安倍政権の元凶と成っている老兵は去れ

安倍政権の元凶と成っている老兵は去れ

安倍総理も麻生財務大臣も何故、森友学園問題で「事実を徹底的に調査し、明らかにした」とか、「再調査しない」と言い切るのだろう。部下が文書を改竄した責務に耐えかねて、その命令者の名前を挙げて命を落としているのである。その遺書を奥さんが公開した。奥さんなりに葛藤があった筈である。

国民の多くの人が「森友学園問題が、徹底的に調査され、その真実が明らかにされた」とは、思っていない。これは安倍総理が絡んでいるというより、昭恵夫人が深く携わった案件で、当初夫人は名誉校長になる予定であった。ところが、話が事前に漏れ、壊れてしまったのである。

以来、安倍総理が否認する度に、文書が書き替えられ、真実が見えなくなってきた。公文書の改ざんは違法である。しかし法的にも誰も処分はされなかった。夢を見た籠池夫妻だけが実刑を食らったのである。

森友学園問題も、加計学園問題も、うやむやのまま終わったのは誰もが思っている。偏に野党力がなかったことが原因ではあるが、総理大臣なら何をやってもいいということではない。

今回ハッキリと「佐川理財局長に命令された」と新しい証拠(遺書)が出たわけであるから、十分新しい証拠になるだろう。それでも再調査しないというのは「驕り」以外の何物でもないだろう。

安倍総理になってから、責任を追及された政治家が責任を取らなくなった。親分の真似をしてるのである。一時のマスコミの騒ぎさえ黙って凌げば、世間も直ぐに忘れられるし、次から次に大きな事件が起きる。風化を待つのである。責任を持って「説明責任を果たす者が馬鹿を見る時代になっている」のである。

「責任を取る」というのが、日本人が最も美徳としてきた文化の一つだった筈なのに、安倍一強になってから、「責任を取らない」風習が根付き始めたのである。そのために法律さえ捻じ曲げる。法律の番人さえ、挿げ替えてしまうと言うのである。

それを食い止めることもできない野党もだらしないが、ノーと言わない国民も何処かおかしくなってきている。日本人は昔から官に従う国民である。しかしそれは、官が尊敬に値する指導を庶民にしてきたからである。

中には間違った指導をしてきた時代もあったかもしれないが、今の世の中と違って、お上の中身が見えない時代だったから、通用したかもしれないが、今はその日のうちにお上の考えや裏が見える時代である。

高齢者は騙せても、若い人は騙せない時代になったことを、高齢な官邸も考えるべきであろう。いや怒っているのは現状を憂慮した高齢者であって、若い人は政治に興味を持っていないから心配なのである。

昔なら舌禍で首になった政治家は山ほどいたが、今は舌禍は流行語にさえなるほどで、責任を取る範疇ではなくなった。安倍総理4選も確実性を帯びてきた。安倍総理そのものよりも、担いでいる周囲に老害の声も大きい。

担ぐことで身の安全と権力を保てるのであろう。やはり政治家も「定年退職」を考える時代になったのかも。老兵は無言で去れ。

大岡越前守忠相公のような「粋」な御裁き

大岡越前守忠相公のような「粋」な御裁き

暴排条例が全国的な動きになってきた時、ある人に「これからはヤクザの時代は終わる。これからは警察と手を組んで仕事をする時代だよ」と言われたことがあった。

「警察情報は固いし、警察に狙われてる者は身動きできない。しかも逮捕されされようとしている者は犯罪者の疑いがある。違法性があるから逮捕されるのである。」という理由であった。

確かに理に適ってるし、そういう時代がくるのかもしれないなー、とは思ったが、筆者の近況や弊紙の記事情報について尋ねて来る警察官はいても、そういう情報をくれるような警察官は筆者の周りには居なかった。

鬼平犯科帳の火付盗賊改め方、長谷川平蔵を見て居ても、お上に協力する元盗人などの存在はいるが、そのお上の情報を犯罪者に売って、金儲けをするという者はいなかった。

もちろん長谷川平蔵なら、そんな不届き者の所業など直ぐに見抜くだろうし、一度目なら静かに諭して許すだろう。だが二度、三度、十度となると、庶民に申し訳ないと、江戸中に名前を公表して、遠島を申付けるのは間違いなかろう。

お上が狗を飼うのは構わない。だが、「狗に利用されビジネスにされたら行けない(警察情報を漏らすな)」と言っているのである。国民が犯罪を知ったら、警察官に報告するのは義務であろう。しかしそれは善意の行いであって、それをビジネスにしてはいけない。

今それをビジネスにしてる者が増えてきたのである。しかも自分の力で堂々と公表できなくて、情報紙や週刊誌にネタを提供し(中には金まで払って)、話を広げ煽って、そしてもみ消すには「これだけの金がかかる」と、自作自演するのである。

そしてそれらの一部に警察官情報を絡ませたり、名前を使ったり、実際に逮捕させたりと、する者まで現れているのである。利用された警察官側は知らないかも知れないが、犯罪者に警察官から仕入れた情報を売って莫大なビジネスにしている「小賢しい奴」が現実にいるのである。

昨日のブログに反社の定義についての参考記事を掲載したが、刑事事件で無罪が確定した虎ちゃんは判決文から読み解くと、恐らく二番目の反社認定ではなかったか? しかし判決内容から見れば被害者の峰岸という男も二番目の反社認定に属する者と思われる。

その者同士の口喧嘩に過ぎないと裁判官は認定したようである。しかも被害者と言われる側が、経費として500万円を受け取り、尚且つ5000万円を要求したようにも見える。それを「止めろ!」と怒鳴った方を脅迫との捉え方に、裁判官は異議を唱え、無罪判決を下したのである。

久々に見る大岡越前守忠相のような判決だったと言ってよかろう。

虎ちゃん無罪判決事件にも噛んでいた二重スパイ男
虎ちゃん無罪判決事件にも噛んでいた二重スパイ男

刑事裁判で起訴されて「無罪」判決を勝ち取った天晴な虎ちゃんの事件も、事件屋情報をビジネスにしている三崎正敏が一枚噛んでいたそうである。

事件屋情報をビジネスにしていると言っても、ピンからキリまであって、三崎の場合、警察に情報を流しながら、一方で警察の捜査情報を、その対象者に売るビジネスをしているのである。

それだけでなく、金の貸借で相談に乗った者の相手側を無理筋に逮捕させるようなことまでさせるのである。例えば高利貸しは違法である。しかし現実には、緊急な状態を乗り切る為に、月に1割とか、10日で1割とかで金を貸し借りする人たちがいるのは、事実である。

当然、こういう無理な借り方は、早番返せなくなる。こんな話を聞いて、尚且つ相談者にまだ美味しい話が残っていた場合、三崎は知り合いの警察に繋ぐのである。

これなど、貸し手に法律違反がはっきりしているからまだいいが、よくよく聞けば、どっちもどっちで、とても逮捕できるような事案でないことまで逮捕させて、相手に仕事から手を引かせるとか、身上調査をさせることが目的であったりとか、借りてる金を諦めさせるとか、そういうことを目的に逮捕させたりするのだそうである。

だから三崎情報は、「不起訴案件」と陰では呼ばれている。元より逮捕するまでの必要はない事案を無理やり逮捕するから、起訴には至らないのである。

すれすれの仕事をしている者は、警察に呼び出されるだけで冷や汗ものだろうし、逮捕となれば世間体も悪かろう。逮捕歴のない人は、特に驚きを隠せないだろう。三崎からすれば、そこが付け目である。

これらを引き受けた警察官が、まさか三崎の腹の内を知ってて協力してるとは思わないが、ここまで風評が立っているのであれば、三崎との縁は切るべきである。

虎ちゃん事件で、「飛び込んだ相手」は峰岸と言う男らしいが、この男も誰からか先に500万円を貰っているらしいが、山岡ジャーナルに記事を書かせ、相手を脅し驚かせ、「記事削除には5000万円が必要」と語ったらしい。虎ちゃんを逮捕させるにあたって、三崎にも幾らか払ったのではないか?と思うのは、筆者だけではあるまい。

ところで、「虎ちゃん無罪判決事件」は、検察側からの控訴がなかったために、晴れて無罪確定となったと本人から連絡があった。

反社の認定には三段階での認定があって、

 現役の暴力団。

◆■鞠以内の辞めた暴力団。暴力団の企業舎弟。暴力団との密接交際者。極左、極右。

、右翼団体、同和団体、共産党、各種左翼団体、など(などには、まだ色んな職業や人が含まれるかもしれない)。

表向きには、,世韻鮓表し強調しているし、問い合わせをしても「反社」のハッキリした規定はないというが、裏ではしっかり決まっているんだねー。

使用者の恣意的な解釈で、差別に繋がったり、女性・子供の虐めに繋がったりしなけりゃいいけどね。共産党が含まれて、公明党は入らないの?ところで、池田大作先生は元気なのかなー。


判決文(クリック)
歪められた南青山三丁目UR土地売買の条件
歪められた南青山三丁目UR土地売買の条件

URが入札者を騙したんじゃないかと思われる南青山三丁目の物件であるが、プレハブの建物に入居していた高級こもの屋「フランフラン」が2月に出て行ったそうである。いよいよ本格的に転売するのであろう。

最後まで転売ではなく「吸収合併」を装うために、あくまでも買い人は倒産した会社の一部の箱会社「シティインデックスセブンス」と言う形を取るのだろう。

いまPAGが売り歩いている価格は600億らしい。買い手は600億も出しながら、自社の名前を名乗れなくて、しばらくは倒産会社の名前を使わないと、URが出した条件に合わなくなるのだろう。ああ恥ずかし。ああみっともない。ああ哀れ。と世間からは後ろ指、指されることだろう。

自分のお金で買ったのに、堂々と自身の会社名を名乗れない屈辱感。相当後ろめたさを感じるのではないか? 恐らく、それよりも銭欲が勝った会社が買うのであろう。

これも偏にURが悪い。国から委託された土地を売るわけであるから、入札を希望する会社や個人に、平等に参加させるべきだったのである。

入札参加資格が、2000平方メートル以上の建物を三棟以上建てた実績のある会社。5年以内に建物を建設すること。転売は禁止。と謳ったはずである。しかし落札したのは、誰が見ても投資家の村上ファンドである。

転売禁止とか、5年以内に建物を建てるという、特約を結んだということは、何かしらの理由があった筈である(例えば転売が繰り返されれば土地高騰を招くとか)。何故その理由をハッキリと説明しないのか? URが説明をすれば簡単に答えは出るのである。こんなに関係者が振り回されなくて済むのである。

最初の落札から八百長じゃないのかという関係者が多く、弊紙に投書が1000通も来たのである。残念ながら、後難を恐れて、誰一人として証人に出てくれなかったので、名誉棄損の損害賠償では弊紙の一人負けの状態にはなったが、半官半民の立場を色濃く残す立場でありながら、自分たちが出した約束も守らないで、一部の企業に都合のいい販売をするのは許せないことである。

一般の人が興味がないからとか、関係ないからとか、特殊な者たちと結託することは許せないことである。早い段階で弊紙が出した質問状に答えて、違法性があるかないかを説明していれば、こんなにトラブルこともなかったのである。

一部には当時の担当者が、毒まんじゅうを食ったという噂もあった。食わせたのが村上ファンドなのか、PAGなのかはわからないが。しかもどちらも外資である(村上世彰氏はシンガポール在住)。どうせ儲けさせるなら日本企業にすればいいのに。

ところで、先日高橋真紀氏の名誉棄損の民事での損害賠償の地裁判決があったが、驚き桃ノ木ケンタッキー、何とビックリの500万円だった。こんな判決が出ることもあるから、よい子の皆さんは真似をしないで下さいねー。
警察情報を犯罪者に売っては駄目でしょう!
警察情報を犯罪者に売っては駄目でしょう!

面白い記事を見つけた(クリック)。 誰が書いてるのかは知らないが、的を射た記事である。これは事件を追いかけているような記者なら誰もが知ってる常識の話で、今までよく警察も動かなかったなー、と不思議なくらいである。

弊紙などは口を酸っぱくして記事にしてきたが、まー、嘘八百で反論するから困ったものである。土井容疑者が警察とどのくらいの付き合いをしていたかは、よくは知らない。問題はこの記事でMと書かれている三崎正敏である。

三崎の汚いところは、二重スパイをやることである。警察に犯罪者の犯罪行為を売る一方、警察の捜査状況を犯罪者に知らせて金を取っているのである。

積水ハウス詐欺事件で、小山操容疑者がフィリピンに逃げたのも三崎からの情報で逃げたのに、一方でテレビが国外逃亡するところを最後まで放映していた。これも三崎正敏のリークだった。

その一方で、小山操容疑者が積水ハウスから騙し取った金で買ったと思われるマンションの販売を三崎は頼まれていたらしい。土井容疑者は三崎を通じて高級外車を数台買ったという噂もある。

また土井容疑者をテキシアジャパンの銅子容疑者に繋いだのも三崎正敏だと言う。そして土井容疑者が、テキシアジャパンの被害者の借用書を架空通貨に交換している紙屋という男を銅子容疑者に紹介したりしたそうである。もちろん銅子容疑者の弁護士も三崎の紹介である。

あくまでも噂であるが、三崎は銅子容疑者から2億円、積水ハウス事件関係者から1、5億円稼いだという話である。事件に直接関わってるわけではないから、事件で逮捕されることはないだろうが、警察への通報はまだ良いとして、警察からの情報を犯罪者に売っている事実を警察は知るべきである。

いや知ってはいるけど、一度甘い汁を吸ったら、止められなくなるのではないか? 三崎の口上は詐欺を扱う「警視庁の二課長と昵懇」と言うのが口癖だそうである(昔は四課長と知り合いと言ってたらしい)。一時は警察庁長官とも親しいと言ってたらしい。

まさかとは思うが一時は、警察が使っている携帯電話を三崎も持っていると噂されたこともある。三崎の警察通は、三崎の兄貴分であった高尾正志という男が、ある関西の大手暴力団に金を出して貰い、警察情報を入れる為に、只で飲み食いさせるサロンを運営したことが始まりらしい。そこに三崎も出入りし、警察人脈を作ったらしい。

今高尾は行方不明と言われている。警察はこういう不純な動機で作られた人脈はきっちりと切るべきである。警察に狗として協力するのはいいとして、警察の情報を犯罪者に売って、金儲けしている実態があるのだから、三崎は要注意人物として、避けるべきである。

今でも癒着している関係の者もいるようだが、そういう警察官は刑事課から外すべきだろう。携帯に警察の名前が入ってるからと言うだけで、即怪しい交際とは言えないが、犯罪者やその周辺に居る人物は、警察との関係を大げさに自慢するものである。

その典型が三崎であろうが、三崎の場合、自慢するだけではなく、その関係をビジネスにしてるのである。しかも内偵が入ってるような犯罪者に、警察情報を売っているのである。

普通の安っぽい金のない犯罪者など相手にしない。情報紙が追いかけているような大物に近づき、警察情報と称して近づくのである。もうそろそろ要注意人物として警戒するべきではなかろうか?

筆者が三崎に一つだけ関心するのは、二人いる娘さんの片方が慶応大学の医学部の学生で、もう一人がアメリカのハーバード大学の学生と言うから、恐れ入る。これは本当にすごい。だけど、警察情報を犯罪者に売って仕事するのは止めなさい。
刑事裁判で無罪判決の虎ちゃん
刑事裁判で無罪判決の虎ちゃん


判決文(クリック)


よくもこんな事案を脅迫として被害届を受理したねー。それにしても、この裁判官はよく見抜いたねー。刑事裁判での「無罪」というのは、まずあり得ない。ましてやいま流行りの人権侵害も辞さない「反社」として逮捕されてた総会屋として認定の竹之内昌虎氏である。

刑事裁判で無罪というのは、あっぱれ。その理由も「供述に一貫性があり、その中には自分に有利なものばかりとは言えないものも含まれる。事実を包み隠さず述べようとする姿勢が認められる」とし、それに比べて、「被害者の供述は全く信用できない。」と断罪している。判決文を読めば、本来逮捕はあり得なかった事案。

被害者の男も散々ヤクザの看板を出しまくっている。脅しの圧が虎ちゃんの方が、二、三枚上だったのかも知れないが、それにしても「飛び込むぞ」と言うのも反社の風上にも置けぬが、ほんとに飛び込むのは、風下にも置けない。

それにしてもそれにしてもである。こんな話で警察もよく受けたなー。誰か紹介者がいるんじゃないか? これなら不起訴にして20日パイにしとけば、まだメンツが立ったろう。起訴して「無罪」というのは、当局の大赤っ恥である。被害者の話をまるまる鵜呑みにした結果だったのだろう。

しかし虎ちゃんが逮捕されるにあたって、山岡ジャーナルの記事が何かしらの影響を与えていたのも事実のようである。裁判所がしっかりと見抜いている。被害者の話を「情報提供者」として尊重しすぎて、そのまま掲載しているから、後日、本人が知らないところで、「削除するには5000万円が必要」と、使われるのである。

そういうところを「国策」ではなく、「仲間ではないか?」と疑われて、当局にも狙われるのではないか?  情報提供者には、一癖も二癖もある奴らが多いのも知ってるだろうに。情報サイトの第一人者として今後はご注意を。


第180回 記者クラブ楽屋裏座談会
・本日更新しました!(クリック)
命を賭して書き残した国賊の名
命を賭して書き残した国賊の名

森友学園への国有地売却問題に絡んで、財務省の公文書が改ざんされたことで、その責任を感じ、近畿財務局の職員が自殺したのであるが、その遺書の中で「すべては本省の主導で佐川宣寿理財局長の指示だった」と記されていたそうである。

公文書の改ざんや破棄は明らかに違反である。ましてや故意にであれば尚更である。あの時は安倍一強の勢いというのか、野党の質問も暖簾に腕押しのように、通用しなかった。

もう一つ大きな理由があるのだが、国民が「何が起きてるのか、どういうところに問題があって、どこが違反に当たるのかを、そしてそれがどのくらいの大きな犯罪なのか」を理解できなかった。

かくゆう筆者も、籠池夫妻が安倍総理夫人を知りえた縁で国有地を安く仕入れることが出来るようになったが、それが途中でバレてご破算になった事件、ぐらいの認識しかなかった。

加えて昭恵夫人も人がいいんだなー、と思っていたが、次から次に軽率な行動が話題になるから、「総理夫人なんだから、もう少し思慮深く行動を慎めばいいものを」と思うようになり、最近では「日本の総理大臣の夫人として自覚がなさ過ぎ」という風に、変わってきた。

一時、総理夫人は公人か私人かという問題が話題になったが、家の中では私人であっても、一歩外に出れば「公人」で間違いない。理由は周囲がそのような目で見るし、そのように扱うから。総理大臣の夫人という地位、名前にこそ人は平伏し、恐れおののくであって、そこら辺の昭恵さんには誰も平伏はしない。

何でもそうであるが、人は自分が興味のあるものにしか反応は示さない。当時、森友学園問題はニュースで盛んにやってはいた(籠池さんが国会証人まで呼ばれた)が、何処にその悪質な違法性があるのかを理解できなかった。おそらく凡人の筆者がそうであったように、国民のほとんどが似たような解釈をしていたのではないか。

それよりも自分の生活に忙しいというのが、中級・下級国民の毎日なのである。ところが、誰かがその犠牲になって命を落とした。そしてその遺書が見つかり、その夫人が社会に訴えるということになれば、国民は「聞く耳」を持つようになるのである。

日本人は人情噺に弱い。公文書改ざんと言うのは、公文書を綴ることを職業としている人たちからみれば、命を懸けるほど無体なことなんだということが理解できるようになった。

となれば、この件で国民は目を覚ますかもしれない。佐川理財局長が改ざんを命令したことを部下が命を賭けて公表した。本来なら佐川理財局長はお縄に着くべき存在だった。それどころか、疑念を持たれたまま適材適所と言って、官邸は国税庁長官に栄転させた。

今度は本来の独立した機関である検察庁が動く可能性も出てきた。安倍総理も「改ざんはいけないこと」とハッキリ述べている。今度は佐川元理財局長が、「誰のために何故改ざんをしたのか?」という真実を国民の前で話す時であろう。
FLASHスクープ記事「遠藤関に日大のドン激怒」

FLASHスクープ記事「遠藤関に日大のドン激怒」

今週発売のフラッシュに大相撲の遠藤関の後援会である「藤の会」の解散について記事がでている。遠藤関が田中理事長夫妻に女性を紹介されたにも拘わらず、その女性と一緒にならず、自分が選んだ人と一緒になったのが原因か、と理由づけている。

当たらずとも遠からずと言えよう。もっと正確に言うなら、「藤の会」に力を入れて大きくしたのは、田中理事長というより、理事長夫人の優子姐さんである。

優子姐さんの「人形のような絵になるお相撲さん」好きは関係者なら知らない人はいない。特に遠藤のような甘いマスクの整ったような相撲選手は何十年に一度の逸材で、そういう選手を贔屓にするのが大好きなのである。

過去にも大翔鳳という相撲取りにぞっこんになって、ちゃんこ店の名前を「大翔鳳」と名付けたほどであった。優子夫人が田中理事長の名前で藤の会の人脈を集め、各パーティーを主催してきたことは、関係者なら誰でも知っている。地方に行けば日大の校友会の有力者が中心になって活動してきたのである。

弊紙などは過去記事で、「遠藤は横綱を狙える輪島以来の逸材だから、優子夫人は余り個人的に連れまわすのは宜しくない」と、何度も苦言を呈してきたぐらいであった。

先場所は横綱白鵬を土俵の上で仰向けになるほど投げ飛ばして、日本男児ここにあり、と拍手喝さいを浴びた。今場所は卑劣にも横綱白鵬が、また張り手、カチあげ(プロレス技エルボ)で、ダウンさせた。いつまで経っても汚いやつだ。

恐らく遠藤は、いま大相撲で一番人気のある力士じゃないかなー。見た目いい男というだけでなく、相撲が正攻法で柔らかい。色白で博多人形みたいな感じである。

田中理事長夫妻も、何もわざわ作ってあげたものを壊さなくてもいいものを。理事長夫妻が力を入れて作ったものであれば、二人が出席しなくなれば、忖度から協力した関係者は退いていくだろうし、放っておいても自然と消滅すると思うよ。

育てた我が子が、自分が思う方向へ旅立って行かなかったとしても、人はそれぞれに自分の理想があるからね。それも将来の伴侶のことだからなー。

ヤフーのコメント欄を見ると、圧倒的に遠藤応援記事だねー。田中理事長夫妻は、そんなとこ見ないだろうけど、世間の評価と言うのはやはり一つの指標だから、あんまり無視もできないよ。

国民の半分以上の人がノーと言ったら、安倍一強だって、ひっくり返るんだからね。もう二年も経ったから、アメフト事件も世間が忘れてしまっただろうと思っても、突然火が付くこともあるからね。何が災いするかわからないのが世の中なのである。

久しぶりに田中理事長の写真をみたけど、あの階段を一人で歩けるということは、相当元気そうだね。車椅子など全く関係ないじゃないの。内田が居なくなって、誰が右腕になったのかなー。

最近めっきり日大関係の投書が来なくなったけど、改革派は左遷や配置換えで、息の根を止められてしまったのかなー。フラッシュさん、「周囲から愛想をつかされなければいいが」という遠藤批判のようなラスト文は、遠藤ファンをいたく傷つけたみたいよ。

何処の誰だー?
何処の誰だー?

汚いと言うか、あくどいと言うか、卑劣な輩が増えたなー。自分の名前で喧嘩ができないのか、自分の名前が通用しないのか、知名度のある他人の名前を語って、恐喝でもしようと考えたのではないか?

質問状を出してもいないのに、「貴団体が出した質問状に対しては、私が当該会社より相談を受けましたので、私宛に連絡下さい」と言う手紙が届いたという。名前を使われた団体の代表は何が何だかわからないという。

弊紙の推測。恐らく、疑惑を持たれた会社の内情を詳しく知ってる者が、如何にも名前を使われた団体を装って、疑惑を持たれた会社の社長を脅し、恐喝するつもりじゃなかったか?

今のところは誰のトリックなのかわからない。本人が預かり知らない実物のこの手紙を弊紙が預かった。まだ実物は誰にも見せていない。しかしコピーはもう出回っているのだそうだ。

この話を聞いて、直ぐに思い浮かべたのが、青山メイランドの西原良三社長が恐喝された事件である。あれも初めは西原社長の協力者と思われていた者が、実は情報を知り合いのネット記者に流して、話を広げ、自分たちで火消しを装い、さらに大きな金を脅し取ろうとした事件であることがわかった。

今回の話もこれに似たような匂いがする。現に団体代表は、不正を行ってると名指しされた会社など名前も聞いたこともないと、まったく知らないのである。有名税と言えばそれまでだが、こういう汚いことをする輩が本当に増えた。

本当にその会社が不正をしているのであれば、堂々と告発すればいいし、或いは懲らしめるのであれば、その団体に堂々と相談すればいい。おそらく名前だけ内緒で使って、マッチポンプ(自分で火をつけ、自分で消す)を試み、多額の金を独り占めすることが目的だったのだろう。

弊紙もよくあることだが、質問状を送った先とか、記事を掲載した先へ先回りして、いかにも弊紙と知り合いのような口上で近づき、金で解決がつくような話をして金をだまし取る輩が多いのである。いつまでも記事が消えない、連載が止まらない、話が違うと気づいた時には遅いのである。

そういうのを専門にしている輩(詐欺師)は多い。本来は弁護士しか仲裁人にはなれない。昔は仲裁はヤクザの専売特許だったが、今は時代が違うので、ヤクザは殆んど出てこない。その代り半端が出て来るようになったのである。

不正をやってると名指しされた会社が何をやったか知らないけど、質問状を出したと言われてる団体が、「うちは出していない」とはっきり宣言しているのだから、こういう細工を誰がしたのか、おそらく検討はつくんじゃないか?

大事になる前に、迷わず被害届を出すべきである。威力業務妨害には当たるんじゃないか?
あっぱよ!料亭女将と谷川弥一衆院議員(長崎3区)

あっぱよ!料亭女将と谷川弥一衆院議員(長崎3区)

「 料亭花月の雇われ女将は県議時代の谷川の元彼女さんで、その彼女は男ができて結婚して仙台に行って別れてたけど、元彼女さんが旦那と別れて困ってる時に国会議員になってた谷川のところに会いに行って、焼けぼっくりに火がついて、谷川が倒産して再生中だった料亭花月の女将にした話は長崎では有名な話やないか。

谷川弥一の女好きは腰痛と一緒で持病みたいなもんだから。

スナックボンドのママも不在者証明のママも「クラブすみれ」の新屋ミホもみんな谷川の彼女になってママにしてもらったんだから。

女好きが特徴なら谷川弥一だよ。間違いないよ。

その友人が言うにはその国会議員は次期衆議院選挙に出馬するために長崎に帰ってきたら夜、古川町周辺を毎日1時間くらい体力作りといってウォーキングしているという。

だったら谷川弥一と違うよ、谷川弥一がウォーキングできるわけないんだから、谷川弥一がしてるのは徘徊なんだから。

ウォーキングなら谷川弥一と違うよ。

まして、次期衆議院選挙は東京オリンピック後やから、早くて今年の秋頃やろう。次期衆議院選挙は無理だもんな、それまで谷川弥一の身体も体力も腰も持たんよ。

その友人が言うにはその国会議員は国営の諫早干拓に親族の名前(TGF)で入植してピンポン玉くらいのジャガイモを作っているらしいという。

その特徴は間違いなく谷川弥一だろう。

谷川弥一という男は諫早干拓に政治力使って不正に入植しピンポン玉のジャガイモ作るために農夫にまでなった政治家なんだから。

友人がいうには金子原二郎じゃないだろうか。それは相方の方だろう。

谷川弥一


これは間違いなく谷川弥一だよ。」

----------------------------------------

上記の記事は、長崎では著名なJC NET(日刊セイケイ)というブログ記事である。これを読んでハタと気付いた。谷川弥一という議員は、国会の質問で時間が余ったからと「般若心経」を読んだ品のない爺さんである。品のない長崎弁で、あんときゃ、まー恥ずかしかったという県民は多かったことだろう。

この男は土建業出身の男だけど、町議、県議、国会議員と出世してくる度に、会社が大きくなって、今や長崎県一の大手土建業者になったそうである。記事にも出ている、諫早干拓入植に関しては、資格がなかったにも拘わらず、当時の長崎県知事の金子源二郎現参議院と企んで、農業をやったこともない娘と息子の会社の名義で入植したのである。

一般の人がやったら明らかに違反で逮捕される事案である。百条委員会までできて追及されたが、二人の権力者の前に、その悪事こそ暴いたが、やはり忖度する者に数で負け、逮捕・起訴・有罪まで追及することはできず、未だ返還には至ってないようである。

この入植地は、いずれ買い取りになると言われ、この強欲な二人の権力者の物になるのである。この不正を追及できなかった長崎県議会は大恥である。賄賂でも貰ったバカ県議がいるのではないか?海砂掘削屋の中村何とかいう県議も訴えられてたなー。

大体海の砂なんて、どのくらい掘ったかわからんだろうから、結構汚いことしてるんじゃないのかー?こいつらは厳しく監視しないとやりたい放題だと思うよ。だけど弥一爺ちゃんも器量があるじゃない。そんな昔の女性が尋ねて来たら、料亭花月の女将さんに据えるなんて。料亭花月って、坂本龍馬が泊まったとか言う料亭だよねー。

スナックボンドのママも、不在者証明のママも、クラブすみれのママも、弥一爺さんの女になったら店を出してあげたわけ?ただの銭ゲバ爺と思っていたけど、やるときぁやるねー。流石、国会で般若心経を読むだけのことはある。原二郎君の負け〜。

ところで、彼女になるって、エッチをするってこと?弥一っちゃんと?わー、汚い。目をつぶって「早く終わって、お願い」とか心で願いながら息を止めてするのかなー。不味い、また名誉棄損で訴えられそう。

だけど昔、知り合いの女性から聞いたことがある話しを書いただけだけどなー。そうか、聞くのはいいけど、書いたらだめなんだな。それにこれは東京の話で、長崎では違うかもしれないから、やはり名誉棄損にあたるかなー。まいったなー。

LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>