【速報】稀代の詐欺師・山本一郎氏逝く
【速報】稀代の詐欺師・山本一郎氏逝く

あのKKC(経済革命倶楽部)と蟠サ紊婆召鮹擇擦浸核椣賚沙瓩死亡したという情報を頂いた。

謹んでお悔やみ申し上げます。




 
京都崇仁地区開発計画で竹中工務店が大チョンボ
京都崇仁地区開発計画で竹中工務店が大チョンボ

京都駅前の崇仁地区に京都芸術大学を移転させる計画を発表してた裏側で、門川大作京都市長はとんでもない企みを企てて居たようである。門川氏は名誉を、実利は上田藤兵衛氏と竹中工務店と三菱地所の大物のタッグだったらしい。このアイデアを立案実行したのは、竹中工務店らしい。

隣接地である材木町の武富士跡地も一緒に仕上げたかったので三菱地所も巻き込んだのだろう。三菱地所と京都市はそこに五つ星のホテルを誘致したかったのである。

三菱地所は元々東京が地盤だから、地方の、それも目一杯いわくつきの崇仁地区の直の開発なんかに絡みたくないはずである。何処かが地上げし書類上も現場上も危険性が無くなった状態になってからしか、顔を出さない筈である。それが大手のやり方である。全く何も進んでない状態で名前が出てくるのは、本当に珍しい。

今回の件は大スクープと言っていいだろう。これは竹中工務店の大チョンボである。竹中は上田藤兵衛氏の同和力を過信したのだろう。門川大作市長も上田藤兵衛氏を裏の無い只の人権団体の長と見て居たのであろう。

また川村眞吾郎氏に対しては、駒井裕とのトラブルで手いっぱいで、こちら(地元)を振り向く余裕もないだろう、と軽んじたのかもしれない。利権に絡む者からすれば一人でも少ない方が、配当が大きいからね。

その件で川村会長に電話を入れてみたら、
「駒井なんか全然目じゃありませんよ。あんな鼻くそみたいなこそ泥野郎、遊び半分で追いかけてるだけです。すさみ町の岩田町長なんか、あんな乞食野郎から金を貰ってるから、駒井を追及することさえできないんですよ。しかし私に取って、崇仁地区の住民を蔑ろにして、裏で利権屋と組んで自分の名誉だけを考える門川大作市長の行為は許せません。徹底的に戦います。駒井の糞野郎とその仲間は、時々思い出した時でいいと思います。当分は敬天さんの方で読者が忘れないように適度にお願いします」
ということだった。

崇仁地区の住民を守る崇仁・協議会の会長としての覚悟の程を感じた。竹中工務店の依頼で動いた上田藤兵衛氏は、その証拠に中口寛継氏には金を払って、賛成派、反対派、両方の名簿を作ったそうだ。

過去に大活躍した藤井鉄雄氏はもう病気療養中だそうで、そこで京都市の開発委員会のメンバーである奥田正治氏と宜しくやろうと考えたようだ。その裏がバレれば、正統派の川村氏だって怒るよ。

崇仁地区の藤井鉄雄氏・高谷泰三氏が作った「崇仁協議会」を正当に引き継いだのは川村眞吾郎会長(現崇仁・協議会)だからね。筆者もその祝賀会には出席した。解放同盟にしても、同和団体にしても、創立を立ち上げた人たちの苦労は並大抵じゃなかったろうし、それが時限立法になってからは、政治家を初め色んな人種の人が入交りモンスター団体になった。

行政も警察も全く手だし出来ない無法団体になって、国民も次第に心が離れ「逆差別」と言われ出した。今も役所には強く、生活保護受給に関しては、一定の発言力を持っているのは事実である。

しかし本人たちも勘違いしているところがあるが、同和団体が怖いのではなく、同和団体の後ろ盾でいる暴力団が怖いのである。だいたい恐れられてる団体の後ろには、必ずケツ持ちと言う人が居る。それが暴対法ができて、いま暴力団から警察OBなどへ変わりつつある過渡期であろう。

上田藤兵衛氏は山口組五代目時代に、山口組をバックに飛ぶ鳥を落とす勢いだったらしいが、六代目に代わってから状況が一変した。そのことは日本中の人が知っている。そういうトラブルの渦中にある人に、裏でこっそり頼むならまだしも、堂々と行政が仕事を頼むのも無神経過ぎるだろう。

いま過去にヤクザを後ろ盾で伸びてきた企業が暴対法を生き延びる為に、恥も外聞も捨てて、「過去は問わない」の言葉に甘えて、自分だけ生き延びようとしている輩も多いのである。しかし「過去は問わない」にも限度があろう。

十分過去を問わなければいけない者まで、知らないふりを決め込んでいるのである。中には殺人の依頼まであったと言う。そんな奴らを許していいのか。犯罪性は警察が決め、その評価は世間が決めるべきである。


第210回 記者クラブ楽屋裏座談会・本日更新しました!
【click】



 
政治の善悪を見極めて是々非々で対応する
何事も善悪を見極めて是々非々で対応する

何か仕事をしようと思ったら、いずれ必ずその業界に入らなければならない。そしてその業界として動かざるを得なくなる。そしてその業界を支援してくれる政治家に一票入れようということになる。

政治と業界は繋がっているのである。そして必ず業界の中に、業界を上手に泳ぎ回って、売り上げに繋がるような立ち位置を握って、利権と言われる立場に立つ者も現れる。

まー、それも一種の才能ではあろう。そのうちやがて、業界から押されて政界に転出する者さえ現れる。政治家は如何に自分が推されている業界や地元に、国の金を引っ張って来るかで、その値打ち(人気)が決まる。

中には、考えられないようなバカもいる。県を代表して出てくる国会議員でさえ、大臣にならないと、その議員が何を考えているのかがわからないから、そのバカ度合いがよく見えないが、喋った途端にそのバカ度がよくわかる。

我が故郷長崎県から出て来る国会議員は恥ずかしながら酷いねー。国会で質問中に時間が余ったからと、般若心経を唱えてた谷川弥一という文科副大臣がいたよ。一代で起こした土建業が自分の出世と共に大きくなって、今では長崎県で一番大きな土建屋になってるらしい。

息子は長崎県知事(現参議院議員金子源次郎氏)の娘と結婚して、資格もないのに諫早干拓に入植し、100条委員会で追及されたが、有耶無耶のまま関係者が入植している。

もし一般人が資格を誤魔化して入札に参加していたら間違いなく「詐欺罪」で逮捕されていた筈である。役所のゴマすりが「当選ありき」を企画し、関係部署も忖度したのであろう。

当時の県知事と国会議員の組み合わせだから、誰も苦情を言えなかったのだろう。辛うじて日刊セイケイがこの事実を報じていた。田舎では寄らば大樹の陰で、「あの人は悪いことをしてる」と分かっていても、中々それを声に出すことができない。警察に言っても取り上げてもくれない。寧ろ相談に行った事が筒抜けになって、村八分にされるのが関の山である。

こういう政治や行政の悪巧みを告発できるのは、共産党議員か右翼か地元のタウン誌であるが、地方での評価は低いのである。田舎で力のあるのは、町長、議長、土建屋の社長、うるさい親爺、酒乱な奴、ちょっとヤクザな親爺。女性では、婦人会長、アムウェイを勧誘する厚かましいおばさん、金貸しの愛人でおばさん達に金を高利貸ししてるおばさん等である。こういう者たちが票集めも上手で、政治家に重宝されるのである。

一般の人は、殆どの人が「自分の一票で町が変わるわけない。国が変わるわけない」と思っている。政治に対しては、見事に後進国なのである。地方はしがらみに縛られて生きてるところがあるから、仕方がないと言えば仕方がないのである。その点東京は、色んな角度から物が見れるし知識も入るので、リベラル(自由)を受け入れやすい土壌ができる。

しかし、どんなにリベラルを身に着けても、祖国を売るとか、侵略者を受け入れると言うのは、理解できない。逆に、愛国主義総理であっても、個々には間違いがあれば指摘もする。やはり是々非々で対応するのが敬天流なのである。
日本は未だ抜けきれない戦後の精神的清算が必要
日本は未だ抜けきれない戦後の精神的清算が必要

ロシアが東京オリンピックに向けてサイバー攻撃を仕掛けていたと、イギリス政府が発表した。ロシアは当然否定しているが、利害が絡まないイギリスがわざわざ発表するぐらいだから、イギリスの言い分が正しいだろう。

本当は日本が気付き、日本が堂々と発表する事案であるが、知らなかったのであれば、安倍政権が間抜けだったのであろうし、知ってて抗議もしなかったのであれば、腰抜けである。

国内では国民に強い態度で臨むくせに、大国に対しては物が言えないというのは、よろしくない。国民のプライバシーを国で一元管理することが、国民にサービス提供するうえで、便利で早いのはわかるが、それは確実に法の下に守秘義務が担保されてることが条件である筈だ。

国内は勿論のこと、海外からの攻撃に備えることも当然である。万が一サイバー攻撃が分かったら、強く抗議すべきである。日本は海外での金儲けは上手のようであるが、主張は下手である。特に大国への主張に臆するところがあるようだ。

伝統なのか、常任理事国としてのプライドなのか、イギリスやフランスは、イエス、ノーをハッキリと言う。それでも戦争になることはない。しかし日本は、反対意見や批判意見を言うと、全て戦争になると思い込んでいるようである。政府にも国民にも、先の敗戦の強烈さがまだ脳裏に隅に残っているのだろう。

戦後アメリカ一辺倒できた政治経済国際交流は、決して間違いではなかった。アメリカが世界の中心であり、世界をリードしてきたのは紛れもない事実であったからだ。そのお蔭で、日本も考えられないような経済発展をしてきた。ただ経済だけに重点を置きすぎて、それと同じぐらい大切であった色々なものを御座なりにしてきたのも事実である。その弊害がいま国内に蔓延してきているのである。これからが本当の意味での戦後の精神的清算が必要になっていくのではないか。

喫緊の課題では、尖閣諸島の問題では中国に強く抗議すべきである。日本が戦争に負けてアメリカが沖縄に駐留するようになった時に、尖閣諸島の島々もアメリカが支配し、訓練施設に使っていた時には、尖閣を一度も自国だと主張しなかった。

尖閣の島々が自国だと主張し出したのは、尖閣諸島の海底に資源があると国連のアジア極東経済委員会が発表してからである。たかだか50年前からである。日本も強く抗議すべきだったが、相手が常任理事国ということもあって、時の政府は常に及び腰で、触らぬ神に祟りなしとばかりに、申し送り案件事項にしてきたのである。北方領土も、竹島も同じである。

東京都南端の沖ノ鳥島が海の仲に埋没しようとした時、石原都知事の英断で波に浸食されないように、周囲を埋め立て補強したのは真に胸のすく判断だった。あの時美濃部都知事だったら、「自然に任せるしかない」と動かないで、今ごろは海の中に沈み、大きく海域を失い、中国の漁場になってしまっていたことだろう。

日本は四方海に囲まれているので、たとえ岩礁に見えるような小島であっても、その存在意義は大きく、決して妥協してはいけないのである。もう戦国時代ではないのだから、他所の国の地所や知的所有権を奪う時代ではない。況してや常任理事国や先進国がやることは尚不味い。

発展途上国が知的所有権を無断で使うことは、多少大目に見てもいいではないか。それで少しでも幸福感を得られるのであれば。ただし明らかな侵略に対しては頑固として拒否し、対抗しなければならない。立ち上がるのが国民としての義務である。
政事は豆腐の箱の如し、箱が歪めば豆腐も歪む

政事は豆腐の箱の如し、箱が歪めば豆腐も歪む
(二宮金次郎の名言)


官僚と一部の業者と癒着した「前田ハウス」の話はどうなったのだろう? マスコミも一度は大悪党のごとく報じるが、いつの間にかふにゃふにゃである。そこに不正や疑惑があるなら、とことん追求すべきであるし、間違っていたなら「ごめんなさい」と謝罪すべきである。

少なくとも国民の殆どはマスコミに翻弄され、マスコミを真実だと思い込んでしまう癖がある。従って為政者は端からマスコミを宣伝として利用したりもする。御用記者である。一強官邸になれば、尚更この傾向が強い。御用記者に選ばれるようになるのも大変である。

しかし、ひとたび関係が築ければ、食うには困らない。少なくともその政権が続いている間は食うには困らない。ひたすらヨイショ記事を書いていればいい。政権に不味い情報が入ればいち早く報告し、揉み消し、仮に何処かで発表されても、否定記事を書いてればいい。

大手企業と言うのは、何事につけても国の中枢と関係を深く良好に保っていないと、長続きはしない。一番の大きな理由は、全ての業界に国の認可が必要であるからである。小さいうちは、いくら自由奔放に暴れまわっていても、大きくなるに従って、必ず行政と関わらざるを得なくなる。行政に睨まれたら一企業など一溜りもないのである。

例えば、「認可を与えない」とか、「違法である」とか、幾らでも理由(難癖)は付けられる。それに逆らったところで、暖簾に腕押しであろう。また国民も取り締まる側を応援し、四面楚歌になるのが、世の定めなのである。特に成功者に対しては、やっかみもあってか、そのような傾向は強い。

日本では庶民は昔から官に従順で、官のやることは正しいと信じる癖がある。だからこそ官には正しい運営をやってもらいたい。そしてその官を指導するのが、官邸であるのだ。安倍官邸は、官僚が公文書の廃棄や改ざんを部下に命令するほどの忖度をするまでに、強権を持った。これは自由民主主義社会では健康的とは言えない。

菅政権は安倍政権の継承を謳っているが、あくまでも良い面を継承すべきであって、悪い面は引き継ぐべきではない。モリ・カケ・サクラの検証はしてもいいのではないか。野党の目的は、安倍政権のモリ・カケ・サクラの検証と言いながら、必ず最後に「菅総理は、その時の官房長官であり、政権の要に居た。あなたにも責任があるのではないか?」と追及することが分かっている。だから、国民も「今はコロナと経済対策が先だろう」となるのである。

安倍総理の時に責任追及しなければならない問題だったが、全く国民の同意を得なかった。四分五烈して野党力を失い、寧ろ与党に力を与えた。菅政権を追及するのではなく、モリ・カケ・サクラの真実を国民に知らせる、そしてそこに違法性があれば法にゆだねる。そのために協力して欲しいと訴えれば、国民も納得するよ。国民の理解がないと、この問題は進展しない。そのぐらい野党から国民の心は離れて居ることを先ずは知るべきである。

自民党が驕り高ぶって傲慢な姿勢を続けているのは、いま選挙があれば大差で勝てるという自信である。安倍元総理は国内でミスばかり続けたが、韓国に対しての「丁寧な無視」が、殊の外日本国民の溜飲を下げたのである。誰の心にも、「自分ファースト」、「郷土愛ファースト」、「自国ファースト」と言うのは、有る。今年はコロナ禍でできなかったが、夏の甲子園高校野球にその片鱗は現れているではないか。

思ったことを露骨に表すトランプ米大統領
思ったことを露骨に表するトランプ米大統領

あと2週間もすればアメリカの新しい大統領が決まる。予想では民主党のバイデン氏のようだが、共和党のトランプ氏も巻き返しを狙っている。アメリカの大統領選挙を日本人がここまで興味深く関心を持つのは、初めての経験ではないか?

筆者など、共和党と民主党の違いさえ詳しくは知らなかったし、どちらが保守でどちらがリベラルかも知らなかった。だいたいリベラルと言うのも、どういう意味かさえ知らなかった。リベラルが自由という意味なら、自由に発言している筆者もリベラル系かなー?とか思っていたぐらいである。

また部落差別という言葉を東京に出てきて初めて知った時も、「そういえば俺も小学校の運動会で、いつも部落対抗リレーの選手だったなー。と言うことはうちの小学校に通っていたのは、全員部落出身者なんだ」と思ったものである。

アメリカが二大政党制で共和党と民主党があり、共和党が保守勢力で、民主党が自由主義を標榜していると知ったのは、トランプ大統領が政治家と言うより、不動産屋丸出しの発想で、およそ先進国の大統領らしからぬ言動に興味を持ったからである。

今までの大統領は、共和党の大統領であっても、あそこまで物言いが露骨ではなかったような気がする。過去の大統領を振り返っても、どちらかと言うと共和党の大統領の方が人相が悪い。愛国主義者は余所者は入れないという縄張り意識が強いから、顔に出るのであろう。

トランプ大統領の出現で、アメリカの政治がよく透けて見えるようになった。日本との関係においても、表面的にしか見えなかったが、トランプ大統領になって、確実に見えるようになった。政府は国民にわからぬように、アメリカの要求を言われるままに飲んでいたが、トランプ大統領は自分の功績をアメリカ国民に知らせる為に、ツイッターでわざわざ公表するので、その内情が世間にバレてしまった。

今の日米安保は同格の基準ではないので、思いやり予算をアメリカの言い値で要求されても仕方がない。また使い古しの武器を購入させられても、これも仕方がない。実質アメリカの核の傘の下で守られているのだから。

それが嫌なら徐々に自国だけでの防衛に移行するしかないではないか。自国を自国民の手で守ると言うのは、世界の常識である。あれも嫌、これも嫌、と言うのは、今の日本だけで通用する甘えで、世界では全く通用しない非常識なのである。

コロナ陽性になったことで、トランプ大統領は相当イメージが悪くなった。危機管理能力を問われることになった。それが元で女性を敵に回したそうである。女性は基本的に殺し合いをする戦争が嫌いである。共和党の女性票まで逃げているという。

そうなれば敗戦濃厚であるが、最高裁の判事が6対3になったことで、起死回生のウルトラCも考えていると言うから、まだまだ結論はわからない。日本に大きな影響を与えるアメリカ大統領選挙である。
熊本電力(竹元一真代表)と小和田陽一氏が行う「元本保証&月利10%」のカネ集めは違法投資案件と思われるのでご注意ください!

熊本電力(竹元一真代表)と小和田陽一氏が行う「元本保証&月利10%」のカネ集めは違法投資案件と思われるのでご注意ください! 

 


熊本電力株式会社という会社をご存じだろうか? 


熊本電力株式会社という会社がある。その名の通り、熊本県にある電力会社で、同社HPのプロフィールによると、代表の竹元一真氏は、学生時代からITベンチャーに携わり、事業経験も豊富のようだ。竹元氏はライブドア出身らしい。 

 

熊本電力という名前を聞くと、一見、長い社歴を持つ地方の名士的な公的企業のように思ってしまう人が多いと思うが、同社HPによると、同社の事業は、電力の小売業であり、売上約12億円(20201月期)のようだから、名前のインパクトほど大きな会社ではないようだ。 

 

最近はやりのエネルギー系企業であり、電力の小売価格の安さが売りのようだ。また、電力会社の特性を生かし、莫大な電力を必要とする暗号通貨のマイニング事業もやっているようだ。 

 


顧問弁護士は、超大手法律事務所! 


しかし、そうは言っても、同社のHPによると、多くのグループ企業群もあるようで、電力小売業の免許を持っていたり、顧問弁護士は、超大手の森・濱田松本事務所を含め3つの弁護士事務所を顧問にしているようであるから、それなりの構えをしている信用のある会社だと評価する人も多いのではないだろうか? 

 

しかし、この熊本電力という会社は、実際のところ、どこまでまともに経営をやっているのか、甚だ疑問というしかない。というのも、最近、うさんくさい情報がブローカーの間で回っているからだ! 


 

顧問弁護士もビックリ!?「元本保証・月利10%」のカネ集め! 


熊本電力が、一体、何をやっているのかというと、なんと、「元本保証・月利10%」という完全に違法としか思えない条件で、投資家からカネ集めをやっているというのだ。 

にわかにも信じられない人も多いだろう。 

 

何より、顧問弁護士の森・濱田松本事務所の先生がビックリするような案件である。 

まさか、顧問弁護士がこんなインチキを認めるというのは考えにくいので、顧問弁護士の先生には内緒で高利のカネ集めをやっているのだろう。顧問弁護士は、ちゃんと調べて適切な対応を取っていただきたい。 

 

今時、まともな事業をやっているとこは、月利10%(年利120%)という超違法高金利で事業資金を集めることはない。 

一般的に、このような方法でカネ集めをやる連中は、そう遅くない時期に、破綻する。中には詐欺で刑事事件に発展するケースもあることは、昨今の詐欺事件報道を思い出せば、異論はないだろう。 

 

こういう連中は、そもそも、事業自体に実態がないか、あっても、途中から苦しくなって、事業を撤退するタイミングを見失い、返済可能性が低いことを知りながら、単なる延命措置のためのみにカネ集めをやっているというのが多い。返済の裏付けがないことを知りつつカネ集めをやっているなら、詐欺の可能性も出てくる。いずれにしろ、当局による慎重な調べが必要な案件であろう。 

 

今回の熊本電力のカネ集めが、詐欺なのかは分からないが、外形的には、これまでの数々の詐欺事件のケースに酷似していると思われるので、注意喚起のためにお伝えする。 

もし、皆さんが熊本電力の事業資金の募集の話を聞いたら、これからお伝えする内容を質問してみたらいいと思います。おそらく、まともに答えられないでしょう。 

大きなお世話ですが、カネを出すのは、それからでも遅くないと思います。 

 

カネ集めの窓口は小和田陽一氏(株式会社FORM代表)! 


このカネ集めの使途は、熊本電力の事業資金という名目である。実際に熊本電力で使っているのかは知らない。 

そして、このカネ集めを仕切っている人物が、株式会社FORMの代表取締役・小和田陽一氏である。 

 

小和田氏は、自分で投資サロンっぽいグループを持っているようであるが、このメンバーに向けて、あるメールを送っている。 

長くなるので、今回は、小和田氏がカネ集めを募集するメールのコピーをもとに、インチキカネ集めの募集要項をまとめて終わりにしたい。 

 


本名・小和田陽一氏は、「小和田陽市」を名乗る! 


その前に、小和田氏は、「陽一」という名前が本名であるが、同氏が経営する株式会社FORMのHPでは、「小和田陽市」と名乗っている。まさか、名前を間違わないだろうから、わざとそうしているのだろう。 

実際、小和田氏のメールでも、小和田陽市と名乗っているので、わざと本名と違う漢字を使っているようだ。 

 

少しでもブローカー、詐欺師業界に詳しい人なら分かるだろうが、というか、普通の人でも怪しいと思うだろうが、詐欺まがいの金銭トラブルを繰り返す人は、悪名がたたり、偽名を名乗ったり、このように同じ読みの漢字を充てたりすることがある。断っておくが、小和田氏が詐欺師だと評価しているのではない。しかし、注意するべきだろう。 

この名前の使い方は、巨額詐欺事件を起こしたKKC(経済革命倶楽部)の山本一郎氏が出所後に新たなカネ集めをやっている時と同じである。疑わないほうがアホである。 


 

小和田陽市こと小和田陽一氏がメールで募集する違法投資案件の内容 


・案件名称:「短期運用 ファクタリング融資運用」 


・条件:期間6か月、月配当10%、最低額100万円、上限3億円 


・案件の募集者:熊本電力株式会社(竹元一真代表)、小和田陽市こと小和田陽一氏 


・資金使途:熊本電力株式会社の事業資金 


・法律上の契約関係:「金銭消費貸借契約」+「業務委託契約(詳細不明)」 


・借主:熊本電力株式会社 


・貸主:小和田氏のメールからは、具体的な名義について詳細不明であるが、以下の Ν△里匹舛蕕と思われる。 

1.実際の資金拠出者 

2.小和田氏(実際の資金拠出者の資金を小和田氏に一本化して小和田氏が熊本電力に対する名義上の貸主となる。)→この場合、かなり危険! 


※小和田氏の募集案内では、「小和田会社個人保証も可能」とあるので、上記1「貸主:実際の拠出者」のケースでは、さらに、小和田氏の連帯保証を追加する形式と思われる。 

→投資の保証とか大胆ですね!(笑) 



竹本代表略歴(熊本電力事業計画書より)click


小和田氏の投資募集メール(click)


熊本電力法人登記簿(click)


蝪藤錬劭曜/妖亠簿(click)

日大医学部板橋病院に公取がメス!?
日大医学部板橋病院に公取がメス!?

先週の15日に日本大学医学部板橋病院に公正取引委員会がガサ入れに入ったらしい。これは日大OBで安藤賢季という男が、日大130周年に伴い、筆頭理事で理事長代理でもあった石井進氏と二個一で行動し、業者から寄付金を集める立場を奇貨として、板橋病院改築に伴い、業者から「病院の前に薬局を出さしてあげる」と嘘言を用い2億円を騙し取った(日大関係においては3億〜5億を騙し取ったという説もある)として逮捕されたていた安藤賢季の自供に基づいてのガサ入れだったのではないか?

石井筆頭常務が退任したという情報が入っていたが、ひょっとしたら、このガサ入れ査察を見越しての大学側の危機管理的立場からの判断だったのかもしれない。

現日大執行部に入り込んだ安藤季賢という男は、名うての詐欺師として有名な男で、ハウステンボスやHISの会長として有名な澤田秀雄氏が50億円騙し取られた事案では、40億円の偽造手形を振り出した男としても有名である。ただしこの件では、会社法違反の疑いがあるのか、被害者である筈の澤田氏が未だに被害届を出していないので、事件化には至っていない。

こんな著名な詐欺師がどういう切っ掛けで、執行部に入り込んだのかは知らないが、実際に大学が大迷惑を受け、信用を失墜したのは事実なわけだから、本来は執行部の責任問題が追及されて然りだが、例の如く「俺は関係ない。俺は知らない」と、田中英寿理事長を始め執行部は責任を取らないのである。

通常どこの大学にも、これほど大きな詐欺師が介入するということはあり得ないし、間違って介入し事件になったら、理事長の責任問題に発展することもあり得る話であるが、こと日大では、全てが田中英寿理事長ファミリーの一存で決定するシステムになっているから、時には、本来大学の顔である学長でさえ、ピエロとして使われたりするのである。

公取委が入ったのは院内薬局の「セレン」だったらしい。セレン薬局のオーナーである薮本氏は、相撲の遠藤関の後援会長でもあった人でもあり、裏入学問題でも噂になった人である。この薮本氏を連れて来たのは、井ノ口忠男理事である。今では優子姐さんにすっかり気に入られ、田中ファミリーの一員として大活躍の一人である。

今回のガサ入れに関しては、「薬局の地上げ?」も関係しているという噂もある。今一意味がわからないが、古い薬局の立ち退きを企画し、新しい薬局を入れたという意味なのだろうか?それを実行したのが、工学部の伊藤智夫だと言われている。伊藤智夫は数カ月だけ医学部次長という立場で来ていて、直ぐに工学部に帰ったので、他の職員から「何のために来たんだろう?」と噂されると共に、黒い噂も出ていた。

とにかく事業に関することは、全て井ノ口忠男理事、広報に関することは橋本稔子女史の弟姉が仕切っており、優子姐さんの助さん格さんとして、隠然たる力を持っているのは事実であるようだ。何せ学部で調整できるレベルのものでさえ、広告や事業と名が付くものに関しては、すべてこの姉弟を通さなければ、成立しないのだそうだ。

おそらく伊藤智夫はこの姉弟が使いやすかったのだろう。元々工学部から本部の広報部に来て、直ぐに医学部へ移動になり、数カ月だけ医学部に在籍し、また工学部に戻ったので、職員から不思議がられていたのである。

それにしてもここに来て日大は災難が多い。15日には運動部で、62人のクラスターが発生したと報道されていた。学生は頑張っているのに、「学生ファースト」を宣言した筈の田中理事長ではあったが、田中ファミリーの「自分ファースト」だけが目に付く、今日この頃である。立ち上がれ教職員。


第209回 記者クラブ楽屋裏座談会・本日更新しました!
【click】



 
セントマザー野中邦子教祖様のパワハラと錬金術
セントマザー野中邦子教祖様のパワハラと錬金術

福岡県に本部のあるセントマザーの野中邦子という教祖様は、結構暴力的な教祖様のようである。職員を住み込みで雇っているらしいが、流行りの言葉で言えばパワハラ常習者らしい。

例えば高級車の後部座席から暴言、後頭部への打撃があるかと思えば、風呂場での裸のままの説教とか、雨降りには傘の柄で叩くなど、本人の暴言・暴行だけに及ばず、精神的な屈辱を与えるためなのか、歳の離れた若者職員(信者)を「お手伝いさんの教育」に宛て、侮辱するのだそうだ。

ひょっとして野中邦子教祖様はサゾっ気があるんじゃないの? こういう女王様になりたがる人って、S気があって、独裁者みたいな強い男のイメージがある人が逆に、以外とマゾっ気があるって感じだよね。

話は飛ぶけど、福田赳夫元総理は、腹にサラシを巻いて割腹するシーンで果てるのが趣味だったらしいね。野中邦子教祖様のパワハラは、自分より育ちのよい女性とか、元教師、元看護士等、社会的に認められた人に対して特に敵対心でもあるかのように、恐怖心や屈辱感を与え、服従することを目的に行われているのだという。

そんなに了見が狭いんじゃ、女性会員は集まりにくいねー。元々居た所がアースハート。日本語に訳すと「地球の心臓?」。そこが社会的な追及を受け解散し、新しくセントマザーを立ち上げた。これは何と言う意味かなー?「おかあさんの中心?」。仏教で言う観音菩薩様を理想としてるのかなー。

それなら、もっと全ての人に優しくしないと。後部座席から怒鳴ってる光景を想像すると、「この禿げ〜」と秘書に怒鳴ってた豊田何とかという元議員を連想してしまうよ。でも豊田元議員より、野中邦子教祖様の方が美人に見えるね、写真では。

それからセントマザーの活動に絡み、野中邦子教祖様を信じて集まる会員たちをターゲットに、ジャパン・オアシス蠅遼廣修一代表夫妻が怪しい投資案件をネタに出資を募っているという情報がある。

そのジャパン・オアシスも野中邦子教祖様が陰のオーナーであり実権を握っているそうで、集会で多くの会員を前にして自ら末廣夫妻とジャパン・オアシスを素晴らしいものだと持ち上げて紹介しているそうだ。教祖様が信者に勧めれば、勧誘時の効果は抜群だろう。

ジャパン・オアシスの「JOプレミアム会員申込書」では、会員登録金100万円(一口)を預けると毎月2万円の会員手当(配当金)が2年間も貰えるうえ、2年後に100万円を返還するという元金保証を謳い出資者を募っている。700万円のプレミアム会員は毎月14万円が貰えるということだ。

これって金融庁の届出とか大丈夫?元金保証を謳って多額の現金を集めているけど当局に叱られない?まさか金を出した会員に金銭消費貸借契約をさせて・・・あれ?何だか稀代の詐欺師蟠サ紂山本一郎の会員申込書に似ているよ!?

それに末廣修一氏が集金した金は、還流して野中邦子教祖様に渡っているというが、税務署に隠さず申告しているのかな?なんせ野中邦子教祖様はアースハート時代に30億の所得隠しの「前」があるからね〜。

以前に増してセントマザーの会員に対する野中邦子教祖様の影響力は絶大で、野中邦子教祖様が集会に参加すれば、会員のモチベーションが高まり、会員が新たな会員を生む(勧誘する)というマルチ商法的に広がっていく状況にあるそうで、東京を中心に関東での勢力拡大を計画中だとか。

だけど東京には出て来ん方がいいよ。必ず後悔すると思う。パイが大きいから、信者(会員)を増やせるとの思いからの進出とは思うけど、似たような胡散臭い集団は幾らでもあるし、貴方のような仕事ができて金を持ってる女性をターゲットにしている詐欺師が東京には山のように居て、鵜の目鷹の目で狙うからね。

「コマシのマコちゃん(80歳)」知ってる?あなたが進出したら直ぐに現れると思うよ。あの大川京子さんでさえ落とされたんだから。それに東京には天下の警視庁もあるよ。山口組が長く箱根の山を超えれなかったのは、東京のヤクザが強かったのではない。警視庁があるから、と言うのは、定説だよ。

その暗黙の了解が破られたから暴対法ができたと言う人もいるよ。なんせ東京は人も多いけど、全ての行政の本部がある所だからね。よく田舎から次のステップを目指して東京に出て来る人もいるけど、ケツの毛羽まで抜かれて、里帰りする人も多い。若い時から上京すれば、東京の空気にも慣れるだろうが、熟熟女ぐらいからの上京は、カモになる可能性も高いカモよ。

だけど、名前は何でもいいけど、病弱な人や精神的に弱ってる人に、ハンドパワーとか、マインドパワー、とか言って、さらに精神的に追い込んで金を集めるビジネスは良くないね。本当にハンドパワーに念力があると信じているなら、体の弱った人の家族などを相手にせず、堂々と健康な人を相手に、テレビででも、ユーチューブでも出て、セントマザーの「手かざし」の威力を見せつければいいではないか?

なんで、被害者集団訴訟が起きてるの?先ずはそこを解決してから、東京進出した方がいいと思います。老婆心ながら野中邦子さんに一言申し上げます。文責・白倉康夫。

被害者の解約資料(クリック)


JOプレミアム会員申込書(クリック)


緊急速報!!「竹中工務店が談合で受注は予め決まっていた!京都駅前・崇仁同和地区への京都市立芸術大学の建設工事入札・水面下での根回し」
緊急速報!!
「竹中工務店が談合で受注は予め決まっていた!
京都駅前・崇仁同和地区への京都市立芸術大学の建設工事入札・水面下での根回し」


投稿者=京都の見張り番

京都市=入札結果公表できず随意契約名目での発表も検討

不正は水面下の根回しで行われる。談合は不正かつ違法な行為である。しかも住民を度外視して行われたことに筆者は怒りを覚えている。再三、掲載させていただいた「京都市立芸術大学の移転建設工事などの入札」において、9月3日に入札結果と開札結果が公表されなかった理由が判明した。

本誌の報道どおり、落札は「竹中工務店」という結果発表が予定されていた。
しかし、それが発表できずに宙ぶらりんの状態になったままなのは、京都市の調査不足が露呈し入札結果発表ができなくなったからだ。

理由は3点。
京都市の公式メンバー「崇仁自治連合会会長・奥田正治氏」が、広域指定暴力団の企業舎弟であることを隠していたこと。
「全国自由同和会 京都府連合会会長・上田藤兵衛氏」は元広域指定暴力団員で殺人の前科があり、現在、暴力団山口組から命を狙われていること。
その彼らと結託した竹中工務店が他のゼネコンに「崇仁地区はややこしい同和地区だが、弊社ならまとまめられるので、他の仕事を回すから…」などと説得して、談合を成立させ、京都市から受注する予定だったことが露見したこと。

談合=水面下の概要

情報元は川村眞吾郎(崇仁・協議会会長)。談合の概要と内実を地元の同和解放団体「崇仁・協議会会長、川村眞吾郎氏が把握し、判明したので緊急速報として、以下、発信します。
(川村:複数のスーパー・ゼネコン社員とOBの方々、現職の京都市役所職員、京都市の公共事業入札関連担当OBの方々、数人の京都市会議員からの情報でヒットしました。)

川村:「8月31日〜9月2日の入札で、竹中工務店が受注予定だったが事前に情報が露呈して入札は不調(不成立)として公表できなくなった。暴力団との関係も露呈で発表できなくなり、現在、京都市は、あろうことか再入札せずに【随意契約で竹中工務店に決定】と発表するための理由説明を考えている。という情報をもつかんでいます。

更に驚いたことに隣接地の元消費者金融最大手・武富士がかつて所有していた『材木町の土地』もセットという。これは竹中工務店と三菱地所のジョイントだということです。
市長の発言では『材木町の土地に五つ星ホテルを誘致し、崇仁地区の開発が念願であると門川大作・京都市長本人が発言している』と市職員が証言しています」

筆者:竹中工務店と上田藤兵衛との関係はどこから始まったのですか?

川村:「談合の流れはこうです。この材木町の土地の一部で上田藤兵衛氏が自分の会社で工事を受注していた。竹中工務店と三菱地所は材木町の土地を五つ星ホテル建設用に狙っていた。かねてから上田氏とパイプをもっていた竹中工務店の役員が、『上田藤兵衛氏に材木町の土地と、京都市立芸術大学の建設の受注の水面下での根回しを依頼した』という流れです。

竹中工務店との間で成功報酬と仕事の受注などの約束を交わした上田藤兵衛氏は、京都市の公式メンバーである『崇仁自治連合会会長・奥田正治氏』に話を持ちかけたようです」

筆者:上田が竹中工務店と奥田との間を取り持った、ということですね。

川村:「そういう流れです。奥田正治氏は広域指定暴力団・会津小鉄会の企業舎弟であり、上田藤兵衛氏も元々は会津小鉄会の組員であり、現在でも関係が続いている。門川市長は自らの名誉欲に目が眩んでコンプライアンスの抜け道を模索している始末です。これは官製談合であり、不正で違法である以前に崇仁地区の住民を無視した許されざる行為であります。私、崇仁・協議会会長、川村眞吾郎は命懸けで、この官製談合を白日のもとに明らかにし、糾弾する所存であります」

筆者:京都市に「何故、京都市立芸術大学の入札が不成立になった理由」を問うても、明確な回答が出てこなかった理由が、これで分かりました。これは市政の市民への裏切り行為です。「京都の見張り番」として、京都府警にも協力を仰ぎ、川村氏と『竹中工務店の談合疑惑』をこれからも徹底的に追求していきます。


談合?三菱地所会長らと駅前開発の懇談(2018.12月)


門川大作京都市長のFacebook(クリック)
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>