敬天新聞10月号

敬天新聞10月号

東京ドリーム学園と手打ち!?詐欺師が来たりて法螺を吹く(一面)

競球と山本一郎となかまたち 持ち逃げ内紛勃発で末期状態(二面)

スタニングマーケティングの阿部大地郎代表と渡航の秘密(三面)

敬天新聞10月号 社主の独り言(四面)

敬天新聞・鋭意調査中、1行案件

更新しました。

ある医師が相談者に送ったメールの正体

ある医師が相談者に送ったメールの正体

昨日に続き、危ない医者の続報である。手元に23年2月18日(見分日時は23年2月17日)の諫早警察署の巡査が行った「実況見分調書」がある。

この中で、はっきりとこの医者の立場は「加害車両」となっている。車名は「ランボルギニー」、損傷部位等は、「右前部バンパー破損、(小破)」とある。被害車両は、左後部バンパー破損(小破)となっている。要するに、大したことはない事故だったのである。

それなのに、保険会社には異常な「逸失利益」を請求している。自分で「自分が悪い」と知人にメールしてるし、警察官実況見分にもハッキリ加害者と書いてあるのに、「保険金計算書」には、精神的損害も算入してある。

昨日のメールでは、何とか12級を取りたいと言っていたが、この判定では、併合12級として評価してある。結論から言うと2000万円が支払われたようであるが、なんと2億8000万円を請求しているのである。本人が保険会社に提出した「自覚症状」のすごいこと。相当の重病患者である。こんな状態でありながら、毎日診察はやっているそうである。

本人も診察が大変と白状しているように、受診する患者は大丈夫だろうか?1週間前に納車されたばかりの新車であったが、ブレーキが壊れていた、エアーバックも壊れていたと、ランボルギニー本社社長にクレームをつけたようだ。

これが事実なら、ランボルギニー社に、我々も抗議したい。本人は3400万円の年収だそうだから、眼科医の給料が250万ということか。諫早辺りでこれだけ貰うんだったら、コツコツやって行けば、十分に贅沢できるだろうになー。

一年間に何で三回も、ランボルギニーを買い替える必要があるのだろう?日本興和損保は、この件見直した方がいいと思うよ。どう考えてもこの件、故意とか作為とか瑕疵とか、匂うけどねー。

※各画像をクリックして下さい。

1、本人が保険会社に請求した金額か?何故か欠陥車両代も含まれている。



2、それに対して、保険会社の回答金のようである。何故、軽い車両物損事故で、内科に通院なのか?しかも同じフロアにある弟の内科に。



3、もしかして高級外車依存症?



4,5、相当保険会社の審査に詳しいねー。通じゃないの?この時点で、今回の件は3000万円ぐらいという見立てを立てている。
(4)

(5)


6、クレーマーかね。納車一週間で、ブレーキに異常があったら大変なことだよ。お互いの名誉のために、ここは徹底的に白黒つけたがよい。応援するよ。



7、だけど、ひどい症状だねー。これじゃ身内の内科だけではなく、大きな病院でよく診て貰った方がいいんじゃない?患者さんのためにも。


 

【続報】ある医師が相談者に送ったメールの正体


【続報】ある医師が相談者に送ったメールの正体

今月号の新聞でも記事にした眼科医の医者が、異常に高級外車に固執していて、欲しい高級外車を手に入れるために、仲間と組んで違法的な行為を行っているのではないかという問題で、また新たな情報が入った。

この医者は、自分が損保保険会社を騙してるという意識がしっかりとあるようだ。その証拠とも言うべき、本人が知人に送ったメールを手に入れたので、公開する。

「新車で事故りました。完全に僕が悪いです」資料1

「個人の実印のコピーで良いですか?本物は無理です」資料11

「後遺障害12級を取るために何かルートはないか?」資料3

「等級を決めるのは日本興和損保だから、そこを強引に押さえることができれば、解決できるのではないか?」資料4

「日本興和の九州統括(福岡)か、損害保険料率算出機構の長崎自賠責損害調査事務所か、損害保険料率算出機構の東京本部稟議を押さえないといけない。そうでなければ、12級は取れない」資料6

「心配事は、開設後1年くらいまで、ばれないようにしたい、名前がでないようにしたい。お金よりもただばれないことが1番気がかりです」資料13〜15

誰に、何をばれたくないといってるのだろうか?実印のコピーを用意するとか、損保会社に出す書類偽造するような話をしている。監督官庁は、早速この医師の言動を調査すべきであろう。日本興和損保も2000万円を支払っているようであるが、刑事告訴すべき案件ではないのか?

資料1

資料2

資料3

資料4

資料5

資料6

資料7

資料8

資料9

資料10

資料11

資料12

資料13

資料14

資料15

【投書】秩父市社会福祉法人正峰会と埼玉県庁職員

【投書】秩父市社会福祉法人正峰会と埼玉県庁職員

【投書】
県民の為の代表、監督者、代表者の皆さんへ

〜以下、画像をクリック


この投書は「県民の為の代表、監督者、代表者の皆さんへ」というタイトルがついているから、知事をはじめ関係各所に送られているのかな?

東京都曰く、埼玉県も伏魔殿ということか。まあ、一昔前なら珍しくもない田舎の名士と行政側の癒着構造だね。

でも、土屋義彦前知事が政治と金の問題で失脚し、こういうのを正すことを強く訴え、指示を集めて連続当選してきたのが現在の上田清司知事なのだから、投書の内容が事実なら、県庁職員がこれじゃあ不味いよ〜何とかしないと。

知事当選1期目の2004年に自ら施行した「多選自粛条例(3期で辞める)」を破る形で4期もやるから上田県政も気が緩むんだと言われてしまうよ。

東京ドリーム学園=専門学校インターナショナルスクールオブビジネス

東京ドリーム学園=専門学校インターナショナルスクールオブビジネス

末期症状的な東京ドリーム学園=専門学校インターナショナルスクールオブビジネスの投書が次から次に送られて来る。何で、「専門学校インターナショナルスクールオブビジネス」と併用して書いたかと言うと、ドリーム学園という名前が余りに有名になったため、ネットで検索すると、その不正記事が上位に検索されるため、ネット上の検索ワードから外れることが目的で、「専門学校インターナショナルスクールオブビジネス」と使ってるらしい。

専門学校インターナショナルスクールオブビジネス=東京ドリーム学園は、100%学生は外国人だそうだが、最近はネット時代だから、在学している学生が母校の不正記事を見つけては、自国の中国やベトナムに翻訳して、友人に不安を訴えたりしてることが広まり、極端に募集人員が足りないのだそうである。

そこで、本部長を任された佐藤仁(俺≪白倉≫を知ってるという嘘吐き。ただの一度も会ったことはない。多分知り合いの知り合い辺りが知っているのだろう。)の繋がりがあるという、インドネシアなど、日本留学未発達地域に声をかけているのだそうだ。

落ち目の時って、何をやっても裏目に出るから、難しいと思うけどね。9月12付で遠山賢一が校長に就任したと同時に、理事にもなったらしい。そして2年前25万円だった給料が、80万円に昇給したという。なるほど。前の理事長をやってた田中建志の時と全く一緒だな。何の不正を手伝わされるのだろうか?

遠山も田中と同じで、学内に愛人を持ったのか?またブーちゃんか?男という奴は、真に下半身が落ち着かなくぶらぶらしてるものである。しゃきっと勃てんかい、ってか。そうか、東京都や豊島区が調査に入ったか。行政にお願いしますが、貝原は学園騙しのプロで、過去に何度も行政が騙されて逃げ切っています。資料の改ざんや虚偽の理事会開催や未出席者の印鑑押印なども平気でやりますから、くれぐれも気を付けて下さい。

政治家の介入、地元議員の圧力があったら、直ぐに知らせて下さい。そういう輩は世に晒して、追放しましょう。不動産担保ローンのアサックスから幾ら借りてるか知らんが、毎月300万円の支払いがあり、8%の金利というが、これは年利なの?月利なの?借り換えに必死になってるというから、案外月利じゃないの?幾らなんでも、学校だからね、まさかね。この先が問題だけど、今在学している一年生に対して、2017年度4月期の学費を「早期に支払い完了すれば、学費を大幅に割り引く」という案内を出して、金を集めているそうであるが、余りに露骨過ぎないかい?来年4月の収入を、今年9月の時点で当てにしているなんて、自転車操業も甚だしいねー。

殆どが発展途上国の貧しい学生が中心で、アルバイトしながらの苦学生なのに、そんな学生を食い物にしている寄生虫を、野放しにしていていいのか?下村博文元文科大臣や舛添元知事は、見て見ぬ振りをして、被害を拡大させた。しっかり調査後、学生は他の学校へ転校させ、ドリーム学園=専門学校インターナショナルスクールオブビジネスの認可は取り消し、廃校にすべきである。現に詐欺師の商材になっていて、あっちこっちに持ち歩いている者もいて、手付金詐欺も起きているようである。小池百合子知事の英断に期待する次第である。

貸切バス会社の鹿児島県道路公社での通行料金不正支払〜及び系列(有)運転代行社の脱税疑惑の投書

貸切バス会社の鹿児島県道路公社での通行料金
不正支払〜及び系列(有)運転代行社の脱税疑惑

【投書】
≪一つ目≫
鹿児島県鹿児島市上荒田12-7-401「ハロー観光バス株式会社」代表取締役新留広志は平成23年8月法人登録、同年12月一般貸切旅客運送事業を開業から、鹿児島県道路公社指宿スカイライン山田料金所にて車種区分偽装を係員に運転手に申告させ一ランク下の回数券プリペイドカードを複数枚使い平成28年8月不正通行情報を山田料金所通告するまでの5年間旧料金から新料金にわたり不正通行していた。通行料金は大型機В苅坑葦/1回、14,600円/36回、大型供В院ぃ隠苅葦/1回、34,040円/36回のプリペイドがありハロー観光バス株式会社は乗車定員30名以上の大型兇乏催するにも関わらず、乗車定員29名の大型気離廛螢撻ぅ疋ードを開業当初から購入し、不正通行を繰り返したいた。現在も大型気乏催する乗車定員29名に該当する車両は在籍していない。
 
道路公社も不正通行の情報を受けてから複数回不正を確認し、ハロー観光バスの事務所に出向きほんの複数回分の不正通行差額分を請求集金し、注意しただけで済ませている。不正通行の情報を受けてハロー観光バス宛ての回数券プリペイドカードの領収証2枚を前の年の4月分を確認しており、それより以前の開業からの分を確認することなく、また鹿児島県警察南警察署に相談したとだけで被害額が確定できないと告訴しないで現在に至っている。被害額は不正情報を受けてからの複数回は確定できているから、相手の事務所に出向き集金したことである。

たかが複数回の差額集金出済む問題ではなく前年度4月発行の大型気離廛螢撻ぅ疋ード2枚分、そしてそれより以前の使っていた
プリペイドカードによりる不正分をもみ消ししている。

これは明らかな詐欺行為出であり、奈良県道路公社は告訴しているのに鹿児島県道路公社指宿スカイライン山田料金所橋口所長ら役員は大型車両からの車種申告だけで料金を請求するだけでなく、乗車定員を訊いてから料金を請求表示させているだけである。

鹿児島県道路公社指宿スカイライン山田料金所は昨年の8月に情報を知りながら、今年平成28年6月に鹿児島県道路公社からのメールによると一層の不正通行には注意するとの内容の返信があっただけである。一年を過ぎると証拠書類の運転日報も保管義務がなくなるのでそれを待っていたかのような動きで、証拠がないと言わんばかりにしている。

詐欺の告訴は7年の猶予期間があるが、不正情報を知り得て、確認できた複数回でもいいから警察に告訴すべきで、あとは警察が捜査権を持って調査できることをあえてやっていない。開業から一年分くらいの運転日報はこちらで保管しているのが現状です。
 
 
≪二つ目≫
ハロー観光バス株式会社の運行管理者の不在における名義借りと、点呼の不実施及びあたかも点呼をしたかのように作成している点呼記録簿、そして、運転日報の運転手の入れ替による偽装の運行日報作成です。

運行管理者の資格をもっている仁禮ヨシノブ氏は別の会社出サラリーマンをしながらハロー観光バスの運行管理者として点呼執行者として名義を貸し、新留広志氏が仁禮氏の印鑑を使い偽点呼記録簿を今現在も作成している。

運転手に関しては系列の(有)ハロー11零(110)運転代行社の代行運転手と別の個人の代行運転手とか、以前の今は廃業して実在しないですが「錦江高原ホテルの送迎運転手などを登録して運転させています。

運転手で新留広志が運転しても運転手名は運行が終わるまで無記入のままで、運行が終わってから息子の新留誠が運転したように記入作成している。

なぜなら、当運航行の点呼が行える運行管理者及び補助者が当運行の運転手と兼務すると違法となるためである。新留が新留自身をを点呼したように作成し、点呼簿を作成している。また運転手は点呼を受けることなく前もってバスに置かれた運行指示書をもって運行しているのが実態である。

もちろん、運行が終わってからのアルコールチェックを含む点呼なんてしたように偽装して点呼簿記録作りだけしている。
管理者統括運行管理者は新留広志、運行管理者は仁禮ヨシノブ氏、補助者は両事務員の坂元幸子さんを補助者として登録。

仁禮ヨシノブ氏は全く別の会社に働くサラリーマン(倉庫商品管理?)でそちらを休んで点呼にくるわけでもなく、もちろん、勤め先には運行管理者資格の名義貸しと、系列の運転代行社でのアルバイトの運転も会社には内緒であると思われる。

運行管理補助者の坂元幸子さんも月曜日から水曜日まではハロー110運転代行社、木曜日から土曜日半日まではハロー観光バス勤務として、やってもいないバスの点呼業務をやっているように、代表取締役社長新留広志が印鑑を使い偽装して記録している。九州運輸支局鹿児島には連絡済みではあるが、書類の不備がなければ捜査権がない為そこまで追求できないとのことでした。
 
 
≪三つ目≫
(有)ハロー110運転代行社の脱税疑惑です。
情報先は●●の●●●●担当の●●●●からの確実な情報です。

まず、代行車両2人1組の売り上げ日報から運転手A,Bの取り分それぞれ35%、20%とし残りは45%は会社の収入とします。
運転手A,Bの取り分からそれぞれ代行保険他手数料として750円、600円を差引、その日の運行が終わった後の早朝に支払います。

運転手の方々も確定申告される方はほんの一部であることをいいことにか、差し引いた1,350円/1台、多い時で20台前後で、一日1,350円×20台=27,000円を会社の収入に記帳することもなく、もちろん、運転手A,Bに支払った証拠書類もなく裏金としている。

税務署には運転手A,Bは個人事業主として扱っているとのことで、保険証が必要としている人は確定申告しているが、差し引かれた750円、650円の処理は実際に受け取った金額を収入としている人は確認できたが、各自の判断で処理も同じではないということでした。

一日27,000円として年中無休で売り上げに関係なく手数料で差し引きしますので、単純計算で一ケ月:27,000円×30日=810,000円となった月も多かったと思われます。年間1,000万円近くの裏金をこさえているときもあったと思われます。

また、運転手が自尊事故を含めてお客様の車を損傷した時も、修理代金として現金出一括又は分割で代行運転代から差し引く等しており、これも預り金として帳簿に記載することもなく、しかし、修理工場に払った修理代金の宛先はしっかりと(有)ハロー110運転代行社で領収をもらい、経費としています。もともと運転手が弁済金として支払ったお金で領収証は会社に経費として処理しております。いずれも鹿児島税務署は情報を記録してわかっておりますが、一向に動く変化もありません。
 
新留広志自身が納税貯蓄組合、鹿児島法人会、鹿児島ライオンズクラブに在籍しており数年前、学生の「税の作文」の活動をしたのが熊本国税局の局長表彰を鹿児島税務署などの推薦を受け受賞しており、鹿児島税務署にしては自分らが推薦した業者を摘発することを躊躇していると予想できます。
 
しかし、こんな不正を代行保険が始まってからということですが、ずっと不正をやっているにも関わらず、税務担当の税理士法人甲南総合会計は新留広志の話をそのまま信用して不正の実態を全然知らないみたいです。
 
以上の3件世間調査してに公表してください。長文、誤字や変換ミスあるかもしれませんがよろしくお願い致します。

 

スタニングマーケティング阿部大地郎と仲間たち
スタニングマーケティング阿部大地郎と仲間たち

もう一つの詐欺の話。こちらは、スタニングマーケティングの阿部大地郎が、ハンドキャリーでシンガポールに金を運んでいるという投書。運んでる男の名前が「入部」と書いてあるから、国税は早速調査すべき事案であろう。

こちらも「消費者庁取引対策課」から、「特定商取引法に違反するおそれのある営業方法の見直しについて」という事務連絡が入ってるぐらいだから、まともな会社でないことは、わかろうというもの。

「パシャセレブ」なんて、名前からして、如何にも胡散臭い。この会社が何をしているかというと、「オークション商品を写真に撮り、その写真を加工して、別のオークションサイトで利益を乗せて転売する仕組み」を、紹介、販売しているのである。

これだけでも規約違反に抵触する可能性は高いが、さらに、「スマホで写真を撮るだけ。たった3分間の作業で、初月から40万稼げる」という謳い文句で客を誘い、「稼げるまでアドバイスする」と約束しながら、契約したあとに、電話をすると、問い合わせ先が違うとか、自分で勝手にするようにとか、売りっぱなしで逃げるのだそうだ。

一般向け177、000円コース。特別クラス397,000円コース。パートナークラス970、000円コースがあるらしい。因みにパートナークラスの970、000コースでは、簡単な作業で100万円稼げて、しかも保証付きとの説明をするらしい。

だいたい、人が売りに出してる商品を勝手に角度を変えたような形で撮り直して、それに利益を上乗せして売りに出すという行為が、そもそも罪になるんじゃないのかね。出品者の了解を取ってないのだろうし。その上乗せした差額が儲かるという話なんだろう。

誰でも勝手にやって違反でないというなら、個人でやればいいだけの話である。要はテクニックを使った嘘を売ってるだけで、どこから見ても詐欺である。商材を変化させることで、如何にも本当のように見せているが、山本一郎の金を出資して、配当を払う、というやり方と、実質的には何ら変わらないのである。

パートナークラス970、000円コースに入ると、100万円稼げると保証して勧誘しているのである。山本が一か月で10割保証すると言って、返さないのと同じではないか。

何で警察はこいつらを逮捕しないんだろう?若者を集めては、各地でセミナーを開いて、山田佳宏というのが嘘八百の講演をしてるらしい。

会社の仕組みがどうなってるのか知らんが、山田佳宏はメディアイノベーションに所属し、そこの社長は早野康幸というらしい。パシャセレブに抗議の電話をすると、高村というのが責任者だという。

こいつらは商材の仕入れが0だから、売り上げがまるまる儲けである。だから、阿部大地郎は、大金をハンドキャリーでシンガポールに「入部」を使って運ばせているのか。いずれ仲間内で金の配当でトラブルになるだろうから、今から逃避の準備だな。これから要注意な奴らである。

画像クリック
起業勧誘詐欺とdots小口祥太郎

起業勧誘詐欺とdots小口祥太郎

起業勧誘詐欺として、コンビニ店のアルバイト店員のような若者に起業を持ちかけ、資本金などと称して現金を騙し取っていた男が、大阪府警に逮捕された。

被害者は20代前半の学生が多く、消費者金融を利用させたケースもあったという。大阪府警が積極的に特殊詐欺犯罪撲滅に取り組んでるのに対し、警視庁の動きは遅い。

犯罪の数が違うから、一概に比較は出来ないが、首都であることを意識し過ぎて、犯罪者に対する「人権」を気にし過ぎてるのではないか?明らかに犯罪ではないの?というような、事例や証拠を出して記事にしても、なかなか取り上げられない。

本人たちはハラハラドキドキしているのであるが、悪銭の大金を持っているので、防衛に力を入れ、また一方でもみ消し工作にも動き、逮捕のタイミングを逃してしまうということもあるのである。

せめて疑いがあるような所は、呼び出して事実関係の有無ぐらい調べる必要があろう。ただその時に大事なことは、個人的な捜査、調査は禁止すること。警察OBとかが、対象者側から依頼され、個人的に相談に乗り、毒饅頭を食わされるケースもあり得るのである。

日経225先物システム販売会社として摘発された「NINE]グループの残党である、株式会社dotsの代表取締役をしている小口祥太郎も典型的な若者をターゲットにした詐欺である。

別紙資料で営業している小口祥太郎や細田涼太が商材に扱っているものは、金融取引法違反として摘発を受けてる会社の商材であって、会社は事業停止状態なのである。

そこの残党として、詐欺での儲けに味を占めた、小口等が隠れてやってるという投書である。若者相手だから金額も50万円以下に押さえ、金がない者には消費者金融を利用させるというのも、よく似た発想である。

被害者は多いようであるが、一人としての被害金額が低いので、取り上げられにくいのであろう。システム販売を行った段階で投資助言業の免許が必要になるのであるが、販売会社の経営者は、無知な若者が多く、「システムを売っているだけで、助言はしていないから、違法ではないし、儲かる儲からないは購入者の自己責任である」という発想のようである。

しかし、現実には「システム販売しただけで助言行為」と認定しており、違法行為となる。これらの行為は、金融庁、消費者庁のHPでも注意を呼び掛けているのであるが、なかなかなくならなのが現実である。厳罰が必要である。

投書(画像クリック)


主要幹部


売買契約書


確約書

契約書面

 

おいっ、小口!!

 

オレオレ詐欺の受け子に無罪判決は如何なものか

オレオレ詐欺の受け子に
無罪判決は如何なものか


オレオレ詐欺の受け子が捕まったにも拘わらず、福岡の裁判所で無罪判決が出た。騙された振りをしたお婆さんが実際に騙されていないとか、その被害未遂電話があった時間より、受け取りを指示された時間が後だったから、犯罪構成要件が満たされていないということらしい。とんだ屁理屈である。

裁判官は「騙された振り作戦」を(日本では禁止されている)「おとり作戦」と見做したのかもしれない。裁判官は警察官の法の拡大解釈や乱用に一石を投じたかったようであるが、その被疑者は受け取りに行ったわけだから、仲間と思われても仕方なかろう。

その先が逮捕されてないということは、頼まれたのは知らない人となる。普通知らない人に、宅配物や郵便物の受け取りを頼まれて取りに行くか?いくらか貰うとか報酬が対価としてあったんだだろう?そうでなければ、知能指数が足りないということだろうよ。

外国から覚せい剤を運んで見つかると、知らない人に頼まれたとか言って、無罪になったりするケースがあるけど、あれだって普通はあり得ない話である。

いま社会の大きな関心は暴力団の壊滅とオレオレ詐欺を始めとした特殊詐欺の撲滅である。役所や警察からのチラシ等にも、高齢者の方への啓蒙は多い。

今回は84歳の老女が警察に直ぐ通報し、警察の「騙された振り作戦」に協力して、やっと逮捕にこぎ着けたのに、その協力が無になってしまうではないか。

一般の人が警察に協力することは、大変勇気のいることである。犯人からの仕返しに対する恐怖は、尋常ではなかろう。それを勇気を持って協力したのに、屁理屈をこねて無罪にされたのでは、「騙された振り作戦」は急速に尻すぼみとなろう。

詐欺罪に対して刑の軽い現状では、オレオレ詐欺は「やり得感」があって、一向に減る気配はない。そういう意味では、「騙された振り作戦」は有効な手段で、確実に成果を収めていた。今、作戦は始まったばかりで、まだ乱用という所までは至っていない。

これではオレオレ詐欺者を喜ばせるだけではないか?「おとり作戦」と「騙された振り作戦」は全く違う。おとり作戦は、最初から潜入も含めて、ターゲットを絞り、その証拠を集める為に捜査することに対して、騙された振り作戦は、実際に犯罪が起こってから、その人の機転で警察に通報し、警察の指示で動くことにより、犯人をおびき寄せ、その現場を押さえて逮捕するという手法である。裁判所は、実害がでていないとか、被疑者が受け取りを頼まれた時間差とかを無罪の理由としているが、要は、「適正手続法違反」であると言いたかったのであろう。

よく覚せい剤所持で逮捕されて、現実に覚せい剤を持っていたとか、車の中から覚せい剤が出て来たとかいう話なのに、たまあ〜に、無罪の判決が出る時がある。裁判所に逮捕状を請求する手続きをしないまま、ガサ入れをして物を見つけたり、逮捕したりして、「適正な手続きを踏んでいない」と、罪に問う資格そのものが崩れ、裁判そのものが成立しないという、ことがあるらしい。

庶民から見れば、結果的に探していた場所から違法な覚せい剤が出たんだからいいじゃないか、と考えがちだが、法はそうではないらしいのである。法律家ではないので、難しいことはわからないが、犯罪者が得するような法律・判決であってはならないような気がするが、如何か。

もう一つの詐欺の話。こちらは、スタニングマーケティングの阿部大地郎が、ハンドキャリーでシンガポールに金を運んでいるという投書。運んでる男の名前が「入部」と書いてあるから、国税は早速調査すべき事案であろう。こちらも「消費者庁取引対策課」から、「特定商取引法に違反するおそれのある営業方法の見直しについて」という事務連絡が入ってるぐらいだから、まともな会社であることは、わかろうというもの。「パシャセレブ」なんて、名前からして、如何にも胡散臭い。


 

東京ドリーム学園の本部長と事務局長

東京ドリーム学園の本部長と事務局長

東京ドリーム学園の悪事が全く衰えを見えないらしい。教職員の前で、自分たちの後ろに、如何に大きな暴力団が控えているかを強調することで、教職員を脅しているというから、もう末期症状であろう。東京都も今は、築地市場の豊洲移転問題で叩かれてるが、その不正に絡んだ者はほんの一部のトップの者で、多くの都の職員は関係ない。職員の皆さんは、自身の持ち場で凛として、任された仕事を遂行すべきである。

ドリーム学園が、学校の体を成してないというのは、もう何年も前から指摘されたことで、犯罪者に食い散らかされてる現実は、何度も資料絵解き付きで報じた。

当時は、弁護士も含めた協力者が何人もいたので、表沙汰に成りづらかったが、金の切れ目は縁の切れ目で、だいぶその不正もわかり易くなってきた。

貝原秀輝が、売買が思うように進まないため、痺れを切らして理事長に返り咲いて、5月からの三か月だけで、学内に有った2億円が消えて無くなった、というのが、今までの話だった。

その後の情報が入らなかったのと、KKC山本一郎詐欺情報の方が緊迫状態というのもあって、ドリーム学園記事を控えていたら、記事が出てなかったことを良いことに、言いたい放題言っているそうであるから、その一部を報告したい。


【佐藤仁本部長、遠山賢一事務局長の話】
1、8月の当紙ブログに「投稿記事」が載ったことを受けて、直ぐに巣鴨警察へ営業妨害及び名誉棄損で被害届を出した。

2、巣鴨警察の受理印が押された告発状を持って、両氏が敬天新聞に乗り込み白倉氏と面談した。

3、元々、白倉氏と佐藤氏は面識があり、金銭をある程度支払うことで今後当校に関与しないことを約束させた。

4、敬天新聞が誰から依頼されたかも聞いたので、こちらは弁護士を入れて提訴する準備に入っている。その際、白倉氏から依頼者についても一筆もらっている。

5、佐藤氏いわく、敬天新聞は新橋界隈でのさばってるだけのエセ右翼であるから、貝原氏のバックとは比較にならない。街宣車はヤクザからのリースだから、簡単にドリーム学園には出せない。それに貝原氏のバックが抑えているから心配ない。その証拠にその後、敬天新聞から記事は出ていない。出ても申し訳程度のものしか出ないように話がついている。

この他に、「内部告発しても、東京都・文科省とも、すでに話はついているので、スパイの人は時間の無駄だから退職した方がいいですよ」と教職員を前に朝礼で話したそうである。9月2週目の話だそうである。

投書には「事実と異なると信じて連絡させて頂きました。我々は皆、動揺し落胆しましたが、貝原氏、佐藤氏のハッタリであると信じています。どうか我々の声を聞いて下さい。あんな寄生虫たちの話など聞かないで下さい。今いる学生が不憫でなりません。できれば学校を閉鎖することに尽力いただきますように、宜しくお願いします。職員一同。」とあった。


【白倉康夫の回答】
なるほど。貝原一味の嘘だらけに驚いています。9月号新聞にドリーム記事は掲載したばかりです。私は佐藤仁という男は全く面識はありません。

それにドリーム学園記事は二年近く書いておりますが、途中明らかに自薦と思われる詐欺師らしき者が尋ねて来たことはありますが、その者たちにもハッキリと断っております(そのことも過去に記事にしている)。その後誰からもこの件で話はありません。

佐藤と遠山が敬天新聞社を訪ねてきて私に会って、金銭を払うことで合意したとか、和解書を書いたとか、こいつらバカじゃないの?みなさんを騙す自作自演の偽造書類です。コピーを貰って送って下さい。そしたら私が被害届を出して訴えてあげますよ。

詐欺師はこのくらいの演出は平気でします。山本一郎を御覧なさい。強盗まで演出していますよ。貝原のバックが誰なのか知らないけれど(昔は工藤会の名を良く使っていたとは聞いた)、そのような所から連絡が入ったこともありません。

街宣車を出さないのは、基本的に学校とか病院での街宣は禁止なので、法律を遵守しているだけです。この記事が、申し訳程度の記事に当たるのか、そうでないのかは、見解の相違でしょうが、また書かれた時の予防線を張ったのでしょう。

教職員の皆さんも、KKCの被害者の皆さんのように、バンバン録音して証拠を集めないと、言った言わないの、水掛け論になって、証拠になりません。佐藤たちも自分で「貝原氏のバックは大物暴力団」であるかのようなことを言って、自分たちもその仲間であることを認めてるわけですから、警視庁、文科省、東京都に積極的に、相談すべきです。

この言動一つ取っても、学校経営に携われないことは明らかです。私はあくまでも第三者的に貝原たちの悪事を拡散することしかできません。当事者が頑張るしかないのです。メディアを積極的に回れば、中には耳を傾けてくれる人も必ず出てきます。

悪党と対峙するときは、挫けない心と凛とした対応が大切です。頑張って下さい。


 

LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< October 2016 >>