地面師による巨額詐欺事件とモラルハザード
地面師による巨額詐欺事件とモラルハザード

とにかく警察力が落ちた。犯罪者に対する人権意識が強いのか、プライバシーの保護ばかり優先し過ぎなのかわからぬが、犯罪者に振り回される状況が目立つのである。

五反田の土地を地面師に乗っ取られ、積水ハウスが55億円騙し取られた事件では、主犯とその周辺者は、1年前から特定され、名指しされていた。

結局は、犯人たちみんなが「騙された」とか、「本当の話だと思っていた」とかいう嘘に振り回されることと、犯罪構成要件が一部でも足りないと「犯罪が成立しない」という法律の欠陥を見抜いている犯罪常習者の方が優れているということである。

成り済ましの婆であろうが、その依頼者であろうが、書類偽造者であろうが、一つ一つ罪の罰則を重くしないから、舐められるのである。

フィリピンに逃げた小山が逮捕を覚悟して、下町辺りのクラブで豪遊してるという噂は1年前からあった。なんで逮捕直前になって、海外に逃がしてしまうのか?

逮捕の可能性があれば事前に海外への航行に制限を掛けて、空港に現れたら通報するようにできなかったのかね?国内ならともかく、海外ならそれぞれ事情も違うので、また面倒である。

主犯が居なければ、またそれぞれがいい加減な主張をして、犯罪がぐずぐずになってしまう可能性もある。今回の犯罪では、積水に信用を与えた役目で一枚加わった小林興毅氏は逮捕されていない。

積水側にも不自然な動きはある。「この取引の所有者は偽物である」という通報を受けながら、一向に耳を傾けなかったというし、成り済ましの婆が干支を間違えたのに、疑わなかったともいう(ボケたと思ったのか)。

それに、金を振り込むのに十何口にも分けて送金している。2、3口ならわかるが、十何口にも分けて送るという、不自然さである。

積水の中に、「引き込み役」とか「密偵」とか「バックマージン受益者」とかいるんじゃないかと、疑ってしまうような、取引に見えて仕方がないのである。

とにかく警察には、国民がスカッとするような、取り調べをしてほしい。そして金は全額回収。使った金であっても、民事で訴えても回収すべきである。

とにかく犯人たちに「やり得、逃げ得」をさせないことである。兎に角、とことん追い詰める。小林興毅氏を初め、一人でも欠けたらこの犯罪は成立しなかった筈である。というのであれば、その全ての者たちに犯罪の責任はある筈である。

「部屋を貸しただけ」、「紹介しただけ」と言って逃げる者もいるだろう。そしてそのことで金を貰っていても、通常の謝礼の範囲内とか、いうんだろうなー。

詐欺犯罪の広告塔になって貰う謝礼を、事件が発覚した後で、あくまでも広告の謝礼であって、内容は全く知らなかったと逃げる有名人は多い。詐欺は人間として最も恥ずかしい犯罪の一つである。

日本人も社会道徳観念の常識がなくなったなー。
 
蔓延る嘘偽りと厚顔無恥な大人たち
蔓延る嘘偽りと厚顔無恥な大人たち

加計学園の理事長は何で今頃、季節外れの記者会見をしたのだろう?タイミングを外したから、もう大丈夫と思ったのだろうか?愛媛県議会から説明責任を果たすように求められていたから、形だけの会見を開いたのだろうか?それでも、記者たちを選んだ会見だったようである。

結局、矛盾だらけの会見だから、綻びが出ただけで、記者を納得させることはできなかったようで、再度記者会見を開くようである。本当に再度開けるだろうか?知り合いだけの記者会見を開いたところで、何度開いても同じであろう。記者の後ろには何百万人という県民、国民が聞いているわけだから、その場で繕った話をしても、直ぐに見抜かれるのである。

対外的に何かをする場合、必ず相手が存在する。契約なんかの場合、どんなに嘘を言っても、必ずバレるものである。利害が一致してる間は隠し通せるが、利害が壊れた瞬間から、すぐに表沙汰になる。総理大臣の友人だから、今はチヤホヤされるだろうが、総理大臣も永遠ではない。

あの会見を見たら、日大の田中理事長は益々、会見を開く気持ちは失せるだろう。「結局は何を言っても、理解してもらえない。恥さらしにされるだけだ」と。しかし、それは違う。真実を語り、心から間違いを詫び謝罪すれば、その誠意はテレビの向こうの国民に通じ、理解してもらえるはずである。自分が弁解(嘘)を言おうと考えてるから、表に出れないだけである。

記者から、いくら突っ込まれた質問をされても、正々堂々と潔く真実を答えればいい。それができないと分かっているから、出てこれないのではないか?と国民の大多数は思っている。そう思われてるにも拘らず、出て来ないというのは、卑怯千万以外の何物でもない。

自分個人の恥なら構わないが、日大理事長の恥であるなら、教職員の恥でもあろう。そのトップとして恥ずかしくないのか?教職員もOB日大マンも立ち上がるべきである。今回に限っては、有耶無耶では収まらないだろう。JOCの副会長職は、いつの間にか辞めて、事なきを得たが、日大理事長職は隠れて辞めれるものではない。
一葉落ちて天下の秋を知る
一葉落ちて天下の秋を知る

加計学園の理事長が会見に臨んだので、いよいよ会見を開かないのは日大の田中英壽理事長だけになった。後ろ盾と言うことで言えば、総理大臣が付いてる加計学園の方が、上であろうが、学校法人の格から言えば、日大の方が100倍上である。

加計学園の場合、嘘がばれたり、総理が変わったりすれば、余力がないために、あっという間に崩壊するだろう。また崩壊しても、あまり社会に影響は与えまい。

それに比べて日大の場合は、体力もあるし、崩壊はしない。田中一派の悪事が表面化するだけである。独裁政権が長く続いた分、しばらく混乱は続くだろう。

それとスポーツが当分弱くなると思う。今は、最優先に金でいい選手を集めている(反面、スポーツで金を儲けている者がいる)が、そういう闇に光が当たり出せば、裏取引ができなくなるからである。

ところで、今人気絶好中の林修氏がテレビで、「裏入学は違反ではない」という自説を説いていたが、あれは学校が理事会で認め、点数が足りない分を寄付で補うという了承の下の裏入学を差す場合であって、弊紙が日大問題で取り上げてる裏入学とは根本的に内容が違うものである。

弊紙が日大で取り上げてる裏入学は、あくまで入学者の親から受け取った謝礼を、口を利いた教職員が個人的に懐に入れてしまったという場合の裏入学を指しているのである。

例えば井ノ口忠男元理事などは、それが表に出た実例である。本来なら、事業部の責任者になれる資格などなかったはずである。しかも最終的には理事にまでなった。理事長夫妻の鶴の一声である。その責任を誰も追及しないし、理事長自身も知らんぷりである。

今の時代は潔く責任を取ることよりも、頬かむりを決め込んで、時の経過を待って社会が忘れるのを待つのが利口者の手口のようである。

野党が寄って集っても崩せなかった加計学園の不正問題だったが、確実に「野党力」が弱っているのも事実である。一方日大問題では、その野党さえ取り上げなかった。

本来は監督官庁の文科省やスポーツ庁がもう少し出張って、指導すべきなのに、何だかね〜。国税が事業部を洗う結果を待つしかないのかね〜。秋の実りの季節だし、もうそろそろ、顔出し名前出しの実名告発があってもいい時期だけどね。
【投書】10「太陽から暴力団の資金を生み出す旭電業(株)と蝪腺咤法代表取締役である元暴力団員.駒井裕(旧姓今井)との契約はコンプライアンスに抵触」・その10
【投書】
「太陽から暴力団の資金を生み出す旭電業(株)と
蝪腺咤法代表取締役である元暴力団員.駒井裕(旧姓今井)
との契約はコンプライアンスに抵触」・その10


敬天ブログ追撃の形で、敬天新聞紙面に大々的に掲載し、追い討ちした結果、多数の秘匿情報が洩れだしている。良識のある関係者が、相次いで口を開き始めたようである。その中には旭電業(株)内部社員、現地の町行政関係者、同町議員らからの情報もあり、敬天新聞社には問い合わせや情報提供が殺到していることだろう。余談ではあるが、駒井裕と御同業の、暴力団関係者まで情報を寄せているというから、旭電業の松岡社長も気が気でない様子だ。

★旭電業(株)からの内部告発

旭電業(株)の現役社員はいう。

「会社内は空気が張りつめてピリピリしています。松岡社長は幹部社員に『臭い物には全て蓋をしろ!駒井が暴力団員であろうが、ネットのブログで騒がれようが、地元が何を言おうが、無視しろ!和歌山県すさみ町も全て無視して続行しろ、特に岡山県美咲町は社運がかかってるのは分かっているな!』と恐ろしい剣幕で怒鳴っています」(現役社員)

旭電業の松岡社長が語気を荒げ、社内に沈黙を強制しているというのである。

この社員によれば、元の道に戻ってやり直せない理由のひとつには、大きな利益とプラスしてこの松岡社長という人物の品格によるという。


★岡山県美咲町の太陽光事業は20年間で200億の売り上げ、経費は80億、粗利で120億が旭電業(株)に

松岡社長をギリギリまで追いつめている事情を検証してみよう。

先ずは利益である。和歌山県すさみ町の大規模太陽光発電は、政府買電価格で、旭電業(株)が大儲けできる価格になっている。

「ガッポリ儲かる買電価格なんです。事情がどうあれ、これを手放す事はできないだろうと思います」(前出社員)

更に、この社員によると

「岡山県美咲町は、和歌山県すさみ町の利益どころではない。すさみ町の3倍の儲けがある。和歌山県すさみ町の住民が騒ごうが、駒井裕が元暴力団員だろうが、行くところまで行く。違法だろうが何だろうが『見ざる聞かざる言わざる』で、松岡社長は儲けにしがみつき執念で目がギラついています」

社長の歯ぎしりが聞こえてきそうな証言である。

事業の資金分配の概要を見てみれば理解できる。20年契約の売り上げが約200億円。総工費(*注・地上げに元暴力団員の駒井裕や、駒井の地上げを手伝う暴力団関係者に渡す金と、土地の買収費など)が約80億円。差し引きで旭電業(株)の粗利は120億円もの規模になるのである。

それにしても「社運を賭けて、何が何でもやれ!臭い物には蓋をしろ!」とは、やりすぎではなかろうか?社長といえども、違法行為や法令遵守(コンプライアンス)抵触行為で社員の手も人生も汚す権利はない。

違法行為黙認を知った社内は戸惑い、真っ当な社員は苦悩する。しかし、旭電業(株)の松岡社長が選んだのは、自社の契約書に掲げたコンプライアンス違反の道。

その先の暴力団への資金提供、犯罪協力へと続く「奥の裏道」だった。社員に対して社会の裏街道に進め、沈黙しろという強制は、その決意表明であるとコンプライアンスの専門家は憤慨する。

「表社会に戻れなくともいいという社長の虚勢に乗って社内は無法地帯に踏み込んだ、その空気の重圧を身に染みて感じます」(前出社員)

社長に反発し、その共犯者であることに拒絶反応を見せた社員もいたのである。


★買電価格が下がる恐怖に「何が何でも」=旭電業の本音

松岡社長の焦燥は半端ではない。今更ヤクザ企業の(株)ASKを外して、仕切り直しできない切羽詰まった事情があるのである。

前出の社員が証言する。

「現在、買電価格が40円で監督官庁へ申請が通って(*受理されて)います。2年以内に買電を開始しないと期限切れとなって、買電価格が40円から18円になります。だから松岡社長が『社運を賭けてやれ!臭い物には蓋をしろ!』と血眼になって幹部に命令しているんです」

つまり、旭電業(株)のこの事業は、監督官庁が買電価格を引き下げる改正前に申請を受理されていて、この時点での買電価格であれば大きな利益が上がる。しかし、現段階の買電価格は18円。受理された時の買電価格40円と比べると半値以下になる。つまり申請から仕切り直した場合、利益は半値以下になってしまう。そのことへの恐怖心が松岡社長の背中には張り付いているのだ。虚勢の裏には焦燥と恐怖心があり、小心者には耐えられないのであろう。

事業を清浄な形で仕切りなおせば、元暴力団員・駒井裕が代表取締役の暴力団フロント企業である(株)ASKを外せる。しかし、その上で再申請して事業を進めても、全く利益の出ない事業になってしまう。太陽光に詳しい専門家は言う。

「だから松岡社長は、会社存亡の危機と叫んでいるのでしょう。再申請で仕切り直せば会社は破綻するという事への恐怖だと理解しています」(太陽光発電の専門家)

松岡社長だけでは無い。和歌山県すさみ町、岡山県美咲町の、この太陽光事業推進派は、是が非でもこの事業を貫こうとし、品位をかなぐり捨ててしがみついているのである。


★賄賂・接待攻勢で多数の社員と役員クラスが・・・旭電業蠅隆挈

内部告発をしてきた社員からの情報によると、執行役員の片岡俊治以外にも、駒井から賄賂を受け取っている者が複数存在し、それが表面化することを恐れている。

既に松岡社長は収賄の社員を掌握している様子だ。しかし、社内の不正の一掃より、今は利益が優先で他は二の次三の次らしい。

「社長は何が何でも和歌山県すさみ町の太陽光事業を維持したい。さらに40円で申請受理済みの岡山県美咲町の太陽光事業を進めろと幹部社員に命令している。社員の収賄や駒井裕ら暴力団関係者を使った強引な地上げや、元暴力団員、駒井裕が代表取締役である(株)ASKと契約まで交わしているコンプラ違反などは見て見ぬふりです。」(社員)

繰り返しになるが(*その6、その7参照)(株)ASKとの契約は、旭電業(株)作成の契約書第11条で詳細に書かれたコンプライアンス(法令遵守)に完全に抵触している。松岡社長=旭電業(株)は自ら作成した契約書に違反し頬被りしているのだ。

蝪腺咤法Χ隶耆気寮楝垤鏡は片岡俊治執行役員を暴力団お得意の「酒、女、金」が絡む賄賂手法で畳みかけて落とした。この責任執行役員を皮切りに、岡山県美咲町の太陽光事業予定地の地上げを自由に操るために駒井は社員、役員へと賄賂攻勢で影響力を強め、会社から高額の地上げ資金を払わせる関係を構築した。おまけに、社員から買電価格が下がる前に申請が受理されないと買電価格が半値以下になると聞き出すや、「しめた! ええ話を聞いたわ」と旭電業から金をむしり取る材料が増えたことに狂喜したという。

「期限付きの申請受理の情報が入った後、駒井は弊社の社員に『地主さんが、なかなか了承してくれまへんねん。旭電業さん、地上げ資金を上げてくれんと事業できまへんで』とネチネチ増額を強要しました」(社員)

社員が資金増額を渋ると「賄賂(金)や女のこと(接待)を世間に言うでえ」と駒井はささやいたという。「旭電業は絶対に俺を切られへんねや」と駒井が豪語した自信の根拠はここにある。地上げが遅れた場合、旭電業蠅砲脇┐夏擦ない、過剰な接待を受けた社員には立つ瀬さえないのである。

この接待と脅しの飴と鞭のおかげで、「引き返せなくなった社員が徐々に増えていった」と、真っ当な現役社員は嘆く。駒井の脅しはシンプルでチープだが、この戦略は元奈良県生駒市会議員のSのアドバイスや、Sの友人から唆されたのであろうと事情を知る関係者の証言がこれらの経緯と附合する。

社員は続ける。

「おかげで地上げ資金は膨れ上がり、多額の地上げ資金が弊社から駒井の会社につぎ込まれ、巻き上げられました。弊社社長は政府買電価格が下がる前に事業申請が出来る土地を探して血眼で焦っていました。買電価格が下がる前に事業申請が受理されるスピードと目先の利益の皮算用に目がくらんでしまった。駒井裕が元暴力団員で、その周辺の人脈もすべて暴力団関係者と認識しながら、コンプライアンスもかなぐり捨てて利益に飛びついたんです。

会社と社員にとって「地獄の一丁目」とはこのような事態を指すのだろう。

続く。
 
【投書】破産した郷鉄工所大口債権者・朝倉応水(株式会社充雲)による会社財産ネコババ疑惑!
【投書】破産した郷鉄工所
大口債権者・朝倉応水(株式会社充雲)
による会社財産ネコババ疑惑!


投書(click!)


資料´蟒識澄ε亠簿

資料↓螢潺蹈リース・登記簿


資料アイデータ蝓ε亠簿
輪島大士さんとの思い出
輪島大士さんとの思い出

輪島さんが亡くなったそうだ。輪島さんが相撲協会を辞めざるを得なくなったのは、親方株を担保にして金を借りたからと、書いてあった。その株を担保に金を貸したのは新宿二丁目に住むYさんだった。

Yさんが何屋さんだったかよく知らないが、とにかく金を持っていた。不思議なのは、大金持ちなのに、奥さんが見事にブスだった。それに性格が悪い。近づく者に誰彼となく嫌みを言うような人だった。

奥さんの隙を見て、面倒見てたバーのママがいたが、飲みにも行かないのに、我々に「そこに行って好きなだけ飲んで帰れ」と言って、100万円を渡し、それを全部置いて来いという。今思えば、あのブスで性悪な奥さんは、金のあるYさんに、金食い虫が近づかないような役目を担っていたのかもしれない。

ある日大阪まで付いて行ってくれと言われたので、同行することにしたら、輪島さんの借金払いの使いだった。大きな紙袋に現金が山盛り入って、安藤昇先生のたった一人の兄弟分と言われた加納貢さんの舎弟分だった石田さんが、輪島さんに金を貸したヤクザに支払いに行くのに、同行する役だった。

大阪のホテルのロビーで会った。相手も数人居た。相手の親分と石田さんが話をする。相手は元金プラス利息分を要求する。石田さんは、現金を見せながら出きるだけ値引きの交渉をする。なかなか話が進まない。私と輪島さんはやきもきしながら、一進一退を見守る緊張の一瞬である。

その時である、石田さんが傍に置いてあったカバンの中に手を入れて、何かを探し出した。相手も突然の石田さんの行為に一瞬のけ反った。早まるな、と思った瞬間、石田さんはカバンの中から「鳩サブレ」を取りだして口の中に入れたのである。

実は石田さんは低血糖の症状があって、常時何か甘いものを常備して居て、時や場所に関係なく口に入れないと倒れる状態だったそうである。その時は、そのことを知らないから、トイレに行く振りをして、輪島さんと大笑いをした思い出がある。結局、紙袋の現金は相手に渡してきたので、話が付いたのであろう。

当然、借金はこれだけではなかった。Yさんの事務所には、何本もの輪島さんの化粧まわしとかもあった。Yさんの目的は花籠名跡を輪島さんから買って、それを部屋力士であった花の湖(確か秋田県出身だった)に持たせ、花籠を継がせ、自身の娘と一緒にさせるつもりだった。

最初は花の湖も受けることに満更でもなかったが、その娘が女相撲取りのような巨体で、おまけに母親以上のブ—で、流石に逃げ回って話が壊れた。斯くしてYさんの花籠部屋のオーナーになる夢は露と消えたのである。

相撲取り以外が親方株を持っても何の意味もなく、使い道もないので、その後誰が買ったかは失念した。それから何年か後、アメフト部の篠竹監督に輪島氏を紹介し、輪島氏を篠竹監督が就職情報の社長に頼んで、アメフト部の総監督にしたのである。

アメフトのことは全くの素人だったが、人寄せパンダとしては貢献した筈である。明るい人だった。一年ぐらい前、新橋であったのが最後だった。
【投書】足立区住民より

【投書】足立区住民より

敬天新聞社御中

初めてメール差し上げます。新橋駅で時々活動されているのを拝見して、相談したくなりました。

私は●●と申します。東京都足立区に住んでいます。

私の居住地の近くに「激安本舗」というお店がございます。そのお店は自転車置き場がないために道路を自転車置き場にしています。また路側帯に商品を陳列したりスロープを勝手に作ったりしてとにかく通行の邪魔になっております。

その上に近くで再開発の大規模工事を行っているために大型ダンプカーが一日何十台と通行します。前述の自転車が道路に置いてあるために大型ダンプは反対車線をはみ出して通行いたします。私は店舗や工事会社、警察や役所にも苦情を申しています。

もちろんそんな状態ですので苦情は色んなところから入っているそうです。行政は何とかしようと指導をしているようですが店舗側は改善する気がないようです。抗議活動をしたいのですが私にはそのような力がございません。貴社の力で店舗や工事会社に抗議をすることはできないでしょうか?

情報を下記にお知らせいたします。

・「激安本舗北千住店」
〒120-0034 東京都足立区千住1丁目18−12 エルプリムロウズ 1F

千住一丁目地区市街地再開発組合
東京都足立区島根一丁目2番3号
写真を添付いたします。
●●●●





【敬天コメント】

残念ながら、我々にはどうすることもできません。過去に何度かこういう相談を受けて立ちあがったことがありますが、結局は我々が悪者にされてしまいました。しかも近隣住民からも白い目で見られました。

これは警察の管轄です。警察が指導しても従わないのであれば、何らかの処罰に該当すると思いますよ。本気で警察が対応すれば、必ず解決すると思いますよ。

先ずは、貴方の正義感で、公的な所への通報など、できる限りの努力をしてみて下さい。本社の苦情係りに知らせることも、対策になるかもしれません。それらの努力をしたうえで、それでも役所が動かない時は、弊紙でも抗議しましょう。

写真を見る限り、迷惑駐輪は明らかだけど、駐輪してるのは、近所のおばちゃん達だからなー。まー、敷地ギリギリまで商品を置いてるから、この結果を生んでるのだろうけどね。

日大に『金をだまし取られたから返せ裁判』10/3傍聴日記
日大に『金をだまし取られたから返せ裁判』10/3傍聴日記

10月3日の午前11時からあった日大筆頭常務兼理事長代行の石井進氏を被告とする裁判があったので、傍聴に行ってきた。午前中は原告シンセイの金岡氏の証人尋問だった。原告側は弁護士2人、片や被告の日大側は弁護士が7人だった。

簡単にこの話を説明すると、石井常務と、同期の安藤季賢氏が二人でセットになって、金岡氏に日大の校舎建築の下請けに入れるとか、出入り指定業者にするとか、の理由をつけて、金を借りていたが、「一つも仕事を貰えなかったので、貸したか金を早く返して下さい」という民事訴訟である。

ところが、領収書をきっているのが、UN校友会という会社を創っていた安藤氏で、安藤氏の会社は自己破産した。金岡氏は石井常務と安藤氏は2個1(常に二人で一緒に行動していた)だから、石井常務にも責任がある、という言い分のようである。

ところが被告側の戦略なのか、事実なのかわからぬが、安藤氏と石井常務が裁判では意見が異なる立場のようで、この日も安藤氏は証人尋問で裁判所に呼ばれてるにも拘らず、出廷しなかったようである。

石井常務に直接渡した現金もあったようだが、被告側は認めない方針のようである。また金岡氏は安藤氏と3人で何度も石井氏と会ったと証言していたが、石井氏は記憶にないと言ってるようである。

「あなたは金を渡せば、仕事を貰えると思ったから金を渡したと言ってるが、石井先生にそれだけの権限があるのかもわからず、普通は、理事会とかで正規の手続きを経ないと仕事とか取れないのと違いますか?」と、もっともな質問をした被告側弁護士に対して、「日大は田中理事長が決めるんですよ。田中理事長に金を渡せば仕事は幾らでももらえますよ。石井さんたちが田中理事長に渡す金が必要と言ったんですよ」と、これまた至極当然な、業者なら誰でも知ってる回答をしていたのが印象的だった。

仕事をもらう為に渡した裏金(金岡氏は貸した金と主張している)とも思われるために、そうなれば、公序良俗に反することにもなり、金は返さなくていいという判決が出る可能性もあるが、どうやら日大側は万が一に備えて、あくまでも金を借りたのは安藤氏であって、石井氏は金を借りたことは知らなかった作戦で臨んでるような感じに見えた。

事実は本人たちしかわからないことであるが、国から100億も助成金を戴く日本一の私大のナンバー2が、「金をだまし取られたから返せ裁判」の被告で訴えられるというのは、余りにみっともないではないか?この裁判では被告の中のその他で田中理事長も含まれているのである。

原告の言葉の中で、一番印象深かかったのは、「なんで訴えるのが遅かったのか?」と聞かれ、「いろんな弁護士さんに相談に行ったが、相手が日大と言ったら、みんな尻込みして受けてくれなかった」と言っていた。日大の恫喝訴訟は日本一なのである。

それにしても金を引っ張るだけ引っ張って、訴えを起こされたら、自己破産で逃げるのは頂けない。借りた物は返すのが日本文化の考え方。仕事に入れてやるからと言って貰った金であっても、仕事に入れることが出来なかったら、丁重に頭を下げ、貰った金を返すのが、日本文化の考え方。道徳は必ずしも法律と一致するものではない。法律に優先するのが道徳である。
旭電業蠅離瓮ソーラーと蝪腺咤剖隶耆気糧深劼箆
旭電業蠅離瓮ソーラーと蝪腺咤剖隶耆気糧深劼箆

今月号の全面を使って糾弾している駒井という男の通帳には、やはり23億円の出入りがあったそうである。警察や国税もどうやら確認済みのようである。ところで駒井は現在、愛人を連れて外国に旅行中だそうである。

駒井は元暴力団員だったらしいが、今も付き合いがあって、地上げなどについては、現役暴力団との交友を強調したり、実際に使ったりして、今の太陽光発電をスタートさせたらしい。その駒井が現役暴力団に仕送りしてた通帳のコピーが見つかったと、前回の投書に説明があったが、その通帳のコピーが送られてきたので、掲載する。

これで暴力団の周辺者と言うのは間違いないということになる。ただ、通帳を見て驚いたが、10万とか、20万とかの振込額である。振り込み相手が暴力団であれば、金額の大小に拘わらず、関係者と認定されるのは間違いないだろうが、23億も稼いだ男が、それにしても少額な振り込みだから驚いた。おそらく川村会長を騙したのと同様に、世話になった暴力団にも儲けた金額を大幅に嘘を言ってるのであろう。

それにしても旭電業という会社も胡散臭い会社だなー。片岡という執行役員が駒井に毒饅頭を食わされたというような話になってたけど、これだけ騒ぎになってて、会社が知らないわけないんだから、これは社長命令で動いている案件だよ。松岡徹社長もただものではないなー。

ハーレム駒井


預金通帳   click!

預金通帳 ◆click!


旭電業の松岡徹社長


【すさみ町議会】
町有地売却を批判するチラシについて町長に見解を求める大竹議員



チラシの発行人「すさみ町を語る会」を罵る岩田勉町長


町民の疑念を質す立場を忘れ、町有地売却を批判する「すさみ町を語る会」に対し、
「住民訴訟をすればいい!」と感情的な言動を繰り返し、
町長から「僕が言うならわかるけど、貴方が言うことではないだろ」
と叱責される上田順太議員




 
【投書】ゆうこりんが広告塔の螢▲セラ「オートリッチ AutoRich FX」投資案件

【投書】
ゆうこりんが広告塔の螢▲セラ

「オートリッチ AutoRich FX」投資案件

敬天新聞 御中

タレントの小倉優子さんが広告塔を務めておられる、株式会社アクセラによるFX自動売買プログラムレンタルサービスである「オートリッチ AutoRich FX」に関しまして、事前の説明とは異なって、投資金を失うという被害報告が多々上がっております件につきまして、ご意見・ご感想をいただきたくご連絡致しました。
 

小倉優子さんの知名度の甲斐もあり、オートリッチを信用したfx初心者の被害が増えています。これを投資詐欺ですとか、悪徳業者だと糾弾する被害者も増えて来ています。
 

被害について述べた、以下のようなウェブサイトがあります。
 

・オートリッチ 被害者掲示板 NEW 詐欺? 悪徳?(click!)
 

・AutoRich(オートリッチ)FXは詐欺?大丈夫?〜
危険性と評判について(click!)

 

このことについて、小倉優子氏および所属事務所はどう思ってらっしゃるのか、取材していただけないでしょうか。

もう少し詳しくご説明しますと、オートリッチは以下のような宣伝文句で初心者を集めていますが、これは多分に虚偽の情報を含んでおります。


・株式会社アクセラが開発し、5年の研究と改善により、検証の結果、自信を持ってお勧めできるFX自動売買プログラム

 →5年の検証結果はバックテストというシミュレーション結果に過ぎず、実際の運用結果ではないし、そもそも5年前は株式会社アクセラはまだ存在しない。


・5年間で、年間トータルでの負けは無し。2013年1月から2017年12月までの勝率は約95%

→バックテストの結果にすぎず、最適化によってよく見せたシミュレーション結果にすぎない


2018年は一度も負けていない

→2018年7月から毎月2回から3回の損失を出しているにも関わらず、ブローカーによる相対取引が原因として、オートリッチの負けを認めないだけ


・毎日ほぼ3%の利益が得られる

→損失を出すときには、40%や70%の損害を出すことになるが、その説明は一切ない。


・株式投資とちがって、好不調の【波】というものがなく、今日までの利益が同じ水準で今後も続いていき、ずっと変わらず毎日自動で取引を行う。

→上記の通り波があり過ぎ。


・今年の実績でいえば、毎月100%の精度で50%上昇する銘柄を保有してきたのと全く同等の利益率

→損失を出した場合を完全に度外視


・例えば50万円を元手に投資した場合、ほぼひと月の稼働で50万円が稼げて、資産が2倍になる。

→同上


・あのアインシュタインが[人類最大の発明]や[宇宙で最強の力]とまで評した「複利運用」という運用法を選択すれば、なんと5ヶ月で資産が10倍以上に

→複利にした場合は損失も莫大になる


・1回の損失は70pipsに抑えるので安心

→70pipsの損失を被った場合、計算上、投資金の7割が消失するにもかかわらず、安心などとうそぶく


・ハイレバレッジでも投資リスクの増加は無い

→ハイレバレッジにすれば証拠金が少なくて済む分、マイナスを出した場合に預金が飛ぶリスクは上がるのが当然


・100パーセントもうかるとは言えないが、勝率は95パーセント

→バックテストの結果に過ぎず実際の運用結果ではない


・1ヶ月たった5万円のシステム利用料しかかからない

→一年で60万円にもなるEAは異常。EAの販売サイトで購入しても、5万円あれば十分。


以上、よろしくお願い申し上げます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【敬天コメント】
内容もわからんので意見を聞かれても答えようもないが、だいたい投資をするのに、「自動売買」に任せて買って、勝率が9割以上を維持するという話に乗る奴がバカだね。

一時的にやら、たまに勝率が上がることもあろうが、トータルでみんなが5割以上になることは理屈的に成り立たない。冷静に考えれば、猿でもわかる理屈だが、口の上手い者の前では、ついつい期待してしまうんだろうなー。

あのねー、芸能人でも売れてる人は、仕事を選ぶけど、売れてない人は、何でも受けるのよ。特に報酬が高ければ魂まで売ることもあるわけ。本人よりも事務所の責任の方が強いかも。

それにタレントに倫理観を求めても無理。お仕事として受けただけ。このタレントが可愛いからと、投資した奴はバカ。倫理観を求めるのは、高い地位にある人に対してと、相手を批判する時のトークに過ぎません。

今回の投書について答えるとしたら、「こんな嘘話に乗る奴はバカ。こんな嘘話を尤もらしくする奴は詐欺師。従ってこれは虚偽説明型投資詐欺」ですね。こんなんで如何でしょうか?


 

LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>