以上、機運が盛り上がるまで、粛々と式典を続けていくしか方法はあるまい。

このように、乗っ取られた島を取り返すことは、容易なことではない。だから、上陸させないために、基地を作っておくとか、普段からの怠りない準備が必要なのである。

尖閣諸島などは喫緊の課題である。韓国の次期大統領候補に一番近い文在寅という人物は、親北親中の政治スタンスらしい。韓国は今は、自由主義陣営の側に居て、アメリカと歩調を合わせている。

それが、白昼堂々と外国でも身内を暗殺する北朝鮮や日本から恐喝することを常としてきた中国と手を結ぶことを厭わない考えを持つ国に変身する可能性も高くなる。今よりもっと危険になるということである。

慰安婦像ぐらいで、ガタガタするな。ほっとけばいい。何を言ってもダメなものはダメなんだよ。例えば日本に住む在日韓国人の団体である民団の代表団は「慰安婦像は撤去すべきである」という考えを伝えに行ったそうである。

外国の内政のことは、その国の人に任せた方がいい。口を出せば責任を取らなければならなくなる。それより、専守防衛である。ひたすらひたすら国を挙げて専守防衛である。
国防を妨げる佐世保市漁協組合長の片岡一雄
国防を妨げる佐世保市漁協組合長の片岡一雄

佐世保市漁業協同組合長の片岡一雄が傍若無人な振る舞いを未だに続けているそうである。あんな糞爺一人に防衛省は何を恐れているんだ?

だいたい補償金を貰って、一度漁業権を放棄した立場でありながら、大型入札が決まればその度に口を出し、裏金を要求してるらしいが、何で警察は逮捕しないんだろう。

尖閣諸島にある危険に対して、自衛隊上陸作戦の訓練を、このバカ男が邪魔して訓練を中止させたそうであるが、とんでもない話である。

この基地外野郎め。防衛省九州防衛局幹部が尋ねると「工事がしたかったら、大臣を佐世保に連れて来い、そして俺に謝罪させろ」と怒鳴ったらしい。

オイコラッ、片岡⁉。どのツラさげて、日本の防衛大臣に向かって言うとるんか?このスットコどっこいのカス野郎。お前は、九州防衛局の役人に毒饅頭を食わせて、補償金詐欺を働き逮捕されたんだろう?

そんなお前に、漁協組合長を名乗る資格があるか?お前が今やってる行為は「威力業務妨害」だよ。

朝長佐世保市長もしっかりせんかい?何で片岡の使いで、県庁まで行って「佐世保港の漁業権を復活させてほしい」と頼みに行くんだよ。港内と周辺は、改良、修復、整備しなければならないことは、行政のトップとして、一番わかってるはずだろうよ。

基地とそれに関連した仕事、国からの補助が佐世保市の一番大きな収入とわかっていながら、その公共工事の邪魔をしているのが片岡なんだよ。

片岡の嫌がらせで、佐世保の事業が遅れていることは、自分が一番責任を痛感しなければいけない立場なのに、金の亡者国賊のパシリをしてたんじゃ、佐世保市民を裏切る行為だろうよ。恥ずかしくないのか?みっともなか。

片岡一雄こそ、国賊であり売国奴である。お前は日本人じゃないのか?日本人なら、日本の防衛の為に日夜努力している自衛隊の訓練を妨害するとは何事か⁉

こんな糞野郎の何を恐れているのか?落札した業者も、片岡に賠償訴訟を起こせばいい。邪魔してる片岡が悪いのだから、何の責任も負う必要はないよ。

警察も「ゼネコンに対する恐喝」で捜査すべきである。朝長市長も市政に悪影響を及ぼしてる事態なのに、片岡のパシリをするとは言語道断。何を考えてるんだよ。片岡から、金でも貰ったんじゃないのか?何か弱味でも握られてるんじゃないのか?、と佐世保市民は思うと思うよ。東京からエールを送ると共に皆さんの奮起を期待します。
 
日大の学生自殺は報じない大手マスコミ
日大の学生自殺は報じない大手マスコミ

中学生や高校生の自殺は、「いじめ」の疑いでよくとりあげられるが、同じ自殺であっても大学生の場合は、何故か取り上げられない。

当局からの圧力に対してや、マスコミに対しての危機管理体制がしっかりしている日本大学での出来事だから取り上げられないのだろうか?

しかし、同じ研究室から二人も学生が自殺するというのは、異常なことである。親は大学に調査委員会を作って調べてくれ、と訴えているそうであるが、全く取り上げないそうである。

最初はどこでも隠せるものなら隠そうとする。しかし、人の口に戸は立てられないの例え通り、いずれ世間の知るところとなる。

しかし、そこからが問題で、そこら辺では知られても、それが全国的な問題となって、行政が介入するほどの問題として取り上げられるかは、テレビや大新聞のような大手マスコミが取り上げるかどうかで変わるのだ。

ところが、二人の青年が同じ学部の同じ研究室から自殺したにも拘わらず、どこのメディアも取り上げようとしないのである。僅かに会員制社会派雑誌ファクタがその重大性を取り上げているが、後追いするメディアは今のところない。

おそらく日大側に取材に行った時、広告料アップとかを匂わされ、「腑抜け」にされてしまうのではないか?日大にはそういう慣習が昔からある。田中体制になってから、特に酷い。せめて、亡くなった学生側の家族の報道だけでもしてあげればいいと思うが。親御さんはそれを望んでいるのであるから。

日大では、東北高校相撲部での体罰問題でも監督が生徒の尻の穴にデッキブラシの柄の先を突っ込んだという話があったが、週刊誌一社が記事にしたのみで、結局ウヤムヤになってしまった。

あの問題も、大きな問題には発展しなかった。こういうのをもみ消すことを職業にしている人達もいるのである。昔は暴力団の親分の仕事だったが、今は政治家や一部の弁護士、顔の効く警察OBのビジネスになっているようである。

これらを暴く勇気は、今の日本のマスコミにはないようである。世界72位のマスコミレベルだから、メディアとしてのプライドがないのだろう。だからネットに仕事を奪われるのである。

ただネットの怖さは味噌も糞も一緒にするところがある。責任の所在がわからない匿名で語るところもあるからである。自殺であるのはハッキリしてるようであるから、事件性はないようである。

しかし、親御さんから見れば、大学院まで行かせた息子が、研究室のことで悩み自殺したというのであれば、真相を知りたいのは当然である。

しかも最初に自殺した子の親御さんが、研究室の教授を名指して、「このままにしておけば、第二、第三の被害者が出る」と予言していたことであると言うのだ。

所謂、教授のパワハラ・アカハラを訴えていたのである。その願いが届いていなかった。日本大学執行部は、自校の学生の自殺の事実を、もう少し真剣に受け止めるべきではなかろうか?
虚偽診断書作成事件

虚偽診断書作成事件

山口組系淡海一家高山総長が懲役拘留を逃れるために、虚偽の診断書を提出したということで、診断書を提出した病院に対し警察は家宅捜索をしたそうである。

この病院が市立だから問題にしたのか、虚偽という部分を問題にしたのかは知らないが、こういう虚偽の診断書で拘留を逃れるという話は幾らでもある。

どこまでを虚偽と言うかは、判断しかねるところはあろうが、基準は「関係者に金が動いたどうか」ではないだろうか?というのは、宗教的な立場から「拘留は避けさせたい」と考える医者もいるだろうし、政治的な立場から「拘留は避けさせたい」と考える医者もいるだろう。

また道義的な判断から「拘留は避けさせたい」と考える医者もいるかもしれない。確かに刑務所の中は、社会より医療施設は充実してはいないだろう。

しかし、特別な治療を受けられるほどの人は一握りの人で、殆どの人は重い病気であっても、ただ裁判所の決定に従うしかない。本当に重い病気であれば、拘留延期は認められるのである。

中には医者と親しくなって(というより、親しい医者に頼んで)、必要もないのに手術する者もいる。中には、仲介を商売にしている者もいる。

こういう斡旋、仲介に対する罰則、これを実施した医者に対する免許のはく奪等を法整備すれば、こういうことは簡単になくなる筈である。

普通の病院ではあまりこういうことはない。特殊な病院に限られている。特殊な病院の一つに日本大学医学部がある。医学部が特殊に繋がっているというより、田中英壽理事長の個人的な繋がりから、受けざるを得ないという立場のようである。

高山総長の件では、「前代未聞」と大騒ぎしているが、チャンチャラおかしな表現である。当紙は何度も記事にしているが、どこのメディアも取り上げないだけである。記者の取材にも応じているが、危機管理防衛隊の圧力を恐れて取り上げないだけなのである。

今回は京都府警のお手柄で、事件として取り上げたが、東京にはその数十倍の事実があっても、警視庁は摘発しない。現場ではしたくて仕方がない、という意識があっても、上の方の知り合いとか、予算に影響を持つ者とか、就職を世話する者とかが、口を挟んできて、事件化させないとかが罷り通っているのだそうだ。

「もみ消しビジネス御一行」は現実のようである。行政に顔の効く者たち、である。一流政治家、特殊な弁護士、高級経歴検察・警察OB、それらを雇えるような金持ち等である。デート商法の時は、千葉ちゃんと言うのも居た。

 

【投書】Soft-Ex違法営業と懲りない営業マン

【投書】Soft-Ex違法営業と懲りない営業マン

投書(画像クリック)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【敬天コメント】
佐藤文紀君は「僕は真剣に話したのに残念です」と、投稿者に返信しているようである。

ということは、先日佐藤君の営業トークを資料として掲載したが、その中にあった、「現在35万個ぐらいが商品(ジオミスト)として売れている。しかし、そのうちの1万個は埼玉県草加市の倉庫にあるが、34万個は部品として中国の何処かにある。場所までは知らない」という話は本当の話だったと、再度認めているということである。

自分が違反をしていると言う認識とかはないようである。しかもオーバーローンの紹介までしているらしい。佐藤君に限っては、SoftーEXも被害者のようである。

やはり、こういう違法的な仕事をやるような奴は、仕事のやり方だけ覚えてしまえば、直ぐに辞めてこっそり独立する奴が多いんだなー。所詮金だけの繋がりだから、トラブル実例である。

それにしても、テレビ朝日は何を考えているのだろう?自局の人気長寿番組「徹子の部屋」のスポンサーにSoftーEXがなってることで、営業マンのセールストークの中で、最も利用されてるセリフなのに、責任を感じないのだろうか?困ったものである。

ところで、SoftーEXの応援団として名前の出ていた、河野義隆という男の情報が来ていたが、この男はファンドで金を集めるだけ集めて解散した過去があるらしい。

なぜ事件にならなかったかというと、一般人から集めたのではなく、大手の金融機関みたいなところから集めたファンドなので、解散手続きに瑕疵がなければ大手は、損益を出すことは一種の恥でもあるわけで、逆に公表を控える癖があるのである。

この大手の心理をうまく利用したのではないか?という話だった。今は麻布だか六本木だかで「セパージュ」という名前でワインの輸入会社をやってるらしい。だいたい成金になると、ワインの輸入会社をやりたがるようである。

最初の情報では、SoftーEXの講師などをやって、客集めに貢献してる立場と理解してたけど、どうやら初期の段階で、SoftーEXに金を出していたようである。

金の集め方を伝授すると共に、その準備資金と事業資金を出していたということか?指南役だな?それでは、相当配当を貰ってたんじゃないの?

ゲームカード・ジョイコHD85億円出損とパチンコ業界の闇
ゲームカード・ジョイコHD85億円出損とパチンコ業界の闇

認可権を持つ警察庁保安課が認可しないと言っている双方向通信遊技機の開発を進めることで、(株)ゲームカード・ジョイコホールディングスの石橋保彦社長と柳漢呉役員が85億の金を消費したという話は、その後投書は来ない。

別に25億が使われたという話もあったが、その後ぷっつりと連絡がない。投書する人の考えていた以上の反響があって、怖くなってその後連絡して来ないことはよくあることである。

当紙は不正・不条理があれば世に訴えるだけのことで、結果がどうなるかは考えていない。風が吹くか吹かないかもわからない。強いて言えば時の氏神が判断することであろう。

投書を出す人は、出した時点では、「この不正を世に知らしめなくてはいけない」という正義感であったり、「自分だけでは、どうすることもできないので、誰かの力を借りてでも世に知らしめたい」という気持ちであったりするのであるが、その中には個人的な意図があったりする時もある。

どこのサイトにもポジショントークはあろう。だが、匿名記事を掲載するところは別だが、事務所を出して名前を名乗って記事を書いてる所は、無責任な記事は書けない。相手から訴えられたら全て受けて立たねばならないからだ。

いい例が昔から「週刊誌は信用できない」と言う言葉がある。だがそれは、一握りの記事であって、全てではない。もし嘘だらけなら、今の時代「損害賠償」で直ぐに潰れるだろう。

本が売れないと言うことで潰れることはあっても、名誉棄損賠償で潰れたという話はあまり聞かない。大袈裟な表現はあっても内容そのものが全く間違ってる場合は少ないのである。

逆に政府や行政が発表したことだけを記事にしていれば、間違いは少ないかもしれないが、全て信用できるし事実と言えるだろうか?

もし政府や行政が真実を隠して、嘘を発表してたらどうなるだろうか?権力者と言うのは、えてして自身に都合の悪い事実は隠そうとする癖がある。

そういうことも恐れず発表することも記事を書く者の使命ではないのか?当紙には投書はよく来る。一応内容について問い合わせたりするので、嘘か本当かはだいたいわかる。

名誉棄損の責任などは、投書を取り上げた時点で、投書者よりも取り上げ発表した者にその責任は重くなる。従って連絡の取れない者は軽々に掲載できない。

それと、投書を掲載した後で、「削除してほしい」と頼んでくる人もいる。そういう人は最初から、「情報提供です。投書をそのまま掲載しないで下さい」と書いておくべきです。

本来は名前を名乗って戦うのが筋であるが、それが出来ないから投書で戦う。しかし、戦うならとことん戦うべきで、他人に戦わせておいて、不味くなったら真っ先に逃げるのでは、最初から戦う資格はないがないということである。そこをしっかり認識して戦いは挑むべきである。

武本孝俊氏が何故警察庁に刃向かってまで、双方向通信遊技機を開発しようとしたのか、警察庁保安課の斎藤康裕氏と山佐の佐野慎一郎氏の密会写真を、探偵社を使って撮ったのは誰なのか?そしてそれをマスコミに流したのは誰なのか?まだまだ調査は続けます。
【投稿】蓮見和也弁護士の周辺者が次々ドロップアウト
【投稿】蓮見和也弁護士の周辺者が次々ドロップアウト

デート商法の松尾眞一は巨額脱税で懲役刑(執行猶予付き)。伝説の総会屋「小峰グループ」の残党、竹之内昌虎は詐欺で逮捕。元部下である中ノ瀬誠一とは仲違いの後、過去の悪行を暴露し合う泥仕合いを演じている最中です。

自身も昨年に懲戒処分を喰らい、名実ともに悪徳弁護士の仲間入りを果たしました。極め付けは、実弟の前原卓哉が『出入国管理及び難民認定法違反』(人身売買・奴隷商人)で起訴され、こちらも実刑確実とされてます。

閉鎖的な村社会である弁護士業界では、Eージャスティス法律事務所の評判はガタ落ち。有力な顧客も離れ、最大の稼ぎ元である債権回収業務も、ソフトバンクの撤退が囁かれており、事務所存続の危機にあるとされてます。

どうにかして悪評を静めようと、Eージャスティス法律事務所のHPから自らのプロフィールを削除するなど、涙ぐましい努力をしているようですが、全く効果はないようです。

そればかりか、自暴自棄の中ノ瀬の暴露で急所を突かれ、2度目の懲戒処分を飛び越え、弁護士バッチさえも危うい始末です。

過去の周辺者からは「蓮見だけが逃げ延びるのは許さない」との思いがあるようです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【敬天コメント】
へぇー、そうなんだ?ランボルギニーに乗って颯爽と裁判所に通っていたのは、今は昔というわけか?もう殆ど「デート商法」という言葉も死語になった感があるなー。

蓮見弁護士の作戦は、弟の執行猶予を勝ち取ることより、借金のチャラの方が優先ではないかと噂されているのだが、その作戦というのが、学校法人の認可はく奪の前に、学校法人ごと売りに出すことではないか、と専門家は見ているようである。

しかし、ここまで世間が周知になれば、学校法人の認可継続は難しかろう。もし認可がはく奪されれば、残された土地建物は二足三文となり、多額の借金が残ることになろう。

或いは、オーバーローンを組んでいた可能性もあったかもしれない。当紙とは未だ「デート商法が詐欺かどうか、記事が名誉棄損かどうか」で争ってる。世間ではもう答えが出てるような感じだけどね。

山本幸三議員も、まさかの大臣になったことで、これからいいこともあったろうに、実弟に足を引っ張られたんじゃ、泣くに泣けんなー。驕る平家は久しからず。
 
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>