【投書】北里大学医学部職員より
【投書】北里大学医学部職員より

投書(画像クリック)

【敬天コメント】
別に北里大学の不正だけを暴いているわけではない。不正があれば、聖域を作らず、何処でも暴くというのが、当紙の姿勢です。

この岩本孝一という事務長も責任感のない奴だなー。鎌倉であろうが、熱海であろうが、取りあえず守衛に指示を出し、すぐさま駆けつけるのが責任者としての役目だろう。

駆けつけたにも拘らず、「糞の役にも立たない」と嫌味を言われた女性が気の毒である。どんな医薬品が保管されているかわからないために、初期消火で1時間も何もなす術がなかったというのも、学校の責任だろう。

沈下までに3時間半もかかったのは、人災である。その後の事務長の言葉が不謹慎だね。「中途半端に燃えたのでは保険が下りないので、このくらい燃えてよかった」だと?。この男は懲戒解雇処分にすべきである。

まったく北里大学の医学部事務長に相応しくない。と思いました。
北朝鮮に翻弄される韓国政府と平昌冬季五輪
北朝鮮に翻弄される韓国政府と平昌冬季五輪

北朝鮮の政治的参加で、スポーツとしてのオリンピックの影が薄くなってしまった。会場も盤石の態勢ではなさそうだし、選手はつらい環境での出場を強いられているようである。

北朝鮮の政治的背景ばかり強調するせいなのか、肝心のオリンピックが今一盛り上がりに欠ける。誰か金メダルを取ってくれると一気に盛り上がるのだろうが、今のところ銀メダル止まりである。

文政権も北朝鮮の政治的参加にばかり気を配って、肝心のオリンピックに対する配慮が足りな過ぎるように見える。今回はIOCの会長まで、オリンピック終了後に北朝鮮に出向くそうである。

スポーツが政治をも動かす力があるのも事実だが、現実はスポーツが政治に翻弄される場合が断トツに多い。今回もオリンピックとは直接関係ない、政治色の強い音楽団とか喜び組的応援団とかが中心であって、しかも選手は緊急に出場させた俄か選手ばかりで、その枠は韓国選手の枠を奪ったものである。

その日を目指して練習してきた韓国選手が可哀想である。オリンピックが終われば、いそいそと韓国の大統領は、北朝鮮へ出かけることだろう。

北朝鮮は、あそこまで成功している核開発を、韓国の大統領が来訪したぐらいで止めるわけがない。時間延ばしや、日米韓の亀裂、国連決議の無効化、統一をエサにした援助等が目的であろう。

文大統領は、歴史に名を残す大統領という言葉に、目が眩んで物が見えなくなっているのではないか?おそらく世界中に大恥を掻くことだろう。

しかし、祖国統一という言葉にはそのくらいの重み(夢)があるということである。それは当事者でなければ、理解できない苦悩であろう。

よくよく考えれば分断と言うのは、時のリーダーたちの考え方の相違であって、他国のせいにするものではない。国民はその時々のリーダーに翻弄され、振り回され、犠牲にされるのである。

国民を納得させ意見を纏めるために、外国に敵を作り、その悪事を強調する手法と言うのは、昔から使われる手法ではあるが、先進国では多種多様な考えが尊重される時代である。

戦うこともリーダーの選択。戦わないこともリーダーの選択。韓国が日本より北朝鮮を大事にするのは、身内であるのだから当然である。しかも家族を大事にすることを第一義としている儒教を大切にする国である。

どちらの国が主導権を取って統一するのかわからぬが、誰がリーダーになるのかによって、その国の主体性が変わることだろう。ただ今の北朝鮮は、人権無視の人攫い国家であること、金体制に従わない者を法も駆使しないで殺してしまう人治独裁国家であること、偽札や覚せい剤を国を挙げて製造する国際法を無視する犯罪国家であることを、韓国の文大統領がどこまで理解しているかである。

それよりも、統一に拘るというのであれば、距離を置いて、日本はその後を見据えて、その後に備えていくしかあるまい。とオリンピックを見ながら考えた次第である。フレー、フレー、ニーッポン。フレ、フレ、日本。フレ、フレ、日本。
変貌を遂げる『貨幣』の価値観
変貌を遂げる『貨幣』の価値観

仮想通貨580億円を盗まれたとかいうコインチェックの若いあんちゃんの社長の口座に480億円も預金があったとニュース記事に書いてあったが、だいたい盗まれた580億円というのは、日本円の580億円なの?そのおもちゃのお金の単位の「億円」なの?単位が全然わから無いから、今一理解ができない。

例えばちゃんとしたお金であっても、韓国のウォンの場合、100億円は日本円に換算すると約10億円であるとか。他人から預かった金を、日本円の価値の580億円を盗まれるというなら、管理がいい加減であると言わざるを得ないだろう。

それに、何時から始めた仕事か知らぬが、この若いあんちゃん社長の口座に480億円の預金があったというが、日本円の単位の480億かね?会社の口座なのか、個人の口座なのかにもよるが、真面な仕事をしてるとか、とても思えんねー。

今回の騒動で初めて知ったが、この仮想通貨と言うのが、若者に相当流行ってるらしい。どこかの記事に書いてあったが、仮想通貨ではなく、「架空通貨」とか、「先物投資通貨」とかに、呼び名を変えた方がいいと思う。

それに今は、流行りを読むのに長けた詐欺師が、こぞって通貨名の付いた詐欺をビジネスにしている。財務省が気合を入れて、しっかり調査するといってるが、厳しく臨んでほしい。

それと毎回言ってることだが、罰則をとにかく厳しくしないと、犯罪はなくならない。それと並行して、不正に儲けた金は、時効なしで没収という法律を作らないと、逮捕される時に必ず隠していくのである。または知人に預けていくのである。これは犯人隠匿が犯罪になるのと同じように、預かった者も犯罪金隠匿という罪で逮捕できるようにすればいい。

犯罪は常に金と結びついている。金を得るために犯罪を犯すのである。そうであれば犯罪にだけ罰を与えても半分の効果しかなかろう。その犯罪で得た金も没収すべきである。売春と万引きとかの軽犯罪を言っているのではない。大掛かりな特殊詐欺を言っているのである。

全体的な犯罪は減少傾向にあるらしいが、詐欺犯罪だけは右肩上がりで増えているそうである。それだけ詐欺犯罪は、儲けが大きい割には罰則が軽いと認識されてる証明であろう。何よりも怖いのは、若者の罪の意識のない特殊詐欺である。それもお爺さん、お婆さんからの詐欺である。老後の為にために貯めていた資金の全てを騙し取るのである。こういうのは詐欺罪にプラスして、「老後資金強奪罪(10年以上の刑)」を追加すべきである。

ところで、パソコンで記事を書いてると、maneoの「やってみなわからん。やったことしかのこらん。運用利回り(年利)5〜8%」という広告が勝手に出て来るのが不思議でならない。また、鎌田和彦の記事を書いてると、勝手にオープンハウスの広告が出てくるのである。鎌田がオープンハウスの副社長だからかなー?おもしろいねー。
新知事が推進する時代錯誤な茨城県政
新知事が推進する時代錯誤な茨城県政

茨城県政が様変わりしていると噂になっている。前県知事の橋本氏は基本的には県主催の会合をできるだけオープンにして、開かれた県庁を売りにしてきたそうである。

ところが新県知事である大井川和彦知事は、「出席者には本音で語って頂きたい」ということで、「原則非公開」の方針を打ち出したそうである。

確かに記者や市民を入れると、本音で語れない部分もあろう。しかし、そういう会議に出席するような人達と言うのは、ある程度選ばれた人達だろうし、またはその地域を代表した人達であろう。

そんな人達が人前で言えないような意見というのは、差別発言か個別非難的な意見ぐらいしかないだろう。重大な内容であるなら非公開も理解できるが、公的な業務が殆どである行政が、「原則非公開」は、時代に逆行も甚だしい勘違いであると言わざるを得まい。

例えば「生活保護家庭の実情を名指しで個々に説明をする会議」とか、プライバシーを配慮しなければならないような特殊な会議なら、非公開は当たり前である。そういうことを言っているのではない。

初年度から存在感を見せたいという気持ちはわかるが、少なくとも1年間ぐらいはかけて引き継ぎをしないと、あまりに急激な改革は、役所の人達を困らせるだけだろう。

そのドサクサに勢力を伸ばしたい『どん栗の背比べ県議』が何人かいる。それらのことを県民は「山口小武平(こぶへい)」と揶揄して呼ぶのだそうである。

県議を50年も務め、茨城県政の黒幕と言われた山口武平氏(自民党県議団の最高顧問で96歳で存命)にあやかりたい者たちだそうである。

当紙で疑惑記事(1億円を知り合いの福祉法人に県から出させ、私的に流用)を書いてる飯塚秋男県議も小武平の一人だろうし、知事選前に自民党県議に50万円づつ配ったと言われている幹事長の田山東湖県議も小武平を目指してる一人である。

田山東湖県議は大洗から北海道の苫小牧まで運航しているサンフラワー号(三井商船)の停泊中の掃除の権利を持っているらしい。また政調会長の常井洋治県議は、友部の幼稚園理事長をしているらしいが自己破産者でもあるらしい。今もかどうかはわからない。

長崎県の県議にもいたが、自己破産をしてる者が、県議に立候補していいのかね。自己破産したということは、他人に迷惑(全ての借金がチャラ)をかけたということだろう?

法的なことは知らないが、道徳的には、なんだかなー?と言う感じはあるね。それが今茨城県の副議長か?これも、なんだかなー?錦戸(水戸泉)部屋に初の関取(モンゴル出身・日大出)が出たという話は目出度い話だけどね。
凄腕の女地上げ師(68)村上ファンドとPAG
凄腕の女地上げ師(68)村上ファンドとPAG

村上ファンドの村上世彰氏の有名なセリフに「金を儲けて何が悪いんですか?」というのがある。勿論悪くない。貧乏人の僻みである。そして儲けに応じて、正しく納税してあれば、誰も文句は言えないだろう。

だが、不正に金を儲けていたとなればどうだろう?過去の取引を全て洗ってでも厳しく糾弾されるべきではなかろうか?URが青山三丁目を落札した時の条件は、「転売禁止」、「5年以内に建物を建築する」だったのである。だが、見事にURを騙して転売してしまった。

それとも村上世彰氏がPAGに騙されたのだろうか?その可能性はなくもない。「吸収合併という形の転売」という脱法行為を考えだしたのが、PAG側の立場で知恵を付けた白井弁護士という話だから、「PAGは土地を譲って貰ったら、そこに5年以内に建物を建てます。吸収合併ですから転売には当たりません。信じて下さい」ぐらいのことを言って村上氏を騙したかもしれない。

それに対して村上氏は「落札契約の条件だけは守って下さいよ。そうしなければ『買い戻し』になるだけでなく、村上ファンドの信用にかかわります。絶対に転売だけはしないで下さい」という約束の下、吸収合併をしたかも知れない。

だから、PAGがその約束を守り、そこに村上ファンド(シティーインデックス)の名前で、地上げした部分も含めて、建物を建てれば、世間を誤魔化せただろうし、そんなに騒がれなかったかもしれない。

しかし、PAGの考えてるのは、その先の明らかな転売である。ここにきて、急に欺罔的仮設建築物を建て始めた。三か月で完成するこの建物を、落札の条件にあった建築物とURが認めるかどうかは、期日が来ないと何とも言えないが、もしURが「問題なし」とした場合、入札に参加した業者はURに対して、入札無効の裁判を起こすべきである。

村上ファンドが騙されたのでなければ、法を破って金儲けしたということになり、「金を儲けて何が悪いんですか?」という言葉に説得力がなくなる。ただの小汚い守銭奴である。

埼玉地裁からPAG河合昭典の記事削除の仮処分審尋の呼び出し状が届いた。800ページぐらいの分厚い書類である。

今回もいい投書が届いていた(2月9日分)が、これらの売買に違法性があるかないかである。例えば本来、不動産の売買を行うとき、或いは仲介に使うとき、免許がある人間、免許がある法人とかでなければ、売買はできないという法律があれば、河合・マキリンのタッグはアウトだろうし、違反でなければ、私でさえも、いつでもわざわざ一枚噛ませて貰えることになるという理屈も成り立つ。

また、河合がマキリンをその都度使うというのも、別に違反でなければ、構わないんでないの?使いやすい奴を使うとか、好みの者を使うとかは、使う者の裁量であろう。

よく色気のある婆さん(人の見方によって違う)が、特定の会社の社長に気に入られて、そこの仕事には必ず入るというケースは多いよ。川越辺りにもいた(この例では二人はできていた)よ。それはマキリンの器量だと思う。

そんなことより、違法性があるかどうか?社会が騙されていないか?行政が騙されていないか?行政と裏取引がないか?とかを問うべきなのである。

2/9投書


2/9投書

ーーーーーーーーーーーー
2/10投書

ーーーーーーーーーーーー
2/13投書


2/13投書


2/13投書


 
【投稿】松尾隆&田中晶雄親子のLUXRESインベストメントの最高顧問はトヨタ自動車元副社長(現顧問)石坂芳男だった!
【投稿】松尾隆&田中晶雄親子の
LUXRESインベストメントの最高顧問は
トヨタ自動車元副社長(現顧問)石坂芳男だった!


投稿


資料


【敬天コメント】
松尾親子はまだ捕まらんのだねー。親父は一つ橋出てるんだー。優秀な奴だねー。東大出てても、川西光雄みたいな小詐欺師もいるから、一つ橋出てても、ピンからキリまでいるわな。慶応だって同じだよ。

だけどこの石坂芳男さんと言うのは、トヨタの副社長までやった人だから本物の経済人だろし、松尾隆の本性を知らないんじゃないの?学校の同窓会とかついつい気を許すところがあるから、人たらしで口のうまい人間には騙されることはよくあるよ。

それに名前だけ貸して、顧問料が入るならいいや、という年齢みたいだし。ただ一流企業や社会的意義のあるような所にも名前を連ねてるような人みたいだし、誰か教えてあげた方がいいと思うよ。この優しさがいいんだね敬天は。

ところで、石川歩の弁護士は裁判所も通さず、金を要求してたけど、俺から恐喝する気かね。あっ、わかった。当紙の運動の基本である、「男に流れる血は動物の本能、弱肉強食の中で勝ち抜け、男は強く在れ実践形『今日勝つ』が基本」の隠れファンなんだなー。まー、ぼちぼち行きまひょか〜、って感じかね。
混沌たる茨城県政
混沌たる茨城県政

山口武平氏が権勢を誇った時代とは、流石に茨城県政が変わってきた。小粒揃いの足の引っ張り合いの様相を呈してきたようである。

本来ならば茨城県の実力者には、今なら額賀福志郎議員がついてる筈である。派閥の領袖として自民党の重鎮たる立場である筈なのに、何故か存在感がない。それが不満で今、「会長辞めろコール」が起こっているそうである。

確かに顔に覇気がない。名誉だけなら辞めたがいい。騒ぎが起こって、「あっ、額賀派ってあったんだ?」と思いだしたぐらいで、確かに最近の額賀氏の存在感は薄い。安倍総理の存在感が大き過ぎて、他の自民党議員の存在感が、その他一同に見えるのである。

名前が直ぐ出てくるのは麻生さんぐらいである。あとは菅官房長官かな?そう考えれば、取り立てて額賀さんだけが、存在感が薄いというわけでもないような気もするがねー。(うちの派閥からも大臣にしてくれという)押しが弱いと言うことに対する不満かね。

私が演出家なら、
1、みんなで額賀氏を持ちあげてスターにする(露出度を多くする)。
2、一強の安倍総理に媚びを売る。
3、社会が不満を持ってる安倍総理の政策(例えばモリカケ問題の真相を追及する)を問う。
4、自派閥から小泉進次郎のようなスターを創りだす。

ぐらいかな?

1なんか、とてもスターになる雰囲気じゃないと思われるだろうが、とんでもない。誰にでも、何処にでも、ある日突然スターは出来るのです。

額賀さんなら、「好々爺」で十分売りだせる。塩爺タイプ(塩川清十郎)だとか、ひふみんタイプ(加藤一二三将棋九段)だとか。

同じことを言っても、この人なら許せるけど、この人なら許せないとか、スケベなことを言っても、この人が言ったら爽やかだけど、この人が言ったら、虫唾が走るとか、あんな感じってありますよね。麻生さんは失言の繰り返しだけど、辞めろコールまでは起こらないみたいな。

実際の額賀さんの人となりを知らないから、何とも言えないけど、派閥も人の集りだから、足の引っ張り合いとかあって、結局は弱肉強食で決まって行くんだろうなー。真面目なだけの人は、蹴落とされていくかもね。

と記事を書いてたら、額賀派が竹下派と改名されたらしい。あ〜、茨木県政が益々混とんとしていくだろうなー。

県連自民党幹事長が選挙前に自民党県議に50万円づつ渡したという話があったけど、あれなんか違反にならないのかね。飯塚秋男の1億円不正使用も糾弾の対象でもあるが、この幹事長の選挙前金バラ撒きも糾弾の対象だよな。

どちらも逮捕していいんじゃないの?忖度かね。
インテリジェンス創業者・鎌田和彦からの訴訟判決
インテリジェンス創業者・鎌田和彦からの訴訟判決

鎌田和彦から訴えられていた名誉棄損損害賠償の判決があった。330万円の訴えに対して、55万円の賠償命令判決であった。日大がファクタを訴えた2億4000万円訴訟に対して160万円の賠償判決に比べれば、名誉棄損の度合いが高いという感じかな。判決文は200ページもある分厚いもので、とてもこの欄に掲載できるものではない。簡略した内容は以下のような感じである。


 1、 鎌田は大山多賀男を詐欺師とは認識できていなかった。
2、 鎌田は適切にアビリティについての株の処理を行っている。
3、 敬天新聞側は大山多賀男に裏付けは取っていない。そういう意味でも記事の真実性は薄い。
4、 よって鎌田に関する記事は(すべてではないが)名誉棄損であるので削除しろ。
5、 その名誉棄損は50万円が妥当と思慮する。但しその1割を弁護士費用として55万円の賠償とする。

というのが概略であろうか。
 
1、に関しては、最初から鎌田が、大山多賀男を特殊詐欺事件の主役と知っていたとは思わない。事件が発覚し、会社にガサ入れが入り、預金通帳を捜査本部に差し押さえられたわけだから、その後は当然知ってる筈であり、そのことを我々は記事にしてきただけである。それからでも、大山からの借入金は被害者に返すべきではないか、と訴えてるだけなのである。

2、に関しては、意味がよくわからないから、別にどうでもよい。

3、大山多賀男という人物に対して、特殊詐欺犯罪の主役として捕まるまで何者か知らなかった。しかも逮捕された大山から裏付けが取れるはずがない。どうやって取るのか教えてもらいたいぐらいである。その大山から金を借りて会社を運営しているのが、鎌田和彦だという情報が元社員と言う人物から入ったので、鎌田を追いかけだしたのである。

4、裁判所が出す決定には最終的には従うが、まだ控訴権があるので、裁判所の呼び出しに従わなかった野崎勝弘が何を頼みに梅園秀文の所に来たのかを尋ねたい。

5、名誉棄損賠償額の妥当性については、我々にはわからないので、意見は述べない。

鎌田を大山に紹介したのは、鎌田とは学生時代から知り合いだという野崎勝弘である。女房が日清食品関連のオーナーの娘とか言うのが売りである野崎であるが、本人は事件屋としても有名である。

当然野崎だって、大山の全てを知っていたかどうかはわからない。何故なら、大山だって自分が特殊詐欺の大元だということは喋らないだろう。だが、周囲からすれば、大元とはわからなくても、薄々は、やってることはわかる筈である。

もっと言えば大山は、後日、当紙に叩かれるようになってから仲介に出て来ようとする梅園秀文の部下だった時代もあるそうである。そういう話も今だから捲れてくる話であって、当時は知らなかった話である。

こんな話は鎌田の代理人である小川幸三弁護士は知らない筈である。いや知ってるから、裁判所の呼び出しに応じなかったのかもしれない。

不思議なのは裁判所の呼び出しに応じなかった野崎について、一言も裁判者が触れてない点である。大山多賀男が逮捕され事件が明るみに出て、弟が動揺し、社長を退任した後、一時的に社長になったのが、野崎勝弘だった。野崎は鎌田の兄貴分だったのである。

金が足りない時、姉ちゃん(アドミラルキャピタル代表・木下玲子女史)に頼んで、会社を支えたこともあった。木下女史はアビリティーの役員にもなっている。

大山逮捕で、アビリティーという会社は、一時はピリピリしたはずである。一件落着した今だから、後付けで色々言えるかもしれないが、鎌田は野崎を頼り、野崎は梅園秀文を頼ったのは事実であろう。

そうでなければ、現実に潮法律事務所(非弁事務所)に私自身が呼ばれて暴力団と話をするわけがない。今頃になって、「一度は納得した数字が出たが、梅園が仲で3倍の数字を出したことで壊れた」という話がでている。

ネコババの帝王、大津洋三郎の真似を梅園秀文もしようとしたのだろうか?野崎もこの際、裁判所の呼び出しに応じて、ありのままを証言すればいいのに。

鎌田も野崎に頼んだありのままを、小川幸三弁護士に言った方がいいと思うよ。梅園も本当のことを言った方がいいと思うよ。そういえば梅園の奥さんも広島の財閥の娘とか言ってたな。お互いに嘘を言ったらエンドレスになると思う。
 
安倍内閣の次の「魔の二回生」は藤丸敏議員
安倍内閣の次の「魔の二回生」は藤丸敏議員

安倍内閣の足を引っ張る「魔の二回生」という言葉があるそうである。あの「はげ〜」の女性が代表だった。今日話題にするのは、福岡県7区選出の藤丸敏という議員である。

不倫で週刊誌に書かれてあったのを読みながら、「なんで、もう少しわからんようにやらんのかなー。それとも有名になりたくて、わざと見つかるようにしてるのかね?」とか思いながら読んでたら、「この男ただの二回生じゃないなー?陰で相当悪いことをしてる」と、直観したのである。

学生時代から、古賀誠の秘書をやってて、古賀誠の引退に伴って、国会議員になったらしいから、その地盤・看板・カバンの固さから、とても新人と言えない実力者らしいのだ。

だが不思議なことが書いてあった。40歳前後頃に、秘書の立場で、「クルーザー、セスナ、高級車を持っていた」という。しかも、議員になる前の10年間で都心まで30分の立地に、三戸も億ションを購入しているのである。

別に親に財産があったふうでもない。何をすればこんなに儲かるわけ?同じ秘書でも野党の秘書なんて、給料以外に、殆ど副収入はないだろう。自民党議員だって、みんながみんな、こんなに景気は良くないだろう。

秘書でさえ、こんな荒稼ぎしてたというなら、古賀誠そのものは、その何十倍も稼いでいたのかね。野党は何でこういう処を責めないのかね。

国民は自分たちがギリギリで生活してるから、国会議員が歳費以上の儲けをしてることに、敏感に興味を持っている。風は直ぐに吹き、風が吹き出せば、溺れた犬を棒で叩くのが大好きなマスコミも動き出す(元気な犬は叩けない。噛み付かれるから)。

議員辞職に追い込まれるのは間違いない。野党がこれをやらないということは、自分たちも多かれ少なかれ似たり寄ったりのことをしてるから、この追及はタブーということかね。

モリ・カケ問題(国が不正に安く土地を売買した問題)も、加計学園の理事長に説明させればいいだろうに、庇うから余計に疑われるのである。話を直接知らない安倍総理に幾ら質問しても答えは出ないよ。

直接担当した関係者を、国会に呼んで追及するしか答えは出ないだろう。一般の者が、こういう行為をしたら、何かの犯罪に抵触するんじゃないの?公務員ならいいわけ?日本の場合、正三角形の三権分立ではなく、政治が上に立つ二等辺三角形の三権分立、って感じだね。

三権分立の中で、一番勉強しなくてもなれる可能性があるのが政治なのに、なんか変だね。田舎の議員は酷いよ。だから、「一部の女性議員を股裂きの刑にしたい」とか、ツイッターするバカも当選するんだよ。

信頼できる女房とだけの会話ならまだしも、世間に発信したときの影響とか、考える能力もないんだねー。そんなのが議員だから。そんなレベルで、県から出て、国へ当選するのもいる。政治を銭儲けの一部(ビジネス)としか考えてないんだよね。藤丸議員も要注意人物であろう。
凄腕の女地上げ師(67)URと村上ファンド

凄腕の女地上げ師(67)URと村上ファンド

URは村上ファンドに騙されたのだろうか?それとも担当者が買収されたのだろうか?それとも単に怠慢だったのだろうか?PAGの違法性を訴える前に、先ずはURと村上ファンドの契約を疑うべきかも知れなくなって来た。

元々入札に参加したのは村上ファンドグループののシティーインデックスという会社だと報じられてきた。しかし、よくよく聞くと、シティーインデックスと言うのは、社長が覚せい剤で逮捕されたダイナシティの会社で、その営業権(人も組織も)は売られていて、その中味はなく、空っぽの箱だけの状態だったという。

そうなれば、そんな箱だけの状態の会社に入札資格があったのか?と言う問題も考えられる。ダイナシティはシティーインデックスを売却することで、販売してきたマンションに対する瑕疵担保責任はどうなるのか?

箱会社で落札した物件を、今度は箱会社ごと売却している。URは二重三重に騙されているのではないか?本当に見抜けなかったのか?それとも入札に参加したのは村上ファンドが購入したシティーインデックスとは知ら無かったのか?

マンション販売実績のあるダイナシティのシティーインデックスだと思ったのか?だから、「落札した場所に自社の手で5年以内に確実に耐震性のしっかりしたマンションを建てるのは間違いない。転売などすることもない」と、信じて落札契約したのか?

それが「悪意の受益者」の村上ファンドが小細工して落とし、「売却はならない」にも拘わらず、PAGに売却し利益を上げた。PAGは更に周辺を地上げし拡大して、売却を目論んでる。

取りあえず、URとの契約事項である5年以内に建物を作るという約束を欺罔履行するために、仮設建築物を立て始めた。URが癒着してるのか、舐められてるのかわからないが、買い戻しを宣言するなら、仮設建物を建てて、また壊すという無駄な金を使うより、早く宣言した方が傷が少なくて済むと思うけどね。

URが、もし村上ファンドやPAGに舐められてるのなら、国土交通省が出張るべきである。当紙の意見や考えが間違ってるなら、それも早めに指摘してほしい。無駄な労力になるから。

3か月で建つような仮設建築物を立てて、法的拘束力のある年月をやり過ごした後に、売却を考えてるような違法を見逃したら、悪しき前例慣習を作るのは火を見るより明らかである。

この悪意のある違法は絶対に見逃してはならない。また当紙以上に深く内容を知ってるマスコミがいたら、今こそ語るべきである。URとPAGの密約テープの存在を知ってる方で、コピーとか、盗聴テープとかを持ってる方、ぜひ当紙に送って下さい。国土交通省に届けます。

1/25投書

1/25投書

1/25投書

ーーーーーーーーー
1/26投書

ーーーーーーーーー
1/27投書

ーーーーーーーーー
1/29投書

1/29投書

ーーーーーーーーーー
2/1投書

2/1投書

ーーーーーーーーーー
2/3投書

ーーーーーーーーーー
2/5投書‘麕臘屬

 

LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>