草津町議会での町長と女性議員の嘆かわしい論争
草津町議会での町長と女性議員の嘆かわしい論争

群馬県草津町の町長が、町長室で強姦されたと言う女性議員が訴えていた話を事実無根と「名誉棄損」で刑事告訴したそうだ。誰か見ていたのならともかく、誰も見ていなかったのであれば、水掛け論になる可能性もあろう。

しかし、どう考えてみても、女性がわざわざ嘘を言ってるとは思えない。町長に対する恨みでもあれば別だが、女性が嘘を言って得することは何もないだろう。被害者ではあるが、好奇の目で見られるだろうし、それに田舎では町長と言うのは、とてつもない実力者、権力者という者が多い。そういう者を告発すると言うのは、多大なエネルギーと勇気が必要なのである。

4年前の話のようであるが、地方の町でのできごとだけに告発するまでには相当悩んだことだろう。おそらく時が過ぎてることに、町長は自信を持ったのだろう。

普通こういう事件は、襲われた女性が襲った男性を訴えるものであるが、今回は逆で、しかも罪名は「名誉棄損」である。まー、強姦が事実であっても、名指しで記事化すれば、在略起訴(罰金)ぐらいはあるかもしれないね。

町長が言ってる「全く事実無根な話」なら、この女性町議は妄想家として、今後の人生の設計に大きな支障を来たすだろう。そこまでのリスクを考えれば、とても嘘を書いたとは思えない。

それに当然ライターも、そのリスクは考えて書くだろうし、嘘であればその不自然さを途中で感じたことだろう。ここまでオープンになったのだから、この際女性町議も、町長を「強制わいせつ罪」で、刑事告訴すればいいよ。4年前の出来事だから、まだ告訴有効期間内じゃないかなー。

町長も墓穴を掘ったかもしれないなー。電気書籍とか言うのを読んでみたい。まさか、二人の出来レースで、書籍の宣伝ではないだろうなー、と思う人もいるかもしれない。

という感想記事を書いていたら、町議会で女性市議を除名にしたらしい。理由は「議会の品位をきず付けた」ということらしい。これでまた、町長に忖度か?どちらが真実か?と、小さな地方だけの話が、一気に全国区の話になろう。

これこそが「桜を見る会」の話が薄くなっていく(忘れ去られていく)理由であって、沢尻エリカの逮捕がどうの?ということではない。今の時代は昔と違って、地方の話も瞬時に全国に広がる。

新聞やテレビが発表したことしか知らなかった出来事が、今はみんなが発表する時代だから、事件の数が格段に増えたように錯覚するのである。

そして物言わぬ民と言われた人たちが、物を言う時代になってきた。それも非力と言われた女性が物を言う時代になったのである。それを地方では未だに、錯覚しているような気がする。

この群馬の事例は、そんな一例に見えてしまうのである。ホッとしたのは群馬県警が、現時点でこの名誉棄損を受理していないと公表したことである。
 
メガソーラーで炎上か?VEGAの台所事情
メガソーラーで炎上か?VEGAの台所事情

化粧品・健康食品販売のマルチ商法のベガは、この商法の限界を感じているのか、色んな分野に手を広げているようである。今色んな所で問題噴出の太陽光発電事業システムにも力を入れている。

先日入れ歯の影響なのか聞きづらかった話をよく聞いたら、熊本県の水俣市でやってる太陽光事業の話だった。5年前から始めた事業らしいから、国が買い取る電気価格がまだ高い時の事業みたいだから、投資に金もかかったろうが、これから儲けが出る頃である。

ところがベガは20年の借地契約をしたにも拘わらず、何故か5年分の前賃料しか払ってないのだそうである。通常、太陽光事業などを営業する場合は5年では元は取れないために、最低でも10年や20年は継続になる。そういうこともあって、借地契約が成立した場合、その契約年数の全額前払いと言うのが常識である。

安全・安心な環境事業に力を入れていると会員向けには綺麗ごとを謳っているが、現実には産廃ゴミ廃棄問題(子会社「北斗」がきちんと決められた手続きをしないで、他県の山に産廃ゴミを廃棄して社員が逮捕された。そして今もそのゴミを回収していない)と言い、この太陽光発電システム事業と言い、とてもスマートな経営とは言い難い。

地主のY・Uさんは、「借地貸与の再契約はしない」と、言っているそうである。ここは、何カ所かベガがやってる太陽光事業の中でも、大きな事業所の一つだそうである。

今、太陽光事業はあっちこっちでトラブってるようだ。弊紙で連載している和歌山県すさみ町の話では契約者が「殺人未遂」の過去を暴かれてるし、また町長が賄賂を貰った疑いまで出ている。

長崎県の南島原市では市議会議員が、業者から賄賂を要求した罪と恐喝未遂で逮捕起訴されている。太陽光事業の投資詐欺も相変わらず多い。流行りものには、注意が必要である。

ベガの話に戻るが本命の化粧品販売でも、トラブルが発生しているそうである。長崎県佐世保市で売り上げトップだったH・Mさんがプレッシャーで脳卒中で倒れ、現在リハビリ中らしい。

H・Mさんは姉妹で長く売り上げ1位、2位を独占するほど、ベガに貢献し、暮れの総会のパーティーでは表彰の常連だったそうである。筆者は、この元ベガの会員であったH・Mさんをよく知っていると言う方の紹介で、近々佐世保まで足を延ばして取材に行く予定である。

H・Mさんが常連として表彰されていた総会も今年は12月10日と決まり、福岡のホテルニューオータニで、岡本真夜というタレントを呼んで盛大に行われるらしい。濱野隆一郎会長や富塚加奈子社長には、会員の皆さんに是非とも真実を語って頂きたいものである。

VEGAホームページ(クリック)


濱野会長夫妻


富塚加奈子社長


螢戰本社






 
30本で24、520円の水でボロ儲けのバナH
30本で24、520円の水でボロ儲けのバナH

バナHは義理の息子に社長をやらせているエネコホールディングスが水で走る車を初め、全てのエネルギーをすべて水で補う世界初の画期的な会社だから、株式上場した暁には「初値が1億円は超えるだろう」と大法螺を吹きながら、投資を募り現在598億円集めている石山久男会長であるが、配当を約束してるわけではないので、行き詰らないことをいいことに、相変わらず本社での講演では言いたい放題で、サクラらしき関係者に囲まれて、一切の質問は受け付けないのだそうである。

しかもスマホでの録音や動画などでの拡散を恐れているのか、講演会の会場には一切携帯などの私有物は持ち込めないのだそうである。だからお得意の「夢のような話」のオンパレードで、それを聞いてるおじさま方も、まるでスターを間近で見た女子高生のように、うっとりして感激に浸り、帰りの車中で「俺は、もう一口入るよ」と言う話になって、気づいたら10口も入会してたという人もざらだと言う。

そりゃーそうだろう、130万円投資したら、来年には1億円になって返って来ると言われれば、誰でも投資したくなるよ。それも躊躇もなく流ちょうに、しかも自信と確信を持って言われたら、誰でも信じてしまうだろう。

ところが、現在儲けて儲けて仕方がないのは、投資で預かった「代理店」の130万円ではなく、代理店になったら「1ケースに6本入った水を5ケース仕入れることが条件」なのだそうだ。そして、その金額が36、120円で、何故かその中から、11、600円がキックバックされるそうである。

と言うことは、30本の水が24、520円である。1本あたりの価格は817円である。そこら辺では1本100円の水が817円である。「地球上で唯一天然の水素とケイ素が含まれている」という売りの水だから、仕方がないと言えば仕方がないかもしれないが、それを強制的に毎月送られて来て、自動的に36、120円引き落とされて、同時に11、600円振り込まれているのである。

添付画像は、それが証明されてる通帳のコピーである。この販売量なら消費税も凄いと思うが、ちゃんと払われているのだろうか?どちらが払うのだろう?いま会員が46000人らしいから、×ことの24、520円=11億2792万円である。毎月水の売り上げだけで、11億も稼いでることになる。

はは〜ん、だから岡庭宏行さんとか、島村貴利さんとかいう税務署の元署長とかを役員に入れているのか。少しづつ中身が見えてきたなー。

敬天新聞12月号(更新!)

敬天新聞12月号(更新!)  
 

令和元年天皇陛下御即位を謹んでお慶び申し上げます(一面)  
 
タダより高いものは無い?
当選商法日帰りバスツアー(二面)
  
 
阿形充規先生傘寿を祝う会・11/21
第30回記念禊祓厳修会11/23黒山三滝(三面)
  
 
敬天新聞12月号 社主の独り言(辛口)(四面)  
 
敬天新聞・鋭意調査中、1行案件  
 
  更新しました!

臭い物に蓋をする!螢戰の濱野隆一郎会長
臭い物に蓋をする!螢戰の濱野隆一郎会長

化粧品・健康食品のマルチ商法販売のベガ(富塚加奈子社長)は未だに鹿児島県志布志市の山中に捨てた産廃を、「当時の担当役員が個人的にやったこと」と言って、知らぬ存ぜぬを決め込んでいるらしい。

しかし会社は紛れもなくペガの全額出資子会社で、濱野隆一郎会長も役員として入っていたし、何より側近の薙野空(なぎのたかし)氏が産廃会社「北斗」の社長だったのである。

産廃の廃棄場所として事件化されたのは、鹿児島県の志布志市山中だけであるが、北斗本社(今は転売している)にも、あるゴルフ場にも産廃を埋めているそうである。

濱野隆一郎会長は、「自分は産廃を違法に捨てたことは知らなかった。(当時担当役員であった)原が勝手にやったこと」と、言ってるらしいが、当時自分が個人的に所有していた土地4カ所に、「あそこにはゴミを埋められないか?」と原氏に相談したこともあったらしく、その時は逆に「そんなことしたら逮捕されますよ」と、原氏に諫められたという過去もあったと、原氏が証言してるぐらいだから、ゴミを土中に廃棄するということに対して、あまり罪悪感を持ってないようである。

だから鹿児島県から措置命令が出てる名簿の中に、自分の名前が載ってても実感(自覚)が湧かないのだろう。担当役員が刑事罰的に逮捕されて、犯人だと名指しされたとしても、「捨てたゴミを掘り返して、ちゃんと処分しなさい8000トン」と役所から命令をされたところで、個人でできるわけがない。

だから、法人としての北斗や社長であった薙野空(なぎのたかし)氏、北斗の実質的経営者である濱野隆一郎会長も、措置命令の名簿に載るわけでしょう。

それを「俺は知らない。俺は関係ない。」と逃げまくっていたら、ベガの会員さんはガッカリしますよ。普段、「環境に優しいベガ」を強調している姿勢と、全く真逆じゃないですか?

もう一つ、入った情報ですが、「ベガソーラー」だか、「メガソーラー」だか、名前が聞き取りにくかったんですが、太陽光事業もやられてるそうですね。

その土地を10年契約だか、20年契約だかで借用されてるそうですが、最初の1年分だけ払って、あとはまだ払ってないとか言ってましたよ。

話をされた方が老人力の進んだ方で、入れ歯が合わなかったのか、今一聞き取りにくかったので、再度聞きなおして掲載します。このベガソーラーも責任者は薙野空氏だそうですね。

ひょっとすれば、この話は濱野隆一郎会長は知らないかもしれない、とも言ってました。理由は都合の悪いことは、薙野空部長が忖度して言わないようにしてるからとか、言えないとか、言ってました。

それから富塚加奈子社長の浮気の話や過去の男関係を投書で送ってくる方、「何で俺の投書が載らないのか?」と思われてるかもしれませんが、今はベガのゴミ問題・社会問題を訴えていますので、何回送られても当分は掲載できません。情報としては受け付けます。

べガって、今は化粧品・健康食品販売よりも、貸しビル業が本業だそうですね。濱野隆一郎会長ご夫妻や富塚加奈子社長は、地元名士として「桜を見る会」に招待されたんだろうなー。いいなー。誰の推薦だったんだろう?

失礼しました。最後の1行は筆者の推測です。

螢戰本社


濱野会長夫妻


富塚加奈子社長
土俵際のパワハラ相撲の是非
土俵際のパワハラ相撲の是非

相撲の取り口に品がない白鵬がまた優勝した。あれだけ批判されてる張り手やかちあげを止めないのである。遠藤戦の時は特に酷かった。左から張って、右から張って、それでダメならかち上げである。あれでは相手は勝負にならないだろう。

特に白鵬のかちあげは、かち上げと言うよりエルボー(肘打ち)である。だいたい張り手と言うのは、同等の立場か、それ以下の者にしか使わない技である。

間違っても上位の者に使える技ではない。白鵬に対して心の中では使いたいと思っていても実際には使えない技なのである。それを解っていて、容赦なく使っているのである。

何度か横綱新議会でも問題にされたが、暖簾に腕押し、馬耳東風なのである。それこそ取り直しとか、2回続けたら負けとか、罰則を与えてもいいほど醜い相撲である。

「あれも勝利への執念。他が見習うべき」と言う人もいよう。しかし、相撲界のしきたりとしての上下関係から見て、下位の者が上位の者に使えないのは明らかな技であるのは常識。それなら、今の相撲界では、白鵬だけの特権技である。

それに、白鵬のかち上げはエルボーである。通常のかち上げは、当たる瞬間下から上に腕でかち上げるのである。ところが白鵬のかち上げは、時に肘で上から下に打ち下ろしている場合がある。

遠藤との相撲が正にそうだった。あれは相撲の技ではない。審判はしっかり注意するべきである。強いのは誰でも認めるが、横綱には強さの他に品格が必要である。

朝青龍や日馬富士と違って、見た目がソフトだから得をしているが、ダメなものはダメと言うべきであろう。親方も現役時代横綱だった人が少なく、直接苦言を言えないのだろう。

解説で人気のある北の富士さんみたいなOBに言ってもらってもいいんじゃないか?現実に北の富士さんもコラムで白鵬の品格の無さや立ち合いに汚さを指摘している。

北の湖さんや千代の富士さんが生きていれば注意できただろうし、貴ノ花が辞めてなければ・・・。しかし現実には、タラ・レバは無い話。ここは、大相撲に関連している人たちがハッキリと言うべきことを言うことである。

協会にすれば、看板である強い横綱は必要だろうから引退を勧告するには痛し痒しなのだろう。伝統やしきたり、格式や厳しい上下関係、そういうのを乗り越えた上で強くなるプロスポーツで耐えて強くなれるには、根本的にはハングリーさがなければ先ず生き残れないし、大成はしない。

衣食住が足りて、生活には困らない環境の中で、日本人の相撲取りが横綱になるのは夢のまた夢。なったところで、その時が終着点で終わってしまうのではないか?

あまり相撲は見ないので関取の名前はよく知らないが、この関取はいい相撲取るなーとか、この相撲取りは強くなりそうだなーとか思う相撲取りは、殆どモンゴル人である。

やはり、「故郷に錦を飾る」という大志が、苦しさを乗り越える支えになっているのであろう。日本人が何処かに置き忘れてしまった大事な忘れ物を、彼らは未だにしっかりと持っているのである。
バナHの伏線?投書が示す国家公務員の天下り
バナHの伏線?投書が示す国家公務員の天下り

投書(クリック)

火曜日ブログで、胡散臭い石山久男氏のバナH水の話を書いたら、偶然にも石山久男氏の娘婿の山本泰弘氏が代表のエネコホールディングの投書が送られてきた。この娘婿の山本社長と言うのは、口八丁の石山久男爺さんに比べたら、元パナソニックに居た優秀なエンジニアだそうである。

その優秀なエンジニアの名前と技術を利用して、口八丁の義理の親父が会社に関係なく「自社の水には世界で唯一、水素とケイ素が入っている。天然で水素とケイ素が含まれた水が採水できるのは、地球上でここの井戸だけ」と言って、金を集めているのである。

だからこの投書には「それなら近くにキューピーマヨネーズの工場があるから、ひょっとしたらキューピーマヨネーズにも水素とケイ素が含まれてるかも?」と書いてある。

どのくらい井戸の大きさか知らないけど、毎日何千本分の水を採水してたら、直ぐに井戸は枯れてしまうだろう。ここで投資家は「この投資話は嘘」と気づくべきである。「地球上で唯一ここだけ」なら、もっと話題になるだろうし、国が投資し保護するだろうし、世界からも注目されるだろう。

こんな貴重な話なのに、知っているのは投資した代理店の会員だけである。代理店が一年前で、4万6000人だったと書いてある。代理店になるのに130万円かかるから×46000=598億円を集めた計算になる。

そして、「来年は上場、来年は上場」と言って、10年は過ぎたらしい。これが長く続いてる理由の一つとして、配当を謳ってないからである。

しかし、夢は普通の詐欺投資より100倍も多い「130万円の投資で1億円」である。あくまでも上場する予定の会社(エネコホールディングス)が初値で1億円を付けた時の話であるのだが。

だからこの投書にあるように、官僚を天下りさせて、会員を信用させているのだろうか?ただ岡庭宏行氏も島村貴利氏も税務署長あがりの人のようである。「金の管理にはご安心を」という会員へのアピールかもしれないけど、石山久男会長は粉飾決算も得意のようだし、この二人の補強だけでは安心できないなー。

投書資料が何を言いたいのかよく理解できないので、詳しい説明の出来る方、ご教授下さい。


 
最新・【投稿】その45「旭電業(株)も和歌山県すさみ町も、蝪腺咤法Χ隶耆気箸侶戚鵑蓮▲灰鵐廛薀ぅ▲鵐垢膨饋┐垢
【投稿】その45
旭電業(株)も和歌山県すさみ町も、
蝪腺咤法Χ隶耆気箸侶戚鵑蓮
コンプライアンスに抵触する


★町政をはめた罠は刑務所からの指示=町政を腐敗させた大元は「悪の指南役」


―― 話を戻します。和歌山県すさみ町・岩田勉町長に言ってやりたい二つのこと、残りのもう一つは何でしょうか?

川村氏:「ふたつめは『駒井には悪の指南役がいて、その言う通りに町政を篭絡した』ということです。それは刑務所から懲役囚が指示した方法だったんです。
和歌山県すさみ町との契約、町政を篭絡して、指定暴力団の資金源にまで育てたこの手法は駒井裕のアタマではできません。

駒井裕本人も『僕は発達障害だと医者から言われました』と私に告白していました。小・中・高校の五段階評価で数学は5でも国語は一貫して1だったと言っていました。『社会人になっても相手に言葉が通じなくてカッとなって喧嘩してしまう。嫁はんとも喧嘩ばかりです』と言っていました。話し方も起承転結も主語さえもなく、いきなり結論だけ。暴力的に聞こえる話法です。駒井裕の話を理解出来るまで2年は掛かりました。理解と言っても完璧に聞き取ることはムリでした。

この『発達障害で相手に言葉が通じない』と自己申告している駒井裕が、経験の浅い営業トークなど行政に対してうまく出来るはずがない。駒井裕の元仲間の証言によると、和歌山県すさみ町での交渉は、元奈良県生駒市議会議員の酒井隆氏が指南したとおりに駒井裕はやっていたそうです。駒井裕に同行した元仲間が主として営業トークをして、駒井裕は横で黙っていたそうです。その様子が元雇用主であった私には目に浮かびます。

酒井隆氏が刑務所に服役中だったために、指示は刑務所内から酒井隆の息子が伝令で駒井裕に届けていたんです。その指示通り、すさみ町での交渉は駒井裕の同行者が話した。岩田町長に言いたいのは、『刑務所内から懲役中の囚人が指示したとおりの交渉だったのですよ、そのとき罠にはまったんですよ』ということなんです。」



―― 賄賂行政のプロが犯罪者・駒井を媒介して「贈収賄」の菌をすさみ町のすみずみに感染させたわけですね?

川村氏:「駒井裕自身が周囲に得意になって自慢しています。『和歌山県すさみ町、岩田勉町長や上田町議に賄賂を渡して、思うような取引が出来た』とね。酒井隆氏は奈良県生駒市市議会議長当時、収賄を繰り返した『成功体験』があるから、手慣れていますし、自然とその方向に行ったということもあるのでしょう。懲りないどころか駒井のような走狗を使って技を磨いた。しかし、駒井の口にはブレーキがなく、こういうことだけは分かりやすく周囲に垂れ流していますから(笑)。それだけは誤算でしたね。
酒井隆氏は公共事業での、あっせん、収賄で逮捕され有罪判決で服役しています。(その獄中から駒井に指示をした。)岩田町長もその轍を踏まないようにしてほしいものです。」



―― 酒井隆氏は交渉上手で、長年、奈良県生駒市会議員で市議会議長まで務めていますね。

川村氏:「私が20年ほど前に老人ホーム建設等の相談で、奈良県県会議員から酒井隆(当時は奈良県生駒市会議長)を紹介されました。そのとき、議員室で酒井隆氏は微笑みながら席に深々と座り、生駒市職員に向かって『おい!コーヒー牛乳買ってこんかい!!』と命令していました。パンと牛乳を買いに行かせる中学生のイジメの場面に出くわしたようで仰天しました。管理職らしき職員を『使い走り』のように扱い、職員も怖がって酒井隆氏に従っていた様子には驚きました。

私が相談した『老人ホーム』新設の件は、酒井氏は『よっしゃ!ワシに任しとき〜な!』と快諾しました。そのあとは『ワシは初代のK組の親分と仲良かったんや!今は二つに分かれましたやろ。ワシはK会やのうて(*無くて)、S会側ですんや』とご自慢のヤクザ話ばかり山盛りでした。

私は当時、京都の人権擁護団体『崇仁・協議会』会長としての差別撤廃運動などの非営利活動とは別に、環境関係や建設関係の会社の代表取締役として、営利活動もしておりました。当時の企業社会は、一部上場のゼネコン企業などでも、地元の暴力団や、右翼や同和団体、プレッシャーをかけてくる議員などへの対処をする部署が必ずありました。」



★町民より岩田町長へのメッセージ「あなたも懲役いきますか?」

――いわゆる「業務課」と言われる部署ですね? グレーゾーンからブラック、議員への対応をする部署です。ゼネコンや不動産業界などには必ずあったと聞いています。

川村氏:「私も少なからず、様々な関係との付き合いを余儀なくされ、奈良県は京都の隣接圏であったことから、酒井隆氏の話はすぐに理解しました。暴力団の話題で盛り上がりましたが、これも営業の一環としての受け答えです。

『K会から火の付いた灯油カンを家に放り込まれた』など、組関係の分裂騒動で酒井隆氏がK組から(K会とS会に分かれたときに)、S会側に付いたことによって、実際に火の粉がかかったという武勇伝を聞かされました。私が当時K会側と交流があったためか、酒井隆氏とはそのような話題で意気投合しました。

当時は、関西でも特に奈良県は、県会議員、市会議員に元暴力団員の方がおられました。また、議員で全身に刺青の入った強烈な方とも知己になりました。しかし、現役の市議会議長と市議会室で暴力団の話題がメインになってしまったことには、少なからず戸惑いました。その一点を除けば酒井隆氏は話も上手く、頼りがいのある好漢という印象でした。市議会議長になったのも人望ゆえだと理解しました。」


何回か生駒市会議長であった酒井隆氏に『老人ホーム建設』の件を相談に行ったさいに、酒井氏から『中本市長にドミニク・フランスのネクタイ(*一本10万円以上の高級ネクタイでヤクザが好む有名ブランド)と、100万円包んで持っていってや。わしには200持ってきて。成功したら、後100と美味しい酒飲ましてや。会長(*川村氏)に頼んできた先はそれくらいのカネは出しますやろ!?』と露骨に賄賂を請求されて驚きました。

私は酒井隆氏に言われたとおり、百貨店でドミニク・フランスのネクタイ3本(45万円くらいだった記憶があります)と100万円を茶封筒に包んで、酒井隆氏から指定された日時に市長室に中本幸一市長を訪ねて、賄賂を渡しました。その後議員室で待っていた酒井隆氏に要求どおりの200万円を渡しました。『奈良県生駒市では慣習になっているな』と思いました。賄賂を受け取る仕事優先で酒井隆氏が引き受けて、中本市長と酒井市会議長とで強引にでも成立させていた。二人で市政を牛耳っていたため多くのゼネコンなどは窓口の酒井隆詣でをしていました。しかし悪事は続かないもので二人は公共事業でのあっせん、収賄で逮捕されています。


――酒井隆氏とのかかわりで「和歌山県すさみ町と蝪腺咤砲良垈腸鬚雰戚鵝廚忙蠅辰新舒泙分かって来ました。契約の裏側にはその道、犯罪のプロがいたんですね? 道は道でも違法な裏道ですけれど。

川村氏:「和歌山県すさみ町と、駒井裕の(株)ASKとの契約締結は、酒井隆氏の長年にわたる熟練した話術と手練手管によって成立したもので、旭電業(株)と駒井裕の蝪腺咤砲箸侶戚鹹結は、森田宇一の(株)東西電気(現在、(株)東西E&E)が信用供与したために締結できた。

この元暴力団員にして殺人・殺人未遂犯の駒井裕の信用調査が旭電業蝓△垢気瀋等でなされなかった裏側には、森田宇一が自民党員であったことも重要なファクターであったと思われます。

この酒井隆氏と森田宇一氏の後ろ楯があったことが、敬語も使えず営業トークもできず、見た目、話し方、すべてヤクザの駒井裕と企業、行政をつなげた。駒井裕の、ではなく酒井氏や森田氏の影響力がなければ、すさみ町との契約も旭電業(株)との契約もなかった。

この駒井裕との契約によって、和歌山県すさみ町と旭電業(株)は『コンプライアンス』という地雷を踏んでしまったのです。元暴力団員で現在は企業舎弟である人物から暴力団に資金を流している企業と地方行政ですから。その視点からみれば酒井隆氏と岩田町長には何の差もありません。

酒井隆氏も市議の時代から逮捕・服役を経て出所後は暴力団の企業舎弟なのですから、岩田町長が駒井や酒井氏と同じ企業舎弟になる、そういうことも近い将来は起こり得るんです。そういう可能性を感じる人もいるからこそ、町民さんの一人が忠告の意味を込めてでしょうか、『今は塀の上を歩いている岩田町長、あなたも懲役行きますか? そう言いたい』と申しておられました。」



―― 訴えておられるのは一貫して公共のコンプライアンスですね?

川村氏:「私的な恨みや駒井裕の暴力団時代の鬼畜な犯罪だけを根拠に警告しているのではありません。和歌山県すさみ町は駒井裕に騙されて町のエネルギーを金の形で奪われ、その尊いお金で駒井裕は愛人と豪遊し、海外旅行、変態プレイに興じている。尊い町のお金は住民の方たちではなく、駒井裕によって暴力団にも流れている。当事者であり目撃者である私には、それが見えているんです。そのことを岩田町長には伝えたい。冷静に考えていただきたい。

私も長年にわたり公共事業に携わった人間です。昨今、公共事業を始め、より厳しくなったコンプライアンスを鑑みると、駒井裕が代表取締役である(株)ASKとの契約など、コンプライアンスに抵触するどころか、普通の神経なら成立すらしないし、今後の継続もありえません。和歌山県すさみ町・岩田町長、旭電業(株)松岡社長は、(株)ASK・代表取締役である駒井裕の身体検査を怠った。
しかし、駒井裕の正体が白日に晒された今、(株)ASK・駒井裕との契約を打ち切り、まず旭電業(株)と直接に契約に変更することが岩田町長、松岡社長の役目であると思います。

和歌山県すさみ町の住民の方々は明らかな被害者です。
町行政そのものも病んでいるのが現状ですが、改善のためには、駒井裕とその(株)ASKとの縁を切ることが、病根を絶つ特効薬の処方箋となるはずです。
すさみ町のため、すさみ町の町民のために、住民の皆さん・岩田勉町長の冷静な判断で、すさみ町の太陽を真っ黒に染め私利私欲を貪り暴力団にカネを流し続ける駒井裕=(株)ASKを排除されるよう望みます」


(その46に続く)

ーーーーーーーーーーーーーーー

【敬天コメント】

何度説明しても自身の立場を理解できないでいる和歌山県すさみ町の岩田勉町長のために、噛んで含むように分かり易く、自身の経験まで交えて、川村会長が過去の贈収賄の話をしている。嘘だと思えば過去の新聞記事でも捲ってみればいい。

すさみ町で岩田町長の一強は理解できるが、だからと言って、町民に真実を話さない、教えない、説明しないでは、あまりに町民を愚弄してることではありませんか?

川村会長は、すさみ町が町有地を売り、太陽光発電事業の契約相手である駒井裕氏を「殺人者、殺人未遂者、強姦魔、盗っ人野郎、覚せい剤中毒者」と断定して訴え続けています。あなたが「契約は正常であり、何の問題もない人物」と評価してる人物に対してですよ。

普通なら、契約者を呼んで事情を聴くのが常識だろうし、連載を続けている弊紙も含めて、川村氏に対して法的処置を取るべきでしょう。町民が何も言わないことを良いことに、町民が忘れる作戦は決してベストとは思えません。

駒井氏は町が売った土地を、旭電業に15倍の値段で貸与していますよ。契約書には「最終事業者」と書いてあります。何故この嘘を追及できないのですか?聞くこともできないのですか?行政の長として恥ずかしいでしょう。

あなたが直接聴かなくてもいい。部下にさせればいいんです。すさみ町の職員の中には、町長からの命令が出れば、すさみ町の名誉のために、歓び勇んで、駒井氏に設問する職員が多数いることでしょう。町の信用と名誉がかかっていますから。

それをさせないようにしてるのが、岩田町長あなたです。現金のやり取りだから、誰かが喋ってもわからないとお思いでしょうが、「天知る、地知る、我知る、汝知る」と言う言葉をご存じですか?誰の心にも必ず良心はある。人は良心の呵責に耐えられないものです。自慢話も口の軽さも、呵責に耐えられない現象の一つかもしれません。

そのヒントは閻魔大王様でしょう。12月号社主の独り言をお楽しみに。
 
おかしいものはおかしい!水で走る車と投資話
おかしいものはおかしい!水で走る車と投資話

水で走る自動車を発明した会社が倒産したらしい。中国の話である。日本では「水で走る車を発明した。上場したら1億円の初値が付くよ」と言って、「水の代理店」を130万円で募集して、100億近く集めている会社がある。「来年上場する、来年上場する」と言って、もう10年も経つらしい。

投資は自己責任だから、当局も口を出さないようだが、「口先だけが命」というような輩に騙された人にも当然責任があるのは分かるが、明らかな嘘を吐いたり、常識で考えても儲かるはずのない嘘を吐いたり、過剰な配当を約束したり、勧誘をした人に配当をしたり、明らかに通常の投資と違う「投資」を勧誘してるのがわかったら指導すべきであろう。

こういう投資には主催者だけでなく、主催者に協力するプロの投資家がいる。最初の段階で主催者に協力する投資家である。この者たちは損はしない。ちゃんと約束した配当を払ったり、元金を保証したりするのである。

そして信用を煽っておいて、その後に投資するカモ投資家を呼び込む礎にするのである。ここに投資した人たちも引くに引けずにズルズルと引き摺られているようである。

下に中国の水で走る会社が倒産した時に出た「書き込み」を掲載した。現時点での専門家の意見のようである。筆者は科学のことも化学のことも、全く頓珍漢なので意味がわからないが、仮に水から自動車が走るエネルギーを作ってもコストが合わないと、皆が言っている。それをこの会社は、水で全てのエネルギーを作ると言っている。

誰か科学者が「嘘を言うんではない」と助言してあげるべきではないか。そうでないと、欲の皮が突っ張ってるせいでもあるが、被害者が目を覚まさないのである。

弊紙は相談される度に「嘘・詐欺・出鱈目」等、分かり易いように、短い言葉で具体的に表現して教えてあげてるのだが、頭の中が「130万円投資したら、1億円が返ってくる。それも来年。誰かを紹介したら1億円が入ってくる。それも来年。」という妄想で膨らんでしまっているのか、まだまだ投資者が増えているらしい。

そのうち時間稼ぎと、会員に正当性を訴えるためと、捜査の介入を遅らすため等のために、弊紙を名誉棄損で訴えることだろう。いらっしゃ〜い。バナHの石山久男氏の話である。

だけど、冷静に考えれば、誰が考えてもおかしな話を記事にしてるだけで、故意にバナHを批判しているわけではない。130万円を払って代理店になってる人が、「おかしい、おかしい」と言ってることを、「おかしな話なんだよ」と、肯定してるだけの話である。


 
勝つも負けるも兵家の常
勝つも負けるも兵家の常

韓国がギリギリところでGSOMIA破棄を取り下げた。自分で振り上げた拳を自分で下しただけで、別に取り立てて騒ぐことでも、意見を述べることでもない。下手に意見を述べれば、その上げ足を取って、また難癖をつけられるのがオチだろう。

元の話は徴用工の問題であり、慰安婦問題である。どちらも歴代政権が一度は解決した問題である。国民感情としてはわからないでもないが、それを政治利用しようとして失敗したのであろう。昔の感情を忘れられないという人も当然いるだろうが、それよりも未来志向で協力し合っていこうと言う人が多くいるのも事実である。

韓国のいけないところは、政治が行き詰まると、反日運動を持ち出すところである。それも毎回同じネタで。そして日本からの支援金を引き出そうとするのである。日本国民はそのことに辟易していたから、それを初めて安倍総理が無視したことに、内心拍手を送ったのである。

総理の在任期間が長くなったことで、国内では驕りの弊害も出始めているが、こと国際間の問題に関しては、過去のどの総理よりも、評価を得ているようである。何か特別な才能があって何かをやったと言うわけでもない。ただ相手の挑発に乗らず無視しただけである。麻生大臣なら、挑発に乗って答えただろう。

しかし、日本から見て正論であっても、韓国側からすれば極めつけの悪論になるわけだから、もう鬼の首でも取ったかのような矢のような口撃が始まり、「舌禍」として厳しい批判を受け、裏でごっそり上納金を取られたことだろう。と国民は思っている。今の安倍内閣は、学歴では過去の歴代内閣より落ちるが、官僚を抑え込んでるという意味では意外と評価が高いのである。

「官僚支配を打破しなければ国は良くならない」と、政治家は声高に叫ぶが、現実には官僚は優秀でしたたかで、政治家を動かしてるのが実態である。煽てられ掌に乗せられてる場合が多い。表面上は政治家が威張っているが。安倍政権は、その官僚幹部の人事権まで奪い取ったのだから、凄いと言えば凄いのである。

ただ政府に力が付きすぎて、与党からも意見が言えなくなってしまって、派閥の長さえ物が言えなくなってしまっているのである。いや自民党議員全員が安倍総理の力を利用しよう、傘に入って利益を享受しようと、忖度してる状態なのである。

取り敢えず安倍総理を支持する者なら誰でも構わない。知り合いの知り合いまで、招待されたのが最近の、「桜を見る会」の実態だったようだ。

田舎では首相主催の「桜を見る会」に招待された人たちは、「選ばれた特別な人」として、誇りと名誉に満ち溢れ、それこそ招待されたことへの「お祝い会」まで開いて出席する人もいるぐらいの名誉なことなのに、「名簿は破棄した」と言われれば、何か犯罪者扱いである。いっぺんに値打ちが無くなってしまった。

我々には縁も所縁もないことだが、罪作りなことをしてくれたものである。長期政権の驕りが招いた弊害であろう。人の考えはそれぞれだから、こんな問題は大したことではない、と言う人もいよう。

まー、GSOMIA問題は国際問題だから、それに比べれば「桜を見る会」の私物化問題は、小さいと言えば小さい問題かも知らないね。結局安倍総理の強い点の評価は全て外交関係問題であり、しかも相手の敵失である。内政面でも、功績・実績と言うより、野党力の無さ、野党の自滅・分裂である。運も実力のうちというが、確かに運は強いのであろう。

歴代総理の中で、夫人の批判も群を抜いているが、昭惠夫人の「鈍感力」も、半官贔屓の大好きな国民に、隠れた人気を博しているのかもしれない。
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>