佐世保市のドン片岡一雄の不埒な悪行三昧
佐世保市のドン片岡一雄の不埒な悪行三昧

佐世保市に片岡一雄という勘違いしたドンがいるというので、この男の不正・不条理を訴えに佐世保まで行って来た。地元の人は色んな事実を知っていても声を上げにくい。そこで地元じゃない我々が、故郷愛も兼ねて事実を指摘したのである。

この片岡は佐世保市漁業組合長をしているのであるが、「俺の仕事は、佐世保港に出入りする全ての船からのカスリを取ること、佐世保港を工事する全ての業者から挨拶料を取ること」と公言して憚らないのだそうだ。

「挨拶料を持って来ん業者は佐世保では仕事はさせない。塩漬けにする」と公言し、印鑑を押さずに、落札業者の邪魔をするのだそうだ。こういう佐世保市民に迷惑をかけてる糞男を裏から支えているのが、朝永佐世保市長というから、開いた口が塞がらない。

補償料をしっかり貰って、一度は漁業権を放棄していながら、また「復活させろ」とごり押ししてるのが片山一雄であるが、その片棒を担いで、裏からこそっと県庁へ出向き「何とか漁業権を復活させてもらえんだろうか?」と、朝長市長がパシリをしたというのである。こいつはバカか?市民に対する迷惑行為をしている男の手助けをするなんて、とんでもない市長である。

片岡は過去に国会議員の秘書をしていたことがある。その時に培った裏話、行政の弱みを握っているのだろう。また虚偽の報告書を作成して、漁業補償金を騙し取って逮捕された過去がある。

その時に一度漁業組合長を辞めているのであるが、いつの間にやら復帰したらしい。この漁業補償金を騙し取って逮捕された時に、協力者として防衛省九州支局佐世保支部の職員も何人か書類送検されたそうだが、これらの者たちのことを黙秘したことが、後に「貸し」になり、防衛相に付け込んだ切っ掛けになったらしい。

防衛省も関係者を処分し、配置換えをすべきである。いつまでも配置換えをしないから、付け込まれるのである。漁業組合長が、漁業権で苦情を言うのは理に適っている。

片岡の場合、漁業権ではなく、佐世保港周辺の整備に関して、建設業者、土地整備業者の入札に口を出し、裏金を要求するから、「勘違いするな」と糾弾しているのである。

本来なら、刑事事件になる犯罪である。本来なら、役所でも指導すべき事案である。地方の場合、こういう目敏い男は、警察とか政治家とか役所とかにも、普段気配りしてるから、なかなか事件化するのは難しい。暴力団と一緒に成長してきた事実もあるらしいから、そろそろ、県警が介入してもいい時期だと思うがね。
山梨市長望月清賢(逮捕)と繋がる立地企画望月薫の悪事
山梨市長望月清賢(逮捕)と繋がる立地企画望月薫の悪事

山梨市の望月清賢市長の奥さんが詐欺で逮捕されたとき、「自分は関係ない」と訴えていたが、警視庁二課が職員を不正に就職させたということで、望月市長を逮捕した。奥さんの詐欺を知らなかったはずがない。自分が市長になる前に携わっていた会社の話である。

望月市長に恩を売り、望月市長を操っているのが、立地企画の望月薫であるという情報は、山梨県内では広く知られた話だそうである。地元警察との癒着も囁かれてる男である。だから、警視庁から出張っていったのではないか。

立地企画の望月薫の本職は、「山梨県内の各市町村の環境課及び環境森林課に出入りし、市町村で把握している、行政が手を付けることが難しい物件の、産業廃棄物不法投棄が埋蔵されている土地の調査資料を入手し、故意に売却買い手を探し、土地売買を各地で契約する」ことだそうである。一昔前に似非同和がよくやっていた手口である。

過去に何度も政治団体に抗議を受けてるそうだが、「(汚れたものに触りたくない、ややこしいものは見ない振りをするという)行政の手助けをしている」という部分もあり、今まで、あまり問題にされなかったというところもあるのだろう。

山梨県内には、こうした不法投棄現場が100か所以上もあるらしい。その手口は、「工事着工後に産業廃棄物が埋蔵されており、その都度、一部分だけマニフェストを作成し、残りの廃棄物を埋め戻すか、不法投棄をしている」のである。

この度の、山梨市一丁田中の現地も同様で、買い手先が、信玄餅銘菓として全国的に名高い「桔梗屋本店」だったので、脚光を浴びることになった。

菓子工場用地として入手したときは、水質検査のみで、廃棄物から出る土壌汚染検査はしなかったそうだ。工事建設を請け負ったのは甲府市内の井口建設という会社らしい。

当然ながら基礎掘削の際、産業廃棄物が大量に出てきた。本来ならば、建設業法及び産業廃棄物処理法に基づき、山梨市行政に対し申告の義務がある。桔梗屋に対しても背信行為である。

下請けの掘削オペレーターが、余りの廃棄物の多さに、すべてを写真に残したそうである。そしてこれらの産業廃棄物及び、建設残土を、大型一台5千円で、山梨市フルーツ公園内の「ほったらかしの湯」施設拡張に伴う残土穴埋めに、不法に投棄したそうである。この責任も、立地企画の望月薫と井口工業らしい。

スーパーオギノ建設の際も医療廃棄物が出てきたが、甲府市立病院の投棄のせいにして、補助金を出させたそうである。この時も、今回逮捕された望月市長が疑われたらしい。

今回逮捕された容疑の「市役所不正入試事件」で、賄賂を貰ったのは立地企画の望月薫であるという噂は根強い。一見、山梨市長の逮捕と、井口工業の産廃投棄は別件のように見えるが、望月薫を通じて繋がっているのである。

井口工業は産業廃棄物法違反であるのは間違いない。また、不法投棄を容認し金銭授受をした、ほったらかしの湯の前社長も同罪である。

ただ今のところ、井口工業が南甲府署建設防犯会長という立場を笠に着て、違法行為を続けているのかはわからない。望月薫と組んでいた警察幹部1名は、監察に調べられたらしく、部署も替えられたらしい。

いずれにしても、不正を履行する者と、行政の癒着はよろしくない。






 
日大9/10新理事会のシナリオ

日大9/10新理事会のシナリオ

井ノ口忠男が校友会枠から評議員に選ばれ、いきなり理事、常務理事に選ばれるシナリオが出来てるという、9月10日の新理事会の発表が待ち遠しいねー。

本人は待ち遠しいだろうなー。姉の橋本俊子も理事長夫人の優子姐も、夏休みどころではなかろう。それとも、みんなでハワイの別荘にでも行ってるかな?

ところで、井ノ口(正確には姉の橋本稔子案件)が裏入学で松戸の歯学部にY・Tという学生を入れたという話はどうなったのかね。全く話題にならないね。2013年度入学である。日大の場合、身体検査はいらないのかね。まー理事長自体が真っ黒だから、その資格がないんだね。

それにしても日本一の私学助成金を貰っていながら、いいかげんだねー。文科省も助成金に対しての責任を取れよ。助成金は税金じゃないか。井ノ口は過去にも裏入学の問題で、病院長から5000万円受け取ったと大きく新聞に疑惑を報じられたことがある。今回も相手は病院長である。学内では周知の話らしい。

投書としては、文科省を始めとした監督官庁や、マスコミにも送っているそうであるが、どこも取り上げないらしい。それは送り手にも問題がある。本気で戦おうとするなら、告発・告訴をしなければだめだ。確かに証拠は出にくいだろう。それに内部の文書をだせば、漏洩や盗難として罪に問われる可能性もあろう。

投書は真実であっても、名前を名乗らなければ、「怪文書」と認識されてしまう。たった一人の勇気で、大逆転する可能性はあるのである。

この話をある人にしたら、「裏入学合格は被害者がいないから、事件にならない」と言っていた。確かにそういう一面はある。能力が足りない分を、その学校で裏から入れれる力のある権力者にお金を払って入学するわけで、無事に合格できれば、みんながウインウインで、確かに被害者はいなくなる。ただし、よく考えれば「一見」であって、能力の足りない分を入試委員会で公表し、その分大学に寄付を頂いたことを公表し、了承を得ていれば、問題はなかろう。

この場合なら、裏入学とは言わない。Y・T君の場合、田中理事長が事前に父親と食事をしている。全くの裏から入っている。紹介は暴力団という話もある。例えば覚せい剤所有は売った者も買った者も、逮捕される。この場合も、被害者はいない。被害者がいなくても、被害届がなくても、逮捕される事案はあるのである。

要は、裏入学に携わった関係者が告発すれば可能ではあるが、飴玉をしゃぶらされているだろうから、文科省の本気度の調査がない限り、無理という意味なのだろう。

2013年度入学なら、もう卒業している歳である。学生に罪はないので、名前の公表はしない。それらを利用して多額の裏金をポケットに入れた、大人を糾弾しているのである。性懲りもなく、裏入学ビジネスを続けている井ノ口忠男が常務理事になるというので、一石を投じているのである。
 

凄腕の女地上げ師まきりん(30)驚愕の事実

凄腕の女地上げ師まきりん㉚驚愕の事実

土地譲渡契約書公開

【投稿】驚愕の事実

凄腕の女地上げ師まきりん(29)河合ちゃんに天誅
凄腕の女地上げ師まきりん㉙河合ちゃんに天誅






8/5投書.淵好ジャパンの今井と野口

8/5投書警視庁・国税・マスコミみんな動き出した

8/5投書7抻訥F眥總楮困辰討覆鵑世蹐

8/5投書し抻訥F眥總楮坤灰鵐

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
8/7投書.泪リンと裁判で争った上場会社

8/7投書敬天新聞8月号


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
8/9投書〔邯真紀の行動整理

8/9投書偽装破産のうえ債権者集会欠席

8/9投書3000万騙し取るナスカ今井

8/9投書ぅラス(佐々木直人)

8/9投書ゥ泪リンが今井に3000万

8/9投書Ψ錨型景垢魃援しましょう

8/9投書野口真紀が色々な暴力団の名前を

 
SGホールディングス上場に波紋◆愕个擦ず泙亮茲螳靴け秦』

SGホールディングス上場に波紋
覚せい剤の取り扱い運送』

「佐川急便最高幹部に献上する裏金を関連会社で捻出するためのスキームが失敗した」と言われる、佐川印刷を舞台にした巨額横領事件であるが、佐川急便に影響は必死であろう。

ただ、湯浅敬二・経理担当常務が起訴に対して、長期拘束を覚悟の徹底抗戦と言う態度を鮮明にしてるらしいから、来月上場予定と言われて準備室まで出来てるSGホールディングスの上場には、影響はないのではないか?と思っていたが、意外とそうではない話も幾つかあるらしい。

地元ではともかく、旧聞に属するので、世間では忘れられた話となっているようであるが、過去に佐川急便に天下った警察OBが中心になって、交通違反のもみ消しを継続的に行い、賄賂を贈り続け、摘発され警察OBの自殺者まで出した奈良県内で、佐川急便系列の運送屋が「覚せい剤の取り扱い運送」を専門にやっていた時期があったらしい。

一般に言う、「覚せい剤の運び屋」ではなく、覚せい剤の注文・販売の運送である。それも一つの組の誰かの注文を受けていた、と言うのではなく、不特定多数の暴力団の注文を受け付け、にっちもさっちも行かなくなり、さる親分に交通整理をお願いしたそうである。

当然莫大な整理料が約束されたという。覚せい剤の配達をビジネスにしていながら、暴対法や暴排条例が施行されたら、何事もなかったように、過去から逃げ出す汚い者が多いが、佐川急便にもそういった過去があったのである。その事案でも二人の関係者が死亡しているそうである。

こういうことも隠したまま、SGホールディングスとして上場するらしいのだが、後で問題にならないのだろうか?今は金を持てば何でも許される。社会的に発言力のある者や、政治的に力のある者、高級警察OB、検察OB弁護士、等を顧問に迎え、潤沢に金をばら撒けば、その金が汚れていようが、違反的な金であろうが、国の助成金であろうが、誰も異議を唱えられないようである。

また歌を忘れたカナリアのように、主要マスコミも寝たふりするのである。経済的には文句なしに上場する資格がありながら、永久に上場出来ない会社(資格のない会社)と自他ともに認識されていた佐川急便であったのだが、その時はハラハラドキドキでも、月日が経てば、何事もなかったように繕うのが、人間の至らないところなんだなー。

因みに、奈良佐川急便の副社長原田義男(県警OB)は詐欺容疑で逮捕されたのであるが、1年半で5000万円の裏金を作り、その中から1200万円を受け取っていたと言われ、書類送検された中野英平元警視は、焼身自殺をしているのである。

次回は佐川急便のクーデターの歴史を書いてみたい。

第三次安倍・大惨事改造内閣?スタート
第三次安倍・大惨事改造内閣?スタート

新しい閣僚が出揃った。前の閣僚に比べれば、品格はありそうである。安倍総理自身も、流石に危機感を感じているのか、低姿勢に徹し始めたようである。

また自身の応援団的場所だけでなく、色んなマスコミへも出て、丁寧に話をし始めた。ただ、今からで間に合うかどうかである。森友・加計・共謀罪での対応の不味さが酷かったイメージを、覆すのは至難の業であろう。

森友で土地代が8億円安くなった理由が説明されていないし、加計では文科省内から見つかった書類に対しての内容について、官邸側担当者は未だに「知らない」、「記憶にない」を連発している。

結論としてどちらが正しいのかはわからぬが、国民の目線には「総理官邸側が嘘を吐いてる」と映っているようである。だから支持率に影響が出てるのであろう。

本当に疚しいことがなければ、あれは出す、あれは出さない、ではなく、野党が求める全ての関係者を、全て国会に出席させて、質問に答えさせればいい。都合のいい人だけを出して、都合のいいように返事しているように、国民には映っているのである。

こんなことは初めての出来事ではない。町でも、市でも、県でも、国でも、今までに数えきれないほどの不正はあった。今も、のうのうとしてる為政者は沢山いるだろう。

日本のマスコミの悪い癖で、権力があるうちは媚びるくせに、溺れかかった犬なら、みんなで叩くのである。安倍総理が驕っていたのは、間違いなかろう。

その態度が顕著だったのは共謀罪の強行採決だった。私も共謀罪の成立には賛成の意見を持っている。外国人犯罪も増えているし、詐欺を始めとした、犯罪者のトップが見えにくい犯罪が増えている。これからの捜査には、GPS捜査や通信傍受も欠かせないものとなろう。

北朝鮮との関係を見ても、テロに対しても警戒は必要である。しかし、そのドサクサに紛れたような、軽微な犯罪まで共謀罪の中に入れてしまえば、国民が不安になるのは尤もである。

せっかく国民が改憲に対して理解を示しだした矢先だったのに、この共謀罪の強行採決で、いざとなったら安倍官邸は有無を言わせず強行採決をする政権という「不安」を、国民に覚えさせたのである。

前評判であった三原じゅん子議員のような目暗ましサプライズ登用をしなかったのは良かったが、『軽々に骨格を変えるべきではない』という留任が、果たして国民にどう映るかである。

今の支持率降下は、品格の無いバカ発言議員たちだけでなく、それらを指名した安倍総理を始めとした、骨格にも批判が集まっているのである。

北朝鮮のミサイルが飛んで来たら、支持率が上がる可能性大であるが、内政に関しては失点続きであるため、安倍一強の回復は難しかろう。安倍一強を作ったのは、北朝鮮と野党政策だったのである。先ずは議員の政治資金の収支報告書の徹底と政治活動費の違法取得を何とかしろ。
 
佐川HD上場に波紋『佐川印刷事件に及んだ"悪しき慣例"』

SGホールディングス上場に波紋
『佐川印刷事件に及んだ"悪しき慣例"』


佐川急便が来月にも上場するらしい。詳しく言えば佐川急便ではなく、佐川急便を主体にしたグループの集合体のSGホールディングスの上場である。

このホールディングスの売り上げの内訳は、大半が佐川急便で、残りがSGムービング、佐川グローバルロジステックス、佐川ファイナンスなどのグループ会社で構成されている。ということは、佐川急便の上場と同じなのである。

ところが、ご存知のように、佐川急便1社では、あまりに波乱万丈な事件に関わってきた過去があり、上場させるには世間を納得させることができない。そこで、目くらましのためであろうか、流行のホールディングスにして、傘下に佐川急便を置くというスタイルにしたが、そこへ突如として降って湧いたのが、資本関係はないものの、事実上の"兄弟会社"である佐川印刷の湯浅敬二・経理担当常務による「60億円業務上横領事件」で、同常務ら3人が京都地検に逮捕されたのである。

新聞報道によれば、事件発覚当初の横領額は90億円とされていたが、いつの間にか被害金額が60億円に激減した。この件については、後日詳しく裁判傍聴記を書くが、国内屈指の優良印刷会社である佐川印刷に斯くも巨額の横領事件が起こった原因は、「佐川急便最高幹部に献上する裏金を関連子会社で捻出するためのスキームが失敗した」(地元紙記者)ことによるものといわれている。

佐川印刷が伸びたのは、創業当初に佐川急便の資金援助を受け、業務的にも佐川急便の伝票など印刷物のすべての"下請け"を始めたから、というのが世間周知の話である。

勿論その話は、その通りであるが、佐川印刷が裏金を支払い続けたのは、佐川急便創業者である故佐川清氏に対する恩返しもあるが、印刷会社としての入札に影響しているのだそうだ。

日本で一番大きな印刷会社は凸版印刷。二番目が佐川印刷。次は大日本印刷かな?いろんな業者と入札では競い合うのであるが、入札の条件の中には、印刷物を刷るだけでなく、その出来上がったものを配達する、届ける、という行為も入札の中にはいる為、その分を計算に入れなければならない。

その分、佐川印刷は、配送は佐川急便がやってくれるために、他社より有利になって、他社からは「佐川印刷には勝てない」と羨ましがられているそうだ。それで、故佐川会長に謝礼として、毎月2000万円の裏金を届けることが習慣になったといわれている。

その"悪しき慣例"がクーデターによって二代目を継承した今の栗和田榮一社長(現会長)にも連綿と続いてきたというわけである。現在は、200万円と言ったかな? 湯浅容疑者が起訴された金額は約60億円で、これは村橋郁徳容疑者によるシンガポールのサーキット場建設費と湯浅容疑者の私的流用額の合計額という。

検察の見立ては、佐川印刷の木下宗昭会長も佐川急便の栗和田栄一会長も一切関係なく、湯浅容疑者が勝手に金を持ち出して、使い込んだというストーリーらしく、共犯として同容疑者と一緒に逮捕された宮口孝(湯浅常務の部下)、村橋容疑者は、検察の見立てに沿った供述をしている模様である。

また、90億が60億に減額された理由は、ゴルフ場に関わった関係者の妻が、皇室と縁戚関係にある有名寺院の次期座主候補らしく、そこら辺を忖度した結果ではないか、と囁かれている。

逮捕当初は「3億円の横領で手打ち」の"取引"であったため、湯浅容疑者は自宅マンションまで売って弁済(これとて必要のない弁済である)したにもかかわらず、木下会長と栗和田会長に手のひらを返され、「あっと驚く為五郎」になったというわけである。

今は徹底して否認で、何年拘束されようが、佐川急便、佐川印刷の真実を公表すると「相討ち」に闘志を燃やしているのだそうである。

そんな佐川急便グループが来月上場するのである。昔ならコンプライアンスに問題はないか?株主に反社はいないか?過去に不正はないか?と大騒ぎになったものだが、汚い過去を覆い隠すようにホールディングスで包み込んで、「過去は問わない」というのが、強い者に味方、金持ちに味方の「安倍一強政策」のようである。


栗和田榮一・SGホールディングス現会長


佐川清・佐川急便創業者


 

凄腕の女地上げ師まきりん(28)ナスカ今井の十八番
凄腕の女地上げ師まきりん㉘ナスカ今井の十八番

マキリンとナスカ今井の仲が最近冷え込んでいるそうである。その理由が、[敬天を何とかして」と、マキリンが今井洋に頼み、今井が「3000万円あれば何とかする?」と法螺吹いて、「じゃーお願い」となったらしい。今井洋の得意技(嘘つき)を知らないマキリンは、それで敬天は抑えられるとタカを括って、カラス(佐々木直人)とゴルフ三昧をしてたらしい。

ところが、記事は止まらないどころか、ますます炎上しまくるので、「どうなってるのよ」とマキリンが怒ったそうである。ネコババやよっこ、嘘、騙し、チンコロ、は今井洋の得意分野らしく、世の男性を食いまくったミニスカブヒブヒブーまきりんも、赤子の手をひねるが如くカモにされたそうで、大層御立腹だそうな。

なるほど。今井洋の「チン通力」も効かなくなってきたか?そりゃそうだよ、若いカラスの佐々木直人君が出来たのに、いつまでも「自分の女」と勘違いしちゃだめだよ。あっ、カラスじゃなくツバメの間違いだった。都会の嫌われ者仲間として、ついつい背中に礫を受ける立場を比喩したカラスが浮かんでしまって。都会の片隅で、破産者同士(マキリン・佐々木直人)で、股傷を舐めあっているんだなー。泣けるねー。演歌の世界だね。

それにしても、今井洋も小汚い男だねー。だから、色んなラインから、「今井洋案件」として、話があったんだなー?今井洋の名前が出た時点で、「ノーサンキュー」と話が届かなかったわけだ?世間は、今井洋が絡めば結論がトラブル(金を借りていながら、請求されると警察に逃げ込む、の繰り返し。)ということを知っていて、欲が絡んだ人以外は、今井洋を信じていないというのが定説らしい。URは国の金で動いている会社。一民間企業の利益誘導裏契約に調印すれば、国民への裏切り。安倍一強の驕りのせいか?

ーーーーーーーーーーー
8/2投書〜択に六本木の件

8/2投書PAGの河合君

8/2投書8月債権者集会前に逮捕か?

8/2投書い海譴辰PAGに

ーーーーーーーーーーーーーーーー
8/3投書‘鄒鳥鎧庵目URの案件で

8/3投書国民を蔑ろにしたUR

8/3投書K塾話弔悗了餠發領れ

8/3投書し抻訥F眥總楮

8/3投書ゲ蝋腓海量醢

8/3投書Δ弔い貌蔚罰飴餬魯侫.鵐匹らも

ーーーーーーーーーーーーー
8/4投書,い茲い茖厳
オープンハウスの副社長鎌田和彦と裁判の行方

オープンハウスの副社長鎌田和彦と裁判の行方

一部上場会社オープンハウスの取締役副社長である鎌田和彦が、特殊詐欺主犯で服役中の大山多賀男から金を借りて、山形アビリティーを経営してた事実を記事にしたことで、当紙と名誉棄損を争ってるのであるが、鎌田和彦に大山多賀男を紹介した野崎勝彦との連絡が取れないと、鎌田側弁護士である小川幸三先生が裁判所に言ったので、「それなら私が探します」ということで、7月3日に野崎探しの記事を書いたら、直ぐに野崎の居場所はわかった。

野崎は奥さんが資産家で、聖心女子大の卒業生役員をするような名家の出だから、逃げ隠れするような奴ではない。尋ねて行けばすぐにわかる筈なのである。それに元SBI重役で、子会社だったアドミラルキャピタルの社長(現在は買い取って独立)である木下玲子女史を「姉ちゃん」と呼ぶ仲だから、すぐに居場所はわかるはずだったのである(2015年5月29日記事参照)。

野崎は、裁判所で尋ねられたことを正直に答えればいいだけの話である。一度嘘を言えば、その嘘を隠すためにまた嘘を言わなくてはいけなくなる。そして段々矛盾が出てくるのである。

神田の弁護士事務所(詐欺弁護士の事務所で解散)に自分だけの判断で梅園に相談に行ったのか、鎌田の依頼を受けて行ったのか、そこで何を頼んだのか、を正直に言えばいいだけの話である。

自分だけの判断で行ったのなら、どうするつもりだったのか、答えればいい。それはともかく、鎌田は何故、20億も資産を持ちながら、大山から借りた7000万円を被害者団体に返さないのだろうか?それがオープンハウス流なのだろうか?

ただのケチなのかね。とは言っても、借りたものは返すべきであろう。あっ、そうか?借りたものじゃなくて、大山多賀男が「山形アビリティー」に投資したもので、「その会社の全株を自分が500万円で買い取ったものだから、借金として返す必要はない」という理論か?なるほど。言われてみれば、一理あるなー。

それを投書の主は、「兄貴(大山多賀男)が逮捕されて動揺してる弟を脅し賺して、二束三文(500万円)で買い叩いた。」というわけか?なるほど。いい勝負だねー。しかし、どちらかというと鎌田の方の説明が後出しジャンケンの言い訳っぽい感じもあるなー。こちらは、ちゃんと説明してくれれば、理解するんだよ。ただ裁判所で嘘だけは言うなよ。

LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>